日本人留学生・ワーホリメーカーがカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?

「採用するなら日本人がいい」と言っていたカナダのカフェの経営者。


失業率から言ってバンクーバーは決して仕事が"溢れている"とは言えない土地ではある(注:この記事を書いた時点の話。失業率は当然景気やシーズンによって変動する)が、中には「留学やワーホリで来ている日本人を積極的に雇いたい」という地元のお店や飲食店、企業が存在する。理由は「他の国からの留学生に比べ、日本人は真面目に働いてくれるから」だそうだ。そうして、いとも簡単に英語を使う仕事を得ることができる日本人留学生/ワーホリメーカーもいれば、そうではない人もいる。たしかに「運」というのもあるかもしれない。でもそういう、自分の力ではどうにもできない要因の他に、私はこの二者の間には歴然とした違いがあるように思う。それは何かと言うと・・・

あなたは "GUYS" が言えますか?


英語を使って働くということは、英語の文化/カルチャーの中で働くということである。

そして日本人留学生やワーホリメーカーが英語を使う仕事探しに苦労する理由は、そもそも英語のスピーキングが弱く、仕事をするレベルに達している人が相対的に見て少ないということもあると思うが、日本人の、もとい日本語の文化がもつ "politeさ"(礼儀正しさ)に大きな原因があるのではないかと思うことがある。

日本語の文化ではpoliteであることが重要だが、英語の文化ではfriendly(フレンドリー)であることの方が、ずっと重要だ。(friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)

例えば、カナダで生活していると毎日耳にする "YOU GUYS"、 "GUYS"という言葉。

私がバンクーバーでワーホリ中に英語を習っていたマンツーマンのレッスンを、カフェで受けていたある日。
喉が乾いたので、"何か飲み物を買ってきたいのですが" と先生に言うと、
"Sure, go ahead! " (どうぞ行ってきて!) と先生。"ついでに注文する時にGUYSを使うように"と言われた。

私は"GUYS" をネイティブがよく使っているということを知ってはいても、自分も使ってみようとはその時まで思ってもいなかった。常に礼儀正しくあることを求められる、「日本人である自分」が、GUYSなんてカジュアルな言葉を使うのには抵抗があったのだ。

ネイティブに向かって "GUYS" と言うなんて・・・
馴れ馴れしいのではないか?
失礼なのではないか??
調子に乗ってると思われるんじゃないか???

でも先生は”NO, NO! 大丈夫だから、さあ行って!” と言うものだから、私は腹を決めてGUYSを使ってみることにした。

カウンターの方を見ると、そこには白髪の60代くらいと見られる男性が立っている。
ただでさえGUYSを使うのに抵抗があるのに、年配の人に向かって言うなんて・・とさらに気が引けたが、"心配無用!全然失礼じゃないから。" と先生は言う。

そこでおそるおそる、コーヒーを頼む時に " Do you GUYS have milk? " (ミルクはありますか?)と聞いてみた。するとその白髪の男性は、"Yea, sure." (ありますよ)と笑顔で返事をしてくれたのである。

その時私は、GUYS は失礼な言葉でも、場にそぐわないカジュアルすぎる言葉でもないということを、身を持って実感した。それからは、相手が年上であろうが年下であろうが、GUYS を頻繁に使うようになっていった。

また先生からは、GUYS を Job interview (仕事の面接)でも必ず使うように助言をもらった。

GUYS が言えるということは、「私はカナダの文化を理解していますよ」ということを相手にアピールできるということなのだ。(ただしGUYSさえ言えば採用されるというわけではない。言うまでもなく。。)

あなたが日本で店を経営しているとしたら、どちらの留学生を採用したいだろうか


カナダで仕事を探す日本人に、英語の文化を理解していることが求められているとしたら、日本で仕事を探すカナダ人にも同じことが求められる。

日本語の発音に少々難があり、日本語の語彙や文法の知識が乏しくとも、お客に対して礼儀正しい態度と言葉遣いができるカナダ人留学生と、発音は完璧で、語彙も文法の知識も豊富だけれど、日本語の文化を理解せず、母国流の、フレンドリーな日本語しか話せない(つまり敬語が話せない)カナダ人留学生なら、どちらがより日本で仕事を得られる可能性が高いだろうか。

日本語の文化の中で働くのにも関わらず、日本語がもつ"polite"な文化をスキップしてしまっている「ガイジン」留学生は、往々にして横柄な態度と言葉遣いしかできないと思われ、敬遠されてしまうのではないだろうか。


関連エントリ:
カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる。のか?



***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ中に最初語学学校(ESL)に通いましたが、卒業する頃になっても英語が話せているとは思えず、英語をマンツーマンレッスンで習うようになりました。その先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンでも、さらにSkypeを使って日本を始め世界中どこからでも受講できるようになっています。

私が英語を習っていた5年前は、先生がお一人でバンクーバーだけで教えておられましたが、現在は複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所も大きく広がりました。

ワーホリや留学を考えておられる方は、Skypeレッスンで海外に行く前から英語を準備することができるようになっています。

***動画クイズ***

↑写っているのは私がバンクーバーで英語を教えて頂いた先生です。

(問題)
1)動画の中で、不自然だと感じるのはどの部分ですか?
2)なぜこの動画の日本語は不自然だと感じられるのでしょうか?
3)なぜこの動画の日本語は”外国人の日本語”だと感じられるのでしょうか?
4)もっと自然な話し方をするには、あなただったら何をどのように変えますか?




レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と日本人の元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

また、カナダのバンクーバーで3ヶ月レッスンを受講され、現在もカナダで英語を使って仕事したり、現地のコミュニティで友達をたくさん作ったりとバンクーバー生活を満喫されているワーホリメーカーの元生徒さん(Kさん)ともSkypeを使って直接お話することができます。
Kさんがワーホリ3ヶ月目(カナダでのレッスン開始3ヶ月目)に撮影された動画はこちら↓


Kさんのレッスンの感想はこちらの記事からご覧ください→【動画あり】バンクーバーでワーホリ開始3ヶ月目の生徒さんの英語

Kさんがワーホリを始められたのは今年の春で、バンクーバーに着く前のTOEICスコアは350点だったそうです。
バンクーバーに着いた直後からレッスンを開始され、間もなく英語を使う仕事を始められ、さらに現地のスポーツコミュニティにも参加するようになったそうです。レッスンで習うことを現地の人たちと接する中でどんどん使い、現在はさらに英語を上達させておられます。
Kさんとお話をされた方々からは、「自分も英語が話せるようになるというイメージが湧いた」など、とてもポジティブな感想を頂いています。


レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

またはLINEでメッセージをやり取りするより早く、「電話で話が聞きたい!」と思われる方は、日本人カウンセラーのJunさんへ直接お電話頂くことも可能です。
Junさんの電話番号は
080-7889-6361
です。


*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。
4.カナダのバンクーバーで3ヶ月レッスンを受講され、現在もワーホリ中のKさんとSkypeを使ってお話できます。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2013年3月17日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

Re: はじめまして

とま子さんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 始めまして!

ちゅんさんへ

はじめまして、
コメント頂きありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください
よろしくお願いします。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 遅くなりました!

ひいさん
ご連絡ありがとうございます。
メールお送りさせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

ひいさん
コメント見れました。が、以前も同じメールアドレスへメールを送らせて頂いたのですが、エラーとなって戻ってきてしまいますので
パソコンからのメールが受信可能な別のアドレスをお知らせ頂けますか?
ご連絡お待ちしてます。

Coco

Re: タイトルなし

あづさんへ

コメントありがとうございます。
先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

Yukaさんへ
こんにちは
コメントありがとうございます。

神戸でもレッスンは可能だそうです。
先ほどメール送らせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。
Coco

Re: タイトルなし

ひいさん
コメントありがとうございます。
メールアドレスをお知らせ頂ければ詳細をお送りさせていただきます。
ご連絡お待ちしています。

Coco

是非その先生のレッスンを受けたいで
す!
詳細を教えていただきたいのですが
どうしたらいいでしょうか?
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ