続:当のアジア人自身は気がつかない、カナダにおける「アジア人留学生の印象」。

語学学校で働いていたことがあるカナダ人から見た「アジア人留学生(日本人と韓国人限定)の印象」、続き。

FOLLOW THE DUCK(→カナダ現地人がもつ、「アジア人留学生の印象」とは?)、
授業中静かすぎる、完璧主義すぎる(→当のアジア人自身は気がつかない、カナダにおける「アジア人留学生の印象」。)、
そして、
フレンドリーじゃない、ということ。


彼女によると、”彼ら(アジア人留学生)の言葉遣いが丁寧すぎて、距離を感じる。”、ということであった。



フレンドリーであることを重視するカナダの/英語のカルチャーと、
礼儀正しくあることを重視する日本のカルチャー。
friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)

日本の/日本語のカルチャーでは相手との上下関係、つまり年齢が上か下かといったことによって言葉づかいを細かく変えなければならない。それは韓国でも同じ、というか、日本よりもさらに厳しいらしい。(だから彼らにとって初対面で年齢を聞くのは、すごく重要であるらしい。→http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-205.html" target="_blank" title="痴漢男もカルチャーで撃退。">痴漢男もカルチャーで撃退。)


けど母国ではそうだからと言って、カナダの/英語のカルチャーの中でも同じことをしていると、相手は違和感を持つことがある。


日本や韓国では、”言葉づかいが丁寧”というのは常に褒め言葉になるかもしれないが、
英語における”言葉づかいが丁寧”は、それは時に、不自然な英語(英語でもなければ、日本語でもない、mix語会話。)を喋っていると言われているようなもの、である。


英語でも日本語のように相手の年齢や地位に応じて即座に名前に「さん」をつけるとか語尾を変える(変える→変えるんです)とか、そういうことではなくて、
日本語には日本語の敬語があり、英語には英語の”敬語”がある、と言ったほうがいいかもしれない。


★★★★★


カナダで生活をしていながらまだ日本のカルチャーの中でものごとを考えがちだった以前の私には、英語の you guys という言葉は”カジュアルすぎ”て、とてもじゃないが年上の人には使えないような気がしていた。

でも英語のカルチャーの中では、年配の人に向かって you guys と言っても全然失礼じゃないし、相手が気分を害することもない。(日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?を参照。)


たとえ身体はカナダにあっても、頭の中は母国にある(=”風船”の中に入っている)と、
”you guys”を言うことには抵抗を感じるのに、英語のカルチャーの中で相手に依頼をするときに必要な”ある言葉”をスキップすることにはまったく違和感をもたない、なんてことになる。

そして自分には悪気がなくても、相手(店員)を知らず知らずに不快にさせ、自分も不快になったりもする。。。
カナダのカフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。


また例えば日本のカルチャーでは、初対面とかあまり親しくない人に自分のことをペラペラ話すのは出しゃばりと言うか、敬遠されると思うけれど、
英語のカルチャーではむしろ自分のことを話さないと、自分の意見がない、心を開いていない、何かを隠しているんじゃないか?と、思われたりする。
日本語と英語の、"I"


もともと日本でもおしゃべりな方ではなく、聞き役に回ることが多かった私であるが、カナダではいつもいつもそれでは相手に要らぬ誤解を与えてしまうのだと気づいてからは、初対面の人にも積極的に自分のことを話すようにしていった。


★★★★★


カナダで生活をすれば、誰もが自動的に英語が話せるようになるわけでは、
つまり、
母国の”風船”の外に出て、日本的な考え方、行動の仕方を変えることができるようになるわけでは、ない。


アジア人留学生は
FOLLOW THE DUCK、授業中静かすぎる、完璧主義すぎる、そして、フレンドリーじゃない
という、”印象”。


・・・これら全部、アジア人留学生がカナダにいても無意識に自分の母国のカルチャーの中で考えたり行動していることから生まれているのではないだろうか。


<関連エントリ:
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-309.html" target="_blank" title="「英語」ではなく、「英語のカルチャー」を学ぶということ。">「英語」ではなく、「英語のカルチャー」を学ぶということ。>



*お知らせ*
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのため2月11日(日本時間)から22日まで日本でレッスンをしています。

今回のレッスンでの生徒さんとの写真を頂いたのでご紹介します。(掲載の許可を頂いています。)
先生2月。

この方も去年の12月からレッスンに参加され、今年ワーホリでバンクーバーに渡るご予定だそうです。
留学エージェントは使われていないそうです。

***

先日レッスン中に、”海外でどうすれば友達ができるのか”というトピックについて話しているとき、ある生徒さんが言われた言葉は、
"So..if I speak English words and grammar only in Canada, I look like I am naked person, and if I use English culture techniques too, I look like I am wearing some clothes in Canada, I am not naked anymore....??!" (・・・つまり、私がカナダで英単語と文法だけで英語を話したとしたら、私はまるで何も着てないように見えるということでしょうか。もし私が英語のカルチャーも使ったなら、もはや裸ではなく何か服を着ているように見える、と、そういうことでしょうか。)だったそうです。

それに対する先生の答えは、"You are right! Nobody wants to speak to naked looking person on the street, because this person looks funny, wired or childish, - so people will make friends with you, will be more interested in you if you put some clothes, "English culture clothes" on, and then it will be much easier to make friends abroad.”
(大正解! 何も服を着ずに外に立ってるような人なんかと、誰が話をしたいと思いますか? そんな人と友達になりたいなんて、誰も思わないですよね?  でももし何か服を着ていたなら、”英語のカルチャーの服”を少しでも身に着けていたなら、海外でも友達を作るのはずっと簡単になりますよ。)だったそうです。

***

現在日本各地で無料体験レッスン及び前回からの続きの無料レッスンを行われている先生ですが、ご要望にお応えし今回から、Skypeでの無料体験レッスンが開始されたそうです。

Skypeで無料体験レッスンを受けた後希望される方は、Skypeでのレッスンを継続していくことができます。
Skypeでのレッスンも、先生と直接会ってのレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。無料カウンセリングももちろん受けることができます。


***

またこの2月より、
バンクーバーで先生のレッスンを受けて帰国された元生徒さんを中心に英語やカナダでの生活は実際どんなものなのか、先生が日本にいない間も継続的に経験者から直に学んでいくという試みがスタートするそうです。

元生徒さんを中心にカナダ留学・ワーホリに向けて週1の頻度で準備をしていくというこの試みは、今週末土曜日(22日)東京飯田橋にて18:45〜20:15に開催されます。(今後他の都市でも行われていく予定だそうです。)

カナダから帰国したばかりの生徒さん達が、
このブログからだけでは分からないカナダでの実際の生活や仕事、旅行、もちろん英語や、英語のカルチャー についてのアドバイスや知識・経験を、直接シェアして下さいます。(元生徒さん達が「教える」ということはしません。)

カナダで先生のレッスンを受ける前に語学学校に通っておられた方もいらっしゃるので、先生のレッスンと語学学校は何がどう違うのかといった点についても、直接詳しく聞くことができます。

日本で無料体験レッスンを受けられた方で、カナダでも先生のレッスンを受けられる方はどなたでも参加することができます。

***

先生が日本でレッスンをするのは、今年で2年目、今回で通算5回目になります。

日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。よって、カナダに渡る前にどのようなレッスンなのかを試すことができます。
カナダでもレッスンを続けたいかどうかは、無料体験レッスンを受けた後に決めることができます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
カナダで語学学校に通う必要はありません。



先生はネイティブイングリッシュスピーカーですが、日本語も話せます(し、読めますし、書けます)ので
まったくの英語初心者の方でも無料体験レッスンを受けることができます


日本での無料体験レッスン&無料カウンセリングで得て頂けるものは、

1.「英語は難しい」という固定観念を捨てて、日本にいる間に初心者レベルを卒業すること。
2.レッスン以外の時間にも効率的に英語を伸ばしていくための、具体的なアドバイス。(単語を覚えたり、文法書を読んだりすることではありません。)
3.ビザや航空券や、ベストな渡航時期、治安が不安な地域の情報など、カナダに渡るために役立つ情報。
4.王道のワーホリしないためのアドバイス。


となっているそうです。

カナダでより効果的に早く目標を達成し、かつ、余計なお金を使わずに留学/ワーホリをするためのプランを先生と一緒に作ることができるので、一般的にカナダワーホリに必要だとされる100~120万よりずっと安くカナダワーホリができます。


カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業できます。
そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1でのレッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

カナダで”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、ご一報下さい。


**
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は国際線エアラインのフライトアテンダントをされている元生徒さん→日本人のワーホリに対する、あるカナダ人の視点。
・バンクーバーで先生のレッスンを受け、現在は外資系企業でプロダクトマネージャーを勤めておられる元生徒さん→英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。
・バンクーバーで ”語学学校に5カ月通っても何も変わらなかった”のに、先生のレッスンを2ヶ月間受け、初めて会う人達から「何年カナダにいるの?」「日本人?? 日本人の話す英語じゃない」と言われるようになった、元生徒さんのブログ→ワーホリホリ えいゴリラ in Canada


◆前回までの日本でのレッスンの様子はこちらの過去エントリをご覧ください。

コメント

Re: 初めまして

Kazumiさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

しのぶさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。


メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 先生について

mioさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 初めまして

ayumiさんへ

初めまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 初めまして

えりさんへ

初めまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ