カナダでワーホリして気づいた、ESLの「中」と「外」の世界。

「ESLに行っているのに現地の友達ができない」のではなく、「ESLに行っているからこそ現地の友達ができない」。


カナダのバンクーバーでワーホリ中、日本人の友達とダウンタウンのレストランでご飯を食べていた時。

私は彼女とは別の日本人の友達を介して知り合い、会うのはまだ2回目くらいであった。なので「カナダでの生活はどう?」と尋ねると、「今ESL(語学学校)に行ってるんだけど、カナダ人の友達が全然できない。英語も話せるようにならないし・・・」と言う。

私は、「ん?学校に行ってるけどカナダ人の友達ができないし英語も話せるようにならないのではなくて、逆に、学校に行ってるからこそカナダ人の友達ができないし英語も話せるようにないのでは?」と思った。

さらに彼女は「学校はもう飽きた。あそこにあと4ヶ月も通わなきゃいけないなんて。日本で申し込んでくるんじゃなかった・・・」と嘆いていた。
その時点で彼女はバンクーバーに来て2ヶ月が経つくらい。まだ日本にいる間に留学エージェントにすすめられた学校に6ヶ月間通う契約を結んできたとのことで、「最初は毎日が新鮮ですごく楽しかった」らしいのだが、通い始めて1ヶ月も経たないうちに「飽きた」のだと言う。

そもそも「英語を勉強するための語学学校」に、先生以外のネイティブはいない。


「海外でESL(語学学校)に通えば英語が話せるようになるし、現地の友達もたくさんできるようになるはずだ」と、ワーホリや留学をする人は思いがち。

しかし冷静に考えてみれば当然のことながら、現地の人は現地の高校や大学に通っているのであって、語学学校で英語を勉強するネイティブはいない。だから海外で語学学校に通っても、そこで知り合うのは自分と同じ留学生に限られる。

私もバンクーバーでワーホリを始めたときは、多くの人がそうするように、ESLに通っていた。そうなると毎日が学校と家との往復で、休日も留学生の友達と一緒に過ごすという生活になったから、カナダ人と友達になる機会などそうそうなかった。(例えカナダ人と出会う機会があったとしても会話が続かないし、まれに「友達になれそうかな?」と思うことがあっても、しばらくすると相手の”本当の目的”がわかってしまうのであった。(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。を参照)

ESL(語学学校)とは、「英語の単語や文法を(日本で何年もしてきたように)勉強(=暗記)するための場所」なのであって、そこに通っているのは留学生しかいないのだから、学校に通って留学生の友達しかできないのは当たり前であった。

「バンクーバーはアジア人が多いから英語が伸びない」というのは言い訳にならない


私がESLで知り合った留学生の友達の中に、”バンクーバーにはアジア人が多いのでトロントに行こうと考えている”と言っていて本当に引っ越して行ってしまった友達がいた。彼は”バンクーバーはどうしてもアジア人(留学生)だけで群れることになってしまい本物の英語に触れられない。英語を使う機会がないのだ”と、言っていた。(ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。

たしかにバンクーバーは、トロントに比べアジアから距離的に近いこともあり、アジア人が多く住んでいる。カナダは白人の国だというイメージがあった私は、ワーホリでバンクーバーに初めて来て驚いたものだった。さらにESLに通い始めると生徒の90%は日本人か韓国人であり、アジア人の友達がたくさんできた。

しかし、である。

バンクーバーのダウンタウンには確かにESLがたくさんあるので(聞くところでは100校以上?)アジア人の留学生が多く目につくけれど、だからと言って「アジア人はアジア人の留学生同士で常に一緒にいなければならない」なんて決まりはない。

つまりアジア人留学生と常につるんでいるという行動を選択しているのは自分自身なのであり、バンクーバーにアジア人が多いことと英語の上達とに直接の関係はないと私は思う。彼はESLでアジア人と友達になり、そこでできた友達とばかりずっと一緒にいたからバンクーバーにいても本物の英語に触れる機会も英語を使う機会もなかったのであって、同じ事をし続ける限りはトロントに行こうがアメリカに行こうがイギリスに行こうがオーストラリアに行こうが、同じ結果になったと思う。(世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。

ESLを出たら、出会う人のバックグランドも多様になり、行動範囲も広がった


前述した通り、私が通っていたESLは日本人と韓国人が90%を占めていたから、とくに休み時間はしょっちゅう日本語や韓国語が飛び交っていたものだった。そのESLでは一応表向きはEnglish Only Policy(英語以外で話すのは禁止)のルールがあったけれど、先生もスタッフも結構見て見ぬ振りをしていたし、”日本人/韓国人同士なのに、英語で話すとか気持ち悪い”と言う人なんかもいた。(世の中にはいろいろな考えの人がいるのだ。) なので時々教室の中にいると、「自分はカナダにいるのか日本にいるのか韓国にいるのか、よくわからないなあ・・」と思うことがあった。

バンクーバーでESLに通っていた間はカナダ人の友達など一人もいなかった、というか、カナダ人に限らず当時は日本人と韓国人の友達しかいなかった(ESLの思い出)。私はESLには3ヶ月通ったが、卒業する頃になっても自分が英語を話せているとは到底思えず、英語をマンツーマンのレッスンで習うようになった。そこでESLで習う「教科書通りの英語の話し方」ではなく「ネイティブが話すような自然な英語の話し方」を学び実践するようにしたら、日本人や韓国人ではない人たち、ESLでは絶対出会わないようなバックグラウンドをもつ人たちと知り合う機会が急速に増え、行動範囲も広がり、「ああESLというのは何て狭い世界だったのだろう・・・」と思った。 

もう一度言うが、「ESL(語学学校)に通っても現地の友達ができないし英語も話せるようにならない」のではなく、「ESLに通っているからこそ現地の友達ができないし英語も話せるようにならない」のである。だってESLは(日本で既にずっとしてきた)単語や文法の暗記をするための場ではあっても、英語の文化/カルチャーを学ぶ場所ではないから。

私がESLを卒業してから発見したことは、ESLの外は、カナダの・英語の文化/カルチャーを身につける機会であふれているということ。

だって例えばカフェでコーヒーを頼むという、たったそれだけのことにも、英語の文化/カルチャーは存在しているのだから。

<関連エントリ:
カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。
日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?>


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。
私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。
→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

レッスンには、先生が同行し、カナダやアメリカや南米を横縦断する言語旅行に行くコースもあります。(参加は希望者のみ。目的地や期間は毎回変動します。)
私はバンクーバーでワーホリ中にアメリカのグランドキャニオン旅行に参加しました。(「リアルな経験」の中で生きた英語を習得を参照。)

旅行中は参加者同士はもちろん、現地の人にも積極的に話しかけ、24時間英語を喋りっぱなし。
教室で単語や文法やフレーズを暗記し、テストに書いたら忘れる・・のではなく、旅行しながら英語を学び、実践で使っていきます。友達同士だけや旅行会社のパック旅行で海外を旅行しても英語は伸びないですが、この旅行は先生が同行するため旅行しながら英語に自信をつけていくことができます。

マチュピチュの前で
↑南米ペルーのマチュピチュ。右端がバンクーバーで英語を教えて頂いた先生です。
マチュピチュの道中
↑別の旅行で南米ペルーのマチュピチュに向かう途中。
南アメリカ旅行_ヘリコプター1
↑ペルーでナスカの地上絵を見るためヘリコプターに搭乗するところ。
南アメリカ旅行_ナスカ地上絵3
↑誰が、何のためにナスカの地上絵を作ったのかは未だにわかっていません。
travel-Uyuni-2
↑ボリビアのウユニ塩湖へ移動。
ボリビアのウユニ塩湖でシューズ
↑通常は雨季に行くのですが、
ウユニ塩湖でジャンプ
↑乾季に行くと・・・
ウユニ塩湖乾期
↑こんな感じです!
南米をドライブ
↑車で移動するときは、希望者は運転することもできます。
南米でランチタイム
↑現地の人と一緒にランチ。
南米旅行_カリブ海でダイビング
↑カリブ海でダイビングもします。
ワインナイト_南米
↑チリのレストランでワインナイト♪

*さらに2018年は以下の目的地を訪ねる言語旅行を予定しているそうです。

●メキシコ
・カンクン(Cancun)のビーチ
メキシコ_カンクンビーチ

・カンクン セノーテ ダイビング
セノーテ(Cenote)とは陥没穴に地下水が溜まった天然の泉のこと。透明度が高く、深い青の水中世界に感動するそうです。
メキシコ_セノーテ

・チチェンイッツァ遺跡
チチェンイッツァ(chichen itza)はメキシコ古代マヤ文明の遺跡で、カンクンから約2~3時間。
メキシコ_チチェン・イッツァ

●ベリーズ:グレートブルーホール
グレートブルーホール(The Great Blue Hole)は海中の陥没穴のこと。カリブ海にあります。
ベリーズ_Great_Blue_Hole

●グアテマラ:ティカル遺跡
ティカル遺跡(Tikal)も古代マヤ文明の遺跡です。
メキシコ_ティカル遺跡
出典:Tikal (Guatemala), temple 1, August 2006 By Raymond Ostertag

●パナマ:パナマシティとパナマ運河
パナマ運河(Panama Canal)の夜景。
パナマ_Panama Canal

●ベネズエラ:エンジェルフォール
エンジェルフォール(Angela Falls)は、カールじいさんの空飛ぶ家の舞台と言われています。
ベネズエラ_Angela Falls
出典:Vista del Salto Angel en el Parque Nacional Canaima, Venezuela. By Paulo Capiotti


********
①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリがしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。

*ご希望される方は、東京都内のカフェで筆者が直接お会いして、私のカナダでのワーホリ経験やレッスンについてお話させていただいています。

また先生と、私と同じレッスンをカナダで受けられた元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料体験レッスンと無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

ご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

LINEでメッセージをやり取りするより早く、「電話で話が聞きたい!」と思われる方は、日本人カウンセラーのJunさんへ直接お電話ください。
Junさんの電話番号は
080-7889-6361
です。


*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。またご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2013年9月22日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

Re: No title

Mさんへ

メールが送れていなかったようで、こちらこそ申し訳ありません。
再度送らせて頂きましたので、ご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: 初めまして

Ashuraさんへ

初めまして。コメントありがとうございます。

メールを送らせて頂きましたのでご確認ください。よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

Mさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

先ほどメールを送らせて頂きましたのでご確認下さい。
よろしくお願いします。

Coco

Re: 先生

めいさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。

Coco
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ