英語でミスすることを、怖れない。3

ワーホリで日本からカナダに渡った私の一番の願いは「英語が話せるようになりたい」ということであったが、カナダに着いてからの私が数ヶ月に及びしていたことと言えば、
単語を覚えたり文法の問題を解いたり・・・。
日本でしていたことと、まるで同じ
であった。

カナダに渡りはしたものの、
日本で中学高校と6年間(私の場合は大学でも英語の授業があったので厳密に言えばそれ以上であるが)も続けたのに、英語が話せるようにはならなかった勉強の仕方(=”過去の勉強方法”:「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。
を参照。)を、バンクーバーで英語を個人で教わるようになるまで、私は何も変えることができなかった。

バンクーバーで私はまずESL(語学学校)に通うようになり、授業中はもちろんのこと、放課後や休日にも、
単語帳を眺めたり、ESLの授業で配られた文法の問題を解いたりイディオムの羅列を書き取ったりしながら、
「本当にこれで英語が話せるようになるのか・・何かが違うような気がする」と思うことは時折あったものの、
自分が何年もしてきて慣れていて、周囲の人(学校の先生、カウンセラー、エージェントの人に、ホストファミリーにクラスメイト)も”そうするのが当然”だと思っているそんな”過去の方法”を、私はし続けた。


普通に考えて、単語帳を眺めたり、ノートにスペルを書き取ったり、文法の参考書を読んで問題を解いたりするのは、単調な作業であり、退屈なこと。
机に座っていくら時間をかけて単語や文法を「暗記」しても、実際の会話になると全然使えなかったり、数日後見直したら大半を忘れている。

でも矛盾するようだけれど、私が当時、「何かが違う気がする」と思いながらも「英語を暗記すること」を続けていた理由は、
それが自分にとってラクだったところがあるからではないのかと最近思う。

言葉を換えると、単語や文法を「暗記」するのは、そこに相手が存在せず、自分一人でできることだから気がラクだった、のではないかと思うのである。


自分だけではなく、そこに相手がいる「会話」だったら、言い間違えたり、変な文法で話してしまったら恥ずかしいし、聞き取れなかったら気まずい。

でも自分一人でする「勉強」なら、いくら間違えたって、憶えることができていなくたって、他人に知られることはないのだから、恥をかかなくてすむ。

相手の英語が聞き取れなくて、”迷惑”をかけることもない。。。


「英語が話せるようになりたい」と思いながらも、
ひたすら文法や英語を暗記しながら「何かが違う」と思いながらも、
当時の私が”過去の方法”をし続けていたのは、
誰に聞いても自分がしていることの何がどう違うのかが具体的に分からないし、もし違うとしても他にどうしたらよいのか分からなかった、ということはもちろんあるけれど、
その根底には
ミスをするのはいけないこと/恥ずかしいこと、
という思いがやっぱりどこかにあったのではないかと、今となっては思うのである。


だからたとえ、文法や発音がめちゃくちゃでも、そんなこと気にせず、話しまくる中南米やヨーロッパからのクラスメイトに出会うたび、
そんな彼らがうらやましい、と思う一方、
彼らに自分とは絶対に相容れないものを感じる、
というか、
大げさに言えば、”恐怖”を感じていたような気がする。(カナダで生活しているのに、「日本人と韓国人の友達しかいなかった」理由。

★★★★★

ある日、私が個人で受けていた英語のレッスンで、言い間違えをしたときに、"Sorry." と言ってしまったことがあった。

そうしたら先生に”今何で謝ったの? 日本語で話してるときに言い間違えたら謝る? じゃあ何で英語だと謝るの?” と言われた。

私はその時に自分の中にあったそういう卑屈な部分に初めて気がついて、
それから私は英語でミスをすることに対する抵抗が減っていった。

私は、
そりゃ相手を不快にさせたり自分や相手を危険にさらすミスは避けた方がよいことは言うまでもないが、そうでなければ、
ミスしたって別にいいじゃないか。むしろどんどんミスをして、それをカバーすればよいと思うようになっていった。(日本語で言い間違えても謝らないのに、英語で言い間違えたら謝る日本人。
私は日本で生まれ育ったネイティヴジャパニーズスピーカーだけど、日本語でもしょっ中ミスをする。
でも「ミスして恥ずかしいから日本語を話すのはやめとこう・・」なんて思ったことはないのである。

気がつくと、単語や文法の「勉強」は、私にとって別に気がラクなことでも何でもなく、ただの「退屈なこと」になり、
誰かと会話をしてミスをする方が、よっぽど楽しくて、ラクなことになっていた。


<関連エントリ:
英語でミスすることを、怖れない。
英語でミスすることを、怖れない。:2

★★★★★

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得))で今年RV(キャンピングカー)でアメリカ縦断旅行へ行った生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)

アメリカRV旅行15

アメリカRV旅行7

アメリカRV旅行13

081A3726.jpg

081A3792.jpg

081A3571.jpg

アメリカRV旅行27


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本でレッスンをしています。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。体験レッスンがあります。

9月29日〜10月1日は北海道にてレッスンが行われます。
他には東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・福岡でレッスンを行う予定となっているそうですが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合がありますので、興味がある方はご相談ください。

また今回希望される方は、先生がバンクーバーで英語を教えておられた生徒さんのうちのお一人と、会ってお話をしていただくことができます。大学3回生の日本人男性、カナダでの滞在期間は1年間、レッスンを受けておられたのは約2ヶ月間で、今年のアメリカとカナダにおける旅行にも二つ参加され、今月帰国された方だそうです。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ



       
関連記事

コメント

Re: No title

Sayakaさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。
Coco

Re: タイトルなし

yukoさんへ

こんにちは。
ご連絡ありがとうございます。

メールを再度送らせて頂きました。

Coco

Re: こんにちは!

momoさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ