学校では教えてもらえない、英語を話す時に欠かせないもの。

海外に住んでもESLに通っても、「英語が話せない」人がこれだけいる理由


「海外に住んでいるのに英語が伸びない」
「語学学校(ESL)に通っているが英語が上達している気がしない」
「学校に3ヶ月通ったけど英語を使って仕事ができる自信なんてない」

上は私がカナダのバンクーバーでワーホリ留学中によく聞いた悩みで、今もこれらの悩みを持つ人からLINEで連絡をよくもらうし、ワーホリや留学をしている人のブログを読んでいてもやっぱり、この状況は私がワーホリをしていた頃から変わっていないようである。

私もバンクーバーで始め留学エージェントに言われるままに語学学校(ESL)に通って、
3ヶ月経っても自分が英語を話せているとは到底思えなかった。
ジャパレスなら何とかなったかもしれないが、英語を使って仕事するなんて、、
夢のまた夢のように思えた。

いくら英語圏の国であるカナダで英語を勉強するための学校に通っても、
そこですることは日本で中学高校の間ずっとやってきたこと(=英語の単語と文法をひたすら暗記)と同じだから、
それをまた繰り返したところで英語のスピーキングの自信などつかないのだけれど、
でも当時はそれ以外にどうしたらよいのかわからなかった。

今の自分なら、英語を話すためには、単語文法よりももっと重要なものがあるとわかるのだが、当時はそんなこと知らなかったし、分からなかった。

英語を話すために欠かせないもの。
それは英語の文化
その言語を話す上でベースとなる考え方や価値観、行動の仕方、そして人と人との関係性のこと、である。

続きを読む

「ネイティブが話してることは分かる、でもネイティブみたいには話せない」理由?

「日本で英語を勉強している」人も「海外で英語を勉強している人」も、同じように悩んでいる。



「日本で英語を勉強している」人、そして「海外で英語を勉強している人」からも、よく聞く。

「ネイティブが何を言っているのかは、大体はわかる。
わかるけど、でも自分が彼らと同じように話せるかと言うと・・・難しい」、と。

私もカナダのバンクーバーでワーホリを始めて語学学校(ESL)に通っていたとき、まさに同じことを思っていた。

平日は毎日ESLで朝から夕方まで英語を勉強し、休日も図書館に行ったりして英語を勉強していたが、
しかし勉強量に比例して英語が伸びているとは、到底思えなかった。

”留学生の英語”に慣れている学校の先生となら話ができても、
一歩学校の外に出ると、自分の英語が通じない。

ネイティブと話す機会があると、頑張ってできるだけ多く喋ろうとはしてみるのだが、
自分の名前、どこから来たのか、なぜカナダに来たのか、学生か、日本ではどんな仕事をしていたのか、など、
定番の質問に対してはスラスラ答えられても、
そこから違う話になると・・・ついていけなかった。

言いたいことはあるのだが、それを何と表現したらよいのかわからないし、
勇気を持って言葉にしてみても、伝わらなかったりして、
英語を話そうとする時は、大体いつも5歳くらいの子どもに戻ったような気がしていた。
英語で話すとき、「小さなこどもに戻ったような気がする・・」ワケ。を参照。)

自分は20歳を超えた大人なのに、英語が上手く話せないというだけで、
会話の相手から子ども扱いされていると感じたり、もしくは見下した態度を取られることも、あった。
(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。)

バンクーバーでESLに通っていた時は、
「お金も時間もかけてカナダまで来て、毎日英語を勉強しているのに話せるようにならないなんて、自分は頭が悪いのではないか?」と悩んでいたし、
「これだけ勉強しているのに話せるようにならないのなら、もう英語なんて諦めて帰国した方がよいのではないか」
と思うことさえあった。

しかし今となっては、当時の悩んでいた自分や、そして今ESLに通っていて英語に自信がつかず悩んでいる人に、もし言えるとしたなら、
「それは英語をINPUT=暗記ばかりして、OUTPUTの勉強はしてないに等しいのだから、話すのが難しくて当然だよ・・」と、肩をポンポンとしてあげたいくらいである。

続きを読む

教科書には書いてないし学校でも学べない、「NICE TO MEET YOU」の使い方。

海外留学や駐在経験のある人でも知らない、「NICE TO MEET YOU」の使い方。



日本語の挨拶では、初めて人に会う時、
「はじめまして。 (~~です。) よろしくお願いします。」と言うのが一般的だと思う。

しかし「はじめまして」、って、よく考えたらどういう意味なのだろうか?
「よろしくお願いします」、とは、具体的に何をどうすることなのだろうか??

日本語のネイティブスピーカーである私達は、これらの言葉一つ一つがもつ意味について、普段とくに深く考えたりはしないと思う。

なぜならこれが日本の文化であり、私達はこれらの言葉を「日本語の初対面の挨拶で使う言葉」として成長する過程で自然に学び、身に着けてきたから。

ここに何度も書いていることだけれど、言語というのは文化
に密接に関連している。

だから、日本語を単に直訳して英語をしゃべろうとしても、それだけでは”不自然な英語”になってしまうことが、よくある。

私はカナダのバンクーバーでワーホリをするまで、
英語の"NICE TO MEET YOU!" は、日本語の「はじめまして」や「よろしくお願いします」と同じ意味をもつ言葉だと思っていた。
しかし実際のところは、日本語の「はじめまして」や「よろしくお願いします」と同じ英語の表現は、ない。
日本語の「おつかれさま」にあたる英語がないのと同じである。

続きを読む

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ