ワーホリが”王道”になってしまう、そもそもの「原因」とは?

バンクーバーの公園2
(↑バンクーバーは公園が多い。)


「日本人が経験する”王道”のカナダワーホリとは?」

①何はともあれまずは語学学校。
(でもカナダで学校に行きさえすれば英語が話せるようになるわけではない。
だっていくら努力をしても、その「方法」がそもそも違っていたら、話せるようになるわけがない。→勉強すればするほど話せなくなる、英語。

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。
(でもカナダのカフェやレストランで働きさえすれば、英語が伸びるわけでもない。なぜなら、そこではいつもほとんど同じフレーズしか使わないから。→カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。

③カナダやアメリカを旅行。
(旅行に行くことはできるけれど、ただ観光地を巡って「きれいだった」で終わる可能性は高い。カナダに渡る前に友達と行ったアメリカ旅行で、“風船”に入ったままで何も変わらなかった私のように。→英語を身につけたいなら、Get out of the box!

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。
(でもTOEICで高得点を取れる=英語が話せる、ではないとうのは周知の事実。たとえTOEICを受けたことがなくても、英語が話せるということを証明して外資系企業で職をつかんだKatokeiさんのような人もいる。→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

⑤帰国。

・・・というのが私が思う、日本人が経験する”王道”のカナダワーホリ、つまり最も多くの日本人が経験するワーホリのパターンである。
日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照。)

そしてワーホリが期せずして”王道”になってしまうのは、
ワーホリを語学学校(ESL)に通うことから始めてしまうことに大きな原因があるとも私は思う。
「英語が話せないまま帰国」になってしまう、その大きな原因とは?


・・・では、過去の私も含めて、多くの人が語学学校に通ってしまう原因は何なのだろうか。

何でこうも、「ワーホリ=始めの数ヶ月は語学学校に通うもの」だと、誰もが思ってしまっているのだろうか。


それは言うまでもなく、
エージェントに相談をするから
だと思う。

だってエージェントに相談をすると、100%、ESL(語学学校)に通うことだけが英語が話せるようになる唯一の方法であるかのように言われるのだから。。。


★★★★★


過去の私、カナダにワーホリで渡る前、そして渡ったばかりの頃の私は、
一体なぜエージェントに相談をしたんだろうか?

・・・それは「ワーホリ=エージェントを通すもの」だと思い込んでいたから、としか言いようがない・・・。


だってカナダで長期生活をしてみたいと思って、ワーホリという制度があることを知り、
ネットで調べていたら必ずエージェントのサイトが上位に出てきたものだから、
知らず知らずのうちに、
「ああ、ワーホリをする時にはエージェントに相談をするんだな。」と思うようになっていた。。。


ワーホリという制度があることを初めて知ったときには、私は「ワーホリ=語学学校(ESL)に行くもの」だなんて発想も全然なかった。

でもエージェントのサイトをいくつも見るうち、
あまりの語学学校の情報の充実ぶりに、
「なるほど、ワーホリでは最初に語学学校に行って英語を勉強するものなのか。」
と思うようになっていた。。。

(でもその後ワーホリ経験者のブログなどを読むうち、「語学学校に行っても英語が話せるようにならない。」と書いてあることが多く、本当に行かないといけないのか疑問に思い始めたのだけれど。→続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

語学学校については疑問を持ち始めたが、
それでもワーホリをするにあたっては、やっぱり「エージェントを通すものだと言う発想」は、結局最後まで抜け切れなかった。

なぜなら、
当時の私は英語なんて全然話せないし読めないし書けないしで、
カナダに飛び込むにあたってやっぱりどこかに頼れる人がほしかったし、
”みんな”もそうしているようだし、
そして何より、
他にどうしたらよいかわからなかったから。。。



バンクーバーに行ったこともなく、英語も話せず、もちろん現地に頼れる人もいない私。

だからエージェントに相談をするしかない、と思っていた。


だって彼らは、私よりずっとカナダのことも、ワーホリのことも、英語をどうやって伸ばしていけばいいのかなんてことも、
よく知っているはずなのだから。


・・・結果的に、それらを”よく知っている”はずのエージェントから”教えてもらえた”ことは、

とにかく「ワーホリなら最初は語学学校に行くこと」、

「学校に行けば友達もできます」、

「学校に(少なくとも3ヶ月ぐらい)行きさえすれば英語も話せるようになります」。


まるでカナダでワーホリをするなら学校に行くしか道がないかのように言われ続け、

さらには日本にいる間に学校を決めてしまうように、と念を押された。

でも「日本で学校を決めるのだけはするまい・・」と思っていた私は、そう言われる度にエージェントを変え続けた。
ワーホリしても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?


別にワーホリだからって語学学校に行かなければいけないなんて決まりはないのに、

別に学校に行かなくても留学生とも地元の人とも知り合える場所なんて、バンクーバーならいくらでもあるのに、

別にカナダの語学学校で英語を勉強したって、そこで教わるのは、日本でしてきたことと同じ、単語と文法を暗記することなのだから、いくら場所だけを変えようが、得られる結果は同じなのだけれど。。。 


エージェントに相談をすれば、返ってくる答えはどこも同じで、

10社に相談をしても、

言うことはみな一緒だった。


でも当時の私には文字通り”何もわからなかった”から、

そしてあまりにも多くの人が同じ事を言うものだから、

言われたことを、信じてしまった。
英語が話せるようになる具体的な方法って?

★★★★★

日本人がカナダ政府からもらうワーホリのビザに、

”語学学校に行かなければならない”とは書いてないのと同様、
”日本食レストランで働かなければならない”とは書いてないのと同様、
”カナダに渡るときにエージェントを通さないといけない”なんて記載もない


でも私の経験から言って、

エージェントを通すから、語学学校に通うことになるのであり、

語学学校に通うから、日本食レストランで働くという選択肢しか見えなくなってしまう

のだと思う。
なぜか多くの日本人留学生が日本食レストランで働く、理由?を参照。)

<関連エントリ:海外で生活すれば、外国人の友達ができる、わけではない。>


*お知らせ*

私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために今日本におられ、既に東京と大阪で無料体験レッスンが行われました。(先生は21日まで日本に滞在され、まだまだ東京と大阪に伺う予定になっているそうです。)

*先生と、東京で体験レッスンを希望されている方(Nさん)との、Skypeでの会話の一部をご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(始めにHow are you? といった挨拶の後・・・)
[10:36:35] 先生: What can I do for you? (何をお望みですか?)
[10:39:01] Nさん:Thank you for your reply (お返事ありがとうございます。)
[10:39:17] 先生: oh no worries, what do you need men? (いえいえ。あなたは何を必要とされていますか。)
[10:39:23] 先生: what can I help you with... (私に何ができるでしょうか。)
[10:41:04] Nさん:I want to know that How to learn English more faster and more enjoy. (どうやって英語を早く、もっと楽しく学べるか知りたいです。)
[10:41:20] 先生: 2 things! (2つ)
[10:41:26] 先生: you need to have 2 things! (2つのことが必要です。)
[10:41:54] 先生: 1) forget everything you have been learning so far in traditional ways: forget about MEMORIZATIONS, AND HOMEWORKS! ((1)今までしてきた”伝統的な”英語の勉強を忘れること:暗記も宿題も忘れること。)
[10:42:09] 先生: 2) techniques! you need techniques! - thats all! ((2)テクニックが必要。それだけです。)
[10:42:12] 先生: ----------------------------------------------------------------------------
[10:42:17] 先生: next! (他にはありますか。)
[10:43:46] Nさん:Well, I've never heard it. (そんなの聞いたことがないんですが。)
[10:43:54] 先生: of course not!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! (もちろんないでしょう。)
[10:44:07] 先生: because nobody is teaching it!!!!!!!!!!!In Japan!!!!!!!!!!!!! (誰もそんなこと教えていないですから。日本では。)
[10:44:23] 先生: So do you want to talk about what you dont know, or you have not heard? (それではあなたが知らないこと、もしくは聞いたことがないことについて話したいですか。)
[10:44:25] 先生: or (もしくは)
[10:44:45] 先生: do you want to open your mind and start new things you have not discovered it yet? (考え方を変えて、まだあなたが知らない、新しいことを始めたいですか。)
[10:44:51] 先生: What do you want to do boss! (どうされたいですか。)
[10:44:58] 先生: -----------------------------------------------------------------------------
[10:46:21] Nさん:I want to work abroad. (海外で働きたいです。)
[10:48:00] 先生: yes, yes, yes I know i saw your email with all the answers I know your profile, thank you for that! (存じています。あなたのメールを読みました。ありがとうございました。)
[10:48:13] 先生: but what do you want to do about your english? (英語に関してはどうされたいですか。)
[10:48:42] 先生: 1) keep repeating old way you already know - and it doesnt work much it doesnt make you feel not confident in english ((1)既に知ってはいるけれど、英語に自信がもてるようにはならない古い勉強をし続けたいですか。)
[10:48:43] 先生: or (もしくは)
[10:49:09] 先生: do you want to try something new, that will give you more confidence abroad and open your mind for english (海外に行っても自信が持てて、英語に対する考え方も変わるような、新しい勉強の仕方を試してみたいですか。)
[10:49:13] 先生: ------------------------------------------------------------------------
[10:50:21] Nさん:Yes, i do. I want to try something new way to learn English. (はい、新しい方法を試してみたいです。
[10:50:33] 先生: ok then (了解です。では、)
[10:50:36] 先生: be breave! ( brave(=勇敢なこと、勇気があること)でいてくださいね。)
[10:50:49] 先生: what are you waiting for (何を待たれているのですか。)
[10:51:50] Nさん:OK (OK)
[10:52:24] 先生: Do you want to know what is the difference between our program and ESL schools (私たちのプログラムと語学学校の違いを知りたいですか。)(注:先生はバンクーバーと日本と中国でも英語を教えておられ、先生がHead teacherです。)
[10:52:48] Nさん:Yes, I Do. (はい、知りたいです。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


12月21日まで、日本各地で、私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生の1~3日間に渡る無料体験レッスン、及び、カナダワーホリ・留学に関する無料カウンセリングが行われます。(その後にカナダで受けられるコースによって期間が異なります。)

無料体験レッスンで、海外に行っても自信が持てて、英語に対する考え方も変わるような、新しい勉強の仕方を試すことができます。

日本での無料体験レッスン&カウンセリングも、カナダでのレッスンも、すべて1対1で受けることができます。
日本での体験レッスンも、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。

カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを1日受けた後に決めることができます。


先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも体験レッスンを受けて頂けます

レッスンはお住まいの地域の最寄の新幹線駅近くのカフェにて行われます。
これまでに、北海道・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・岡山・広島・愛媛・福岡でレッスンが行われましたが、その他の地域/都市でもレッスン可能な場合があるそうなので、ご相談ください。
*今回鹿児島でも開催されます。

体験レッスンのご予約は先着順となっています。


英語にはずっと苦手意識があるし日本で英語を話す機会もない、カナダでの時間を有効に使いたい、王道じゃないワーホリがしたい、最短で英語を伸ばしたい、カナダでの生活費はカナダで稼ぎたい(「カナダワーホリに必要なお金」の、現実。を参照)という方がいらっしゃればご連絡下さい。


日本での無料体験レッスン&カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を憶えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作ることができるので、一般的にカナダワーホリに必要だとされる100~120万よりずっと安くカナダワーホリができます。

カナダで語学学校(ESL)に通う必要はありません。


そして今年の12月3日から21日までの間(日本時間)に日本で無料体験レッスンを受けられる方のみ、

1.今年の12月だけでなく、先生が来日する度に、無料で英語のレッスンと、カウンセリングを受けて頂くことができます。(今年の12月の次は、来年の2月、その次は4月、9月、12月となる予定だそうで、各3日間×5回なので、カナダに渡る前に最大で15日間に渡る無料レッスン&カウンセリングを受けることができます。)
2.Skypeでカウンセリングを受けて頂く事もできます。
3.もちろんメールや電話でもお話して頂けます。



すべて無料で、日本で時間をかけて1対1でカウンセリングを受けて頂けるので、カナダに渡る前にカナダに友達ができますし、バンクーバーのレッスンと全く同じ方法で1対1で行われる英語のレッスンにより、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。
そうしてカナダで短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。

カナダに渡る前に、英語のこと、生活のこと・・不安を全部解消することができます。

(カナダで受けることができるレッスンには、
カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)


**来年に入ってから初めて無料体験レッスンを受けられる方は、日本で受けて頂ける無料体験レッスン&カウンセリングの期間が短くなります。

***ワーホリ資金50~70万円でカナダに渡り、バンクーバーでレッスンを受け、最近日本に帰国されたKeikoさんが、日本やバンクーバーでのレッスンの詳細について電話でのお問い合わせに答えてくださるそうです。(12月も引き続き答えて頂けるそうです。)
コースの詳細や予約の方法などに関するご質問も受け付けておられます。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生か、Keikoさんへ直接お願いします。)

*****

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。

・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada

*もし既にご連絡を頂いているにも関わらず、先生からのメールが届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報ください。


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

コメント

Re: No title

Ayaさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ