日本人とカナダ人の休暇の過ごし方の違い

私と、日本人の友達のある日の会話。
友達「Coco聞いて!私明日から10連休なんだ!」
私 「いいね~!何するの?」
友達「・・・わかんない。それが問題なんだよね。することがないからどうしよう~!実家にでも帰ろうかな・・。」

私と、カナダ人の友達のある日の会話。
友達”Coco聞いて!私明日から3週間の休みなんだ!”
私 ”いいね~!何するの?”
友達”旅行に行くよ。目的地はニュージーランド。ずっと行ってみたかったの。そこで1週目は過去、2週目は現在、3週目は未来の自分について、この機会にゆっくり考えようと思ってる。”


3週間の休みなんて、10日程度の休みですら「贅沢」と言われる日本の労働環境から見ると「長い!」と感じるかもしれないが、カナダ人の友達との会話では、「月単位」で休みを取るという話は結構出てくる。
(1ヶ月や2ヶ月どころか、6ヶ月の休暇をとった人すらいると聞いた時にはさすがに驚いたが。1年の半分が休暇とは・・。)

私はこれまでに日本人はもちろん、様々な国の人と一緒に旅行をしたことがあるけれど、旅行の仕方にも違いがあって、
日本人は(それでなくとも少ない)滞在日数をフルに有効活用しようと、ガイドブックに載っている観光名所を一つでも多く巡り、そこでピースサインの自分が写った写真を撮ることに一生懸命な人が多い。

対して、アジア人ではない友達(主に北米やヨーロッパ出身の友達)は、観光名所にももちろん行くしガイドブックも読むけれど、ビーチやホテルのプールサイドで何時間も日光浴したり読書したり、現地の人に聞いてガイドブックに載っていないような隠れた穴場に行ったり、現地の人しか知らないようなイベントを体験することを好む。つまり、観光地にただ行って写真を撮るだけでなく(もちろんそれもするけれど)、あれこれ思案したりただリラックスしたり、その国のカルチャー/文化や歴史に触れることも重視している。

日本人が持っている日本語のガイドブックを見せてもらうと、文字情報はほぼなく、観光地やグルメやお土産の写真がたくさん載っていて、ブック(本)というよりはマガジン(雑誌)という印象を受けるが、外国人の友達が持っている英語のガイドブック(よく見るのはLonely Planet)は、写真はほとんどなく文章がメインで、その国の歴史やカルチャー/文化について多くのページが割いてあるのも対照的である。

旅行において、日本人はガイドブックに載っているような、みんなが行くコース(王道)を好むのに対して、
日本人ではない友達は、ガイドブックに書いてある情報を基に、「ガイドブックにはない自分だけのオリジナルの旅」を好む傾向がある。

これは旅行以上に長く海外に滞在できるワーホリにおいても同じことが言えて、
日本人もそろそろ、みんなが同じことをする王道ワーホリ(海外で最初の数ヶ月英語の勉強をして、せっかくの海外でワークできる期間を減らし、最終的に1年経っても英語が話せない・・。というような「ワーホリの定番」ではなく、
「自分だけのオリジナルのワーホリ」をしてみてはどうだろうか。


***お知らせ***
ブログを大幅にリニューアルしました!
今までよりもずっと見やすくなっています。
今後はこちらのブログをチェックしていただけると幸いです♪


→マイワーホリ

ワーホリの「成功」と「失敗」って何?

「ワーホリで失敗した」と言う人がいるが・・その失敗とは具体的に何なのだろうか


カナダのバンクーバーでワーホリをして「そろそろ一年が経つのだけど、このままじゃ帰れないからもう少し滞在を伸ばす」という人に出会ったことが何度かある。

「帰れないって何で?」と聞くと、きまって「まだ英語が話せるようになってないから」。

「・・・日本に帰ったら絶対みんなから『英語しゃべってみて!』って言われるのに、カナダまで行って英語が話せるようになりませんでしたなんて、恥ずかしすぎて帰れない。やっぱり一年住んだくらいじゃ英語が話せるようにはならない、3年ぐらいは住まないと。いや、自然に話せるようになるには5年くらいはかかるんじゃないかな。」
「・・・失敗した。」
「・・・もうちょっと長く学校に行って、しっかり勉強すれば良かった。」

何でも、海外まで来たのに英語が話せるようになっていないことが「失敗」なのだそうだ。

でも私が思うに、英語が話せないということは、英語の文化を学んでいないということで、それでは海外にいても日本にいた時と同じように考えたり行動することしかできないということ。
イコールカナダまで来たのに、日本にいた時と何も変わっていないということこそが失敗なのではないだろうか。

続きを読む

カナダのカフェでコーヒーを買うたび、店員から冷たくあしらわれていた理由

英語と比較してわかる、日本語の特徴



日本で生活をしているとそれが「当たり前すぎて」あまり意識することもないかもしれないが、日本語というのはとてもpolite(礼儀正しくあること)を重視する言語である。

相手が年上か年下か、目上か目下かによって言葉遣いや態度を細かく使い分ける必要があり、自分よりも「上」の人には敬語を使い、お辞儀をし、謙遜を忘れてはならない。

反対に、自分よりも「下」の人にはかなり横柄な物言いをしても許される。

それが日本の文化/カルチャーである。

しかし英語はpoliteよりもfriendly(フレンドリー)であることを重視する文化。よって日本人が日本語の文化のままで、英語の文化を理解せずに英語を話すと、カナダではrude(無礼・失礼)になってしまうことがある。

文化とは、その土地に住む人たちの考え方や価値観、習慣や風習、人と人との関係性のことである。だからこそ文化は、カフェでコーヒーを一杯注文する時のような「ちょっとしたこと」にも関わってくる。

続きを読む

【留学生はとくに注意】カナダでチカン男を撃退した話。

初対面で必ず年齢を尋ねる韓国人留学生


カナダでワーホリ中、ESL(語学学校)に通っていた頃。

その学校の90%は日本人または韓国人だったから、必然的に韓国人留学生と知り合う機会がたくさんあった。

そして、そのほとんどが、初対面で“How old are you?" と聞いてくることが、私にはとても不思議だった。

本当に、女性も男性も、関係なく聞いてくるのである。

それである日、親しくなった韓国人の友達のひとりに、”韓国の人達はなぜ初対面で年齢を尋ねるのか”と聞いてみた。

すると、“韓国では年齢がものすごく重要だからね。年上には絶対敬語を使わなくちゃいけない。だから初めて会ったときに年齢を聞いて、相手が自分より年上か年下か、把握しなくちゃいけないんだよ” と教えてくれた。

そう。初対面で年齢を尋ねることは、韓国の文化/カルチャーなのであった。

さて初対面で年齢を聞くのは、カナダの文化なのか、韓国の文化なのか



日本でも、親しくなった人に年齢を尋ねることはあるが、あまり初対面では聞かないと思う。外見からざっと判断して敬語かタメ口かを使い分けていたし、ましてやとくに女性に向かって歳を聞くのは失礼なことだと私は思っていた。

ところが韓国では初対面であるからこそ聞かなくてはならないのだと言う。面白い文化の違いだなと思った。

しかし、韓国では韓国語を話すのだからそりゃ年齢を聞くことは重要かもしれないけれど、カナダで私たちが使っている言葉は英語である。
私が年上か同年か年下かを知ったところで、英語には韓国語のような敬語は存在しないのだから、別に年齢は関係ないじゃないか?と私は思った。

ESLを卒業してからは、韓国人だけでなくカナダ人やその他の国籍の友達もできるようになっていったのだが、韓国人以外から初対面で”何歳か?”なんて聞かれることは(絶対にないとは言わないが)滅多に、ない。

とは言え、私は別に初対面で年齢を尋ねる文化が間違っているなんて思ってはいない。
国にはそれぞれの文化があるのだから。

ただここカナダで、仮にも母国とは違う文化を持つ言語(英語)を話そうとしているのであれば、母国の文化のことは一旦脇に置いておくべきではなかろうか。

ESLを卒業しても、韓国人留学生と知り合う機会はあり、その度年齢を聞かれ、飽き飽きしてきた私は、「私達はカナダにいるのだから、韓国人留学生から繰り出される韓国の文化に対して、カナダの文化を使った対応をしてもよいのではないか」と思うようになった。

そこで当時、語学学校(ESL)を卒業しても英語に自信がなく、受けるようになったマンツーマンの英語のレッスンで、

先生に“韓国人の友達から年齢を聞かれたとき、何て答えたらいいだろうか? 単に実年齢を言ってもいいのだけれど、私はもっとスマートな受け答えがしたいと言うか、私は、韓国語の文化の中ではなく、英語の文化の中で答えたいのだ”と相談をした。

すると
“あはは。Cocoの言いたいこと何となくわかるよ。

それなら 
I'm younger than your mother.
(あなたのお母さんより若いよ)
って言ってみたら?” 
との助言。

その日から私は歳を尋ねられたときはそう答えるようになった。

すると言外の意味を察して、それ以上は尋ねてこない人もいれば、どういう意味?と突っ込んで聞いてくる人もいた・・・。

私は‘ I'm younger than your mother. 'を習ったとき、この言葉を、韓国人ではなく、カナダ人に対して使う機会があろうとは夢にも思っていなかった。

まさかの、初対面で年齢を聞いてきたカナダ人痴漢男



それからしばらく経ったある日、私は日本人の留学生の友だち数人と一緒にディナーに行く約束をしていた。

待ち合わせ場所へ行くと、見慣れない男性がいる。
友達の一人がそのカナダ人と最近知り合い、そのディナーに誘ったのだと言う。

その人はそのディナーに誘った友達以外とは面識がなく、皆で軽く自己紹介をしたものの、どこからどう見ても、彼は私たちとは20歳以上は離れているように思われた。

でも友達が雪だるま式に増えるバンクーバーにも書いたとおり、バンクーバーではいろいろな年代や職業の人が混じって、一緒にパーティをしたり遊びに行ったりすることがよくある。

だから私は年齢というよりは、彼のもつ「何か」に違和感を感じた。

私は彼とはあまり関わらないようにしようと思いながら、みんなでレストランに向かった。


レストランで私は彼から一番遠い席に座ったため、ほとんど会話をすることもなく、食事が終わりかけた頃。

それまで全く別の話をしていた彼が突然、彼の正面の席に座っていた日本人女性に "How old are you?" と尋ねた。

私は耳を疑った。彼は生まれも育ちもカナダだと言っていた。

それなのに初対面の女性に向かって唐突に年齢を尋ねている・・?

友達はとくに不審に思う様子もなく実年齢を答えると、それから彼は、そこにいた全員一人ひとりに、順番に歳を尋ね始めた。

最後に彼が、一番遠くの席に座っていた私に尋ねてきたとき、私はここぞとばかりに
"I'm younger than your mother!"
と答えた。

それまで私以外の人はみんな、とくに彼の質問を気にする風もなく素直に歳を教えていたので、彼は私の答えに面食らったようだった。

私がまさかそんな返事をしてくるとは予想もしていなかったらしい彼は、すぐに表情を変え、ニヤニヤしながら、

“おや、君は僕に歳を教えられないの?” 

“君ほんとに僕のお母さんより若い?ほんと~??” 

などと冗談を飛ばしてきた。


私は彼の言葉を無視していたが、あまりにしつこいので、聞いてみた。

"Hey, why did you ask my age? It's NOT Canadian style, right?"
(なんで私の歳聞いたの? そんなのカナディアンの流儀じゃないでしょ?”)

するとなんと彼は、 "But you are not Canadian!" (でも君はカナダ人じゃないよ!) と返してきた。

・・これどういうことかというと、彼は日本の文化の「一部」 (日本人は確かに年齢を尋ねることはあるが、女性に、ましてや初対面で聞くことはあまりないと思う) を使ったにも関わらず、私にはカナダの文化を使わせない、ということである。


そこで私が続けて、"But we are in Canada!" (でも私たちはカナダにいるのよ!)と言うと、その人は "Of course we are in Canada." (もちろんそうだ。)と返してきたが、それ以上は何も言ってこなかった。

失礼な男には言い返そう!もちろんカナダの文化を使って。



会計を済ませ、店の前で解散するとき、その男がまた私に“It was nice to meet you, secret lady.”と言ってきた。 (secret;秘密主義の)

私は、「girlではなく、lady?」と思ったが、“Nice meeting you.”とだけ言った。(まったくNiceなmeetingではなかったのだが・・)


帰り道、友達から聞いたところ、彼は昔日本人の彼女がいたらしい。

やはり彼は日本の文化を知っていて利用したのだと、私は思った。


次の日のレッスンで早速、先生にそのディナーの顛末を話すと、

“なんてこった・・・。その人文化を利用したCHIKAN(先生は日本語も知っている)だよ!Cocoよくやった!”
と褒められた。

私が、“最後に彼が言った、‘secret lady’って皮肉じゃないかと思うんだけど、何て返せばよかっただろうか?”と言うと、

先生は“う~ん、そうだね~・・・。僕なら Nice meeting you, curious(好奇心旺盛な)boy! って、飛び切りの笑顔で言うかな。” 

と言うので、
私は笑ってしまって、
“わかった、次はそう言ってみる!”と言ったが、ありがたいことに、私はそれ以来その人と顔を合わせることもないし、その人ほど失礼な人にも出会っていない。


<関連エントリ:カナダでセクハラを撃退した話。


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2013年2月2日に公開した記事に加筆しました。

学校では教えてもらえない、英語を話す時に欠かせないもの。

海外に住んでもESLに通っても、「英語が話せない」人がこれだけいる理由


「海外に住んでいるのに英語が伸びない」
「語学学校(ESL)に通っているが英語が上達している気がしない」
「学校に3ヶ月通ったけど英語を使って仕事ができる自信なんてない」

上は私がカナダのバンクーバーでワーホリ留学中によく聞いた悩みで、今もこれらの悩みを持つ人からLINEで連絡をよくもらうし、ワーホリや留学をしている人のブログを読んでいてもやっぱり、この状況は私がワーホリをしていた頃から変わっていないようである。

私もバンクーバーで始め留学エージェントに言われるままに語学学校(ESL)に通って、
3ヶ月経っても自分が英語を話せているとは到底思えなかった。
ジャパレスなら何とかなったかもしれないが、英語を使って仕事するなんて、、
夢のまた夢のように思えた。

いくら英語圏の国であるカナダで英語を勉強するための学校に通っても、
そこですることは日本で中学高校の間ずっとやってきたこと(=英語の単語と文法をひたすら暗記)と同じだから、
それをまた繰り返したところで英語のスピーキングの自信などつかないのだけれど、
でも当時はそれ以外にどうしたらよいのかわからなかった。

今の自分なら、英語を話すためには、単語文法よりももっと重要なものがあるとわかるのだが、当時はそんなこと知らなかったし、分からなかった。

英語を話すために欠かせないもの。
それは英語の文化
その言語を話す上でベースとなる考え方や価値観、行動の仕方、そして人と人との関係性のこと、である。

続きを読む

日本人が"What's up?"を使えない、理由?

"What's up?"はスラングだから言ってはダメ?


この間、ネイティブイングリッシュスピーカーの友達に会った時、
"Hey, what's up?"
と私が言ったら、
一緒にいた日本人の友達(英語あまり話せない)が驚いたような顔をした。

なのでネイティブの友達が去った後、
「さっき何かびっくりしてなかった?」
と聞いたところ、
「え~、それはCocoがWhat's up?とか言うからだよ、私は絶対言えない!だってスラングでしょう?」
と言われて、今度はこっちが驚いた。

続きを読む

5月東京で開催、留学&ワーホリ説明会の写真

私がカナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)に3ヶ月通っても英語が話せるようになったという気がせず、
その後、「暗記ナシ・宿題ナシ・教科書もナシ」のレッスンで英語を学び、今度は同じ3ヶ月で現地の人とも楽に会話が続くようになっていました。
同じ3ヶ月で、英語に自信が持てるようになっていました。
英語を効果的に勉強するを参照。)

その、私がバンクーバーで受けていた英語のレッスンが、現在はカナダだけでなくフィリピン、オーストラリア、それにSkypeを使ってオンラインでも受けられるようになっています。
5年前には先生もお一人で教えておられたのが、今は複数の先生方がいらっしゃいます。

先生は度々日本にも来られており、この5月には、ワーホリ・留学を予定されている方、英語を日本で学ばれている方へ向けた説明会を東京で行いました。
その時の写真の一部をご紹介します。

説明会東京五月1

説明会東京五月2

説明会は6月も開催する予定です。

******
説明会では、日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリを考えている方に向けたプランについてもお話しました。


ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し言葉のテクニック(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマン(グループレッスンではありません)で、今度はスピーチスキル/話し言葉のテクニック以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。先月バンクーバーに着いたある生徒さんは、ワーホリで既に現地企業で働き始め、会社の車を運転しておられるそうです。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインで先生と生徒1対1のマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し言葉のテクニックを習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンのレッスンで、スピーチスキル/話し言葉のテクニック以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。
(現地でのレッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。



出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。


**********

私がカナダで受けていた英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方、説明会への参加を希望される方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【その英語の勉強の仕方がマズイ理由】「何が英語の上達を妨げているのか?」を考えるクイズ②

前回の続き。

なぜ何年も英語を勉強しているのに話せるようにならないのか?
何が英語の上達を妨げているのだろうか?

クイズにしてみた。


【クイズ4】Difficult:日本ー海外
【クイズ4】何が英語の上達を妨げているのでしょうか?(4-1)Difficult-Japan【クイズ4】何が英語の上達を妨げているのでしょうか?(4-2)Difficult-Abroad

【クイズ5】Input&Output
【クイズ5】何が英語の上達を妨げているのでしょうか?(5-1)Input&Output-Japan【クイズ5】何が英語の上達を妨げているのでしょうか?(5-2)Input&Output-Abroad

【クイズ6】EnglishCulture
【クイズ6】何が英語の上達を妨げているのでしょうか?(6-1)EnglishCulture-Japan【クイズ6】何が英語の上達を妨げているのでしょうか?(6-2)EnglishCulture-Abroad

【クイズ7】英語を話したい日本人が考えていること
【クイズ7】何が英語の上達を妨げているのでしょうか?-英語を話したい日本人が考えていること



さて、一体何が英語の上達を妨げているのでしょうか??


*****お知らせ*****
私はカナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)で英語を学んでも英語が話せるようにならなかったため、個人で英語レッスンを受けるようになりました。
その個人レッスンでは「暗記なし・教材なし・宿題もなし」の学習方法で英語を学びました。(英語を効果的に勉強するを参照。)
そのおかげで、ESLに通ったのと同じ3ヶ月で、英語に自信が持てるようになりました。

そのレッスンが現在はSkypeを使ってオンラインでも受けられるようになっています。

私がカナダで受けていた時は先生一人で教えておられたのが、5年以上が経った今は複数の先生方がいらっしゃり、
場所もカナダだけだったのが、フィリピン・オーストラリア・オンラインと、受けられる場所も大きく広がっています。

そして日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリを考えている方に向けたプランができました。

**********

ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し言葉のテクニック(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、今度はスピーチスキル/話し言葉のテクニック以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。先月バンクーバーに着いたある生徒さんは、ワーホリで既に現地企業で働き始め、会社の車を運転しておられるそうです。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインのマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し言葉のテクニックを習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、スピーチスキル/話し言葉のテクニック以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。(レッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。



出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。


**********

私がカナダで受けていた英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

「従来の英語の勉強法(単語や文法を暗記)よりも早く英語が話せるようになる方法」が試せる。

英語のカルチャー/文化から学ぶことで、「従来の英語の勉強法(単語や文法を暗記)よりも早く英語が話せるようになる方法」を教えている、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が現在、英語を勉強されている方・海外へワーホリや留学をされる方へ向けた無料相談会を開催しています。

時間をかけてカウンセリングを行うため、先週無料相談会に参加された方へ向けて、今週末には2回目のオンライン無料相談会が行われています。(先生は今週、日本からカナダに戻りました。)

◎相談会では、英語や留学・ワーホリなどに関する無料アドバイスが受けられます。

◎レッスンでは暗記も宿題もなく、教科書も使わない方法で英語を学びます。

◎ESL(語学学校)や塾や英会話スクールや普通のSkypeレッスンとは違い、英語が話せているという感覚が短期間で持てます。

まずお試しレッスンが無料で受けられます。
ご興味のある方はコメント欄、もしくは右下に表示されるメッセージ欄からご連絡ください。


◎来月にも先生が来日する予定です。オンラインではなく直接会えるチャンスです!

◎レッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行することもあります。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

◎レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている/終えられた生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。