【日本で説明会開催】海外で留学生の友達ではなく、現地の友達を作る方法

これからカナダでワーホリ/留学を予定している方へ。

1)日本で勉強している英語と、カナダでネイティブ達が使う英語の違いを知っていますか?
2)カナダで友達を作る方法を知っていますか?
3)カナダでESLに通う留学生の友達ではなく、現地の友達を作る方法を知っていますか?
4)カナダで英語を使う仕事を得る方法を知っていますか?
5)カナダで快適な宿泊先を見つける方法を知っていますか?
6)カナダで生活をスタートさせるのに最適なシーズンを知っていますか?


***これからカナダワーホリや留学を考えておられる方に向けた説明会を開催します***

〇場所:東京都内のカフェ(詳細はご連絡頂いた方へお知らせします)
〇参加費:無料。(ご自身のドリンク代のみ)

*カフェにて、バンクーバーで1年のワーホリを経験したこのブログの筆者(Coco)と、
筆者と同じくバンクーバーで1年弱の留学経験がある現役の英語教師(日本人)が
直接お会いして、
カナダで受けていたマンツーマンの英語レッスンについてはもちろんのこと、

1)日本で勉強している英語と、カナダでネイティブ達が使う英語の違い
2)カナダで友達を作る方法
3)カナダでESLに通う留学生の友達ではなく、現地の友達を作る方法
4)カナダで英語を使う仕事を得る方法
5)カナダで快適な宿泊先を見つける方法
6)カナダで生活をスタートさせるのに最適なシーズン

などなど、
留学エージェントやESLではまず教えてもらえない、カナダで実際に英語を学び、生活をしたからこそわかるワーホリや留学に必須の知識をシェアします。


〇説明会で、または説明会の後、カナダでレッスンを受けられた他の日本人ワーホリメーカーや留学生とも、Skypeを使ってお話することができます。
ESLに通わず、現地での最長3ヶ月のレッスンだけでどのような英語が話せるようになっているのか、実際に聞くことができます。

*生徒さん達が英語を話しておられる動画は下の記事からご覧ください。
【動画あり】バンクーバーでワーホリ開始3ヶ月目の生徒さんの英語
【動画あり】「1ヶ月の勉強で英語に自信が出てきた」カナダ留学生の勉強法とは?
(お二人とも、現在はさらに英語が上達しておられます。)

〇説明会で、または説明会の後、カナダにおられる先生ともSkypeでお話し、無料カウンセリングと無料体験レッスンを受けることができます。
(先生はネイティブの方ですが、日本語も話せます。)

無料カウンセリングでは
1.先生から直接、現在の英語レベルの診断を受けられます。
これにより、今英語に悩んでいる原因が明確になります。(先生はネイティブの方ですが、日本語も話せます。)

2.その診断結果と、カウンセリングで伺う、英語を学ぶ期間や予算のご希望を基に、最も適したレッスンプランをお伝えします。
プランについては先生だけでなく、日本人カウンセラーのJunさんからも説明をしてくださいます。
(Junさんが更新しておられるfacebookページがこちら→YCDI(You Can Do It)

3.レッスンを始める前に、レッスンをスタートしてどれくらい短い期間で、どれだけの英語の自信を得られるのか、予めイメージできるようになります。
(Skypeを使うレッスンではなく、対面で受けるカナダでのマンツーマンレッスンは、最長でも3ヶ月です。
カナダ渡航前にフィリピン・セブ島でレッスンを受けることも可能ですが、こちらは最長1ヶ月です。
そのためこの2つを受講する方でも最長4ヶ月の学習期間です。)

〇筆者はカナダのバンクーバーでワーホリをし、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通ったものの、
卒業する頃になっても自分が英語を話せたいるとは思えず、
周りにも同じように悩んでいる留学生やワーホリメーカーがが沢山いました。
そんな時、知り合いにマンツーマンレッスンを受けてみてはどうか、と言われ、
日本の学校教育とも英会話スクールともESLとも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶマンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。
(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)
そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、現地の人からうえ英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。
帰国後の現在は、都内企業で英語を使う仕事をしています。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」でどうやって英語を勉強するのか?
たった3ヶ月で英語が話せるようになるなんて本当なのか?
ギモンに思う方もぜひお越しください。

〇私達もかつては、初めての海外生活に挑もうとしていたワーホリメーカー・留学生でした。
だからこそ、これからワーホリや留学をしたいと考える方々の不安解消のお手伝いをしたいと思います。

続きを読む

「ワーホリすると帰国後の就職に不利」は本当、か?

ワーホリ経験者と話していて思ったこと


A:”ワーホリ留学したけどあまり英語が上達しなかったので「英語喋れるんだよね?」と聞かれるのが苦痛。”

B:”ワーホリ留学したおかげで英語が上達したから今でも仕事やプライベートで英語が役に立っている。”

どちらも私がカナダのバンクーバーでワーホリした後、日本で出会った元ワーホリメーカー達が言った言葉である。

これ、どちらが本当なのだろうか?

私が思うに・・
どちらも、本当である。

(ただしAだと言う人の方が圧倒的に多くて、Bの人はずっと少ない。)

自分がカナダへワーホリに行く前、ネットで情報収集していた時に、
・「友達は日本人ばかり」
・「毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???」
・「英語のことは・・聞かないで」
・「自然が多くて癒された」(英語には触れていない)
・「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題」
・「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい」
という感想が溢れている一方、「満足できる英語レベルが習得できた」という感想を見つけられず、不安になったものだったが、
これらの感想の帰結としてAになっていると思うのは・・私だけだろうか。

そしてカナダのバンクーバーでワーホリを始めたら、上の感想と同じことを言っている日本人ワーホリメーカーや留学生が実際にたくさんいた。

というより私も、カナダに着いて最初の数ヶ月、語学学校(ESL)に通っていた間は、
学校で出会う日本人か韓国人の友達しかいなかったし、
birthday partyやfarewell party(送別会。ほとんどのESLは毎週月曜が入校日で1週間~1ヶ月単位で通うので、毎週金曜日は卒業する生徒が必ず何人かいて、その卒業する人が主催してpartyを開く)などの飲み会(drinking party)にもよく誘われていた。
だから当時は、自分が日本にいた時に読んでいたワーホリメーカー/留学生達の感想を、まさにリアルに実感していた。

続きを読む

ワーホリの「成功」と「失敗」って、何?:2

改めて考えてみる。自分はどうしてワーホリをしたかったのか。


カナダのバンクーバーでワーホリ中の日本人の友達と、「自分達がカナダに渡った理由は何か。なぜワーホリをしたかったのか?」という話をした時のこと。

私たち二人ともが最終的に落ち着いた答えは、「まず英語が話せるようになりたかったから」。

そして「ワーホリをすることによって"何か"を変えたい、という思いがあったから」じゃないかということ。

・・・カナダでワーホリをする目的が、日本の喧騒は忘れてカナダでのんびりしたい。観光旅行の延長のような感じでただ海外生活というものを経験してみたい、別に英語は話せたって話せなくたってどっちでもいい。
という人も中にはいるだろうと思うけれど、
私はバンクーバーでワーホリをして「そろそろ一年が経つのだけど、このままじゃ帰れないからもう少し滞在を伸ばす。」という人に何度も出会ったことがあり、それで「帰れないって何で?」と尋ねると、きまって「まだ英語が話せるようになってないから」という答えを聞くことからも、やっぱりその一番の目的は「英語」である人が大多数であると思う。(ワーホリの「成功」と「失敗」って、何?を参照。)

そして「ワーホリをすることによって"何か"を変えたい」、その"何か"とは一体何だったのか、突き詰めて考えると結局「英語が話せない現状の自分」だったのではないか?と思うのである。

家族や友達がいて、仕事もあって、日本は本当に便利だし、住みやすい国だとも思うけれど、でも自分はこのまま「日本しか知らない状態」で歳をとっていきたいのだろうか。

海外で生活することにより自分の視野を広げて、「英語が話せる自分」になって、仕事・キャリアにもつなげたいし、人間関係も広げたい。
better future(よりよい未来)を得たい。

どうやら私も、私の友達も、ほぼ同じようなことを考えていたらしい。

続きを読む

ワーホリで日本人でもなければ留学生でもない友達を作る方法。

「カナダでワーホリ中」、という人の話。

語学学校(ESL)に通っているということは聞いていたので、「普段どういう生活をしているの?」と聞いてみた。

すると「そりゃもう”頑張って”勉強している」、と言う。

「朝から夕方まで学校で勉強して、スティ先に帰ったら宿題したり新しい単語覚えたり問題集解いたり。日本にいた時よりよっぽど勉強してる気がする!」、のだそうだ。

私が「その一日で、実際に英語を話してるのはどれくらいの時間になるの? 
語学学校での英語の勉強は、日本の学校と同じように単語や文法の暗記じゃない?
一日にあなたが英語で話す時間は、トータルでは何時間あるの?・・・もしくは、何分?」と尋ねると、

「・・・そんなこと考えたことなかった。
トータルの時間で考えると、ほとんど英語で話すなんてしてない気がする・・・」と頭を抱えてしまったので、

私が「学校であんまり話すことができないなら、外に出て英語でしゃべったらいいんじゃない?」と言うと、

「いやいや、外に出ても聞き返したり聞き返されてばっかりで、会話にならない。
ネイティブから何か言われても一回じゃ理解できないから聞き直すじゃん?
そしたらレジの店員とか露骨にめんどくさそうな顔したり舌打ちする人もいて。
しゃべんなきゃいけないのはわかってるけど、だからと言ってオレの下手な英語に耳を傾けてくれる人なんていないし。
つーかだからこそ学校にも行ってるわけで、もし行ってなかったらただの引きこもりだよ。ははは・・・・・・」

★★★★★★

う~む、わかる・・。
私も語学学校に通っていた時、学校の外で英語をしゃべりたいと思っても、通じないからつまんなかったし、何度も聞き返されたりするともう、「私の英語が下手ですみません!」と、申し訳ないような気持ちにさえなっていた。
英語がわからず"Sorry"と言ってしまう・・惨めだった気持ち。


「引きこもるために海外に行こう!ワーホリしよう!」と思う人なんて、いないはず。
わざわざ海を渡って海外に、そんなことしに行く人なんていないだろう。

でも英語が全然話せない、英語のカルチャー/文化も理解しない状態で海外に行って、そういう状態になる人も中にはいることも事実だ。

最初は外に出て英語を喋ろうと頑張っていても、相手に笑われたり、イライラされたり。
それが積み重なるうちに、段々英語を話すのがイヤになってくる。

だって生身の人間とコミュニケーションをとろうとして、下手な英語に舌打ちされるより、部屋で一人、単語帳とにらめっこしてる方が気が楽だから。
外に出て英語を喋ろうとして傷つけられるより、部屋で一人、ネットで日本のドラマやお笑いでも見てた方が楽しいから。

★★★★★★

引きこもることはなくとも、カナダで1年過ごして「日本人の友だちはたくさんできたがカナダ人の友だちはゼロ」と言う人も、実は結構いる。
なぜなら、「バンクーバーなんてアジア人の留学生ばっかりだから」。

いやいやいや。
バンクーバーはたしかにアジア人の留学生が多い街だが、だからと言ってカナダ人と知り合うのが難しいとは全然思わない。

バンクーバーに住んでいても日本人留学生としか知り合う機会がないと言う人は、それはその人の行動範囲が留学生が集まる所ばかりに限られているからだ、と私は言いたい。


どこに行けば、そして何をすれば、日本人でもなく留学生でもない友達ができるのか。
それはその人が知らないし、気づいてもいないだけなのだ。


<参考記事:ワーホリして気づく、カナダ留学生の間に存在する「2つの世界」。


***お知らせ***
どこに行けば、そして何をすれば、日本人でもなく留学生でもない友達ができるのか、アドバイスします。

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生(ネイティブスピーカー。日本語も話せます。)が現在、バンクーバーだけでなく、フィリピン・日本・中国・オーストラリア(オーストラリアは準備中)、さらにオンラインでもレッスンを行っており、【ワーホリ・留学無料相談会】を開催中です。

相談会では外国人と友達になる方法を始め、英語が話せるようになるための近道についての話を聞けたり、また先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで時間をかけてカウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI(You Can Do It)

海外に行く前から、英語圏の国に住み、英語が話せる友達ができます。


ご興味のある方はコメント欄、もしくは右下に表示されるメッセージ欄からご連絡ください。

・先生のレッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行することもあります。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)
グランドキャニオン旅行21

・レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている/終えられた生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

ワーホリや留学を始める前に考えておいた方がよいこと。

「ワーホリ/留学をしたいと思っていて、語学学校に行こうか悩んでいます。アドバイス下さい。」と言われることがある。

私のアドバイスは、「語学学校に行きたいのであれば行ったらいいと思います。学校に通うことで自分が海外でしたいことが達成できると思うのであれば、迷わず行った方が良いです」 である。

例えば、「日本で今までやってきたこと(英単語と文法の暗記)を海外でもぜひ続けたい!」という希望がある人。

そういう人は海外で語学学校に通えばきっと100%満足できると思うから。

★★★★★★

私がカナダでワーホリを始める前、日本にいて情報収集をしていたとき、ネットで「ワーホリ」や「留学」というキーワードで検索すると、出てくるのは留学エージェントのサイトしかなく、そのすべての留学エージェントが語学学校を紹介していた。

情報収集を始める前は私はワーホリする日本人の多くは海外で語学学校に行っているなんて知りもしなかったのに、それしか情報がないものだから、いつの間にか「それが当たり前なんかな・・?」という感覚を持ち始めた。

それでネットで出てきた留学エージェントに上から順に問い合わせをしてみたところ、語学学校のパンフレットが大量に家に届いた。

しかし英語で長々と書いてある説明など当時の私には理解できず、どの学校も同じに見えたので、途中で封を開けることすらやめてしまった。

★★★★★★

そもそも本来なら、
「自分は英語が話せるようになってこれがしたい、こうなりたい!」ということがまずあって

だから英語を学ぶ!

ではその英語を学ぶ手段の一つとして、語学学校に通うというのはどうですか? 

という提案になるはずなのに、

「ワーホリに興味がある」と言っただけで、私の希望も何もなく、語学学校の情報だけが送られてきたことに、違和感を持った。

★★★★★★

今、英語を習得するために海外に行きたいと思っている人は、

「自分は英語を習得して、その先何をしたいのか?」

それをはっきりさせるところから考えた方がよいと思う。

もし漠然としている人は・・・・・・

私も一緒に考えるお手伝いをします。


***お知らせ***
◎英語を、単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶ、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく、フィリピン、日本、中国、オーストラリアでも行われており(オーストラリアは準備中とのこと)、さらにオンラインでも受けられるようになっています。

英語を勉強されている方・海外へワーホリや留学をされる方へ向けた無料相談会開催中です。私も参加しています。
相談会は英語と日本語で行っています。

・あなたが英語を使ってしたいこと
・海外に渡る前から英語が話せるようになるには何を勉強すればよいのか(単語や文法ではありません。)
王道のワーホリをしたくない人は、しないためにどうしたらよいのか

などなど、個別にお話をします。

参加ご希望の方はコメント欄よりご連絡ください。追って詳細をお知らせします。
相談会はオンラインでの参加が可能です。

◎さらに月に1回、6ヶ月間、Skypeを使った無料レッスン:LI - EBC ( Linguistic Immersion English Boot Camp )が始まります。

”貴方は英語が喋れないのは自分が日本人だから
私には語学の才能がない
向いていないなんて思っていませんか?
それは大きな間違い!
決して、貴方が日本人だからでも語学に才能がないわけでもありません!
ただ、勉強法が間違っているだけなんです!
ただそれだけなんです!
でも、ほとんどの方がそのことに全く気付いていません!
その為、英語を習得するために何年もお金と時間を費やす。
それでも、なかなか喋ることができない
だからまた時間とお金を費やす
その繰り返しで、貴方は英語を喋る楽しさを忘れてしまう。
英語を勉強する事が苦になり、英語に苦手意識を持ってしまう。
英語だけではなく、どんなことも楽しくなければ続かないですよね。
貴方に英語を話す楽しさを取り戻して欲しい。
勉強法が間違っているだけだと知ってもらえたら...
日本を飛び出し、色んな考えを持った人達と触れ合う
英語を貴方の最強の武器に変えるお手伝いができればと思います。”
(現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん、Junさんが更新しておられるfacebookページ、YCDI(You Can Do It)より)

ご興味がある方はコメント欄よりご連絡ください。

◎先生のレッスンでは、「②読み書き→①話す」の不自然で難しい順番ではなく、子どもの頃には誰もが自然に行っていた「①話す→②読み書き」の順で英語を学ぶため、誰でも短期間で英語が話せるという実感がもてるようになります。(日本人が間違えがちな英語を勉強する「順番」。

◎レッスンでは、英語を暗記することは一切しません。
暗記どころか、教科書もノートも使いませんし、宿題もありません。

◎先生のレッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行することもあります。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

◎レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

時々感じたワーホリへの差別

ワーホリでバンクーバーに渡ってから出会った日本人に、「私は留学(語学学校ではなく現地の大学や大学院に入って学位を得ること)ではなく、ワーホリでカナダに来ました」と言うと、何となくよそよそしい態度になる人が、時々いた。

【ワーホリ = 英語も話せず海外に来て、フラフラ遊び、結果、英語もろくに話せないまま日本に帰っていく】

そういうネガティブなイメージが彼らの頭の中にあったからだと思う。
・・いや、そういうイメージを持っている人たちは、今も確実にいるだろう。だって、日本人のワーホリの一般的なスタイルは、私がワーホリをした時からとくに変わったとは思えない。英語が話せないまま海外に行くため、現地でも日本人だけでつるむことになり、結果、英語が話せないまま帰国する。・・ワーホリのよくあるパターンである。

これがもし日本から、海外の「語学学校ではない学校」への留学となると、まず日本にいる間にTOEFLで一定レベル以上の点数を取る必要があったりする。留学の前に、私には現地の学校の授業についていけるぐらいの英語力がありますよ、と証明しないといけないわけである。
一方、ワーホリは、英語など別にできなくても、ビザ申請用のお金と航空券代、さらに当面の生活費がありさえすれば誰でもできる。

言い換えれば、ワーホリへのハードルは、現地学校への留学に比べて、格段に低い。そしてハードルが低いからこそ、上記のような、ワーホリへのネガティブなイメージが作られていったのだと、私は思う。


一般的に、日本人はリスクを取るのが嫌いだと言われる。日本人は何事にも慎重で、時間をかけて行動する、と。
でもなぜかワーホリにおいては、ワーホリに行く前に慎重に準備するということはあまり一般的ではなく、「何とかなる」で済まされてしまうのが私には不思議でならない。
かく言う私も、英語が話せないまま「何とかなる」でカナダに渡ったことを後悔した一人だから、余計にそう思う。

たしかに、海外に行っても英語が話せないなら、常に日本人とつるむなりして、日本語だけで生活していくことはできるだろう。
でもそれは、何も海外まで行かなくても、日本で十分できることではないだろうか。

海外に住むのであれば、現地の言葉で現地の人々と話ができた方が、何倍も何十倍も生活が楽しくなる。


***お知らせ***
「海外に渡ったのに英語が話せない」という後悔をしないために、まずフィリピンで1ヶ月英語を特訓し、その後カナダやオーストラリアにワーホリすることができます。
その名も イングリッシュ・ブートキャンプ ティーチャーズ ホームスティ( English Boot Camp Teachers Home Stay)と言い、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生のレッスンを1ヶ月間、集中的に受けることができます。

◎イングリッシュ・ブートキャンプはフィリピンのセブ島で、月曜から金曜まで1人の生徒さんに2人の先生がつき、毎日7時間行われます。プラス、週末も別の先生が2人つき、毎日7時間、ずっと英語漬けの環境です。
つまり、1人の生徒さんに合計4人の先生がつきます。

◎レッスンの時間は、1週間で
月~金:1日7時間×5日=35時間
土&日:1日7時間×2日=14時間
の、合計49時間、
1ヶ月(4週間)では 49×4= 196 時間 のレッスンになります。

◎イングリッシュ・ブートキャンプは2015年の3月に開始され、6月、10月、2016年の2~3月に続き、次回が第5回目となります。

◎さらに滞在先は現地の先生の一人のお宅に宿泊になります。
よって実質的に、朝起きてから夜寝るまでずっと英語に触れる環境になります。

◎レッスン費用には、毎日3回の食事日本からフィリピンへの往復航空券空港への送迎が含まれています。

◎フィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプを終えた後、1年以内にカナダかオーストラリアへのワーホリを考えていらっしゃる方は、
カナダでのレッスンが1ヶ月無料になる、
もしくは
・先生との「英語の面接」を受け、その英語の上達度合により、カナダまたはオーストラリアでのレッスン費用が最大40%割引になる、
このどちらかを選ぶことができます。

◎レッスンには宿題も暗記も教科書すらありません。
とくに勉強している気はしないのに、1ヶ月後には英語が話せるようになっています。

★・・とは言え、どんなレッスンなのか、より詳細を知りたい方は、レッスンの窓口として、現在バンクーバー在住の元生徒さんとSkypeで直接お話ができます。
下の写真のJunさんは、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生の同じレッスンを受けられ、現在バンクーバーに住んで2年目の日本人女性です。Junさんはレッスンの一環で行く旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)にも参加されたことがあります。
Junさんが更新しておられるfacebookのページはこちら→YCDI(You Can Do It)
JunさんのLINEまたはSkypeアカウントを知りたい方は私までご連絡下さい。

Junさん

★また、レッスンに参加される方(メンバーとなった方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。
・そのうちのお一人は、フィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプを終えられ、現在カナダで仕事に応募されたばかりとのこと。
・もうお一人は、先日の南アメリカでの旅行
ボリビアのウユニ塩湖を旅行中の生徒さん達:動画1
ボリビアのウユニ塩湖を旅行中の生徒さん達:動画2
を終えられ、現在カナダで2つの仕事を獲得されているとのこと。それも、面接時にカナダ人のマネージャーから
"Man, your English is really nice! Wow, I didn't know the Japanese in Vancouver, can speak like you!"
(君、英語上手い!カナダにいる日本人が君みたいに英語話せるなんて知らなかったよ!)
と、言われたそうです。

レッスンにご興味のある方、詳細を知りたい方はコメント欄からご連絡ください。
*これまでに先生にご連絡をされているにも関わらず先生からのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

カナダワーホリの前に準備すべきは、お金?英語?

バンクーバーでワーホリ生活を始めたばかりの時、日本は物価が高い国だとばかり思っていたが、
バンクーバーに比べると「実は物価の安い国だったんだなあ」と思うことが度々あった。

日用品を始め、外食するにしても、日本であれば一食数百円で済ませることなどまったく難しくないのに、
カナダだと大体何を頼むにしても(たとえサンドイッチ1つでも!)10~20ドル(その時々のレートにより若干変わるものの、感覚的に千円~二千円)はかかる。
消費税だって、最大12%もかかる。

バンクーバーの物価の高さを知らずにバンクーバーに来て、
資金があっという間に底をついたので当初の予定を早々に切り上げて帰国するという人の話は
そう珍しいことでもない。

★★★★★

外国人が英語圏の国で働くのに、英語がろくに話せないと
選択肢はごく自然に、一般的に「単純作業」と呼ばれる仕事に限られる。
世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。を参照。)

英語も特別なスキルも求められない。
そうなると、往々にして賃金が低く抑えられてしまう。

「英語環境で働きたい!」と言う人はたくさんいるけれど、
まずその英語環境で働くためには、ある程度英語が話せる必要があるのである。

おそらくほとんどの人は、

英語を勉強すること自体が目的になってしまって、
英語を実際の生活の中で使うことには意識を向けない。

もしくは、
単語や文法を暗記することだけに必死になり、
会話がどれだけ上達したか、どれだけ話せるようになったか
あまり考えない。

もしくは、
テキストを買ったり学校に通ったりと、
英語の勉強のために一生お金を払い続けるだけで、
英語を使ってお金を稼ぐことができる可能性には注意を向けない。

・・・のではないだろうか?


カナダで、どこにも遊びに行かず、ただひたすら家にこもっていたいというなら話は別だが、
友達と遊びに行ったり、旅行したりもしたいと思うのであれば
それなりにお金も必要になる。

だからこそ、英語のためにお金を払い続けるのではなく、
カナダに着いた直後から英語を使って仕事をして、
「英語でお金を稼ぐ段階」に素早く入るためには、
まずカナダに渡る前から、英語の準備をしていくことも重要なのではないだろうか。

<関連エントリ:
世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。
カナダでワーホリを始めて1ヶ月の日本人の、ちょっと珍しい生活。



***10月に行われるフィリピンでの1ヶ月間英語レッスン(English Boot Camp:EBT)についてのお知らせ***

英語で文を作るのすら難しい方、
英語で話すのが恥ずかしいと感じる方、
海外には行きたいが、どうやって英語を勉強したらよいのかわからない方、
日本での英語の勉強の仕方(単語や文法をひたすら暗記)は自分に合わないと感じている方、
とにかく自分の英語を変えたいと思っている方。

・・・上記のどれか一つにでも当てはまる方ならどなたでも受けられるレッスンです。


・フィリピンでのレッスンも、私がバンクーバーで受けた英語のレッスンとまったく同じ方法を基に行われます。
・フィリピンのレッスンでは、まず英語の話し方のテクニックを中心に習います。
・その後文法も習いますが、日本で勉強してきたような方法では習いません。
「文法のことなど考えることなく英語で話せるようになる方法」を習います。
・日本でずっとやってきたような英単語や文法の暗記は一切ありません。
宿題もありません。
・語学学校の英語の授業では「先生が1人で生徒が10~15人」、
バンクーバーでの個人のレッスンでは「先生が1人で生徒も1人」ですが、
フィリピンのレッスンでは「先生が2~3人で生徒が1人」でお教えします。(先生の数の方が多いです。逆ではありません。)
・レッスンは1日7時間、月曜から金曜まで毎日あります。
・1週間に35時間×4週間で、1ヶ月140時間になります。
・平日のレッスンは、フィリピンのリゾート地のホテルで、リラックスした雰囲気の中行われます。
・週末には英語を使ってフィリピンを旅行したり、様々なアクティビティがあります。(参加は強制ではありません。)
10月のレッスンからは、先生の家にホームスティすることも可能になります。
レッスンの時間だけでなく、レッスンの外でも英語を使うチャンスがさらに広がり、かつ超がつくフレンドリーなフィリピン人の
先生達と過ごすことで、外国人と友達になるのなんて簡単だということが実感できるようになります。これはカナダに渡る時にも大きな自信になります。
・さらに10月に参加される方は、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた、ヘッドティーチャーもフィリピンに滞在するので、直々にレッスンを受けることができます。
・第一回目の3月、二回目の6月のレッスンを受けられた方たちは今、カナダでのワーホリに向けて準備をしているか、既にカナダに渡った方も中にはいらっしゃいます。

フィリピン・セブ島で行われた第一回目のレッスンに参加された生徒さん達の感想はこちら↓
「セブのレッスンでたった1ヶ月で英語が話せていると感じられるようになった。英語を話すのが怖くなくなった」Kateさんの感想文
「セブに来るまで英語が話せなかったのに、たった1ヶ月で英語が話せていると感じられるようになった。英語を話すのが怖くなくなった」Kateさんの英語動画
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-507.html" target="_blank" title="「英語の勉強なんて大キライ。だけどセブEnglish Boot Campに参加して1ヶ月で外国人旅行者とお喋りできるようになった」Sandyさんの感想動画">「英語の勉強なんて大キライ。だけどセブEnglish Boot Campに参加して1ヶ月で外国人旅行者とお喋りできるようになった」Sandyさんの感想動画


セブ 海
セブの美しい海

セブ ホテルのロビー
リゾートホテル内で行われるレッスン

セブ パラソル
教室のような閉鎖的な場所でレッスンを受けることはありません

セブ ホテル
ホテルのプール

セブ ホテルの部屋
ホテルの部屋

セブ ビュッフェ
ホテルの食事

セブ 魚
ダイビングもできます

セブ ニモ
ニモ発見

セブ 潜水
これは先生?

セブ 夕陽
時には夕陽を眺めながらレッスンを受けることも。



*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

カナダワーホリ開始1カ月の日本人の、ちょっと珍しい生活。

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生のレッスンを、カナダに渡る前から受け、今バンクーバーでワーホリをしている日本人生徒さん(Marsaさん:イングリッシュネーム)の話。

==================================
●2015年1月。
・英語の学習の仕方やカナダでの生活に関するオンラインカウンセリングを、バンクーバー在住の日本人のカウンセラーのEthan(イングリッシュネーム)から受け始める。
・カナダに渡るまでの間、ほぼ毎週NAKAMA CANADA 【レッスンを受ける人・受けた人が中心となり構成されているサークル。週に1回Skypeを使って皆で話をされているそうです。先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOlivia(イングリッシュネーム)さんのブログに詳しい様子が書いてあります。】 にも参加し英語のカルチャーや英語で話すときのコツなどを、先生始め、Oliviaさんや他のメンバーから教わる。

●3月。
フィリピンでの記念すべき第一回目のレッスン、1カ月間のEnglish Boot Camp(EBC)に参加。

●6/30。
バンクーバーでのワーホリスタート!

●バンクーバーに着いて2週間目。
・誰の助けも借りず、自身の英語だけでカナダの銀行に口座を開設し、
・job interview(仕事を得るための面接)にもパスする!
が、英語環境ではあっても、オファーされた時給がバンクーバーの最低時給である10.25ドルでしかないことが不満、かつ
自分ならもっと時給の高い仕事がゲットできると確信していたので、その仕事は断る

●3週目。
思っていた通り、英語環境&時給がもっと良い仕事をゲット!

==================================

EthanがMarsaさんに初めてバンクーバーで実際に会ったときは
オンラインカウンセリングの時とは違い、Marsaさんが英語でまったく物怖じせずに喋っていることに驚いたそうです。

現在Marsaさんはバンクーバーで先生のレッスンを続けておられます。

なので、教室で先生の話をひたすら聞いて教科書の英語を暗記するような勉強はまったくしていません。

レッスンの中だけでなく、レッスンの外でも自由に英語を使い、異なるカルチャー、異なる言語の国の中での生活を働きながら思い切りエンジョイされているとのこと。

・・・これが、日本にいるうちからきちんと準備をしてきて、バンクーバーに着いてまだたった1カ月の、生徒さんの姿。

日本にいる間に何の準備もせず、カナダでどうしたらよいかわからずとにかくESL(語学学校)に通って
日本でしてきたことと全く同じことを繰り返し(とにかく暗記、暗記、暗記...)ていたために、
1か月どころか3カ月が過ぎても英語が話せている気が全然していなかった
英語を使う仕事ができるなんてまったく思えなかった私とは大違い。
である。

カナダに着いてたったの1カ月でこれなら、Marsaさんのワーホリが終わる1年後には、
どれほどの経験をし、どれほどの英語を身に着けているのだろうか?

・・・ちょっと想像ができないくらいである。


★★★Marsaさんが参加したとき(3月)のフィリピンレッスン(English Boot Camp)の様子★★★
セブレッスンの様子13
セブでのレッスンの様子。ホテルの庭にて。

セブレッスンの様子14
セブでのレッスンの様子。プールサイドにて。1対1のリラックスした雰囲気の中行われます。

セブで英語レッスン
レッスンの合間には海で遊んだりも。

セブレッスン343
集合写真

English BayでBBQ
これは8月に先生と他の生徒さんと一緒にバンクーバーのEnglsih Bayでバーベキューをしたときの写真。一番左がMarsaさんで、一番右が先生です。

********お知らせ***********
English Boot Campについては、先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんであり
現在は生徒の皆さんのメンターとして活動されているOliviaさんのブログのフィリピン・セブのレポートもぜひご覧ください。

フィリピンやバンクーバーでのレッスンにご興味のある方は、
こちらのブログへご連絡頂くか、
Oliviaさんのブログ
または私と同じ先生のレッスンをバンクーバーで受けられた生徒さん達が書かれているNAKAMA CANADAのブログからご連絡ください。(連絡先が載っています)

現在、動画クイズ(1)~(3)に全問正解するとレッスン料が割引になる特別キャンペーンも行われているそうです。
クイズは、前回の記事、【動画クイズあり】カナダでのワーホリに「大満足」して帰国する生徒さんに載っています。

*これまでに先生またはOliviaさんにご連絡をされているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

【動画クイズあり】カナダでのワーホリに「大満足」して帰国する生徒さん

前回の記事でもお知らせしました通り、
私と同じ先生のレッスンを日本とバンクーバーで受け、
・英語がペラペラになり、
・ネイティブの友達がたくさんでき、
・英語環境で働き、
・ワーホリ中にネイティブの友達とカナダ国内だけでなく、アメリカ・メキシコへも旅行し、
「ワーホリ生活に大満足した」と語る日本人のJennyさん(イングリッシュネーム。下の動画でも声で出演されています。↓
Wishing Listを作り、実現させましょう【動画有り】
が、9月に日本に帰国されます。

今後カナダ留学やワーホリを考えていらっしゃる方は
Jennyさん達と、Skypeまたは対面で、お話をすることができる
オンラインミーティング、または対面ミーティングに参加することができます。


英語や海外生活、仕事について、または現地での友達の作り方といった
実際にそこで生活している人だからわかる経験に裏打ちされた情報を
直接、カナダに渡る前、日本にいるうちに聞くことができます。

さらに、私がバンクーバーで英語を個人で習った先生の、
フィリピン・セブ島&ボホール島にて3月と6月に行われた
1カ月間の特別英語集中レッスン(English Boot Camp)の次回の開催が
10月に決定したそうです。

6月のEnglish Boot Campの様子↓
7フィリピン滝
空港へ迎えに行ったスタッフと生徒の皆さん

4フィリピンビーチ
ビーチ

2フィリピンダイビング
ダイビング中

3チョコレートヒルズ
チョコレートヒルズへ観光

6フィリピン滝


5プール窓辺から
ホテルの窓辺から眺めるプール

8フィリピン集合写真
集合写真

English Boot Campについては、先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんであり
現在は生徒の皆さんのメンターとして活動されているOliviaさんのブログの
フィリピン・セブのレポートもぜひご覧ください。

【*重要*】
下の動画クイズ(1)~(3)に全問正解された方は、フィリピンでのレッスン(English Boot Camp)の割引を受けることができるそうです。

1.


2.


3.


クイズ:上の3つの中から動画を1つお選びください。
(1)その動画の中で、「変な英語だな」と感じる部分を教えてください。
(2)なぜ変なのか、その理由を簡単に教えてください。
(3)そして、あなたならどのように話すか、教えてください。



********************
フィリピンやバンクーバーでのレッスンにご興味のある方は、
こちらのブログへご連絡頂くか、
先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログ、または私と同じ先生のレッスンをバンクーバーで受けられた生徒さん達が書かれているNAKAMA CANADAのブログからご連絡ください。(連絡先が載っています)
NAKAMA CANADAのブログはJennyさんも記事を書かれています。
動画クイズの答えを考えられた方はOliviaさんまでお送りください。

*これまでに先生またはOliviaさんにご連絡をされているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

カナダに渡る日本人がカナダで成し遂げたい4つのこと。

1.英語がペラペラになりたい。
2.ネイティブの友達がほしい。
3.英語環境で働きたい。
4.カナダ国内、国外含めて旅行したい。

ほとんどの人は、こういうWishing list(カナダでやりたいことのリスト)を心に抱いてカナダに渡るが、カナダに着いて間もなく不安になる。
英語圏の国で英語が話せないとは一体どういうことなのか。
・・・現実にぶち当たって初めて気が付く。

言いたいことが言えない。
相手の話が理解できない。
英語を話しているつもりなのに通じない。

自分が日本でしてきた勉強とはいったい何だったのか・・
ショックを受けつつも、どうにか英語が話せるようになりたいと願う。

そして、「みんな」がしている英語の勉強をカナダでやってしまう。

つまり、留学エージェントが言うように語学学校に通って勉強をする。

そして日本で散々してきた単語の暗記や、文法の暗記、イディオムの暗記をカナダでも繰り返し、
半年も過ぎる頃、
自分のWishing listの中のただ1つも叶えられていないことに、気が付く。

結局、働けないので資金不足に陥り予定よりも早く帰国することになったり、
カナダで生活してはいてもいつも一緒にいるのは日本人かESLの友達で、
カナダ人の友達は一人もいない・・なんて、本当にありふれた話である。

しかもそういう人たちに限って、
「バンクーバーは日本人が多くてつい日本語を使ってしまうから、英語を伸ばすのが難しい」とか、
「バンクーバーは留学生が多いからイティブの友達を作るのが難しい」とかいう言い訳をし始める。

バンクーバーが悪いのではなく、
バンクーバーに住んでいる人たちが悪いのでもなく、
単に自分が英語を学んだ方法(学校に通って日本で散々してきたことを繰り返すこと)が、
英語が話せるようになるのを難しくするし、
ネイティブの友達を作るのも難しくする方法だっただけなのだが、
それにはまず気が付かない。


一方、語学学校になど行ったことがないのに
Wishing listをすべて叶える人もいる、

いや、語学学校に行っていないからこそWishing listをすべて叶えることができるのだと言った方が正しいかもしれない。

カナダで「みんな」がすること(語学学校に通う→日本食レストランで働く→友達は自然、日本人や留学生に限定される)
をせず、「自分」を信じて行動したからこそカナダですべてのWishing listを叶えることができた日本人ワーホリ経験者。
その一人が、既にこのブログにも何度か登場しているJennyさん(イングリッシュネーム)である。
【Jennyさんが筆者の一人になっているブログへはこちらから飛べます↓】
日本人にありがちな答え方
【Jennyさんへのインタビュー記事はこちら↓】
バンクーバーで「自分はラッキー」だと思う理由。

(このブログの過去記事には他にもJennyさんの動画や写真やエピソードなどが多々あります)

日本で、私がバンクーバーで英語を習っていた先生のレッスンを受けていたときのJennyさん
↑一昨年:日本で、私がバンクーバーで英語を習っていた先生のレッスンを受けていたときのJennyさん

Vancouverの空港に到着したばかりのJennyさん
↑去年:Vancouverの空港に到着したばかりのJennyさん

レッスンの一環で南アメリカに旅行しているときのJennyさん
↑今年:レッスンの一環の旅行で先生と他の生徒さんと一緒に南アメリカ旅行中のJennyさん

***お知らせ***
来月9月、Jennyさんが日本に帰国することに決定されたそうです。それに伴い、現在カナダ留学やワーホリを考えておられる方は、日本に帰国されるJennyさんとSkypeや対面でお話することができるそうです。Skypeや対面で直接、英語や海外生活、仕事について、または現地での友達の作り方といった、実際にそこで生活している人だからわかる情報を、日本にいるうちに聞くことができます。

ご興味のある方はこちらのブログへご連絡頂くか、
先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログ、または私と同じ先生のレッスンをバンクーバーで受けられた生徒さん達が書かれているNAKAMA CANADAのブログからご連絡ください。(連絡先が載っています)

*これまでに先生またはOliviaさんにご連絡をされているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ