海外に行って「変わる」ために必要なこと。

前回(海外に行って「変わる」人と「変わらない」人の違いって?)も書いたとおり、
ただ海外に行くとことただそれだけで、“何かが変わる”わけではない。

海外にいるのに、自分の慣れた「日本的な」思考、価値観、行動にしがみついている限りは
何年何ヶ月海外に住んでいたって、
とくに何も変わらないだろう。


カナダだけに限らず、他の英語圏の国に行くことによって変わること。

多くの人が期待するのは「英語が話せるようになるということ」だと思うけれど、

自分は英語の単語や文法やイディオムを英語で学ぶために行くのか、

それとも

その英語でコミュケーションする際には必要不可欠な“英語のカルチャーの中での考え方や価値観”を学ぶために行くのか、

考えてみる必要があると思う。



なぜイングリッシュスピーカーはこう言うのか、この言葉を使うのか、こう振舞うのか。

その背景にある“英語のカルチャー”を理解していないと、

言葉それ自体は英語でも、英語のカルチャーはすっぽり抜け落ちているという、何とも滑稽な事態になってしまうから。



ちょうど、私がまだ日本にいた頃、年上の日本人女性と英語を使って会話をしようとしたとき、
私がまず相手の名前に“さん”をつけて呼びかけ、それから質問をしていたのは、

日本のカルチャーを抜け出すことができず、反対に英語のカルチャーは抜け落ちていた、

そのよい例である。
英語でもなければ、日本語でもない、mix語会話。を参照。)


日本語のカルチャーでは相手との年齢差によって名前の呼び方も言葉遣いも、変えなければならない。
それは日本語のカルチャーは年長者を敬うという儒教の教えに強く影響を受けているからだと思う。


でも英語のカルチャーでは(カジュアルな場面では)相手の年齢も社会的地位も関係なく呼び捨てでよいし、言葉遣いを大きく変えることもない。
なぜなら英語のカルチャーではpoliteであることよりもfriedlyであることの方がずっと重要だから。
friendlyとpolite 2つの文化の違い



・・・・・・



日本で生まれ育った人であれば、
日本語カルチャーの中での経験の“ストック”が年齢の分だけある。

だからこういう時にはこう言ったり振舞えばよい、周囲の人はこう考えるので自分はこのように反応すればよいと言ったことが、
とくに考えなくてもわかる。


でも経験がないカルチャーの場合は、それができない。



カナダのカフェでコーヒーを注文するとき、
私は以前「日本でいつも言っていたように」、

"Latte"......."Small"......"No ice"......

とだけ言って、何だか居心地の悪い思いをしていた。


カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。



私がカナダ人の誕生日パーティに招かれたときに、一人の日本人がプレゼントを渡しながら“Sorry”と言っていた。
身につけたいユーモアのセンス。


それもこれもまさに、

単語一つひとつは完璧に英語だけれど、でもそこに英語のカルチャーはない状態




・・・・・・



英単語をいくら覚えても、文法の問題がいくら解けるようになっても、

そこに英語のカルチャーがなければ、

英語が話せるようになったとは到底思えない。

(これは実際私がバンクーバーでESL(語学学校)に3ヶ月以上通った挙句、感じたことである。)


でも単語をあまり知らなくても、文法の問題が苦手でも、

英語のカルチャーを身につけることができていれば、

英語を話すときに自信をもって話すことができる。



日本で6年以上に渡り英単語を覚え、文法の参考書を読み、

カナダのESLでもさらに単語と文法を教わり続け、

「何も変わらなかった」私が、

英語のカルチャーを学んで身につけ始めたとき、初めて私は「自分が変わった」と思うことができたのだった。



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今月6月に再度日本に行きます。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご連絡下さい。日本にいながらにして、英語のカルチャーを学び「経験」することができ、英語を効率的に早く伸ばす方法、余計なお金や時間をかけずに不安なく留学・ワーホリする方法なども含んだレッスン内容となっています。(日本でのレッスンを受けることで今後海外に行ったり、バンクーバーでもレッスンを受けなければならないといった制限はありません。)

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、私または先生からのメールがまだ届いていない、返信がないという方が何人かいらっしゃいました。まだメールが届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)

また、これまでに日本でレッスンを受けられた方の感想を聞きたいという方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。

Rw6tIVPj1s7pZFO1371798151_1371799459.png
        
(↑これまでのレッスン開催地。)

      
       

    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(一日一回更新されます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       
関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ