英語が話せるようになる具体的な方法って?

カナダでワーホリする前に思っていた疑問。


ワーホリでカナダに行く準備をしていた時。
海外に英語を勉強しに行って、話せるようになるには、具体的には何をどうしたらいいんだろう?と思っていた。

私はカナダに行ったら、英語は当然話せるようになって、多くのカナダ人と友達になって、日本ではできないようなこと、カナダの文化、人々の生活、価値観なんかを自分の目で見て感じて、できるだけ吸収したいと思っていた。
現地の人と同じことを同じように経験したいと思っていた。

でも、実際問題、当時の私は英語が全然話せないし、聞き取れない。

カナダに行ったからって、英語が話せない人なんてたくさんいる。・・・では、話せるようになるためには、具体的にはどうしたらよいのか???


それが疑問だった。

続きを読む

引越しを、お手伝い。

バンクーバーに住んでいる日本人の友達と昨日久しぶりにおしゃべりする機会があった。
話は私たち共通の日本人の友人の話(といっても私は何度か話をしたことがある程度で、私の友達の方がその友人とはずっと仲がよい)になり、友達が言うには、今度その友人が引越しをするのだが、
エージェントにお金を払って引越し先を探してもらうことにしたらしい、
と言っていて私はびっくりしてしまった。

その友人は私たちよりずっとバンクーバーに住んでいる期間が長い。
友達が言うには、彼女は今も学校に通って英語を勉強しているらしい。ただ英語に自信がもてず、自分で探すのも面倒くさい、という理由でエージェントに頼ることにしたらしい。


「よかったら私が引っ越し先探すのお手伝いするよ。お金は要らないよ。って言ってみようか?」と提案したら、
「う~んそうだねえ、でももうお金エージェントに払ったって言っていたよ」とのことであった。


前に私の友達がバンクーバーに来たばかりの頃、ホームスティやら携帯やら銀行口座やら、バンクーバーでのさしあたっての生活に必要なものを
揃えるお手伝いをしたことがある。(ふと感じた自分の成長。を参照。)
ちなみに私がこの時ホームスティの手続きを手伝った友達は、ホストマザーがとても好きらしく、まだそこにスティしている。


友達は「Cocoはボランティアでエージェントできるね!」と笑っていた。
「たしかに。ボランティア好きだし。」と言って私も笑った。


エージェントに頼らず自分でやればお金はかからない。それに見学のアポを取ったり交渉したりすることは、とても良い経験になる。海外で生活していく上での自信にも繋がる。
だから自分でやらない方がもったいないんじゃないかなあと、私は思う。

応援のワンクリック♪お願いします✩
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

カルチャーを使って問題解決

バンクーバーにいる日本人のワーホリの友達と久しぶりに話したとき、
「留学エージェントにお金を払って仕事先を探してもらうというプログラムがありお金を払ったのだけれど、やっと最初の面接にこぎ着けるまでに1ヶ月以上かかり、その間に自分で仕事先を探すこともできなくて、さらにやっと紹介してもらえた職場が中国系の会社で、職場の人は英語を使っていないし、そもそも彼らとコミュニケーションを取るということがほとんどない。自分がしていることは簡単な事務作業。エージェントに仕事を変えることができないか、今度聞いてみるつもり・・」と言っていて、私はびっくり仰天してしまった。

その友達は履歴書作成と会社紹介にかかる費用という名目で、大体一ヶ月分の生活費にあたるくらいの額を払ったそうだが、エージェントに頼るよりも自分でさっさと仕事先を探した方がよかった、でももう払ってしまったからどうにもできない。と友達は後悔していたという話を、当時バンクーバーで個人で英語を習っていた先生にしたところ、
“自分なら1ヶ月で5社は面接が受けられるくらいの指導をするけどなあ。日本とカナダではカルチャーが違うのだから、履歴書の書き方も全然違うしアピールの仕方も違うよ。履歴書の時点で自分がその会社に必要なんだと思ってもらわないと。そのためには書き方のポイントがある”と言っていて、
へぇ〜なるほどね、とその時は思ったのだが、
後日その友人と同じようなことが先生の生徒の一人にも起きたので、(その生徒は先生のレッスンを受け始める前に既に代理店にお金を払ってしまっていたそう) 先生がアドバイスをし生徒が代理店に話をしたところ、何と全額返金されたらしい。

その代理店というのはもちろん日系なので、日本語で、日本のカルチャーを使って、具体的にどう言えば良いのかをアドバイスした、という。

英語のカルチャーだけでなく、日本語のカルチャーもそこまで理解しているとは・・。

さすが先生は言語のプロだなあと思い、そして改めてカルチャーの“威力”を思い知った出来事であった。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

留学エージェントについて思うこと

カナダに行こうと決めて、何から始めてよいかわからなかったのでとりあえずネットで情報収集をしていた。

10社以上の留学エージェントに連絡をとった。

検索して、大体上位に出てくるのは大手で、申し込むだけで数万~数十万のお金がかかるような会社ばかり。

でもその頃は何も知らなかったので、適当に、上から順にコンタクトを取っていった。

メールや電話でやりとりをして、カナダで何をしたいのか、どれくらいの期間カナダにいるつもりか、英語のレベルはどれくらいかなど聞かれたが、
私は
「トロントかバンクーバーに行きたい。」(まだ目的地もはっきりしていなかった)
「できれば英語を使って働きたい。どんな仕事をしたいかはわからないけど。。。」
「1年ぐらいはいるつもり。」
「英語でのコミュニケーション・・・できません。」
「とにかく英語が話せるようになりたい!」
という希望しかなかった。


不思議なことに、10社以上のエージェントに連絡をして、その全てから「まずはESL(語学学校)に通うべき」だと言われた、
どこからも複数の学校をすすめられ、後日エージェントから大量に学校パンフレットが送られてきた。
しかしすべて英語表記で、どれも同じに見えるし大量すぎて読む気もせず、ほとんど開くこともなく捨てた。

わたしは「学校に行けば本当に英語が話せるようになるのか?」というのがもともと疑問だった。

なぜなら、英語学習サイトか何かで、日本で英語学校に何年も行っているが全く話せるようにならない、
と嘆いている人の書き込みをいくつも見たし、
というかそもそも「英語学校に行ってペラペラになった!」という人に出会ったことがなかったし、
「留学して英語が話せるようになった!」という人の話もほとんど聞いたことがなかったから。(日常会話くらいなら話せる、という人はいたが。

日本で英語学校に通っても話せるようになるのはどうやら難しいらしい。
ではそれが海外なら、果たして学校に行けさえすれば話せるようになるのか?
と思っていた。

某留学エージェント(名前は忘れた)と電話で話している時、
思い切って、
「語学学校に行って本当に英語話せるようになるんですか?」と聞いてみた。

「3ヶ月ぐらい行けば大分話せるようになりますよ」

私「大分って、具体的にはどれくらいですか?」

「そうですね~、、カフェやレストランでなら不自由なく働けるようになりますよ。」

私「カフェやレストラン“でなら”って、どういう意味ですか?」

・・・・・・


コンタクトを取ったエージェントのいくつかのオフィスには実際に行ってみた。


ある大手の、(その時は知らなかったが)悪評高いエージェントのオフィスがあるビルに着いたときは驚いた。
新しくて、きれいで大きくて、
「留学エージェントって、こんな立派なビルにオフィスをもてるのか。。。」というのが第一印象だった。

エレベーターでオフィスのある階に上がって、
遠くまで見渡せる窓際の席でカウンセリングを受けた。
だだっ広いオフィスに、私と、カウンセラーの人が一人だけ、というのに少し違和感があった。

カウンセラーの人に、とある語学学校を紹介され、
学校3ヶ月+ホームスティ1ヶ月にかかる費用に加え、空港送迎、ビザ書類作成代行+入学手続き代行+渡航前カウンセリング+カナダでの24時間緊急サポート+オフィスでの英語無料レッスン受け放題、などなどすべてのサービスを入れた見積もりを出してもらった。

その金額は、
忘れもしない
170万円・・・・・・

ちなみに現地での生活費は含まれていない。


その後ネットでいろいろ調べていく中で
「とりあえずエージェントに相談をすると何がなんでも学校に行くように勧められ、その後には仕事が見つかる、働けるようになると言われるが、
でも実際には語学学校に通っても英語が話せるようにならなくて、仕事を見つけるのもままならない。。」
という体験談に多く突き当るようになった。

日本にいる時に私は
英語が話せるようになるには、エージェントに言われるがままにただ学校に通うだけではだめなのだな、
とは思ったが、しかし
では一体どうしたらよいのか?
ということは分からないままなのであった。


それが分かったのはカナダに渡って数ヶ月経った頃、バンクーバーで英語のレッスンを受けるようになってからだった。

英語を効果的に勉強する


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ