カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。4

バンクーバーではホームパーティに招かれることがよくある。

私は日本にいた頃にももちろん、友達同士で誰かの家で食べたり飲んだりお喋りしたりはすることがあったが、
そこに集まるのは必ず友達同士であった。

バンクーバーでは、パーティを主催する人(host)が、”招待される人同士が知り合いかどうか”ではなくて、”集まったら楽しいであろう”メンバーを招待するし、
しかも招待された人がまたそれぞれその恋人や友達を招待していたりする。

だから、バンクーバーでパーティに行くと、そこには”自分が知らない人がいる”のがけっこう普通、だったりする。

★★★★★

前に、私と共通の友達が多くいる日本人の友達(Taka。仮名。)と、カナダ人の友達5人と一緒にクラブに行ったときのこと。

私と日本人の友達は、次の日朝早くから予定があったので、12時前に会場を後にして一緒にskytrain(バンクーバーで言う、地下鉄のようなもの)の駅に行き、家に帰った。


数日後、一緒にクラブに行ったカナダ人の友達のうち2人と、その日本人の友達とまた会って、ご飯を食べたとき、
”そういえば、あの日私とTakaが帰った後、何時までクラブにいたの?”
と私が聞いたら、

カナダ人の友達が
”最後までいたよー。2時にクラブが閉まったんだけど、もうバスもskytrainも走ってないから、クラブから歩いて行けるところに住んでるぼくの友達の家に行って、みんなで泊めてもらった。”
と言う。

”え? その友達、5人とも泊めてくれたの? ・・・あらかじめ言ってあったの?”
とTakaが聞くと、

”うーん、CocoとTakaが帰ってから、みんなは何時に帰る予定なのか聞いたら、みんなクラブが閉まるまでいるっていうから、それで友達に電話して、'ちょっと遅くなるかもしれないんだけど、今晩家に泊めてくれる?'って聞いてみたんだ。”
とカナダ人の友達。


”へーじゃあ、深夜に電話して、この後クラブが閉まったら家に行って泊めてもらいたいんだけどって言ったら、Okだったんだ!しかも5人も!
・・・その友達って、カナダ人?”
と私が言うと、

”うんそうだよ。
まあ実際にはその友達の家に着いたときには2時どころか3時を過ぎてたんだけどね!ハハハ。”


”・・でも5人もどうやって寝たの? その友達の家そんなにベッドが余ってるの?”
と私が聞くと、

”いやいやさすがにそれは。みんなソファとかカーペットの上で寝たよ。”


”その場で、その友達と、あなた以外は知り合いじゃなかったんだよね?”

”そうそう。僕以外はその友達と、まず名前を教え合っていたね。ハハハハハ。”


”深夜に突然、ホームパーティ開始! しかも招待客はhostも知らない人が5人中4人! ハハハ!
・・・でも、まじめに、3時過ぎに来た初対面の人間4人も泊めてくれるって・・・その友達すんごくいい人だね。”
と私が言うと、

"Yeah I think so!" (僕もそう思うよ!)
とカナダ人の友達。




帰り道。
私とTakaがSkytrainに乗るために一緒に駅まで歩いていると、
Takaが
”Cocoはさっきの話・・どう思う?”
と言う。

”え?何が?”
と私が言うと、

”5人も深夜におしかけて、泊めてもらったっていう話。
それってめっちゃ相手にとっては迷惑じゃない?”
と、Taka。


”えー? そうなのかなあ? まあ日本だったらたしかに 'それはないわー' って感じかもしれないけど。。。”
と私が言うと、


”絶対失礼だって。"
と、Takaは怒ったような顔をしていた。




その翌日。

今度は一緒にクラブに行ったのではないカナダ人の友達と2人で会った時に、
この一件はTakaが言うように失礼なのかどうか、どう思うかと聞いてみた。


するとその友達は、

”失礼なんかじゃないわよ。 あなたの友達が、深夜に行ってもいいかどうか聞いて、相手はOkって言ったんでしょ?
私からすると、f**king friendlyな2人だと思うけど?”

(f**king friendly・・・”超フレンドリー”とでも、ここではしておく。)


★★★★★

friendlyであることを重視する英語の、カナダのカルチャーの中と、
politeであることを重視する日本語の、日本のカルチャーの中では、
同じ出来事に対するとらえ方が180度違うことがある。
friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)


カナダにいてもなお、
日本のカルチャーの中で、つまり日本という”箱”の中でものごとを捉えていると、
自分でも気がつかぬうちに、カナダ人の言動の意味を”誤解”してしまうことが、ある。


<関連エントリ:
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-301.html" target="_blank" title="カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。">カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。、
カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。2
カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。3


*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でレッスンをしていました。

来年から、日本に先生のレッスンのINFORMATION CENTERが開設されるそうです。

先生の次回の来日は、2014年2月の予定です。

日本にいながらにして、英語の/カナダのカルチャーを学ぶことができる先生のレッスンを受けてみたいという方がいらっしゃればご一報下さい。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     
関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 体験レッスンの件

mariさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきましたのでご確認下さい。
よろしくお願い致します。

Coco

Re: No title

じゅんこさんへ

ご連絡いただき有難うございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 体験レッスンについて

Yutaさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。
Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ