英語がわからず"Sorry"と言ってしまう・・みじめだった気持ち。

鳥

カナダ人の友達とその高校時代の友達何人かと一緒にGrouse Mountain にハイキングに行った帰り、
車でダウンタウンまで戻ってきていたときのこと。

私が乗った車には他に3人が乗っており、
そのうちの2人は日本人(というか留学生全般)と普段あまり関わることがない人たちで、
もう1人(Alan:仮名)だけが ”カレッジの友達のつながりで知り合った日本人の友達が何人かいるのだ”、と言っていた。


私たちは最初、別の車で別の場所に向かった友達の話なんかをしていたのだが、
それが終わった後、運転席と助手席に座っている2人が内輪の話を始めたときに、
私の隣に座っていたAlanにこう聞かれた。

”Cocoはカナダに来た時にはもう英語が話せたんだよね?”
と。

”いやー、全然話せなかったよ。”
と私が言うと、

”そうなの? でもそのわりには自然に英語を話すよね。へぇ~・・英語話せなかった頃のCocoってどんなだったんだろう。ははは。”
と言われた。


”ははは、こんな感じだったよ。
(首をかしげて)
・・・Sorry? (もう一回言ってもらえますか。)
Sorry??
Sorryyyy??”


”はははは! なるほどね。そんな感じだったんだ。ははは。
や~僕、日本人の友達?というか知り合い?が何人かいるんだけど、そう、カレッジの友達が紹介してくれるんだけど、
彼らと英語で会話するのが、ほんとむずかしくて。
・・・昨日も日本人の留学生、名前が○○(憶えてないが男性の名前だった)で東京出身っていうのはわかったんだけど、あとはほとんど会話にならなかった。。”


私が、
”う~ん・・まあ・・日本の学校教育では英語の単語と文法しか教わらないから、そうなんだよね。
私もカナダに来てさぁいきなり会話ですってなって、ほんと困ったよ。
いつも I'm a beginner (私は初心者なんです)って、心の中で言い訳してた。”
と言うと、


”・・・I think(僕が思うに)・・・beginnerっていうか・・・rawだよね。”
と、彼。

”? どういう意味?”と私が聞くと、

"It's like...completely not cooked, not ready, not prepared. Just as it is...you know.
(なんて言うか、全然調理されてない。全然準備ができてない。そのまんまの意味だよ。)”
と、
彼は言った。。。


【raw;生の。料理していない。】(引用:電子辞書。)


・・・「カナダに行けば何とかなるはず・・」と、英語なんて全然話せないままカナダに渡った私。

当時の私もきっと、カナダ人からするとそんな風に思われていたんだろうなと、思った。


★★★★★


ワーホリでカナダに渡った私が過ごした最初の3ヶ月の間、
つまりバンクーバーでESL(語学学校)に通っていた、カナダでの最初の3ヶ月の間に、
私が最も多く使った言葉。

それは

”Sorry”

だと思う。

Sorry は語尾を上げ調子(Sorry?)で言えば 「もう1回言って下さい」の意味になり、
下げ調子(Sorry...)で言えば「すみません」になる言葉。

★★★★★


英語圏の国であるカナダにいるのに、学校でもホームスティ先でも、(もちろんそれ以外の場所でも)、
英語で何か言われても、理解できない。
自分が言いたいことを、うまく伝えられない。

・・・それもこれも全部、自分が英語ができないから・・・。

だから相手に何か言われて、聞き取れなかったときは
”Sorry...I can not understand...” (すみません。。何と何て言っているのかわからないです。。。)と謝り、

自分が何かを言って伝わらなかったときは、
”My English is not good...Sorry...” (私の英語下手だからわからないですよね。。すみません。。。)と謝っていた。


言いながら、何だか惨めな気持ちになった。


「私は日本にいる間に何でもっと英語を勉強しとかなかったんだろう・・・」と、何度も思った。

もっと英語を勉強してきていれば、
ESLでは日本人と韓国人だけじゃなくて、ヨーロッパとか南米とかからの留学生にも気後れせず話すことができたはずだし、
授業中先生に言われたことがわからなくて固まることもなかっただろうし、
クラスメイトから「日本語を話してるのか英語を話してるのかわからない」と笑われることもなかったはずだし、
ホストファミリーとももっと上手くコミュニケーションが取れていたはずだし、
私はもう20歳を過ぎた大人なのに、英語で話そうとすると急に小さな子どもにかえったように感じることなんかも、
なかったはず・・・。


そう考えては、
英語ができない自分を、
日本で英語を勉強してこなかった自分を、
後悔した。


(・・しかし私が当時思っていた「勉強」とはつまり、「単語と文法を暗記すること」だったのだから、
たとえ日本にいる間にもっと「勉強」をしていたところで、カナダで苦労するという状況は何も変わっていなかっただろうと、今となっては思うけれど。)

★★★★★


英語で話すことができない、相手が言っていることもわからない。

言いたいことが自由に言えなくて、自分を思うように表現できなくて、カナダでは自分が小さな子どもになったかのように感じていた私は、
当時同年代のイングリッシュネイティブスピーカーと英語で話す機会がごく稀にあっても、
どうしても自分が相手よりずっと年下に思えた。そして相手もそのように感じていることも感じ取っていた。(カナダで生活しているのに、カナダ人の友達が一人もいなかった理由。を参照。)


そういうことがあればあるほど、英語が話せない自分が、情けなくなり、ますます”Sorry...”と、謝ってしまう。


・・・そんな私は、カナダ人から見たら、完全に ”raw” だったろうと思う。


★★★★★


だから、ESLを卒業した後、英語を個人で学ぶようになって、

ある日のレッスンで言い間違えをして私が"Sorry." と言ってしまったとき、

先生から ”今何で謝ったの? 日本語で話してるときに言い間違えたら謝る? じゃあ何で英語だと謝るの?” と指摘されて、
私はすごくびっくりした。
英語でミスすることを、怖れない。:3を参照。)


私はやっと、英語ができないからと言って卑屈になることを、止められるようになっていった。


やっと”raw”の状態を、抜け出せるようになった。



*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために再度12月に来日します。

12月に日本各地で、1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)

レッスンはお住まいの地域の最寄の新幹線駅近くのカフェにて行われます。

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。

英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。


日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベル(rawの状態)を卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作っていただけます。

日本での体験レッスンも、バンクーバーでのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます

先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます


そして今年の12月3日から21日までの間に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、無料で英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月、9月、12月となる予定だそうで、各3日間×5回なので、カナダに渡る前に最大で15日間に渡る無料レッスン&カウンセリングを受けることができます。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけて1対1でカウンセリングを受けて頂けるので、日本語も話せるイングリッシュイングリッシュスピーカーとカナダに渡る前に友達になれますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で1対1で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業rawの状態を卒業できます。


*来年に入ってから初めて無料体験レッスンを受けられる方は、日本で受けて頂ける無料体験レッスン&カウンセリングの期間が短くなります。

**ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて下さるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。


携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

コメント

Re: はじめまして

はるさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。

Coco
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ