ワーホリや留学でぶち当たる「外国人の友達がほしいのにできない」2つの理由

カナダでワーホリ中、たくさんの日本人もしくは韓国人の友達が「(留学生ではない)外国人の友達がほしい」と言うのを聞いた。

ワーホリなり留学なり、カナダに来たはいいが知り合いも友達も誰もいない状態では不安だし、さみしいもの。
だから英語のためというのももちろんあるけれど、「友達を作りたいから学校に通っている」という人も結構いた。
でもその学校(語学学校=ESL)というのは英語を勉強したい人が通う所で、当然そこで出会うのは、自分と同じように英語を勉強している人たち。バンクーバーの場合はとくに、日本人と韓国人が多い。

だから学校に通えば日本人と韓国人の友達はすぐにできるが、それ以外の国の友達を作るのはなかなか・・難しい。

(私はバンクーバーの某ESLに3ヶ月ほど通っていたが、その間はやっぱり日本人と韓国人の友達しかいなかった。
カナダを含め、それ以外の国の友達ができるようになったのは、学校を卒業して、英語を個人で習うようになってからである。
でもESLのホームページやパンフレットには、アジア人だけが授業を受けている様子の写真はまず載らない。あくまで”イメージ写真”として、世界各国からの留学生が一緒に授業を受けたりアクティビティに参加している様子の写真が載っているものだから、”学校に通えば色んな国の人と友達になれると思っていたのに・・”と嘆いている人もいた。)

一方で、同じようにバンクーバーでワーホリや留学をしていても、何の苦もなく「日本人でも韓国人でもない友達」ができる人もいる。

私は「日本人か韓国人の友達しかいない状態」と「日本人でも韓国人でもない友達もいる状態」のどちらも経験している。だから、
この2つの状態の違いは何が原因なのだろうか?と考えていた。

結果、そこには

①環境の問題
②マインドの問題


この2つの要因があると思うに至った。


まず①について。

これは上にも書いたように、「ESLに通っていて日本人か韓国人の友達しかできない」というのは不思議でも何でもなく、自分が日本人か韓国人しかいない環境を選んでそこにいるのだから、それは当然のことである。

では②について。

ある時、”韓国人と日本人の友達はたくさんできたから、もっと違う外国人の友達(foreign friends)がほしい”と言う韓国人の友達と話していた流れで、何気なく”あなたはなんで外国人の友達がほしいの?”と聞いてみた。
すると、”そんなの、英語がうまくなりたいからに決まってるじゃない。英語が上手い人と友達になって(英語を)練習したい!”という答え。
彼女はネットを駆使して外国人の友達を作ろうと頑張っているのだとも言って、SNSや言語学習系のサイトを通してバンクーバー在住の「韓国人でも日本人でもない人(主に男性)」とのメッセージのやり取りを見せてくれた。

バンクーバー(に限らず世界中か)でアジア系の女性は人気(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-364.html" target="_blank" title="海外で「日本人女性が人気」、な理由。">海外で「日本人女性が人気」、な理由。)なので、”ネットを介して外国人の男性とメッセージのやり取りをすることは決して難しいことではない、でもなぜかやり取りが続かないので、結局友達は一人もできない”のだと言う。

やり取りが続かない理由はすぐにわかった。
何人かへの彼女のメッセージを読んだが、そこには必ず”Please teach me English! (私に英語を教えてください)”と書いてあった。

なのでそれを指摘したところ、彼女はきょとんとしていた。


★★★★★★

ここで少し考えてみてほしい。

もしあなたが、知り合ったばかりの、「日本人ではない人」から”私は日本語を勉強したいからあなたと友達になりたい!”と言われたら、どういう気持ちがするだろうか。

嬉しいだろうか、身構えるだろうか。

ではこれが、”あなたと友達になりたいから日本語を勉強したい!”と言われたとしたらどうだろう。

私だったら断然、後者の方が嬉しい。
(以前”日本語を勉強したいからあなたと友達になりたい!”と日本人ではない人から言われたことも実際にあって、
”あの~、それって、日本語のために私を利用したいってことですかね??”と突っ込んだら、その人は慌てて”違う違う、そういう意味じゃない!”と言っていたが。)

「英語で語り合いたいと思う人がいる(目的)」から「英語が話せるようになりたい(手段)」
ではなく、
「英語が話せるようになりたい(目的)」から「英語が練習できる友達がほしい(手段)」
だと、結局その友情も長くは続かない気がする。




*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

関連記事

コメント

Re: レッスンについて

> こんにちは、初めまして
>
> 僕はワーホリビザでバンクーバーに滞在しています。偶然こちらのブログを拝見しご紹介されている先生の個人レッスンに興味があります。
>
> ぜひ詳細をお伺いしたいのですがいかがでしょうか??
>
> よろしくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認ください。
Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: こんにちは

> こんにちは、初めまして
>
> ワーホリを考えている者です。
> こちらのブログを拝見し、紹介されている個人レッスンに興味があります。
> 詳しい説明を送っていただけますでしょうか?
>
> よろしくお願いいたします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りましたのでご確認お願いします。
Coco
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。