カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。3

<関連エントリ:カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。


“日本に行ったことがある”と言うカナダ人の男性と、私を含め日本人女性2人とで、一緒に話す機会があった時。(会話は英語。)

彼に日本での生活はどうだったかと聞いてみると、

”日本語は難しいね~。
東京の大学に留学してたんだけど、ちょっと親しくなりかけてた日本人の女の子がいて、ある日映画に誘ったんだよ。
そしたら、‘(その日は)ちょっと・・・'って言われて、僕結構日本語には自信あったんだけど、’ちょっと’がYESなのかNOなのか分からなくて、でも明確な返事があるんだろうと思って待ってたけどその後何も言ってこないしで、すごく困惑した。”

“ 'ちょっと'かあ~。たしかにそれは分かんないかも! それでその後どうなったの?”
と私たちが聞くと、

“ 'ちょっと'の意味を辞書で引いたけども分からなくて、日本人の友達に聞いて、やっと分かったよ。
腹が立つまではいかないけど、もうちょっとはっきり言ってくれればいいのに・・と思った。
それにしても日本語は難しいよ。
 'ちょっと'って、a little(少し)って意味でしょう?”

とすました顔で彼が言うので、私たちは笑ってしまった。


“日本人はできる限りNOとは言いたくないからね。・・・いやでも英語でだって、遊びの誘いを断るとき 'NO!' とは言わないじゃん。もっとソフトに、回りくどく言うじゃない?”と私。

“それもそうか。そんなキツイ言い方してたら友達いなくなるよね。”

“同じだよ。”

"だからって、'a little' とは言わないけどね。"

"ははははは・・・"


★★★★★

また別のある日。

別の日本人の女友達と話していると、、
「ちょくちょく一緒に遊ぶ男性(カナダ人)がいて、この間もちょっと遠くまで一緒に出かける約束をしてて、すごい楽しみにしてたんだけど、ドタキャンされたんだよね。
なのにその人"Sorry"も言わないし、ドタキャンしたことに対してとくに申し訳なく思ってる感じもないしさ。ほんとワケ分かんない!」
と言う。

私が、
カナダで私もドタキャンの多さに戸惑った経験が何度もあること、
バンクーバーという「他民族都市」で暮らしてみてわかったのは、ドタキャンをよくするのは何もカナダ人に限らないということ、
また日本人と他の国の人の考え方の違い(カナディアンと盛り上がった、カルチャーの話「約束」に対する考え方の違い)などを話すと、

「はぁ~、そうなんだ。それならなんか納得できるかも。。。」と彼女の怒りは段々収まっていっているようであった。

(ただし、○○人だから絶対にこういう考え方をする!と決めてかかるのはキケンでもあるから、「カナダ人だからって、皆が皆そうではないけどね。」と付け加えておいたが。)



自分が生まれ育った国とは違うカルチャーの国で生活をすると、
「相手の言動が何を意味しているのかわからない」ということが少なからず、というか、必ずある。

同じ国、同じような環境で育った、同じカルチャーを共有する人同士であれば、
自分はこう言った(した)から、相手がこう言うだろう、こう動くだろうというのは、(ある程度は)予測がつく。

けれど言葉も考え方も価値観も違う、バックグラウンドの異なる人間同士の場合は、それがもっとずっと難しくなる。


上の二つの話、2人とも相手の言動に混乱したと言っていたけれど、でも私はどちらも良い「経験」だったんじゃないのかな、と思う。
もしかしたらそれが、彼らにとってのcomfort zone(快適空間)を抜け出すきっかけになった、かもしれない。(“comfort zone”を抜け出せ。)


恋愛関係(恋愛関係が異性間だけのものとは限らないけれど。とくにバンクーバーに住むとそう感じる。)に限らず、“ニンゲン”関係において、相手のカルチャーを理解する/しようと努めることは強力な潤滑剤だ。


★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年アメリカ(サンフランシスコ、ロスアンゼルス、セコイア国立公園、ヨセミテ国立公園と、カリフォルニアの海)に行ったメキシコ人の生徒さんたち。②-2 *顔写真掲載の許可を頂いています。

カリフォルニアビーチ6

カリフォルニアビーチ4

カリフォルニア44

カリフォルニア45

カリフォルニア46

カリフォルニア37

カリフォルニア28

カリフォルニア29



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、9月に再来日する件に関しまして、先生からのメールがまだ届いていないという方がおられました。もし他にもまだ届いていない方いらっしゃれば、ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       
関連記事

コメント

Re: No title

Nayuさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

メールをお送り致しましたにでご確認ください。

よろしくお願いします。

Coco

Re: レッスンのこと

ゆかりさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

エモさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。

Coco
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ