英語の語彙より文法より発音より、100倍大事なことって?

blogpooi.jpg
(↑キツラノの海岸にて)


私にとってESL(英語学校)はカナダのカルチャーを学ぶ場所でも英語を学ぶ場所でもなく、韓国のカルチャーを学ぶ場であった(バンクーバーのESLで、韓国のカルチャーを学ぶ。ということは以前に書いたことがあるが、

ESL(英語学校)で知り合った韓国人の友達を通して、

日本とカナダのカルチャーの違いに気づいたこともある。



韓国人の友達の1人と一緒にバスに乗る機会があったときのこと。

当時の私からすると、彼の英語は素晴らしく発音がよくて、語彙も沢山知っているし、文法にも詳しいしで、
彼と話す時はちょっと緊張するくらいだった。


さてバスで隣同士に座って、ふと私が友達に話しかけようとした時、
"しーっ、黙って。バスの中では話しちゃいけないよ。静かにしてて。"
と言われてしまった。

たしかに日本では電車やバス、地下鉄の中で大声で話したり携帯で話すことはマナー違反だと思っていたことを思い出し、私は少し居心地が悪くなった。

がしかし、
たしかにその時は、私たちの周りに話している人は誰もおらず静かだったのだけれど、
しばらくしたら電話で話し出す人もいれば、いきなり歌を歌い出した数人のグループもいたりして、

"全然みんな黙ってないけど。。"
と私が友達に言ったら、
"Yeah...haha"
とただ笑って誤魔化されてしまった。


きっと韓国も日本と同じように、電車やバスなど公共の場所では静かにしていることをよしとするカルチャーがあるのだろうと思う。


その時は日本とカナダのカルチャーについて考えるまでには至らなかったけれど、

このような"個人主義"の国カナダと、"全体主義"の国日本のカルチャーとの違いは他にも多くあって、

別の例を挙げると、

日本では地下鉄でもバスでも電車でも、みな整然と並ぶけれど、カナダではまずないことである。


またカナディアンの友達にローマ字で"OTSUKARESAMA!"と言った時に、
"どういう意味?"と聞かれて、はたと英語には"お疲れ様"に相当する言葉がないということに気がついた。

・・・これもカナダは個人主義の国だからである。




海外で生活する上で一番重要なのは、

その国で話されている言語の発音が良いことでも、語彙や文法の知識があることでもなくて、

自分の母国のカルチャーの中で考えたり行動をせずに、

自分がいるその国のカルチャーの中で考えたり行動すること (英語のカルチャーの中でどう考えて、行動するか。) なのではないだろうか。


ただ私も、以前は日本人である自分が、日本とは全然違うカナダのカルチャーの中でまるでカナディアンのように振る舞うということに戸惑いを感じていた。

というかむしろそう感じる方が自然なのだと思う。



でもほんの少しの勇気を出すことで、

自分が置かれていた状況がずっと楽になったり(英語は、身につけるもの。3 )、

誤解されたりトラブルを起こすことを未然に防いだり、

もしトラブルが起きても"カルチャーを最大限に活用して" 対応する(カナダでセクハラを撃退した話。) ことが可能となるのだ。



だから私は、自分が生活する国で使われている言語の、

語彙や文法の知識が沢山あることより、

発音がよいことより、

カルチャーを知っていることの方が100倍大事であると思う。



       *お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪*
                    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

       

コメント

Re: はじめまして!

makotoさん
はじめまして、
コメントありがとうございます。
カルチャーを意識すると、それまでは見えて来なかった色々な発見があって面白いですよ。

ありがとうございます!

Coco

はじめまして!

はじめまして!

私は今、バンクーバーに住んでいます。
cocoさんのブログ、まさしく自分が今悩んでいることについて書かれているので夢中になって読んでしまいました。カルチャーを理解すること、今後は意識していこうと思います。ブログこれからも楽しみにしています!!
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ