日本人女性はカナダでよくナンパされる・・・そんな時の対応は?

カナダに来て驚くこと。ナンパが多い・・。


最近はめっきり少なくなったが、カナダのバンクーバーにワーホリで来て間もない頃、道を歩いていると男性からやたら声をかけられた。もちろん「日本人以外」の男性からである。
当時は語学学校(ESL)に通っていたから、周りの日本人の友達も皆「カナダってナンパ多くない?!」と言っていた。

一般的に言って、ここバンクーバーで日本人女性は人気がある。理由の一端については海外で「日本人女性が人気」、な理由。を参照。)

私は以前は英語で話しかけられると、無視できなかった。
それどころかむしろ笑顔を返していた。
どう対応してよいか、わからなかったから。

もし日本でナンパをされたら、対応に困ることはない。
ましてや、笑顔を返すことなど絶対にないと思う。
なのに英語で話しかけられると途端にパニックになってしまうのが以前の私だった。

それが「変わった」のは、ダウンダウンのESLに3ヶ月通ったものの英語に自信が持てず、その後英語のマンツーマンのレッスンを受けるようになってからであった。

以前は考えられなかった、英語でナンパされた時の対応。


そのレッスンでは、暗記も教材も宿題もなしで英語を勉強した。(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)

日本の学校の授業でも普通の英会話スクールでもSkypeレッスンでもカナダの語学学校(ESL)でもまず学べない、英語のネイティブの考え方や価値観(文化)を始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方の法則(スピーチスキル/話し方の技術)を学び、ネイティブではない自分が”ネイティブのような英語”を話すための近道を教わった。

そして私が「変わった」のだなと実感したのは、レッスンを受け始めてしばらくした頃。ダウンタウンにある図書館で椅子に座って本を読んでいたときのことである。何だか視線を感じると思って見上げるとひとりの男性が佇んでいて、目が合うと "Hi, how are you?" と話しかけてきた。

"Good, how are you?" と
ここまではお決まりの文句を返したものの、
その人はさらに
"so..are you busy?" (君忙しいの?) と
聞いてきた。

私は本を読みたいしそれ以上会話を続けるつもりはないんだけど、と思った瞬間、
"It's not your business, eh?"  (あなたには関係ないでしょ?)
と返事をしていた。

本当に、無意識に。

それでその男性は去っていった。


次の日、バンクーバーで英語を習っていたマンツーマンのレッスンで、先生にその事を話すと、“Good job! Well done!!!” (よくやった!) と言ってハイタッチしてくれた。

私は"It's not your business, eh?" はちょっと強すぎたかなぁと思っていたのだが、“How are you? はともかく、私が忙しいかどうかというのはprivate(プライベート)な事柄で、privateなことを聞いてくるということは明らかにpick up(ナンパ)目的で声をかけたと思われるので、"そこははっきり言ってよかった"、とのこと。

私は以前だったら絶対に考えられなかったこのような対応を、意識することもなくできたことに少し感動を覚えた。

そして今思えば、ちょうどその頃から、stranger(見知らぬ人)から声をかけられることが減っていったように思う。

自分が以前やたら声をかけられていたのは、英語で話しかけられると途端にパニックになるという“隙”があった部分があるのではないかと、今となっては思う。


***お知らせ***
私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中、英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。
私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられましたが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。
→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

*東京都内のカフェで筆者が直接お会いして、私のカナダでのワーホリ経験やレッスンについてお話させていただく、「ワーホリ&留学無料説明会」も開催しています。

また先生と、私と同じレッスンをカナダで受けられた元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料体験レッスンと無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

ご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

LINEでメッセージをやり取りするより早く、「電話で話が聞きたい!」と思われる方は、日本人カウンセラーのJunさんへ直接お電話ください。
Junさんの電話番号は
080-7889-6361
です。


*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。また希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2012年6月28日に公開した記事に加筆しました。

英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。

英語が話せるようになると何が変わるのか?


ワーホリで日本からカナダに渡る前、「英語が話せるようになりたい」と思っていた。
でも実際、英語が話せるようになると何が変わるんだろうか?
私が「変わる、というか、現に変わった。」と思うこと。
それは、「それまでとは違う世界が見えるようになる」ということである。

たとえば。

「自分が英語が話せている」という感覚がまだなかった頃、
たまにカナダ人(か、またはカナダ人ではなくても英語を流暢に話す)男性と話す機会があったのだが、
当時の「英語が話せない私」と「ペラペラ一方的に喋る男性」との間によく展開された会話のパターンは、大体以下のようなものだった。

(1)"Hi!" から始まり、
    ↓
(2)"Where are you from? (どこから来たの?)"  または "Are you Japanese? (君、日本人?)"
    ↓
(3)"Do you have a boyfriend? (彼氏いるの?)"
    ↓
(4)"I can help you with your English. Do you want to teach me Japanese?(君に英語を教えてあげるよ。その代わり僕に日本語を教えてくれる?)"
    ↓    
(5)"And, what is your phone number??"  (で、電話番号何?教えてよ)


・・・これってなんか、見下されているというか、いくらこちらが英語が話せないからって、私のことナメてんの? という感じであった。

けど、そうはいっても当時の私には、語学学校の「外」にいる人(つまりクラスメイトや学校の先生「以外」の人)と話すとなると、ほとんど相手の質問にyes/noで答えるくらいしかできず、悔しいけれど何と言ったらいいのかわからないから、そういう時は笑ってごまかして、徐々にその相手から離れていくしかなかった。

当時の私には自分と同様に語学学校で英語を勉強している留学生の友達しかいなかったから
そうなるとやはり自分の行動範囲も「留学生が多くいるところ」に限られがちではあった。

「留学生が多くいる場所」で出会う現地の人というのは、
留学生がそこにいるとわかっていてあえて来ているわけだから、
「私」だから、ではなく、
私が「日本人だから(もしくは/かつ)語学留学生だから」
近づいてくる人が多かったのは、まあ当然と言えば当然ではあるのだけれど。

しかも留学生がいる場所にやたらめったら顔を出す現地の人というのも時々いて(例えば痴漢男もカルチャーで撃退。で私が遭遇したような人)、
そういったこちらが「日本人だから(もしくは/かつ)語学留学生だから」近づいてくる人と関わると、結局自分が嫌な思いをするのだけれど、
そういうことも当時は気づいていなかった。

続きを読む

カナダでセクハラ"No!"

バンクーバーにいる日本人の女の子たちがカナディアンの男性からセクハラまがいの行為を受けた時の対応について。

日本人のルームメイトMから聞いた話。

彼女は日本人の男女複数と、カナディアンの男友達2人、他ヨーロピアンの女友達計10人ほどでその中の一人の家に遊びに行った。

途中日本人の一人が「最近親しくなった」というカナディアンの友達(男)Aをもう一人呼んだのだが、そこにいるのは全員20代の中、Aだけはどう見ても40を過ぎている。

「なんか始めからちょっと違和感があった」、とはMの弁。

お酒が入るにつれ、さらに雲行きは怪しくなっていった。

Aが20歳そこそこの日本人の女の子達の身体をやたら触りだす。

顔や肩や腰に手を伸ばしてくるので、女の子達は一応”Don't touch”と言ったり、”pervert!!(変態)”などと言っていたそうだが、Mによると「でもその顔は笑っていた」、らしい。
(私は彼女達は、本気で怒るとAが逆上したり、その場の雰囲気が悪くなってしまうことを恐れてあまり強く言えなかったのではないかと推測する。)

Aは笑って受け流して、一向にやめようとはしなかったそうだ。


その場にはカナダ人を含む男の子たちも数人いたのだが、”彼女達が笑顔なので、本当に嫌がっているのか実は嬉しいのか判断がつかないので何もしなかった。嫌がっているのがはっきり分かれば助けた。” らしい。(後から男の子の一人に聞いた。)

しかし次第にそのうちの一人の子に攻撃が集中し始め、その子から数メートル離れたところからAが"I want to kiss you."と携帯にメッセージを送ってきたときには、一同凍りついたそうだ。

ヨーロピアンの女の子とMは、なるべくAから離れたところにいたことと、2人は20歳代後半で他の女の子たちほどきゃぴきゃぴしていないこともあって被害は何もなかったそう。

Mは他の子たちと比べても年上だし英語も上手なので、”・・・それでどうしたの?Aに何か言ったり、止めたりしたの?”と聞くと、”何もしなかった。何て言ったらいいのかわからなかった。”という。

結局、そこにいた人たちの中で、楽しい思いをしたのはAだけで、A以外は居心地の悪い思いをした夜だったようだ。

★★★

海外にいる日本人女性で、こういう経験をしたことのある人は少なくないと思う。
かくいう私もそのうちの一人だ。

「あれ?なんかやたらスキンシップが多いな?」と思っても、でもこれもカナダの文化では普通なのかなと思ってしまったり、
「触らないでほしい」って何て言えばいいのか、Don't touchでは強すぎて、相手が逆上してかえって困ったことになってはしまわないだろうか・・・と思って、結局は我慢してしまったり。

それもこれも、日本では女性が男性に強く出られないことが多々あり、私達はそれにすっかり慣れてしまっているからだ。

女性に対する痴漢や暴行があっても、「挑発するような格好をしていた女の方が悪い」とか「自意識過剰なんじゃないのか」とか、テレビでコメンテーターとかの肩書のついた男性が被害者の方を責める発言をしても、それに対する反論すらない。

日本は世界の中でも稀にみる”Men firstの国だ”と私がバンクーバーで英語をマンツーマンのレッスンで習った先生は言っていた。

Men firstとはつまり、Ladies first(レディースファースト)の逆である。

日本では電車で痴漢があっても、ありふれ過ぎていてニュースにならないが、カナダでもしあったら、ニュースになる。

カナダでは女性の権利は日本よりずっともっと尊重されている。
だからカナダで生まれ育った女性は、日本で生まれ育った女性に比べて一般的に、自己主張や意思表示をためらわない。

だからそんなカナダで日本流の対応をしていると、カナダの男性が勘違いもすることもあるし、日本(女性があまり自己主張しない)とカナダ(女性でも自己主張することが日本より一般的だし奨励もされる)の文化の違いを知っているカナダ人男性は、文化の違いを逆手にとって悪用したりもする。(つまり、上記のようなカナダ人女性にはまずしないことを、日本人女性には平気でしてくるなど。)


バンクーバーで英語の文化/カルチャーの中で生活した結果、私も今ならどう言えばいいのか分かる。

”Excuse me! You are crossing the line!”(ちょっと、あなたが今してることは度を越してますよ!)

最初に不快感を感じた時点でまず言えば、大半の男性はそこでその不快な言動をやめるはず。

文化を学ぶことは自分の身を守ることにもなるのだとつくづく思う今日この頃。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ