「ワーホリの1年」を最大限に利用するために必要なことって?

日本人がカナダでワーホリをすることができるのは、「1年」。
 
実際にワーホリを経験をした私が思うのは、この「1年」というのは 英語のためだけに費やすには長すぎる時間(「ワーホリの1年」は英語を習得するには長いのか、短いのか。を参照。)だということ。

そう言う私もカナダに渡る前は、「英語のためだけに1年は短い」どころか、「1年あっても英語が話せるようにはならないかもしれない・・」と思っていた。
だから当時の私にとってはカナダでのワーホリにおいて、「何はともあれまず英語が話せるようになりたい」ということが一番の目標で、他に「英語を使って何をしたいか」ということまでは、(カナダ人の友達を作ること以外)あまり意識が向かなかった。


私はカナダでワーホリを経験したことを少しも後悔していないし、むしろワーホリすると決めたことは自分の中の”人生最良の決断トップ3”に入るくらいなのだけれど、
ただワーホリを始めたばかりの頃の自分の時間の過ごし方については、「あれはああすればもっとよかった」と思う点がある。

まず私は1年という限られた時間を使って「英語が話せるようになること」それ自体を目標にしていた、つまり当時の私にとっては、本来「手段」であるはずの英語が「目的」になっていた。

でも英語に限らず、言語というのは自分がしたいことを実現するためのツール(道具)なのだと捉えることがもっと前からできていたら、
1年のタイムリミットの中でその”ツール”を使って何を達成したいか(仕事でも勉強でも趣味でも人それぞれ何でもいと思う)を、カナダに行く前から考えることができていたなら、
私はワーホリが始まったその最初の日からもっと違う時間の使い方ができたのではないか・・と思うのである。

★★★★★

日本人がカナダ政府から得ることができるワーホリビザのタイムリミットは、1年。

でも私はその「1年」の中の数ヶ月もの貴重な時間を、ESL(語学学校)で過ごすことに決めてしまった。
「まずは英語が話せるようになりたい」という思いと、「そのためには学校に行かなくてはいけない」という思い込みから。。。


まだ私が日本にいた頃、ワーホリや留学経験者の体験談を読んでいて、
「語学学校に通って英語が満足に話せるようになった」と言う人が一人もおらず、
「友達は日本人ばかり」、「毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???」、「英語のことは・・聞かないで」、「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題。」、「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい。」といった感想ばかりだった(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。)ので、
自分も同じようになってしまうのでは・・・という不安が頭をもたげることは、あった。

当時の私は数多くのエージェントのサイトや留学情報誌や、留学・ワーホリ経験者のブログに目を通していたのだけれど、それでも私には語学学校に通うということ以外の選択肢は見つけられず、
だからやっぱり「ワーホリ=始めの数ヶ月は語学学校」という考えしか思いつかなかった。

”みんな”がそうしているから私も学校に行く、
でもその中で”みんな”とは少しだけ違うこと、例えば学校の学校の外でも英語だけを話すようにしたり、学校でも毎日きっちり授業を受けて、宿題はもちろん予習や復習もちゃんとして、
学校に通っている間は頑張って「勉強」をすれば、私は語学学校に行くことで英語が話せるようになるかもしれないという”希望的観測”もあった。

でもその結果は、
エージェントの人は誰もが口を揃えて「英語が話せるようになるにはまずは三ヶ月」と言っていたけれど、
その三ヶ月間私は日本でもしたことがないくらいの勢いで英語だけをひたすら「勉強」したけれど、
三ヶ月が経っても、
私には自分が英語を話せているという感覚がなかった・・・。


既に何度も書いている通り、ESLというのは「英語のカルチャーを学ぶ場所」ではなく、「英語の文法や単語を学ぶ場所」なのである。

今になって思えば、どれだけマジメに頑張って英語を「勉強」したって、私はヒトが母国語を習得する際に誰もが自然に身につける言語習得の5つのskill(①カルチャー→②言語音楽→③話し方のテクニック→④文法→⑤語彙)を、順番を間違え(①語彙→②文法)、学ぶ方法を間違え(当時私が使っていた方法とは、暗記。それだけを語彙にも文法にも使っていた。)、かつ文法と語彙以外のskillはスキップするということによってマスターしようとしていたのだから、
それは英語を話せているという感覚がもてなくて当然。であった。

でも当時はそんなこと全然分からなかったから、私は英語が話せるようになっていかない自分に焦りを感じるばかりだった。

だからそんな私がその頃よく頭の中にイメージしていたのは、砂時計だった。
自分がカナダで与えられた1年という時間が、私は日本を発った時から何も進歩していない、変わっていないのに、残り時間だけが少なくなっていく。1年という時間が、何もできないままにサラサラ零れ落ちて行く。。。
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-198.html" target="_blank" title="英語を身につけるまでの悩み">英語を身につけるまでの悩みを参照。)

★★★★★

私はせっかく自分が持っていた「ワーホリの1年」という貴重な時間を使って、
学校に通って英語を「勉強」(=暗記)するという、わざわざ海外に行かなくても日本で全く同じことができることをしていたし、
それに学校に通っている間は一日の大半を学校で過ごす為に、自分がカナダにいるからこそできること/したいことをあまり考えることもなかった(つまりは「受身」で過ごしていた。→http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-366.html" target="_blank" title="海外で、「受身で生活すること」の意味。">海外で、「受身で生活すること」の意味。)。

でも学校に行くのは止めて、英語を個人で習うようになったら、「毎日朝から夜まで机について勉強」からは解放されて、大体1日に1回、2時間くらいレッスンを受けたら、
あとの時間は自分の好きなように使える生活になった。

それでやっと私はカナダで自分がもつ"自由な時間"をどのように使いたいのか、英語を身につけることだけではなく、英語を使って自分がしたいことは何なのかを、真剣に考えるようになった。


日本人が得られるカナダのワーホリビザというのは、カナダで過ごす1年の間に学校(語学学校に限らず)に行ってもいいし働いてもいいし旅行に行ってもいいしという、
他のビザに比べて比較的もらうのも簡単だし自由度も高いビザだと思う。

私はESLに通った分、カナダで「自分が英語を使ってしたいことができるようになるまでの期間」が余分にかかってしまった。

そんな自分の経験からも、私はワーホリビザの”自由さ”を最大限に利用するための一番のポイントは、
「ビザの残り期限のカウントダウンが始まる日(カナダに入国する日)から、自分がカナダでしたいことができるようになるまでの期間」を
いかに短縮させることができるか
だと思うのである。


★★★★★

私がバンクーバーで個人で受けていた英語のレッスンの一環((“リアルな経験”の中で生きた英語を習得“リアルな経験”の中で生きた英語を習得:2))で、Garibladi lakeでハイキングとカヤックに挑戦された生徒さんたち。(*顔写真掲載の許可を頂いています。)
どんなに英語を勉強しても、「忘れてしまう」ワケ。にはカヤックを漕いでいる様子の写真があります。

Garibladi lake13

Garibladi lake11

Garibladi lake14

Garibladi lake15

Garibladi lake16

Garibladi lake17

Garibladi lake8



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本でレッスンをしています。

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方がいらっしゃればご連絡下さい。無料体験レッスンがあります。

9月29日〜10月1日は北海道にてレッスンが行われます。
他には東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・福岡でレッスンを行う予定となっているそうですが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合がありますので、興味がある方はご相談ください。

また今回希望される方は、先生がバンクーバーで英語を教えておられた生徒さんのうちのお一人と、会ってお話をしていただくことができます。大学3回生の日本人男性、カナダでの滞在期間は1年間、レッスンを受けておられたのは約2ヶ月間で、今年のアメリカとカナダにおける旅行にも二つ参加され、今月帰国された方だそうです。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、できるだけパソコンから閲覧可能なアドレスで連絡下さるようお願いします。

既にご連絡先をお知らせ頂いている方で、先生からのメールがまだ届いていないという方がいらっしゃれば大至急ご一報下さい。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生の方へ直接お願いします。)



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます★)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ


       
関連記事

コメント

Re: はじめまして!

Natsuさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ