訪問ありがとうございます。初めての方はまずこの2つをお読みください。

【1】英語を効果的に勉強する
【2】【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

私がカナダのバンクーバーでワーホリ留学中に学んだ英語の学習方法についてご興味のある方は、東京都内であれば直接会ってお話することも可能です。
このブログのコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
をご明記ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【2/2-4は東京で説明会】海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人の違い。:続き

英語圏の国に住んでいるだけで自動的に英語が話せるようになるわけではないが、勉強しさえすれば英語が話せるようになるわけでも、ない


カナダのバンクーバーにワーホリで来て始めの3ヶ月、ESL(英語学校)に通ったが、卒業する頃になっても自分の英語に変化が感じられなかった。

「日本語を使わない生活をしさえすれば英語が話せるようになるはずだ!?」と思って、学校の日本人クラスメイトとも極力英語だけで会話するようにして、日本語を封印する生活をしていた。が、留学生同士、もしくは留学生の英語に慣れている学校の先生となら会話ができても、ネイティブスピーカーとは話が続かない。

英語圏の国で、英語の文化/カルチャーの中で生活をしてはいても、それは完全に自分の外側、はるか遠くに存在するものであって、自分も「英語の文化の一部」なのだとは露ほども考えていなかった頃の話である。

つまり、英語の文化/カルチャーの中でのCocoとして考えたり、行動するといった発想は全然なかった。

カナダの文化/カルチャーに気づいても、自分には無関係と思っていた。


例えば、カナダにいるのにハグをするのが恥ずかしいと思っていたこと。

私がホームスティをしていた頃のこと。(ホストファミリーとの関係がギクシャクし始める前の良好だった頃のこと。)
ホストマザーの誕生日に子ども達が、"Happy birthday, Mom!" と言って次々にハグをしていたのだが、私はできなかった。
今思うと、20代のホストブラザーがマザーにハグしているのを見て、「すごいなあ、日本では息子と母親がハグなんて、絶対ないな・・!」と思ったことは覚えているから、私は日本とカナダの文化の違いに気がついてはいたのだ。

でも、じゃあ「自分もホストマザーをハグしよう」とか、「自分もハグをしてよいのだ」、とは思えなかった。

だって、日本人の私がハグなんて・・・

・・・恥ずかしいし、おかしいよね??

そう思っていた。

その時私は確かに英語の文化/カルチャーの中にはいたのだけれど、自分でそれと気がつくことなく、長年慣れ親しんだ日本の文化の範囲の中だけで考えたり行動していた。

新しい文化を身につけるということは、今までにしたことのない言動をするということ。


今までにしたことのないこと、言ったことのないことを言うのは、いつも不安で、怖いもの。
でもほんの少しの勇気を出すことができたら、そこにそれまでの自分とは「少しだけ違う自分」を見つけることができる。
だから私にとって外国語を学ぶことというのは「新しい自分の発見の連続」、である。

<追記:カナダにはたしかにハグする文化/カルチャーがあるが、だからと言って当然ながら誰とでもハグしないといけないわけではない。カナダでは、友達同士の男女でもハグし合ったって全然おかしくないのだが、もしどちらかが不快に思うとき、特にカナダの男性が日本人女性にハグをして来ようとするとき、少しでも不快に感じるならハグしなくて全然OK。日本人女性は"NO"と言えないと思って、下心でハグしてくる男性もいるので注意!(日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。
を参照。)>

<関連エントリ:
海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人の違い。
“comfort zone”を抜け出せ。>



***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてませんでした。そのため知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月経つ頃には英語に自信が持てるようになっていました。また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。(レッスンの内容については英語を効果的に勉強するを参照下さい。)

私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

*2/2(金)~2/4(日)にかけて、私がカナダで英語を個人で習っていた先生が来日をされます。それに合わせて、東京都内のカフェで「ワーホリ&留学無料説明会」を開催します。(私も参加します!)

①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。

■場所:都内カフェまたは会議室(参加が確定した方にお知らせします)
■日時

・2/2(金) 17:00-18:30
・2/2(金) 19:00-20:30

・2/3(土)&2/4(日)
11:00-12:30
14:00-15:30
19:00-20:30

となっています。
*これ以外の日時でも個別に対応して下さる場合があります。上記時間でご都合がつかない場合はご相談ください。


ーーーーーーーーーーー

普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。
「ワーホリで失敗した」を行く前に防止します。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。




*また先生と、私と同じレッスンをカナダで受けられた元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料体験レッスンと無料カウンセリングも受けられます。


*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。また参加をご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   


2013年2月18日に公開した記事に加筆しました。

【2/2-4は東京で説明会】海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人の違い。

海外で生活をすれば英語が自動的に話せるようになるわけではない


海外に英語を勉強しに行って、英語が話せるようになる人とならない人がいるのはなぜなんだろうか。
私が思うに、それはその人がどれだけその国の文化/culture(カルチャー)に浸ることができたかということではなかろうか。

その国の文化に浸るということは、日本とは異なる文化があることに気づき、受け入れて、自分がその中でどのように振る舞えばよいのかを学ぶこと、である。

私はカナダにワーホリで行く前から、英語圏の国に住んでいても、自分と同じ国から来た人とだけ、自分の国の文化にだけ接していると、英語が話せるようになるのは難しいだろうなというのは、なんとなく感じていた。

それで、カナダに着いたばかりの頃、日本人の友達はほとんどいなかったし、日本の文化に触れるということもESL(英語学校)の中でぐらいでしかなかった(私が通っていたESLは日本人が多くいたので)。ホームスティ先で日本のテレビや動画を観たりもほとんどしていなかった。でもそうやって3ヶ月学校に通っても、英語が話せるようにはなっていなかった。

英語圏の国にいて、できるだけ英語環境の中にいるようにしていたのに、英語が話せるようにはなっていなかった。

続きを読む

英語は時間をかけないと話せるようにならない・・わけじゃない、理由?

カナダでワーホリする前は「英語は時間をかけないと話せるようにならない」と思っていた。


私がまだワーホリでカナダのバンクーバーに行く前。
ワーホリをすると決めた私は、とりあえず海外に行く前に「少しでも英語を勉強しておこう」と思っていた。
だから(1)単語帳を眺めたり、(2)TOEICの問題集を解いたり、(3)英語のCDを聞いたり(聞き流したり)してはいたけれど、「うお~!私、英語が話せるようになっていってるやん!!」とは、まったく思えない。

思えないから、つまらなくて、かと言って他にどうしたらいいのかもわからないから、「こんなんじゃいけない!バンクーバーでは気合い入れてもっとしっかり勉強しなければ!」と思っていた。

当時私は既に大学を卒業していたのだが、大学までの日本の学校教育で教わってきていたことを、卒業しても延々続けていた。
だって日本の学校教育で問われるのは、(1)単語と、(2)文法と、(3)(申し訳程度のリスニング力)だから。

長年の学校教育により、(1)英語を暗記し、(2)文法の問題を解き、(3)多少リスニング、という英語の勉強の仕方がすっかり習慣づいてしまっているため、その「既に散々やってきてダメだった(=話せるようにならなかった)勉強」を止めるどころか、「日本にいた時よりも真面目に朝から晩まで英語を勉強すればきっと話せるようになるはず・・!」だとすら思ったりして、バンクーバーに着いてからも本当に同じことをし続けた。

つまり、(1)語学学校の授業で出てくる単語を覚え、(2)教科書やワークの文法問題を解き、(3)授業時間の大半を先生や他の生徒の話に耳を傾けること に使った。 しかも、学校にいる時間だけでなく、放課後や休日も使って同じことをし続けた。

続きを読む

誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。

衝撃の事実。ESLは単に語学学校や第二言語を指すわけではなかった


カナダのバンクーバーでワーホリを始めたばかりのころ、語学学校(ESL)に通っていた私。しかし卒業する頃になっても英語が話せているという感覚がまるでなく、知り合いに教えてもらい、個人で英語のレッスンを受けるようになった。

ある日のレッスンで、私はその日習った話し言葉のテクニックを使って、自分が卒業したばかりのESLの話をしていた。
すると先生が、”CocoはさっきからESLを連発しているけれど、ESLの意味をわかっている?”と言う。

私が”ESLの意味? English as a Second Languageの略だから・・・その名が示す通り、英語を第二言語として学ぶ人のための学校とか、組織とかコースを指すのではないんですか?"と言うと、先生は ”うん、それも確かにESLの意味の一つだよ。でもそれって、言語習得の過程において具体的にどういう状態のことを言うのか、知っている?”と、言う。

なので私が ”えっと、Second LanguageというからにはFirst Language(母国語。私にとっては日本語。)と同じくらい自由自在に英語を使える状態? ではないんですか?"と答えると、 先生は"オッケー。ちょうどいい機会だから、説明するね。"と言って、机の上に紙とペンを取り出した。

続きを読む

ワーホリしても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?

ワーホリする前に10社以上のエージェントに相談。そして得られたアドバイスは・・


ワーホリでカナダに行く前、私は日本で10社以上の留学エージェントに相談をした。

そう日本人の友達に言うと「え、そんなに?!」と笑われるが、同じ事をカナダ人の友達に言うと ”エージェント? 相談?・・何を相談したの?” と目を丸くされる。

そして、”英語が話せるようになるためにエージェントに相談をする? それでどの学校がいいか教えてもらう? え、でもCoco、学校に行っても英語が話せるようにならなかったって言ってなかった? ・・・何を相談したの???” と、カナダ人の友達はそこでようやく、笑ってくれる。

得られたアドバイスはすべて同じ、ESLに行くこと。


私がなぜそんなに多くのエージェントに相談をしたかというと、そのどこからも日本にいる間にどのESL(語学学校)に行くかを決めてしまうよう言われたから、である。

エージェントは学校のパンフレットを郵送やメールで大量に送ってきてくれた。がしかし、語学学校の授業が実際どんな感じなのか、この目で見ることもせずにどうやって決めればよいのか・・・と私は思っていた。(続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

でも学校をどこにするのか、資料を送ってくれたエージェントは私の返事を待っているようだったので、返事ができずに、次のエージェント、次、次・・と連絡をとるうち、気づけば10社を超えていた。のである。

・・・でも何で、私が電話やメールや対面でエージェントに、「カナダでワーホリをしたい」と言うと、どこもかしこが口を揃えて「ワーホリですか。ではまず最初に語学学校ですね」と言われたんだろうか?
何でインンターネットでちょっと検索するだけで何十何百(何千?)と出てくる留学エージェントのサイトのどれもが、「何が何でももまずは語学学校に行くこと」を前提にしていたんだろうか・・?

私はその頃本当に色々な留学エージェントのサイトを見ていたけれど、ワーホリで語学学校に行かないという選択肢について書いているものは当時一つもなかった。(し、きっと今もないだろうと思う。)

エージェントの人は「ESLに行くのが良い」と言うが、実際にワーホリをした人は「ESLに行っても英語が話せない」と言う矛盾。


エージェントの人は「日本にいる間に学校を決めていった方がいいです。カナダであちこち見て回っても時間が経つだけなので(カナダでの時間が)もったいないですよ。」の一点張りだったけれど、私は当時は(カナダに限らず)ワーホリをしていた/している人たちのブログも結構読んでいて、そこには「ESL(語学学校)に通っても英語が話せるようになっていない」とよく書いてあった。

だからエージェントの人の言葉とパンフレットの写真だけで、学校がどんなものなのか(実際私がバンクーバーで通ったESLはパンフレットの写真とは全然違っていた)、先生はどんな人なのか、その学校の人と直接話せるわけでもなくただ”見た目”で学校を決めなければいけないなんて、「そんなの一か八かの賭けじゃないか。」と思った。

そしてどこかに、語学学校に行く以外に英語を伸ばす方法はないものかと、それは多くのワーホリ経験者のブログを読んでいたのだけれど、でも語学学校に行っていない/行ったことがない人のブログなんて滅多になかったし、たまにあっても「恥ずかしいので英語はなるべく使わないようにしている・・」と書いてあったりして、やっぱり私はどうしたらよいのかわからなかった。


私のカナダでの生活がどんなものになるのか分からないし、カナダに行ったからって、どれくらい英語が話せるようになるかなんてもっと分からない。でもカナダで数ヶ月も生活をすれば、自然に英語が話せるようになって、自然にカナダ人の友達もできて、楽しく充実した生活ができるようになる・・かも? 少なくとも、数ヶ月もカナダで過ごせば、日常会話ぐらいは苦労なくできるようになるはず・・? そういう「期待」もあったから、私は「とりあえずカナダに行こう」と思った。

・・・今思うと、私が思っていた「期待」というのは、そうなってほしいという「願望」に過ぎなかったのだけれど・・・。

結局ESLには行ったが、結果は・・・


エージェントには学校についての意思表示をしないまま、カナダに行く日を迎え、バンクーバーに着いて、1日が経ち、2日が経ち、3日が経ち・・・。

自然に英語が話せるようになっていっている気配など、もちろんないし、ホストファミリーには”いつから語学学校に行くの?”と毎日聞かれる。
実際問題、バンクーバーで生活を始めたばかりの私には、取り立てて”しなければならないこと”なんて何もなく「これは・・・学校に行くしかすることがない・・」とも思った。

日本での生活とは違って、仕事をしていないからカナダでの時間は自分の好きなように使えるのだけれど、英語が全然できない状態の私にできることなんて、「学校に通うことくらいしかない・・」と思ってしまった。

カナダに着いたばかりで、もちろん友達もおらず、そんな時、エージェントの人の「学校に行けば友達もできますしね。」という言葉もあった。(本当は別に学校になど行かなくても、バンクーバーには友達を作る場などたくさんあるのだけれど。)

・・いくら「ESL(語学学校)に通っても英語が話せるようになっていない」と多くのワーホリ経験者のブログに書いてあったって、でも他にどうしたらよいのかがわからなかった。だから結局は、色々体験レッスンを受けて回ったESL(語学学校)の中で、一番雰囲気が明るいと思ったところに、3ヶ月通うことにした。学校はどこも料金もクラス構成もカリキュラムも似たり寄ったりだったから、そんな理由で決めた。
そして「3ヶ月学校に行けばだいぶ話せるようになりますよ。」というエージェントの言葉を信じて私は本当に3ヵ月通うことにした。

海外に行っても日本と同じやり方で英語の勉強をし、結果は同じだった。


私は10社以上の留学エージェントに「英語が話せるようになるにはどうすればよいか」を相談したはずなのだが、得られたアドバイスはたった一つ、「ESL(語学学校)に通うこと」であった。

それはつまり「学校に通って英語を勉強すること」=「英語の文法と単語を暗記し続けること」=「日本で散々やってきたこと」=「どう頑張っても英語が話せるようになるのは難しいこと」であったのだと、ようやくはっきりと気がついたのは、ESLを卒業した後のことであった。


<関連エントリ:
留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?
カナダで英語を勉強する前に「知っておきたかった」こと。
ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。

(2016.11.10追記)
下は「もう英語を勉強する必要がない状態」に達する方法。 で紹介させていただいた、現在カナダでワーホリをしておられこのブログを通してご連絡を頂いた方(Cさん)と私とのLINEチャットです。
Cさんは、私がカナダでESLを卒業しても英語が話せるようにならず、英語を個人で習った先生の同じレッスンをバンクーバーで最近受け始められました。
LINE-comment
白色の吹き出しがCさん、緑色が筆者(Coco)です。
Cさん、掲載を快諾下さりありがとうございました!


*お知らせ*(2013年12月)
私がバンクーバーでESLに通っても英語が話せるようにならず、その後英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために12月3日(日本時間)来日をされます。
(もし既にご連絡を頂いているにも関わらず、先生からのメールが届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報ください。)

下記は、この12月に先生に会われるのが今年4回目になる生徒さんから先生に、Skypeで届いたメッセージだそうです。
この方も、「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。でご紹介させて頂いた方と同様、来年先生とスタッフのサポートの元、バンクーバーでレッスンを続けられる予定だそうです。

Sure :D I'm looking forward to you come!
Take care!


(* :D は英語の顔文字です。)

日本で時間をかけて1対1でカウンセリングと、英語のレッスンを受けることができるので、海外に行く前に海外に友達ができます。


(2016.11.10追記)***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。オーストラリアもスタートしました!

***お正月割引のお知らせ***
年末恒例、レッスンの費用が割引になるキャンペーンが始まりました。
今回は、
•マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
Uyuni_1
Machu_Picchu_1

•カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
Canada_1

などが割引となっています。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。


*ご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。またご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

2013年12月3日に公開した記事に加筆しました。

海外で2つ以上のESLに通っても「英語を話すのが怖い」人がいるワケ。

ワーホリや留学をしても英語が話せないのはなぜなのか


海外の語学学校(ESL)に通って英語を勉強している/したことがある人はわかると思うけれど、語学学校(ESL)で受ける英語の授業と、日本の学校で受ける英語の授業とにさほど大きな違いはない。ESLの授業でも先生が1人前に立っていて、授業時間の大半は10人以上のクラスメイトと一緒に先生が話すのをただ聞いている。そして教科書とノートを使って単語や文法の問題を解き、テストでどれだけ英語を暗記できたかをチェックされるー。

違うのは、ESLでは授業がすべて英語で進むことくらい、である。

日本で(小)中学、高校、人によっては大学でも、英語を勉強し続け、それでも英語が話せるようになっていないのに、今度は場所だけ海外に変えて、また同じやり方で英語を勉強する。

それがワーキングホリデー(ワーホリ)や海外留学をしても「英語を話せない・・」人が生まれる原因である。

私はカナダのバンクーバーでワーホリを始めた当初、語学学校(ESL)に3ヶ月通っていた。どこの留学エージェントに相談しても「まずはESLに3ヶ月通いましょう。(足りなければ延長すればいいんですよ。)」と言われたし、バンクーバーで出会う留学生やワーホリメーカー(バンクーバーには沢山の日本人留学生やワーホリメーカーがいるので、ダウンタウンを歩いているだけで彼らに出会える)に聞いても、それ以外に英語を勉強する方法を知っている人はおらず、他にどうすればよいのかもわからなかったから。

けれど3ヶ月経ってESLを卒業する頃になっても、自分が英語を話せているとは到底思えなかった。ESLの、「留学生の英語に慣れていてゆっくり話してくれるネイティブの先生」となら会話をすることができても、学校を一歩出るとネイティブが何を話しているのか全然わからないし、カフェでコーヒーを一杯注文するのすら、英語が下手だから相手を怒らせたらどうしよう・・と緊張していた。(カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。

続きを読む

英語圏の国で生活しても英語が話せるようにならない、理由?

英語を勉強している人に質問。あなたの1つ目の文化は何ですか?


カナダでワーホリをしていた頃、まだ自分が英語を「話せている」と思えなかった頃、そしてまだ「単語と文法を暗記すること」しかしていなかった頃。私は「文化/カルチャー」というと、「SUMO」とか「KABUKI」とか「KIMONO」とかのことを言うのだと思っていた。

ワーホリで日本からカナダ・バンクーバーに行き、とりあえず語学学校(ESL)に通ったはいいが、3ヶ月経っても自分が英語を話せているという気が全然せず、ただ時間だけが過ぎていくことに焦っていた私。

知り合いから「英語を個人で教えている先生がいる」と聞き、ダウンタウンにある図書館で体験レッスンを受けたのだが、そこで
"What's your first culture? (あなたの1つ目のカルチャー/文化は何ですか?)"と尋ねられた。(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気を参照)。

しかし私には質問の意味がよくわからなかった。

なので答えられず黙っていたところ、私はそこで初めて、人生で初めて、カルチャー/文化の意味を教えてもらったのである。

続きを読む

カナダでワーホリして気づいた、ESLの「中」と「外」の世界。

「ESLに行っているのに現地の友達ができない」のではなく、「ESLに行っているからこそ現地の友達ができない」。


カナダのバンクーバーでワーホリ中、日本人の友達とダウンタウンのレストランでご飯を食べていた時。

私は彼女とは別の日本人の友達を介して知り合い、会うのはまだ2回目くらいであった。なので「カナダでの生活はどう?」と尋ねると、「今ESL(語学学校)に行ってるんだけど、カナダ人の友達が全然できない。英語も話せるようにならないし・・・」と言う。

私は、「ん?学校に行ってるけどカナダ人の友達ができないし英語も話せるようにならないのではなくて、逆に、学校に行ってるからこそカナダ人の友達ができないし英語も話せるようにないのでは?」と思った。

さらに彼女は「学校はもう飽きた。あそこにあと4ヶ月も通わなきゃいけないなんて。日本で申し込んでくるんじゃなかった・・・」と嘆いていた。
その時点で彼女はバンクーバーに来て2ヶ月が経つくらい。まだ日本にいる間に留学エージェントにすすめられた学校に6ヶ月間通う契約を結んできたとのことで、「最初は毎日が新鮮ですごく楽しかった」らしいのだが、通い始めて1ヶ月も経たないうちに「飽きた」のだと言う。

そもそも「英語を勉強するための語学学校」に、先生以外のネイティブはいない。


「海外でESL(語学学校)に通えば英語が話せるようになるし、現地の友達もたくさんできるようになるはずだ」と、ワーホリや留学をする人は思いがち。

しかし冷静に考えてみれば当然のことながら、現地の人は現地の高校や大学に通っているのであって、語学学校で英語を勉強するネイティブはいない。だから海外で語学学校に通っても、そこで知り合うのは自分と同じ留学生に限られる。

私もバンクーバーでワーホリを始めたときは、多くの人がそうするように、ESLに通っていた。そうなると毎日が学校と家との往復で、休日も留学生の友達と一緒に過ごすという生活になったから、カナダ人と友達になる機会などそうそうなかった。(例えカナダ人と出会う機会があったとしても会話が続かないし、まれに「友達になれそうかな?」と思うことがあっても、しばらくすると相手の”本当の目的”がわかってしまうのであった。(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。を参照)

ESL(語学学校)とは、「英語の単語や文法を(日本で何年もしてきたように)勉強(=暗記)するための場所」なのであって、そこに通っているのは留学生しかいないのだから、学校に通って留学生の友達しかできないのは当たり前であった。

「バンクーバーはアジア人が多いから英語が伸びない」というのは言い訳にならない


私がESLで知り合った留学生の友達の中に、”バンクーバーにはアジア人が多いのでトロントに行こうと考えている”と言っていて本当に引っ越して行ってしまった友達がいた。彼は”バンクーバーはどうしてもアジア人(留学生)だけで群れることになってしまい本物の英語に触れられない。英語を使う機会がないのだ”と、言っていた。(ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。

たしかにバンクーバーは、トロントに比べアジアから距離的に近いこともあり、アジア人が多く住んでいる。カナダは白人の国だというイメージがあった私は、ワーホリでバンクーバーに初めて来て驚いたものだった。さらにESLに通い始めると生徒の90%は日本人か韓国人であり、アジア人の友達がたくさんできた。

しかし、である。

バンクーバーのダウンタウンには確かにESLがたくさんあるので(聞くところでは100校以上?)アジア人の留学生が多く目につくけれど、だからと言って「アジア人はアジア人の留学生同士で常に一緒にいなければならない」なんて決まりはない。

つまりアジア人留学生と常につるんでいるという行動を選択しているのは自分自身なのであり、バンクーバーにアジア人が多いことと英語の上達とに直接の関係はないと私は思う。彼はESLでアジア人と友達になり、そこでできた友達とばかりずっと一緒にいたからバンクーバーにいても本物の英語に触れる機会も英語を使う機会もなかったのであって、同じ事をし続ける限りはトロントに行こうがアメリカに行こうがイギリスに行こうがオーストラリアに行こうが、同じ結果になったと思う。(世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。

ESLを出たら、出会う人のバックグランドも多様になり、行動範囲も広がった


前述した通り、私が通っていたESLは日本人と韓国人が90%を占めていたから、とくに休み時間はしょっちゅう日本語や韓国語が飛び交っていたものだった。そのESLでは一応表向きはEnglish Only Policy(英語以外で話すのは禁止)のルールがあったけれど、先生もスタッフも結構見て見ぬ振りをしていたし、”日本人/韓国人同士なのに、英語で話すとか気持ち悪い”と言う人なんかもいた。(世の中にはいろいろな考えの人がいるのだ。) なので時々教室の中にいると、「自分はカナダにいるのか日本にいるのか韓国にいるのか、よくわからないなあ・・」と思うことがあった。

バンクーバーでESLに通っていた間はカナダ人の友達など一人もいなかった、というか、カナダ人に限らず当時は日本人と韓国人の友達しかいなかった(ESLの思い出)。私はESLには3ヶ月通ったが、卒業する頃になっても自分が英語を話せているとは到底思えず、英語をマンツーマンのレッスンで習うようになった。そこでESLで習う「教科書通りの英語の話し方」ではなく「ネイティブが話すような自然な英語の話し方」を学び実践するようにしたら、日本人や韓国人ではない人たち、ESLでは絶対出会わないようなバックグラウンドをもつ人たちと知り合う機会が急速に増え、行動範囲も広がり、「ああESLというのは何て狭い世界だったのだろう・・・」と思った。 

もう一度言うが、「ESL(語学学校)に通っても現地の友達ができないし英語も話せるようにならない」のではなく、「ESLに通っているからこそ現地の友達ができないし英語も話せるようにならない」のである。だってESLは(日本で既にずっとしてきた)単語や文法の暗記をするための場ではあっても、英語の文化/カルチャーを学ぶ場所ではないから。

私がESLを卒業してから発見したことは、ESLの外は、カナダの・英語の文化/カルチャーを身につける機会であふれているということ。

だって例えばカフェでコーヒーを頼むという、たったそれだけのことにも、英語の文化/カルチャーは存在しているのだから。

<関連エントリ:
カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。
日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?>


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。
私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。
→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

レッスンには、先生が同行し、カナダやアメリカや南米を横縦断する言語旅行に行くコースもあります。(参加は希望者のみ。目的地や期間は毎回変動します。)
私はバンクーバーでワーホリ中にアメリカのグランドキャニオン旅行に参加しました。(「リアルな経験」の中で生きた英語を習得を参照。)

旅行中は参加者同士はもちろん、現地の人にも積極的に話しかけ、24時間英語を喋りっぱなし。
教室で単語や文法やフレーズを暗記し、テストに書いたら忘れる・・のではなく、旅行しながら英語を学び、実践で使っていきます。友達同士だけや旅行会社のパック旅行で海外を旅行しても英語は伸びないですが、この旅行は先生が同行するため旅行しながら英語に自信をつけていくことができます。

マチュピチュの前で
↑南米ペルーのマチュピチュ。右端がバンクーバーで英語を教えて頂いた先生です。
マチュピチュの道中
↑別の旅行で南米ペルーのマチュピチュに向かう途中。
南アメリカ旅行_ヘリコプター1
↑ペルーでナスカの地上絵を見るためヘリコプターに搭乗するところ。
南アメリカ旅行_ナスカ地上絵3
↑誰が、何のためにナスカの地上絵を作ったのかは未だにわかっていません。
travel-Uyuni-2
↑ボリビアのウユニ塩湖へ移動。
ボリビアのウユニ塩湖でシューズ
↑通常は雨季に行くのですが、
ウユニ塩湖でジャンプ
↑乾季に行くと・・・
ウユニ塩湖乾期
↑こんな感じです!
南米をドライブ
↑車で移動するときは、希望者は運転することもできます。
南米でランチタイム
↑現地の人と一緒にランチ。
南米旅行_カリブ海でダイビング
↑カリブ海でダイビングもします。
ワインナイト_南米
↑チリのレストランでワインナイト♪

*さらに2018年は以下の目的地を訪ねる言語旅行を予定しているそうです。

●メキシコ
・カンクン(Cancun)のビーチ
メキシコ_カンクンビーチ

・カンクン セノーテ ダイビング
セノーテ(Cenote)とは陥没穴に地下水が溜まった天然の泉のこと。透明度が高く、深い青の水中世界に感動するそうです。
メキシコ_セノーテ

・チチェンイッツァ遺跡
チチェンイッツァ(chichen itza)はメキシコ古代マヤ文明の遺跡で、カンクンから約2~3時間。
メキシコ_チチェン・イッツァ

●ベリーズ:グレートブルーホール
グレートブルーホール(The Great Blue Hole)は海中の陥没穴のこと。カリブ海にあります。
ベリーズ_Great_Blue_Hole

●グアテマラ:ティカル遺跡
ティカル遺跡(Tikal)も古代マヤ文明の遺跡です。
メキシコ_ティカル遺跡
出典:Tikal (Guatemala), temple 1, August 2006 By Raymond Ostertag

●パナマ:パナマシティとパナマ運河
パナマ運河(Panama Canal)の夜景。
パナマ_Panama Canal

●ベネズエラ:エンジェルフォール
エンジェルフォール(Angela Falls)は、カールじいさんの空飛ぶ家の舞台と言われています。
ベネズエラ_Angela Falls
出典:Vista del Salto Angel en el Parque Nacional Canaima, Venezuela. By Paulo Capiotti


********
①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリがしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。

*ご希望される方は、東京都内のカフェで筆者が直接お会いして、私のカナダでのワーホリ経験やレッスンについてお話させていただいています。

また先生と、私と同じレッスンをカナダで受けられた元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料体験レッスンと無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

ご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

LINEでメッセージをやり取りするより早く、「電話で話が聞きたい!」と思われる方は、日本人カウンセラーのJunさんへ直接お電話ください。
Junさんの電話番号は
080-7889-6361
です。


*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。またご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2013年9月22日に公開した記事に加筆しました。

明治から変わらぬ、「日本人の英語学習」。

明治から150年変わらぬ、日本人の英語の勉強方法。


今は2017年。
21世紀に入ってとっくに10年以上が経っており、日本の元号で言うと、平成29年。

カフェでコーヒーやお茶を飲みながら英語を「勉強」している人たちを見ると、多くの人がテーブルにパソコンやスマホやタブレットやらを置いている。それは21世紀の、平成の、ハイテクが駆使された道具たち。

それらの道具を使えば、世界に山ほどある英語学習アプリや英語学習サイト、英語学習サービスに簡単にアクセスできる。けどそこで私は思う。

どんなに技術が進んでも、どんなに英語を勉強するための道具が進化しても、日本人が英語を学ぶ方法は、150年前の明治時代からずーーーーーーっと変わってないんじゃないか?と。

続きを読む

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ