「ワーホリすると帰国後の就職に不利」は本当、か?

ワーホリ経験者と話していて思ったこと


A:”ワーホリ留学したけどあまり英語が上達しなかったので「英語喋れるんだよね?」と聞かれるのが苦痛。”

B:”ワーホリ留学したおかげで英語が上達したから今でも仕事やプライベートで英語が役に立っている。”

どちらも私がカナダのバンクーバーでワーホリした後、日本で出会った元ワーホリメーカー達が言った言葉である。

これ、どちらが本当なのだろうか?

私が思うに・・
どちらも、本当である。

(ただしAだと言う人の方が圧倒的に多くて、Bの人はずっと少ない。)

自分がカナダへワーホリに行く前、ネットで情報収集していた時に、
・「友達は日本人ばかり」
・「毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???」
・「英語のことは・・聞かないで」
・「自然が多くて癒された」(英語には触れていない)
・「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題」
・「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい」
という感想が溢れている一方、「満足できる英語レベルが習得できた」という感想を見つけられず、不安になったものだったが、
これらの感想の帰結としてAになっていると思うのは・・私だけだろうか。

そしてカナダのバンクーバーでワーホリを始めたら、上の感想と同じことを言っている日本人ワーホリメーカーや留学生が実際にたくさんいた。

というより私も、カナダに着いて最初の数ヶ月、語学学校(ESL)に通っていた間は、
学校で出会う日本人か韓国人の友達しかいなかったし、
birthday partyやfarewell party(送別会。ほとんどのESLは毎週月曜が入校日で1週間~1ヶ月単位で通うので、毎週金曜日は卒業する生徒が必ず何人かいて、その卒業する人が主催してpartyを開く)などの飲み会(drinking party)にもよく誘われていた。
だから当時は、自分が日本にいた時に読んでいたワーホリメーカー/留学生達の感想を、まさにリアルに実感していた。

続きを読む

【動画あり】「1ヶ月の勉強で英語に自信が出てきた」カナダ留学生の勉強法とは?

「英語が話せる」とはどういうことか?そして英語はどう勉強すればよいのか?が分からなかった頃


カナダのバンクーバーでワーホリ留学をするまで、私には英語の勉強が何か「ゴールの見えないもの」に思えていた。

ほとんど「英語がペラペラ話せるようになりたい」という気持ちだけで、
カナダでワーホリ留学することを決めた私であったが、
では一体どういう状態が「英語が話せる」ということなのか?
ワーホリする前の自分には、その定義すらも曖昧であった。

さらには「英語がペラペラ話せるようになりたい」と思ってはいても、
では一体何をどうすればその状態になれるのか?
ということも、さっぱりわからなかった。

だからこの2つのギモンに対する答えは、私にとってどちらも、1年間のワーホリを経験したからこそわかるようになったこと、である。


今の私が考える「英語がペラペラ話せる」の定義は、
「自分の考えや気持ちや感じていることを、日本語と同じくらいのレベルで英語でも自由に表現できること」。

そして、「英語がペラペラ話せる」状態になるには具体的には何をどうすればよいのかというと、
日本の学校教育や海外の語学学校(ESL)で広く行われているような「単語と文法の暗記に偏った英語学習」ではなく、
英語の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。例えば日本語では考える時にええと、、と言うが、英語ではWell...と言ったりする。)
文法
単語
を、バランスよく学ぶことである。

続きを読む

英語の暗記(INPUT)重視の勉強と、英語を実践で使うOUTPUT重視の勉強との違い。

英語を学んでいる人が話す時に気にしていること。


「英語が話せるようになりたい。自然な英語が話したい、ペラペラになりたい。」と言う日本人と英語で話している時に、
"Is it correct?(この言い方)合ってる?" と聞かれることがよくある。

でも最近思ったのだけれど、”この言い方は自然?”とか、”ペラペラに聞こえる?”とは、聞かれたことがない。

「正確(Correct)な英語が話せるようになりたい」と言う人なんていなくて、
皆、「自然な英語が話したい。英語をペラペラ話したい」と思っているはずなのに、
実際に英語で話す時に気にしていることは、正確かどうかの一点だけ、なのである。

私はこの原因は、学校で受けてきた英語の授業にあると思う。

自分が日本の中学・高校・大学で受けた英語の授業を考えても、求められたのは、
「教科書に書いてある単語・文法・構文を覚えてテストで正確に解答できること」だった。
(「英語が話せる」ということと「学校の成績」の、関係?を参照。)

中学(3年)+高校(3年)+大学(4年)の合計10年の勉強は、ずっと集団授業の講義形式で、
大半の時間を英語を読むことと説明を聞くことに費やしたから、
10年のうちで英語を自分の口から発した時間なんて、きっと合計10時間にも満たない。

でもそれも不思議ではない。
日本の教育では、明治の昔から、英語で外国人(自分と違う文化/カルチャーを持つ人)とコミュニケーションを取ることなどではなく、
「英語を読解すること」が重視されてきたのだから。
明治から変わらぬ、日本人の「英語の勉強の仕方。」)

どれだけの時間をかけようが、読解重視の勉強しかしていないのに、英語でのコミュニケーションに自信がつくわけがない。

当然の結果として、私は日本の学校で英語を勉強したが、英語が話せるようにはなっていなかった。

そしてそれは何も私に限ったことではなく、周知の事実として日本で一般的な学校の授業だけを受けて英語が話せるようになる人なんて、一人もいない。

続きを読む

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。