英語でミスすることを、怖れない。

バンクーバーで英語を習った先生に、なぜ日本人は英語が話せない、苦手だと言われているのか、またなぜ日本人にもそのような意識があるのか
の違いは何なのか聞き、その理由の一つは日本の英語教育にあるという話を前に書いた。(Don't study English but improve English を参照)

私がバンクーバーに来て、母国語が英語ではないヨーロッパ、メキシコや南米の国から来た人たちと出会って驚いたのが、彼らは皆一様によく喋る!ということであった。「すでにもうペラペラなのに何で英語学校に来てるの?」と思っていた。
慣れてくると結構文法とか時制とか間違えが多いことに気づいたが、彼らはそんなこと気にしている風もなく、とにかく喋り続ける。

日本人は自分も含めて、英語を喋る時に考えすぎて言葉が出てこないという印象をもった。


日本の試験は大学受験までずっと減点方式が主流なこともあって、ミスを犯すということを異常に怖れてしまうのではないだろうか。
また先生によると、ヨーロッパでは学校で英語の文法を教えるのなんて一年にも満たないらしい。日本では中学校から始まり6年間も教えることもきっと関係しているのではないかと思う。

そもそも母国語である日本語で話す時でもミスすることなんてしょっ中。そして、そんな時どうするかと言うと、ただ気にせず話し続けるだけ。
日本語で話をされても理解できなかったり聞き取れないことだってあるし、日本語でも理解できない本もあれば、変な日本語を書いてる時だってよくある。

英語が母国語の人だって英語でミスをする。ネイティブイングリッシュスピーカーの友達からのメールに文法やスペルの間違えを見つけることなんて日常茶飯事だ。

だから、英語を喋っている時に自分の間違いに気がついたとしても、
“Sorry"なんて言う必要はないのだ。

英語が流暢に話せるようになるには、
ミスを必要以上に恐れないというのは重要なことだと思う。



応援のワンクリック♪お願いします✩
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ