英語圏の国で生活しても英語が話せるようにならない、理由?

英語を勉強している人に質問。あなたの1つ目のカルチャー/文化は何ですか?


カナダでワーホリをしていた頃、まだ自分が英語を「話せている」と思えなかった頃、まだ「単語と文法を暗記すること」しかしていなかった頃。
私は「カルチャー」というと、「SUMO」とか「KABUKI」とか「KIMONO」とかのことを言うのだと思っていた。

ワーホリで日本からカナダ・バンクーバーに行き、とりあえず語学学校(ESL)に通ったはいいが、3ヶ月経っても自分が英語を話せているという気が全然せず、ただ時間だけが過ぎていくことに焦っていた私。
知り合いから「英語を個人で教えている先生がいる」と聞き、ダウンタウンにある図書館で体験レッスンを受けたのだが、そこで
"What's your first culture? (あなたの1つ目のカルチャー/文化は何ですか?)"
と尋ねられた。(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気を参照)。

しかし私には質問の意味がよくわからなかった。

なので答えられず黙っていたところ、私はそこで初めて、人生で初めて、カルチャー/文化の意味を教えてもらったのである。

続きを読む

英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。

英語が話せるようになると何が変わるのか?


ワーホリで日本からカナダに渡る前、「英語が話せるようになりたい」と思っていた。
でも実際、英語が話せるようになると何が変わるんだろうか?
私が「変わる、というか、現に変わった。」と思うこと。
それは、「それまでとは違う世界が見えるようになる」ということである。

続きを読む

カナディアンロッキーとサンフランシスコをキャンピングカーで縦断の旅

「単語や文法の暗記から入る不自然な勉強」ではなく、
暗記も宿題も教科書すらない「誰もが子どもの時には行っていた自然な方法」で英語を学べる、
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生(ネイティブスピーカーですが日本語も話せます)のレッスンが現在、
バンクーバーだけでなくフィリピン・日本・中国・オーストラリア(オーストラリアは準備中)、
さらにオンラインでも行われています。

オンラインではなく対面のレッスンでは、マン ツー マンではなく、【スリーマン ツー マン】でも行われています。つまり、生徒さんが1人に対し、3人の先生が担当されます。先生は女性も男性もおられ、3人の先生が1人の生徒さんを担当することで生徒さんの個性を色々な側面から引き出します。

(レッスンの内容について詳しくは
英語を効果的に勉強する
[動画で説明]なぜ伝統的な方法(暗記)で勉強すると英語がムズカシくなってしまうのか?
をご覧ください。)

先生のレッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行もします。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

今月はバンクーバー⇔カナディアンロッキーをキャンピングカーで移動する6日間の旅行の直後から、別の生徒さん達とのサンフランシスコ→サンディエゴ→ロスアンゼルス→バンクーバーをキャンピングカーで縦断する旅行に行っておられました。道中生徒さんが交代で運転をしたり、カヤックをしたり、BBQをしたり、温泉に入ったり(カナダにも温泉があります!)と満喫されたようです。
カナディアンロッキー19

カナディアンロッキー20

カナディアンロッキー22

カナディアンロッキー18

カナディアンロッキー21

カナディアンロッキー20

サンフランシスコ22



カナディアンロッキー23


過去のロッキー旅行の動画や写真が載っている記事はこちら→ロッキー山脈旅行

*****

今なら、先生の【ワーホリ・留学無料相談会】をオンラインで受けることができます。

7月に続き、9月にも先生が来日をしますので、日本で直接会ってお話することもできます。

相談会では外国人と友達になる方法を始め、英語が話せるようになるための近道についての話を聞けたりします。
また先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで時間をかけて無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

海外に行く前から、英語圏の国に住み、英語が話せる友達ができます。


ご興味のある方はコメント欄、もしくは画面右下に表示されるメッセージ欄からご連絡ください。

ご連絡いただいた後の流れは以下となります。


1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからメールとSkypeでコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定いたします。



*レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている/終えられた生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。
*もしこれまでにご連絡を頂いた方でまだ先生からの連絡がない方がいらっしゃいましたら、至急ご一報ください。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

カナディアンロッキーでオーロラを観る旅。

「単語や文法の暗記から入る不自然な勉強」ではなく、
暗記も宿題も教科書すらない「誰もが子どもの時には行っていた自然な方法」で英語を学べる、
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生(ネイティブスピーカー。日本語も話せます)のレッスンが現在、
バンクーバーだけでなくフィリピン・日本・中国・オーストラリア(オーストラリアは準備中)、
さらにオンラインでも行われています。

(レッスンの内容については
英語を効果的に勉強する
[動画で説明]なぜ伝統的な方法(暗記)で勉強すると英語がムズカシくなってしまうのか?
をご覧ください。)


先生のレッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行することもあります。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

8月11日から、バンクーバー⇔カナディアンロッキーをRV(キャンピングカー)で移動する6日間の旅行が始まりました。
なんと今回、ロッキーからオーロラを観ることができたそうです。


ロッキー山脈旅2

ロッキー山脈旅3

ロッキー山脈旅4

ロッキー山脈旅5

ロッキー山脈旅1


過去のロッキー旅行の動画や写真が載っている記事はこちら→ロッキー山脈旅行

*****

現在、先生の【ワーホリ・留学無料相談会】をオンラインで受けることができます。

7月に続き、9月にも先生が来日をします(日本に来る前に、レッスンのためフィリピンやオーストラリアにも寄る関係で9月に変更になりました)ので、日本で直接会ってお話することもできます。

相談会では外国人と友達になる方法を始め、英語が話せるようになるための近道についての話を聞けたりします。
また先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで時間をかけてカウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

海外に行く前から、英語圏の国に住み、英語が話せる友達ができます。


ご興味のある方はコメント欄、もしくは画面右下に表示されるメッセージ欄からご連絡ください。


レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている/終えられた生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

英語を受身で「勉強」し続けることの、意味。

ワーホリでカナダに渡る前の私は、
中学1年のときから6年間(厳密に言えばそれ以上)も英語を勉強してきたはずなのに、
英語で会話をすることができなければ、
英語でメールを書くこともできないし、読むこともできない。
英字新聞はおろか、英語で書かれたサイトを見ても反射的に閉じたくなるくらいであった。
(いや読み書きに関しては辞書や翻訳サイトを使えばいくらかはできたかもしれないのだけれど、あまりにわからない単語が多すぎるから、それをいちいち調べるのが面倒だったから避けていたとも言える。)

・・・そんな状態でカナダに渡ったらどんなことになるか、私にあともうちょっと想像力があったらよかったのだが。


別に英語が全くできなくても、カナダに渡ることは誰だってできる。
日本語のサイトや日本の旅行会社に行けば、カナダまでの航空券なんて簡単に買える。
問題は、カナダに渡った”後”であった。


私がカナダに渡る前に相談していた留学エージェントの人に、「あの~私英語できないんですけど・・・このままカナダに渡って大丈夫でしょうか?」と聞いたことがある。

そうしたら「大丈夫ですよ、カナダで語学学校に行って、そこで頑張って勉強すればまぁ、ある程度は話せるようになりますよ。 カナダに渡る前にしておいたらいいこと?中高で習ったことの復習とか、TOEICの勉強をしておいたらいいですよ。」と言われた。

高校時代の参考書を読み直したり、TOEICの問題を解いたりすることで(つまりは英単語や文法の暗記をすることで)、
たしかに「私は英語を勉強している」 という気にはなった。

けど(当然のことながら)それで英語が話せるようにはならなかった。

だから私はそのまま、英語が話せない状態でカナダに渡って、


・・・後悔した。


★★★★★

私が日本の学校で受けていた英語の授業では、別に受身でいても何も問題はなかった。

私が経験した限り、少なくとも日本の学校では、授業中積極的に発言したりすることは、教師からもクラスメイトからも歓迎されない。
授業中はとにかく静かに目立たないように、先生がしゃべっているのを邪魔しないことが大切で、テストでとにかく良い点を取ることさえできれば、それでよかった。

大切なことは、どれだけ多くの単語や文法や構文を”知識”として頭の中に詰め込むことができるかであり、
絶えず「テスト」があって、授業の中で教わったことをどれだけ自分の頭の中に保てているかを試された。

習ったことを覚えていればいるほど高得点が得られ、習ったことを少しでも忘れていれば、減点された。


英語(というかすべての言語)は本来、人間と人間がコミュニケーションするための「道具(ツール)」であるはず。(英語は単なるツール。それ以上でも以下でもない。;2

でもどう考えても、私が受けた日本の学校教育では、英語を学ぶ目的は「英語を使って他人とコミュニケーションを取ること」にはなく、「教科書や参考書に書いてあることを暗記し、テストで良い点を取ること」にしかなかったし、しかもそれが「当たり前」だった。
(しかも不幸なことに、教科書や参考書に書いてある英語は、現実の世界ではまったく使えない英語だったりもする。
だって、ペンを指さして"This is a pen."なんて、そんな見たらわかることを誰が実生活で言うんだろうか?
"Hi, how are you?"という挨拶に対して"I'm fine, thank you. And you?"なんて、一体どこのネイティブが言うんだろうか??(海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方))


★★★★★

「英語を暗記しテストで良い点を取ること」が大事だと教えるのは何も日本の学校教育だけでなくて、カナダの語学学校でもそれは同じである。
教科書やワークブックがあり、毎日宿題が出て、毎週テストをして、その週または前の週に授業で習ったことをどれだけ覚えているか、点数で評価をされる。

日本の学校で受けてきた英語の授業と、何も変わらない。

だから(私も含め)多くの留学生は、カナダという、英語のカルチャーに直に触れられる場所にいるにも関わらず、そんなことは一切無視して、日本で散々してきたこと(=英語の暗記)をカナダでも繰り返す。

学校にいる時間だけでなく、放課後や休日にさえも図書館にこもって、単語や文法を少しでも多く覚えようとする。

けど実際のところ、英単語も英文法も、覚えても覚えても忘れていく。

何より机に向かって単語帳や参考書をひたすら眺めているのは、単調でつまらない。

だから、バンクーバーの図書館に行けば、机に英語の教科書や参考書やノートを広げて居眠りしている留学生を毎日見ることができる。(バンクーバーの図書館での“正しい”居眠りの方法。と、下のビデオを参照。)


★★★★★


いくら「英語が話せるようになりたい、上達させたい」と心の中で願っていたとしても、英語がツールである限り、使わなければ上手くなるわけがない。

英語の知識を頭の中に入れるだけの勉強をしていては、ダラダラと時間だけが過ぎ、「英語学習歴」が何年にも、何十年にもなっていくだけ。

他力本願で英語が話せるようになることなど、絶対にない。

誰かが何とかしてくれる・・のではなくて、

何とかするのは、いつだって自分自身なのである。


<関連エントリ:
海外で、「受身で生活すること」の意味。
海外で、「受身で生活すること」の意味。2


*お知らせ*
私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生のレッスンでは一日~数日~数週間の旅行に行ったりもします。(旅行の目的地や期間はその時々によって違います。“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)
バンクーバーには複数の先生がおられます。
6月に先生2人、生徒さん7人で、RV(キャンピングカー)で行かれたロッキー山脈への旅行中撮影された動画をご紹介します。





(動画が再生できないときは、こちらのサイトをご参照ください。→FC2動画ヘルプ)

*****

下のビデオは、バンクーバーのダウンタウンにある図書館で撮影されたビデオです。
音声は私が英語を個人で習っていた先生です。


【This is a typical image of the ESL students after the class. Is English really so difficult? Oh perhaps there is something boring in English education, so...Time to wake up!
ご覧いただいているのは、ESL(語学学校)に通う学生の、典型的な放課後の様子です。英語というのは、そんなに難しいものなのでしょうか? いえそうではなく、おそらく英語教育における何かがつまらないからでしょう。・・・ブザーが鳴る音・・・さあ目を覚ましてください。】

バンクーバーの図書館での“正しい”居眠りの方法。

*****

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は、バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。
今年から、Skypeでもレッスンをされています。
日本にいる間に受けることができるSkypeまたは対面でのレッスンでは、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのための無料カウンセリングも受けることができます。

メンバーの方は日本人のカウンセラーの方と日本語でカナダ留学・ワーホリについてご相談頂くこともできます。(その前に英語でコミュニケーションをとることにもチャレンジしていただきます。)
日本人カウンセラーの方もバンクーバー在住で、私が英語を個人で習った同じ先生からトレーニングを受け、もちろん英語も話せますし、カナダのカルチャーの色々な側面についてもよくご存知です。どうやったら英語が話せるようになるかについてもよく知っておられます。

レッスンはカナダに渡る前、日本にいる時から始まります。
カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

現在の英語のレベルは関係ありません。(むしろ、今まで日本での学校教育や海外の語学学校で習ってきたことは、忘れて下さい。)


日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとhref="http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-98.html ">まったく同じ方法を使って行われます。
先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
カナダで語学学校に通う必要も、ありません。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご一報下さい。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)

また私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は現在バンクーバーを拠点に中国や日本でもレッスンをされていますが、現地の先生方と提携をされ、今夏からフィリピンのセブでも先生のレッスンも開始されるそうです。

フィリピンのレッスンは費用もスケジュールもサポートの内容も、カナダのレッスンとは全く違うものになっているそうですが、カナダのレッスンと同様、英語の暗記は一切しない方法で英語を学ぶことができるようになっていて、もちろん英語のカルチャーを学べる内容になっているそうです。

*****

既にご連絡を頂いている方で、もしも先生からのメールが未だ届いていないという方がいらっしゃったら、ご一報ください。


◆前回までの先生の日本でのレッスンの様子、また日本で先生のレッスンに参加された方達から頂いた感想はこちらの過去エントリをご覧ください。

「カナダの男性は優しい」・・のか?

カナダで生活を初めて1ヶ月くらいの日本人の女の子が私にこう言ってきたことがある。
「カナダの男の人って優しいね。」と。

「どうしてそう思うの?」と聞いてみると、
「だってカフェとかレストランとかに入る時ドアとか絶対開けててくれるじゃん。あとレストランで料理を取り分けてくれるのも必ず男の人だし。すごい優しいな、って思った。」と言う。

私はそれを聞いて、
「あっそうか、そういえばそれ日本ではフツウじゃなかったんだっけ・・・」
と思った。

いつの間にか、バンクーバーでは店のドアを開けるとき後ろに人がいたら、後ろの人が入るまではドアから手を離さない、というのが私にとっては当たり前になっていた。

私は後ろの人が女性だろうが男性だろうが知らない人だろうがそうするけれど、
でも私だけじゃなく他の人だってそうだと思う。
(そしてその度飛び交う言葉は、すみません=" sorry "ではなくて、" thanks " または " thank you "だ。→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。)

もちろん日本でもそういう人(次の人のためにドアを抑えて待っていてくれる人)もたくさんいると思うけれど、"自分でドアを開けなくてもいい確率"がバンクーバーではずっと高いと思う。

だからそれはとくに性別には関係ないと思うのだが、
でもその友達が言うように、たしかに友達同士やカップルで男性と女性が店や家に一緒に入ろうとするときドアを開けてくれるのは、十中八九男性の方だと思う。

あとレストランで料理を取り分けるのも、男性がすることの方が多いと思う。

日本だと女性が取り分けるのが当然、のような風潮があったので、(少なくとも私はそう感じていたので、)
私がカナダに渡ってまだ間もない頃に、カナダ人と一緒に食事をしたとき、私が取り分けようとしたら"(しなくて)いいよ、僕がするから" と優しく制止され、
さらに皆の分の取り分けが終わるまで食べるのを待っていようとしたら、"ほら、Ladies first(レディーファースト)だから先に食べて。"と言われたこともあって、
「へぇ〜日本とは違うんだなあ」と思った覚えがある。

男友達が運転する車の助手席に乗り込むとき、友達がドアを開けてくれたりするのも、「・・・こんなこと日本であったっけ?」。


・・・だから私は、カナダは(ヨーロッパに比べればまだまだなのだとしても)日本に比べればずっとレディーファーストだと感じることが、よくある。


バンクーバーで個人で習っていた英語のレッスンのときに
"もしCocoがバンクーバーはレディーファーストだと感じるなら、ヨーロッパに行ったら自分はお姫様みたいに感じると思うよ。”
と先生から言われたことがある。

そういえば私の知り合いのヨーロピアンの男性がずっと前に日本に住んでいたことがあるらしいのだが、その人は " (日本では)自分がまるで王様になったかのように感じた、だって日本の女性たちが皆にこにこして、親切だったから。"
と言っていた。



・・・私が思うに、カルチャーに優劣というものはない。そこにあるのは違いだけ。
と以前書いたことがある。(恋愛もカルチャーを使って問題解決。)

日本のカルチャーで、素晴らしいと思うところもたくさんある。

でも残念ながら、日本のカルチャーでは女性の立場の方が弱く扱われることも多々あるため(例えば電車内での"痴漢"((カナダではまずアリエナイ))や、日本人以外の男性からの日本人女性へのセクハラ((日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。))なんかのこと)、
そういう部分に関しては、私は英語の、カナダのカルチャーの方が好きだし、自分に合っているとも思う。

カナダのカルチャーでも、これはイヤだな、受け入れられない、と思う部分はスルーして(例えばそれは私にとってはマリファナカルチャー)、
自分に必要、自分がそれを取り入れることによってより快適な状態になると思うカルチャーは積極的に身につけていく。

私にとって、外国語を身につける過程というのは、
自分の母国語のカルチャー(日本のカルチャー)をベースに、さらに「良いな」と思う外国語のカルチャーを取り入れ、自分に合わせて"カスタマイズ"していく過程でもある。

★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った日本人の生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?と同様、ここでも青空の下で1対1のレッスンが行われました。
*メキシコ人の生徒さんたちの写真はこちら→英語で考えて、英語で話す、ということ。
*中国人の生徒さんたちの写真はこちら→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行29

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行25

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行27

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行19

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行20

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行17

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行18

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行11

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行12


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いてから先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

英語は本当に「頑張れば話せるようになる」、のか?

私がバンクーバーでまだ英語を「勉強」していた頃、
"頑張れ"、とよく言われた。

”英語が話せるようになるためには、単語と文法をとにかく毎日コツコツ憶えること。そうすれば、いつかは英語が話せるようになるはずだから”と。
(「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。を参照。)

でも私はその度思った。

「頑張れ、って、一体何をどう頑張ればよいのだ?」と・・・。


ESL(語学学校)に通っていたとき、発音のクラスの先生に、“3ヶ月あなたを見ていてわかったのだけれど、あなたは吃音障害があるから、他の人のようには発音できない。自分で音がわからないから聞き取りも難しいのよね。でもあともう少し練習を頑張ればよくなるわよ。”と言われた。
(英語を効果的に勉強する:2

でも私は自分の"ジャパニーズイングリッシュ"な発音に真剣に悩んでいたから、学校の授業だけでなく家でも、英語の発音を図解する表を見ながら、唇や舌の形が教科書の図通りになるよう練習していたし、"正しい発音"の英語のCDを聞きながら自分も声に出して言ってみたりしていた。

それで"吃音障害だから・・・"と言われた時、
「私のこれまでの"頑張り"は一体何だったのだろう。。。」と思った。

それでも、じゃあ他にどうしたら良いのか分からなかったから、学校の先生に言われた通り、発音の「練習」をし続けた。

だからやっぱりいつまで経っても私には似たような音の違い(例えば LとR)が分からなければ、自分では英語を話しているつもりでも、"何て言っているの?"とクラスメイトからは言われるし、学校から一歩出るとますます通じないし、何か言われても分からなかった。


時々相手が私の話を黙って聞いているようなので、「もしかして私の英語、通じてる!?」と思ったら、
話し終えた直後に同じことを聞かれるということもよくあった。

「ふんふん頷いてるように見えたのに、通じてなかったのか・・」と私は脱力しながらも、何でもないような顔をして再度同じことを言うしかなかった。
でも何回繰り返したところで、結局相手が理解しているとは思えないから、それ以上話が進まない。
その頃は「英語になると表面的なことしか話せないなあ・・・」と思っていた。

★★★★★


残念ながら、言語は"頑張る"から話せるようになるのではない。

頑張れば、とかいう「精神」的なものはあまり重要ではなくて、
どういう方法で英語を学ぶのかという、「方法」の方がずっと大事だと思う。

だって「方法」を間違えると、何年、何十年経ったって話せるようにはならないから。
(そして「英語学習歴××年です」になってしまう。。。)


ESL(語学学校)に通って毎日「勉強」と「練習」をしている間は英語が話せるようにならなかったのに、
それらを一切止めたら、
あんなに悩みだった私の英語は、褒められるようになっていった。
(カナダで「日本人です」と言うと、驚かれる理由。)


私たちは母国語である日本語を、"頑張った"から今日本語を不自由なく話せるのでも、
日本語の発音を、"頑張って"練習してきたから、今臆することなく日本語を発することができるわけでもなくて、
日本語をカルチャーから順番に5つのステップを経ることができたからこそ、「私の第一言語/母国語)は日本語です。」と言えるのである。


<関連エントリ:
英語は練習すれば上手くなるという、幻想。
英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。>

★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った日本人の生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?と同様、ここでも青空の下で1対1のレッスンが行われました。
*メキシコ人の生徒さんたちの写真はこちら→英語で考えて、英語で話す、ということ。
*中国人の生徒さんたちの写真はこちら→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行24

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行13

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行16

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行14

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行2

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行1

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行6

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行5

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行4

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行3


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今月下旬に日本に行きます。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。

日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができ、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

*前回までのレッスンを受けられている方は、9月のレッスンのご予約をお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

英語は本当に「勉強しなくてはいけないもの」、なのか。

「英語が話せるようになりたいから、勉強しなくちゃ!」
と言う人に出会う度、思う。

そもそも、英語は「勉強」するものなのだろうか・・・と。

なぜなら私にとって、英語は「勉強」というよりも、「遊び」だったから。


私はカナダでESL(語学学校)に通い、文法や単語など多少の知識は(一時的には)ついたかもしれない(ただ暗記したって忘れるだけだから)が、
でも肝心の英語が話せる状態にならず、
私は個人で英語を教わるようになった。

当時は言いたいことが英語で言えなくて、自分は幼い子どもにかえったかのように感じていた(英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?)し、
留学生同士の英語(それもアジア人に限る)ならまだしも、ネイティブイングリッシュスピーカーが言うことなんて半分以上聞き取れないので、カフェで注文をするのさえまごまごしてしまう状態だった。
だからレッスンを受け始めた頃は、先生の言うことが理解できるかと緊張して身構えていたものだったけれど、
”レッスン”なのに教科書もノートもワークブックもなかったので(ハタから見るとただお喋りしているだけに見えたらしい→英語と日本語の垣根を超える?!)、「ああ、ここでは最初から暗記することは求められてないんだな」、と思ったら途端に気が楽になったのを覚えている。
(とは言えレッスンの密度は濃く、毎日レッスンが終わる頃にはそれまでの”旧い知識”とレッスンで習う”新しい知見”が頭の中でせめぎ合いをしているような感覚がよくあったが。
また先生は日本語も話せるので、以前教えた日本人生徒の中には、始めレッスンの90%が日本語だったが、2ヵ月後には100%英語になっていた人もいたらしい。)


そのレッスンを受けるようになって以来、私は英語の教科書を読んだり、問題集を解いたり、単語を書き取ったりしたことが一度もなく、
またそういうことをしなくなったら英語が話せるようになったので、
英語を「勉強」するという表現がどうも私にはしっくりこないのである。

机にかじりついて単語帳や文法書を丸暗記するのが好きで好きでたまらない、という人であればよいが、
私にとっては、そんなの面倒で、退屈で、効果も感じないことだったから、
英語に関しては自分が「好きで、楽しい」と思うことだけをするようにしていた。(英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。

今思うと、”机上の勉強”を捨てて、カナダのカルチャーを実際に”経験”することができるボランティアスタッフをしたり、カナディアンの友達と遊びに行ってマリファナをすすめられ(て断っ)たり(マリファナとカナダの深~い関係)、カナダ人宅のファミリーディナーに招いてもらったり(カルチャーはすべての言語のベース。)していたのが私にとってはまるまる”勉強”だったのだと思う。

★★★★★

ただし日本の学校教育で英語を学んだ私もかつては、机について英語を「勉強」するという、そんな面倒で退屈で効果もないことをすることこそが「英語の勉強」なのであって、それだけが唯一の方法だし、それ以外に方法なんてありえないのだと、完全に思っていたけれど。

英語という“学問”においては、その過程で苦労をすることこそが大切なのであって、結果(話せるようになるかどうか)は二の次なのだという、周囲の大人たちの”アドバイス”もあり、知らず知らずのうちに、「英語は難しいものだ」と思い込むようにもなっていた。

カナダに行くまでずっとそうだったし、カナダでESL(語学学校)に通うようになってもまだそう思っていた。


でも今の私は、英語に限らず言語は”ツール”、道具である以上、過程がどうであれ、使えないと何の意味もないと思う。

★★★★★

私が日本で受けた教育は、今思い返してみても、先生が生徒に授業中発言するよう本気で促していたのは、一学期に一度あるかないかの参観日だけだったと思う。

それ以外の日は、授業中は黙って静かに先生の言うことを聞く、ようにいつだって求められていた。

だから”黙って授業を受ける”ことに慣れきっていた日本人である私(と、日本と似たような教育を受けていたらしい韓国人の友達)は、ESL(語学学校)で他の国々から来た人たち、ヨーロッパや南米や中東からの留学生達が、授業中でもおかまいなくしゃべりまくるということに驚き、圧倒された。(英語でミスすることを、怖れない。日本語で言い間違えても謝らないのに、英語で言い間違えたら謝る日本人。を参照。)

私のように、「黙って何を考えているのかわからない人」よりも、(たとえ文法も発音もめちゃくちゃでも)発言をする人の方が強いから、授業は当然彼らのペースで進むことになる。

そうして私はますます自分の英語に対する自信を失くしていった。

私がESLの授業で学んだ内容が日本とまったく同じ(単語と文法)なら、私の授業中の態度だって、日本にいた頃の英語に対する態度(先生の言うことを黙って聞き、テストで良い点をとろうとすること)とまるで同じだった。

★★★★★

英語は「勉強」するものであると思えば、単語帳を丸暗記しようとしたり、問題集で全問正答しようなどと思い、
結果英語が本当に”難しいもの”になってしまう。
でも英語は、遊び、ゲームだと思えば、そんなことしようなんて思わなくなる。

ゲームなのだから、わざわざ自分から回り道な方法(=単語と文法を暗記すること)から入って生真面目に「勉強」するのではなく、
最初から一番手っ取り早くて楽な方法(=英語を効果的に勉強する)でマスターしてしまえばいいんだな、と私は思うようになった。


<関連エントリ:
「英語が話せる」ということと「学校の成績」の、関係?


★★★★★


私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。去年のRV旅行の写真は→英語は練習すれば上手くなるという、幻想。

Rockytrip8

Rockytrip7

Rockytrip9



*お知らせ*
先生が9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。最近先生のパソコンの調子が悪く、ご連絡が遅れているようです。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

過去と未来と、英語との関係。

子どもの頃に何かを努力して成し遂げた、という経験がなく、
勉強ができるわけでもスポーツができるわけでもなかった私。(英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。

そんな自分でも、英語が話せるようになった。

英語は私にとって“初めて達成することができた何か”、と言っても過言ではない。

でもなぜ、私にもできたのかと考えると、
まずそれが楽しくて仕方がないことだったから、というのが一番の理由。

そしてもう一つは、英語は過去の蓄積とは関係ないと思えたから、なのではないかと思う。

★★★★★

私がバンクーバーで個人で英語を習ったレッスンで、始めの頃に言われたことがある。

”あなたは自転車に乗れますか。
自転車に乗れるようになるために、テキストを買って勉強しましたか?
ではどうやって乗れるようになりましたか。
転んだり倒れたりお母さんに後ろを支えてもらって走ってみたり・・・はい。経験をすることによって、ですね?
英語が話せるようになるというのは、自転車に乗れるようになるのと同じことです。” 
と。

だとすれば、もしその先生が言うことが本当なら、今まで自分がしてきたこと(=テキストを買ってするような勉強)は関係ないし、もうしなくていいということだ。

・・・もしそうなら私にもチャンスがあるんじゃないか・・・

そう思えたからだったのかもしれない。


日本での学校の英語の勉強はどんなに頑張っても中の中だった私(「英語が話せる」ということと「学校の成績」の、関係?)だけれど、
もしその「勉強」をしなくていいのなら、
これは私でも何とかなるのではないか・・?と希望が見えた気がした。

(とは言え、前回も書いた通り、「もったいない」し、プラスになることはあってもマイナスになることはないだろうと思い、それからしばらくは単語帳を眺めるなど”従来の勉強”を続けてしまった私ではあったが。。。やはり自分が慣れていることを止めるというのはそう簡単にはできなかった。またそのうち私は英語の習得は車の運転に似ているとも思うようになった。→英語は単なるツール。それ以上でも以下でもない。;2

★★★★★

「英語=単語と文法を過去にどれだけ憶えてきたか」
であると捉える限りは、
過去の蓄積が重要に思える。

でも
「英語=経験によって身につけるもの」
だと捉えるのであれば、
過去の蓄積などではなく、これから何をするか、が重要だと気がつく。


英語が話せるようになるのに、”過去にどれだけ暗記してきたか” は関係ないと言ってもよい。

英語圏の国で生まれた赤ちゃんは、暗記をするから英語が話せるようになるのだろうか。

・・・英語のカルチャーの中で経験をするから話せるようになるのである。(英語は、勉強するな。


今考えると英語が話せるようになることに過去の蓄積(暗記量)が重要ではないことは、そんなこと日本にいる間にとっくにわかっていてもよかったはずのことなのだけれど(だって私が日本の中学・高校で英語を習った先生達は、他の多くの大人より圧倒的に長い時間英語を勉強してきて、しかも試験でも良い点を取り続けてきたはずの人たちだけれど、その中に英語が話せる人は一人もいなかった、のだから・・・)。


私は完全に、過去にどれだけの知識を暗記してきたか、その蓄積を問う「英語の試験でよい点をとるための学習」と、
過去の蓄積とは関係がない「英語が話せるようになるための学習」を
混同していた。

TOEICを例に挙げる間でもなく、
英語の試験の成績がよければ、
学校の英語の授業でよい成績がとれれば、
英語が話せるようになるわけではないのだが・・・。


「英語=過去にしてきたことの蓄積」ではなく、「英語=経験によってこれから身につけていくことができるもの」と捉え直すことによって、
私はやっとそれまでの”過去ばかり見ている自分”から、”何かを達成しようとする自分”に変わり始めたのではないかと思う。


<関連エントリ:英語と 「偏差値」と「経験値」の、関係。


★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。去年のRV旅行の写真は→英語は練習すれば上手くなるという、幻想。

ロッキーRV旅行2
(↑写真中央は先生。)

ロッキーRV旅行3

ロッキーRV旅行4

ロッキーRV旅行1



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ