英語でもなければ、日本語でもない、mix語会話。

blogb.jpg
(↑ノースバンクーバーにて。)

前にも書いたように、私はカナダに渡る前、文法と英単語の知識さえあれば英語は話せるようになると思っていたから、
高校で使っていた英語の参考書と、英単語帳を一生懸命丸暗記しようとしていたのだが、さすがに少しは英語で話すということに慣れておきたいなと、ある日思った。

かと言ってネイティブの友達もいないし、普段の生活で英語を使うことなんて皆無。

そんな時、友達の紹介で、海外に行きたくて英語を勉強しているという人に知り合った。

その人も、英会話の練習がしたいのだけれど、機会がないと言う。

「じゃあ今度二人で一緒に英会話をしませんか」ということになり、連絡先を交換し、本当に次の週末に二人で会った。

街中のカフェの片隅で、最初は照れながらだったけれど、何とか英語での会話がスタート。

二人とも英語で話すということに慣れていないし、完全なるカタカナ英語。

英語だと話を続けるのは途端に難しくなるから、自分のことを話すより、相手に質問をすることで会話を繋がせた。

結局その日は小一時間くらい英語で話し、その後も2・3回彼女と"英会話"をしたけれど、結局は続かなかった。

今思うと、私たちは(ブロークンとは言えど)英語で話してはいたけれど、そこに英語の文化/カルチャーはなかった。

彼女の方が少し年上だったから、私はいつも英語で話している最中でも彼女の名前をさん付けで呼んでいた。
("○○さん、what did you do last weekend?" と言った具合に。)

英語で話すのだから、「さん」はいらないはずだけれど、「さん」なしだと失礼になると思っていたのだ。

また“Thank you” や“Sorry”と言いながら彼女にお辞儀をしていたり、彼女もお辞儀を返したり、相手が年上であることもあり、余計に丁寧な言葉を使わなくては、と思い、彼女のケーキののったお皿を私がテーブルまで運んであげる時には、“May I help you?” と言っていたくらいだ。
(今なら私はこういう時Shall I help you? と言うか、Let me help you. と言う、May I なんてまず言わない。)
(関連リンク:friendlyとpolite 2つの文化の違い)

言葉の一つひとつは間違いなく英語。

でもそこからは英語の文化/カルチャーが完全に抜け落ちていた。

英会話というよりも、英語と日本語のmix語会話である。

私はこれをカナダに来ても、英語を個人で習うようになり、英語には英語の文化/カルチャーが、日本語には日本語の文化/カルチャーがあるのだと知るまで、疑うことなく続けていた。
語学学校(ESL)に通っていた頃は、誰もそんなこと言わなかったから、まったくそんなこと考えもしなかった。


*お知らせ*
今月末、私が英語のレッスンを受けていた先生が来日する件に関して、今までにご連絡先をいただいている方で、先生からの連絡がまだないという方がもしいらっしゃったら、大至急メールください。
(先生のメールが英文であるため、自動的に迷惑メールボックスに振り分けられている可能性がありますので、念のためそちらも確認をお願いします。)

       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

       
関連記事

コメント

Re: レッスン

Moekaさん
コメントありがとうございます。
先生に聞いたところ、まだ大丈夫とのことでしたのでメール送らせて頂きました。
ご確認ください。
うまく送れているとよいのですが。。

Coco

Re: No title

あいりさん、
ありがとうございます。

Coco

Re: タイトルなし

Youngさん
ご連絡ありがとうございます。
了解しました。
お待ちしております♪♪

No title

参考になりました。
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ