海外に行くことで、得られるもの。

ワーホリでカナダに渡る前、「何で海外に行くの?」と聞かれたとき、
「英語が話せるようになりたいから」
「広い世界を見たいから」
「成長したいから」
とか、
私は色々な理由を答えていたが、
あの時私が言っていた「成長」とは、具体的に何だったのだろう・・と考えることがある。


私が思うに、
例えば自分の中にそれまでにはなかった考え方・視点が得られたとき、
あるいはそれまで出来なかったことが出来るようになったとき、
人は『成長した』と言うのではないだろうか。

だから私にとっては英語が話せるようになるということも大きな一つの「成長」であり、
「海外に行きたいのは成長したいから」だと言ったあのとき、私はカナダに行くことによって”ポジティブな変化”をすることを自分に期待していたのだと気づく。
(まあ自分からネガティブな変化を望む人など滅多にいないだろうが。)


だからカナダで生活を始めて、ESL(語学学校)に通って3ヶ月が経った時、自分が英語が話せるようにもなっていなければ、何一つ変わっていないことに気がついて愕然とした。
日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照。)


カナダに渡る前、私はカナダに行ったらたくさんカナダ人の友達を作って、カナダの文化、人々の生活、価値観なんかを自分の目で見て感じてできるだけ吸収したいと思っていた(カナダに行く前感じていた期待と不安の、正体。)。
そしてそのためにはまず英語が話せるようになるということが大前提だと思っていた。

カナダに渡ると私はESLに通い始め、日本にいた時にしていた事と同じ事、「英語を”勉強”(=暗記)すること」をそのまま続け、英語圏の国で生活を始めたという“環境の変化”のメリットを少しも活かせていなかったから、
やっぱりまず英語が話せるようになって、それからカナダ人の友達を作って、そうしてやっと彼らの文化や生活、価値観(=それはつまりカルチャーだった)を知ることができるのだと、
まるで一つ一つを孤立したものかのように思っていた。

でも学校を卒業した後個人で英語を学ぶようになると、実際それらは全部並行して進めていくべきものなのだと気がついた。

個人で受けたレッスンで習うカルチャー言語音楽(発音含む)話し方のテクニック文法単語の5つのskillを身につければつけるほど、カナダ人(に限らずイングリッシュスピーカー)と話したくなるし、話せば話すほど彼らが使っているskill(カルチャー)が見えてきた。

新しいskillを発見すればするほど、自分の英語のバリエーションが増える。

バリエーションが増えるほどもっと話したくなって・・・・・・


・・・そうして「以前の自分」だったら考えることもできなかったことが出来るようになっていたとき(街で声をかけられた・・・さてどうする「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?)、
私は自分の中の”ポジティブな変化”を実感した。


<関連エントリ:ふと感じた自分の成長。>


★★★★★

私が個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でロッキー山脈へ行った日本人の生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
「使える英語」と「使えない英語」を分けるものとは?と同様、ここでも青空の下で1対1のレッスンが行われました。
*メキシコ人の生徒さんたちの写真はこちら→英語で考えて、英語で話す、ということ。
*中国人の生徒さんたちの写真はこちら→英語を話しているつもり・・なのに“不自然”になってしまう、理由。

ロッキーマウンテン3
(↑左から2番目は先生。)

ロッキーマウンテン2

ロッキーマウンテン1

ロッキーマウンテン5

ロッキーマウンテン4
(↑RVの内部。)

ロッキーマウンテン旅行10

ロッキーマウンテン旅行9

ロッキーマウンテン旅行6

ロッキーマウンテン旅行7

ロッキーマウンテン旅行8


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、9月に再来日する件に関しまして、既にご連絡先をお知らせ頂いてから3日以上経つが先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃればご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       

コメント

Re: 教えてください。

machiさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送り致しました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ