ESLで英語を勉強してもネイティブとは会話が続かなかった理由。

ESLで英語を学ぶということは、映画館で映画を観ているようなものだった。


前回の記事、カナダワーホリを終えて今、海外旅行する時の一番の楽しみ。 で「オーストラリアに2年住んでいたが未だに英語に自信がない」という私の友達は、多くの人がするように、オーストラリアで語学学校(ESL)に通っていた。

私もカナダのバンクーバーでワーホリをしていた時にESLには通ったことがあるから、なぜ彼女がESLに通っても、2年も英語圏の国に住んでも、英語に自信がついていないのか、その理由がよくわかる。

自分がバンクーバーで経験した限りにおいて、学校で英語を習うということは、映画館で映画を観ているようなものだった。
建物の中に入って、座って、映画を観て、終わったら、出る。
どんなに映画に熱中していても、映画(非現実の世界)が終われば、現実の世界に戻される。
そして時間が経てば、その映画のとくに印象的だった部分を除き、大部分は忘れてしまう。

語学学校(ESL)も同じで、建物の中に入って、座って、授業を聞いて、終了のチャイムが鳴ったら学校を出るのだが、
その建物の中では、自分と同じように英語を勉強している留学生同士、そして”留学生の英語”に慣れている学校の先生となら会話ができても、学校から一歩外に出ると途端にネイティブスピーカーが何を話しているのかわからないし、自分が英語で話そうとしても理解してもらえない。
「学校の中(非現実)では英語で会話できても、現実の世界では通用しない」という、歴然とした事実がそこにはあった。

映画館でただ映画を観ているだけで英語が話せるようになったりしないように、
教室にただ座って授業の大半を黙って過ごしているだけで英語が話せるようになることなど、ない。

時間やお金を使ってワーホリ/留学しても英語が話せるようになっていない人、英語に自信がなくネイティブとは話せない人がたくさんいるというのは、
日本にいる人にはあまり知られていない、ワーホリ/留学の大きな問題だと思うのだけれど、なぜかこの問題はずっと放置されたままである。

いや、放置されていると言うか、まずそれが問題だと認識もされていないかもしれない。

「ワーホリ/留学したからって話せるようになるなんて考えは甘かった・・」
と、当のワーホリメーカーや留学生自身が、
語学学校(ESL)に通って英語を勉強し、お金と時間を使って海外で生活して、
それなのに英語が話せるようになっていないという状況に、ギモンを持っていなかったりする。

続きを読む

カナダワーホリを終えて今、海外旅行する時の一番の楽しみ。

私と友達、どちらも海外で生活したことがあるけれど、旅行の仕方が全然違った。


オーストラリアで2年間ワーホリをしていた、日本人の友達と話した時のこと。

私が「今度タイに旅行するので、飛行機や宿の予約をしているところ」だというと、こう聞かれた。

「えっ、英語サイト使って予約してるの? 怖くない!?
と。

私が「怖い? 別に怖くないよ~。逆に、何が怖いの?
と尋ねたら、

「えー? 何となく。何となく、英語でバーッと書いてあったら、うわっ!、て思って画面閉じちゃう。ハハハッ」
と言う。

「ん?? 2年もオーストラリアにいたのに英語のサイトが怖いって、どういうこと?
2年も住んでれば英語サイト使うことなんて何回もあったでしょ?」
とさらに尋ねたところ、

「いや~、べつに英語サイトなんて使わなくても、日本語でも同じようなサービスあったりするから、英語サイト使わなくても生きていけたよ!」
とのことであった。

続きを読む

エージェントでも教えてもらえない、ワーホリ留学の現実。

カナダのバンクーバーで実際にワーホリ留学して気づいたこと。


それはすごく重要なことなのに、
日本にいる人には知られていなくて、
海外でそれを実際に経験した人すらですらしばしば気がついていないこと。

そして、どの留学エージェントに相談しても、教えてもらえないこと。

1つ目は、海外で語学学校(ESL)に通って英語を勉強しても、そこでの勉強の仕方は、日本の学校の英語の授業で散々してきたことと変わらない、ということ。
(つまり、海外のESLで習う英語の勉強は、日本の学校での勉強と同じように、教材を使って英語を暗記することだということ。)

2つ目は、海外のESLでも日本でしてきた英語の勉強と同じことをするからこそ、ESLを卒業する頃になっても英語に自信がもてるようにはなっておらず、
(お金に余裕のある人は)通学期間を延長したり学校を変えてさらに英語を勉強し、
(余裕がない人は)学校に通う以外の方法、つまりお金をかけずに英語を勉強する方法は何かないものかと探し求めている、ということ。

(1→世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。
2→留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?
を参照。)

続きを読む

今も続く、「日本人の王道ワーホリパターン」。

人生とは、旅のようなもの。どんな人に出会うかが重要。


最近日本で知り合った、日本を旅行中のアメリカ人の友達が、こう言っていた。

ー"I think life is like traveling."
(人生って旅のようなものだと思う)ー

その人が言うには、
”旅先ではいつもの自分の生活圏で出会う人たちとは違う人、
自分とは考え方や価値観や行動様式やライフスタイルが違う人(つまり文化が違う人)に出会う。
彼らと話すことで、自分の考え方や価値観も変化して、成長する。
だから自分は、人生では人との出会いが一番重要だと思う”
ーということだった。

続きを読む

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ