英語のためにする、楽しい「努力」と楽しくない「努力」。

英語は暗記すれば話せるようになる・・のか本当に?


英語が話せるようになるには、「地道にコツコツ、一生懸命勉強(暗記)するしか方法はない」とよく言われる。
そうやって”努力”しないと、英語が話せるようにはならない、のだと。

しかし、本当に英語を暗記することで英語が話せるようになるのか。

もしそうだとしたら、日本では学校の授業で散々英語を暗記させられるのに、
それだけでは誰も英語が話せるようになっていないという事実をどう説明したらよいのか。



私は昔から努力というものがおよそできない子どもで、
努力をして何かを成し遂げたという経験がなかったため、
自分に何ができるのかわからないし、
どうせ何をしてもだめだと、
高校くらいまでは思っていた。

まずは何にでも挑戦して、自分が好きなこと、興味があることを見つけるべきだったと、
今になっては思うけれど、
人一倍他人の目を気にしていた当時の私には、
どうしてもできなかった。

他人は自分のことなどそこまで気にしていないし、
例え失敗したって、恥をかいたって、笑われたって、
死にはしない。
また次のことに挑戦すればよいだけではないかと、
そんな風に少しずつ考え方が変わっていったのは
大学も卒業間近となった頃に読んだ一冊の本のおかげで、
それから私は自分が何に興味があるのか、
真剣に考えるようになった。

交換留学してみたいなと思ったのに、
自分よりも周囲の声を優先して後悔した痛い経験(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。を参照)から学び、
私はまだその頃海外に行ってみたいという気持ちだけで、
どこの国に行きたいかもまだわからないくらいであったが、
準備だけはしておこうと、就職すると同時に海外渡航のための貯金を始めた。

今度は、直前まで誰にも言わずにおこうと決めた。

そこそこ貯金もでき、カナダでワーホリをすると決め、バンクーバーに到着した。
今思うと大きなミスだが、「何とかなるだろう」で英語が話せないままワーホリを始めた。
そしてダウンタウンにあるESL(語学学校)に通うようになった。

「英語が本気で話せるようになりたい。
日本では努力しなかった分、ここでは頑張ろう(そのために大金も払ったことだし・・・)」
と思い、遅刻も無断欠席もせず、授業中寝ることもなく(!)、テストでも良い点を取り続けた
(といってもお金を払いさえすれば誰でも入学できる語学学校だから、採点は甘々である)。
勉強すればするほど話せなくなる、英語。を参照。)

しかし、留学エージェントには「まずは3ヶ月」と言われていたその3ヶ月が終わるころになっても、
いっこうに自分が英語が話せているという感じがしない。

なぜ自分は努力しているのに結果が出ないのか?と、学校の先生にもカウンセラーの人にも相談した。

すると先生には“あなたは吃音障害があるから、他の人のように発音するのは難しい。でもあともう少し練習を頑張れば(=努力をすれば)よくなる”(英語を効果的に勉強する:2)と言われるし、
カウンセラーの人には「英語が話せるようには時間がかかりますよ。そうそう簡単には話せるようにならないですよ。私なんてもう10年以上カナダに住んでますけど、今でも苦労してます。」と、
涼しい顔で言われてしまう。

学校に通っても結局英語が話せるようにならないのであれば、
では私が学校に通ったのは一体何だったのか。。。

私がその学校に見切りをつけた瞬間である。



語学学校を卒業した私は、知り合いから英語を個人で教えている先生がいると聞き、
今度は個人で英語を習うようになったのだが、
驚いたことにそのレッスンでは教科書もないし、ノートを取ることもなかった。

なぜなら英語が話せるようになるのに一番必要なのは「暗記」ではなく、「経験」だから。

「経験」には教科書もノートも、いらない。



そうやって英語を学ぶようになってから、
私はそれまで一人もいなかったカナディアンの友達ができるようになり、
週に5日、学校とホームスティ先の往復だった私の行動範囲も生活も
大きく変わっていった。

でも私が一番時間を使ったのは、カナダ人の友達と一緒に時間を過ごすこと。

それはすべて、「しなければいけない」ことなどではなく、
自分が「したいと思う」こと、
誰に言われることもなく、自分が「おもしろそう」と思ってしていたことである。


英語を習得するには「努力が必要」と言うが、、その努力は報われているのか



努力というと、私はずっと辛くて苦しくて退屈なものだと思っていた。

英語が話せるようになるには、「地道にコツコツ、一生懸命勉強(暗記)するしか方法はない」
なのであれば、それはたしかに、辛くて苦しくて退屈だろうと思う。

カナダに来てまで、日本でずっとしてきたことと同じこと(机に座って、英単語を覚えたり、文法書を読んだり)
をするのではなく、
外に出てカナダ人の友達と時間を過ごして、
自分とは違うバックグランドをもつ人たちの考え方を知ったり、振舞い方を身近で見て学ぶこと。

私にとってそれはつらいことでも苦しいことでも退屈なことでもなく、
ただただ、
「楽しいこと」であった。


<関連エントリ:英語の勉強は、ツラくてツマラナイもの、なのか?




★★★




英語が「話せる人」と「話せない人」を決定づける、2つの要因って?で掲載させて頂いたAさんからメッセージを頂いたのでご紹介します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは、cocoさん。
バンクーバーでの先生との写真をブログに載せて頂きありがとうございます。また2月にcocoさんから先生を紹介してもらい本当に感謝してます。
今、ESLに通っているのですがcocoさんや先生の言う通り、日本で学校でやっていた授業(文法の授業)を英語でやってるだけでスピーキングは全く上達している気がしません。リスニングも苦手でカフェで注文する時はいつもパニックです。ESLに通って一ヶ月ちょっと経つのですが不安になってきました。このまま喋れない、聞き取れないまま終わってしまうような気がするんです。そこでバンクーバーに行き先生のレッスンを受けることに決めました!そして私もいつかcocoさんのように英語が話せるようになりたいです(^ ^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Aさん、メッセージどうもありがとうございました。



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今月6月に再度日本に行きます。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができ、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていない、返信がないという方が何人かいらっしゃいました。まだメールが届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       
関連記事

コメント

Re: No title

Chisatoさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: No title

maaさんへ

こんにちは、
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

makoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きました。

Coco

Re: No title

Risaさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

私も本当に以前はそうでした。
今私が思うのが、例えそれ自体は「しなければいけないこと」でも、それが少しでも自分がしたいことにつながっていれば、苦にならないなということです。

こちらこそ、ありがとうございます。

Coco

Re: 先生のレッスンについて

いーさん
こんにちは、
コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きました。
Coco

Re: こんにちは!

Asamiさん

こんにちは、
コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きました。

Coco

Re: No title

maiさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
メールを送らせて頂きました。
Coco

No title

いつもブログ読ませてもらっているRisaです☆
先日はメールありがとうございました!

しなければいけないことではなくしたいと思うことを!

確かに!!って思うけど現実ではしなければいけないことの方を多くやってる気がします(今の私はそうです…)
そっちを多くやっているうちに自分のやりたいことがわからなくなってる気もします…。
常にやりたいことを探して行動できたらいいですよね!ブログ読んでて気づかされることがたくさんあります!
ありがとうございます^^
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ