海外で家を借りて保証金が戻ってこない・・さあどうする?

カナダで保証金が返ってこないと嘆いていた日本人の友達にしたアドバイス


ワーホリでカナダに行って1年が経つ頃、日本人の友達とカナダ人の友達とで、ダウンタウンのカフェでおしゃべりをしていた時のこと。

日本人の友達が “今住んでるところ家賃が高いから今度引越しをしようとしようと思ってるんだけど、まだよさそうなところが見つからなくて。デポジット【カナダでは入居時に大家にdeposit、つまり保証金を支払うことで入居を確定し、とくに問題がなければ退去時に全額返金される。だいたい家賃一ヶ月分の半額が相場で日本の敷金・礼金のように入居前に何ヶ月分もの家賃を払うシステムはない】が戻ってこないっていうのが計算外だった・・! 今の家賃の半額だから結構な額なんだよね、あ~あ・・。”
と言うので、私とカナダ人の友達が驚いて“デポジットが戻ってこないってどういうこと? 何で? 大家さんがそう言ったの?”と聞くと、“う~ん、まだちゃんと確認はしてないんだけどそんなようなことを言ってた・・。私の友達もデポジット返ってこなかったって言ってたし、私も返ってこないんだろうなあ、と思って。”とあきらめ顔で言う。

“その友達って日本人? ・・やっぱり。その大家さんは日本人なら文句言わないと思ってそんなことしてるのかもよ。
デポジットは何も問題がない限り返さなくちゃいけないものなんだよ。だからまず大家さんにちゃんとそう言って。 もしその大家さんに言って、それでも返さないようなら訴えないといけないよ。”と私が言うと、

友達が“訴えるってどこに?”と言うので、“RCMPに。(RCMPとは?→英語が話せるようになる具体的な方法って?を参照。)” と私。

カナダ人の友達も “そうだよ。訴えなきゃいけないことだよ、それは。何も問題がないのにデポジットが返ってこないなんておかしいよ。君とくに部屋をよごしたりとか、物を壊したりなんてしてないでしょ? もし大家さんが返さないって言ったら僕に言ってくれたらいいよ。相談にのるから。”と言う。

日本人の友達は、“そうか。なんかもう返してくれなそうだったから完全に諦めてたけど、訴えてもいいくらいのことなんだね。うん、大家さんにもう一回デポジットのこと言ってみる!ありがとうね” と一気に顔が明るくなった。

カナダの文化/カルチャーの中ではちゃんと自己主張する必要がある。
帰り道、カナダ人の友達と別れて私たちは二人で一緒にダウンタウンを歩いていた。

友達が、“そういえばCocoが言ってたRCMPって何のこと?” と言うので、私が説明すると、

“なんでCocoはそんなこと知ってるの? 私たちほとんど同じ頃カナダに来たんだったよね?(正確には彼女の方が3ヶ月くらい後だけれど、まあ同じ頃と言える。) 私RCMPなんて今までに聞いたことないよ!”と言うので、

“ははは。それはまあ私は、いろいろあったからね・・。bad experience(あまり嬉しくない体験)が。(カナダでセクハラを撃退した話。を参照)
あと、私が受けてるマンツーマンの英語レッスンで、カナダの英語の文化/カルチャーの中でどう考えて行動すべきか(Think and Act in English culture)っていうことをずっと習ってたから。 だからデポジットを返してくれないとか、そんなこと許せないっていうか黙ってられないって言うか。自分の権利はちゃんと主張しないとね。”と答えると、

“は~。そんなこと考えたこともなかった。。私Cocoの英語の先生に会ってみたい!”と彼女は言い、早速その週から彼女はレッスンを受け始めていた。

そして、デポジットも無事に返ってきたそうである。


(2016.11.10追記)
下は「もう英語を勉強する必要がない状態」に達する方法。 で紹介させていただいた、現在カナダでワーホリをしておられこのブログを通してご連絡を頂いた方(Cさん)と私とのLINEチャットです。
Cさんは、私がカナダでESLを卒業しても英語が話せるようにならず、英語を個人で習った先生の同じレッスンをバンクーバーで11月から受け始められました。
LINE-comment
白色の吹き出しがCさん、緑色が筆者(Coco)です。
Cさん、掲載を快諾下さりありがとうございまし



(2018.6.1追記)
***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてませんでした。そのため知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月経つ頃には英語に自信が持てるようになっていました。また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。(レッスンの内容については英語を効果的に勉強するを参照下さい。)


私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。


ーーーーーーーーーーー

普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。
「ワーホリで失敗した」を行く前に防止します。



ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。




*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーの方に転送します。
3.先生からコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   


2013年2月9日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

ゆきさん
連絡ありがとうございます!
先ほどメールを再度送らせて頂きました。もしまた届いていないようでしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。
Coco

Re: No title

mayuさん
こんにちは、
コメントありがとうございます。
メールをさせて頂きましたのでご確認下さい。
よろしくお願いします。

Re: はじめまして。

Yumeさん
コメントありがとうございます。

メールをお送りしたところ、エラーで戻ってきてしまいました。
携帯メールの場合、パソコンからのメールを受信できないよう自動的に設定がされていることがあるようです。。そちらを解除して頂くか、またはパソコンから見ることのできるメールアドレスがあればそちらを教えて下さればそちらにメールさせて頂きます。

よろしくお願いします。

Coco

Re: タイトルなし

ゆきさん
はじめまして、こんにちは。
留学の参考にして頂けているなんてとても光栄です。

メールお送りさせて頂きました。

Re: タイトルなし

eさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
ブログ上にお答えをしております。
ご一読下されば幸いです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。