カナダでセクハラを撃退した話。

カナダで日本人女性はやたら声をかけられる・・


バンクーバーに来たばかりの頃、やたら外で男性から話しかけられるので、「ひょえ~、日本人女性てカナダでえらいモテるんだなあ~・・」と思っていた。

が、日が経つにつれ、どうやら日本人を含むアジア人女性は、カナダの、とくにcaucasian(白人)の男性から、言葉は悪いが「簡単」だと思われているようだから気をつけた方がよい、ということが分かるようになっていった。

私がカナダで受けたセクハラ。


そんなある日のこと。
私はバンクーバーで日本に関する英語の講演会に参加した。

講演者の一人と私はたまたま席が近く、その人はカナダ人だが昔日本に住んでいたこともあるということから、私たちは講演の後にも残って話をしていたのだが、“時間がないので続きは今度食事でも一緒にしながらしましょう”と言われ、後日会うことになった。

その人はかなり年配の白人の男性で、もちろん私にその人とどうこうという気はさらさらない。

数日後、ノース・バンクーバーのレストランでまだ外も明るい時間に食事をしたのだが、次第に「何かがおかしい・・」と思い始めた。
そのじーさんは、食事をしながらやたら私の手を触ったり手の甲にキスしようとしたり、身体に触れようとしてくる。

私は“Sorry, I don't feel comfortable." (すんません、不快なんですけど。)と言ったのだが、
その人は“Oh sorry! I don't want to do anything you don't feel comfortable." (おっと、ごめんね!君が不快に感じることは一切しないよ)とは言ったものの、また私の手を触ろうとしてきた。

とにかくここを何事もなく切り抜ける必要があると考えた私は、その人に自分の肌を触れさせないようにしつつ、強すぎる言葉を言って逆上されたりしたら困るので、どう上手くかわすか頭をフル回転させ、何とか無事に家に帰り着くことができた。

後味は悪いものの、手を触られたくらいだったので帰宅後そのことについてとくに深くは考えなかったのだが、釈然としない気持ちは残った。
で、翌日そのことについて、当時英語を個人で習っていた先生からレッスンを受けている時に話した。(レッスンではテーマの強制などというものはなく、自分が話したいことを自由に話せる。)

すると先生はショックを受けた様子で、“Coco, それは完全なるセクハラだよ!その人はCocoがカナダ育ちの女の子だったら絶対そんなことしないよ!!即訴えられるのが目に見えてるからね!!!"と言う。

私はそこで初めて自分が体験したことの意味を理解し、悲しいやら腹が立つやらで言葉もなかったのだが、追い討ちをかけるように、ちょうどその数分後に、その人から”またご飯にでも行きましょう。次は君のアンダーウェア(下着)を見せてね”と頭のおかしなことが書かれたtext message(日本の携帯で言うショートメールで、番号宛に送れる)が携帯に届いた。

先生は私に早速どう対応すればよいか詳細なアドバイスをくれ、私はその通りに行動した。

そしてそれから今の今まで、まったく問題はない。

先生は私が“I don't feel comfortable."とその人にその場で伝えたことを、とても褒めてくれた。ただ“Sorry”ではなくて“Excuse me"と言った方が、自分にはまったく非がないということがより明らかになるのでbetterとのことで、そうか、(あってほしくはないが)もしもこの先同じようなことがあったらそう言わなくては!と思った。

カナダと日本では女性の権利に対する意識が全然違う!


カナダは(日本に比べればずっと)レディース・ファーストの国なので、女性の権利というものが強く意識されている。

それに比べ、日本はメン(Men)・ファーストの国。
女性がセクハラを受けても泣き寝入りすることが多いし、声を上げても、逆に女性の方に非があったんだとか言われる国である。(もし仮にカナダでそんなこと言う人がいたら、ソイツは"jerk"と呼ばれる。)

人々の意識が違うということは、法律が違うということでもあり、日本ではセクハラに対する刑罰もびっくりするくらい軽いが、カナダではずっと重いのである。

そういえば私がカナダに来て驚いたことの一つは、混んだ電車の中でも痴漢に遭う心配をしなくてもいい、ということだった。

日本とカナダでは人々の意識が違うため、つまり文化/カルチャーが違うため、当然ながらカナダでは、男性と食事に行って女性がセクハラを受けたとして、食事の誘いにのった女性に非があるなんて全然思われない。

先生はその日自分の奥さん(カナダ生まれのカナダ育ち。私も何度か会ったことがある)に、私が受けたセクハラについて話したところ、彼女は私のことを心配してくれると同時にとても怒って、“直ちに訴えるべきよ!”と言っていたらしい。

文化/カルチャーを理解するということは、言語が上達するということだけではなくて、自分の身を守ることにもなるのだと、強く意識した出来事だった。


<関連エントリ:日本人がカナダで一番セクハラを受ける理由。>


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***動画クイズ***


(問題)
1)動画の中で、不自然だと感じるのはどの部分ですか?
2)なぜこの動画の日本語は不自然だと感じられるのでしょうか?
3)なぜこの動画の日本語は”外国人の日本語”だと感じられるのでしょうか?
4)もっと自然な話し方をするには、あなただったら何をどのように変えますか?




レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2012年10月19日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ