英語が話せるようになるためにまず「止めるべきこと」とは?

カナダのESLで出会った、「スピーキングは得意だけど文法は苦手」な非アジア人のクラスメイト


日本からワーホリでカナダに行き、
どうやったら英語が話せるようになるのかわからないまま、
でも”周囲の人がそう言う”ものだから
何となく流されて語学学校(ESL)に通い始めた私。

そこは(バンクーバーの多くの語学学校はそうなのだが)生徒の大半が日本人と韓国人であったため、
クラスの全員が日本人だけ、または日本人と韓国人しかいないということも結構あったのだけれど、
それでもたまにクラスが一緒になるヨーロッパやメキシコ、南米からの留学生が
ペラペラと英語を話すことに、私は最初驚いた。
と同時に、ものすごくうらやましくも思った(ESLの思い出を参照)。
”何でそんなに話せるのに語学学校に来ているの?”

クラスが一緒になったブラジリアンに、聞いてみたら、
そしたら、”う~ん、私はスピーキングは得意なんだけど、文法が苦手だから。一回ちゃんと勉強しなくちゃと思ってた。”と、彼女は言った。

「その頃の私がいつも一緒にいた人」、つまり日本人や韓国人のクラスメイトからは
「スピーキングは苦手で、文法はまあそれに比べればまし。」
か、
「スピーキングは苦手で、文法も苦手。」
という言葉しか聞いたことがなかった私には、
彼女の言葉は衝撃であった。

「スピーキングは得意」なんて・・・一度でいいから言ってみたい!と思った。

カナダで知った、日本韓国と南米ヨーロッパの英語教育の違い


日本や韓国からの留学生も、メキシコや南米・ヨーロッパからの留学生も、
カナダでは同じ語学学校の同じクラスで同じように英語を「勉強」するけれど、
「それぞれの国で受けてきた英語教育」は、
同じではない。

ヨーロッパやメキシコ、南米からの留学生たちは、
母国で6年間も「英語の単語と文法だけを勉強」なんて、
してきていない。

だから、カナダの語学学校(ESL)に通い始める時点で、既に結構”話せる”。

始めのうちはただ、”ペラペラですごい”としか思っていなかった彼らの英語だったが、
実はけっこう発音が違っていたり、文法も、単語のスペルもかなりミスが多いということが
時間が経つにつれ、私にもわかってきた。

でもそれでも、彼らはそんなこと(自分が話したり書く英語にミスがあること)など気にしていないのか、
日本や韓国からの留学生に比べ、ずっと堂々と喋っているように思えた。


日韓の英語教育では、”マジメに勉強(暗記)”が奨励される


ここでちょっと考えてみてほしいのだが、
自分がまだ小学校にも入っていない小さな子供だったころ、
発音や文法が合っているかなんて気にしながら日本語をしゃべっていただろうか。

単語を一つでも覚えなくては、なんて思ったことが、一瞬でもあっただろうか。

この世に文法というものが存在するということすら知らないよちよち歩きのカナダ生まれの赤ちゃんが、何の苦労もなく言葉を身につけてどんどん話せるようになる一方、
日本で英単語や文法を6年間(かまたはそれ以上の時間をかけて)「勉強」してきた大人(自分)の方が、よっぽど話せない。

カナダにワーホリで行く前に相談していた留学エージェントでも、
カナダに着いた後で相談したエージェントでも、
カナダで通った語学学校でも、
「とにかくマジメに、勉強すればするほど英語は話せるようになりますから、頑張ってください。」
と言われたが、
私の経験から言って、
学校に通ってかなりマジメに勉強しても自分が英語が話せるようになったとは到底思えなかった。

毎日学校に行って、朝から晩まで「勉強(つまり単語と文法の暗記)」をしたって、
「自分が英語が話せるようになっていっている」という感覚はなかった。

毎日毎日時間をかけて「覚えた」はずの単語も文法も、実際の会話では出てこないし、
こんなに勉強しても話せるようになっていかないのは自分の頭が悪いからだ、才能がないからなのだ・・・と、
英語が話せない自分にイライラしたり、
落ち込んだりしては、
「自分が英語が話せるようになる日など本当に来るんだろうか?」
とよく思ったものだった。

結論。英語は暗記すりゃいいってもんじゃない。


どんなに「勉強(=単語と文法の暗記、暗記、暗記。それだけ。)」を”頑張っ”たって、
英語が話せるようには、なっていかない。

そんなこと自分が日本で中学高校と6年もかけてやってきたことの「結果」を見てみれば
とっくにわかっていてよかったことなのだけれど、
それでも周囲の人が言うままに
カナダでもまた同じことを繰り返してしまったのは、
他にどうしたらよいのかがわからなかったから。

ネットや本や雑誌にラジオ、もちろん人にも聞いたり、
どうやったら英語が話せるようになるのか、
たくさんの情報に接して方法を探したつもりではあったけど、
それでも「単語と文法を暗記する以外の方法」を見つけることは、できなかった。

でも今の私にわかるのは、
英語が話せるように必要なのは、
頭の良し悪しでもなければ、才能の有無なんかでも、まったくない。

もし英語が話せるようになりたかったから、
単語や文法の暗記なんて止めた方がいい。

それも、
今すぐに。
である。


<関連エントリ:英語は、暗記するな。




***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてませんでした。そのため知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月経つ頃には英語に自信が持てるようになっていました。また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。(レッスンの内容については英語を効果的に勉強するを参照下さい。)


私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。


ーーーーーーーーーーー

普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。
「ワーホリで失敗した」を行く前に防止します。



ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。




*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーの方に転送します。
3.先生からコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   


2014年3月22日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

Re: No title

> はじめまして。実は今カナダのトロントに留学しようといろいろ調べているのですが、どうにもこうにも語学学校が決まらなくて詰まっています。
> とにかくネイティブの会話を理解して聞けるようになってとにかくすぐ答えれるようになりたい、頭で日本語から英語に考えずにパッと喋れるようになりたい、といろいろな学校のHPを見るのですが、いまいちどこが自分に向いているのかわからず完全に詰まっている状態です。
> 個人の先生はバンクーバーとのことでしたが、トロントで紹介していただけるようないいところはないでしょうか。ご存知でしたら知恵を貸していただけると助かります。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認ください。
Coco

Re: No title

> 初めまして( ´ ▽ ` )ノ今留学中の高2です。やっぱり、英語を人と話せなく、いろいろ悩んでいます(笑)このこと、頭の片隅で思ってても結局やっぱり、勉強から....話せないと思ってしまい....。でも、これを読んでやっぱり、やめよう!とりあえず、勇気をだして、話そう!と思いました(*´▽`*)無料体験レッスンはまだ受けれますか??

はじめまして、
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: トロント

Naokiさんへ

はじめまして

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

Rinaさんへ

はじめまして

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: はじめまして。

ちひろさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 英語レッスンについて

Yamadaさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 「勉強すればするほど英語は話せなくなった。」すごいわかります~!

KIKOさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

英語を勉強してきた人ほど文法や単語を気にする傾向、私もあると思います。

バリは英語で生活ができるのですね、
初めて知りました。

大事なのは
文法や単語を間違えないかどうかということよりも、
どれだけ英語を使って人と繋がれるか、ですね。

Coco

「勉強すればするほど英語は話せなくなった。」すごいわかります~!

はじめまして、ブログランキングから来ました!

私も昔カナダに留学していたことがあって(トロントですが)、すんごい共感したのでコメントします♪

英語をモノにするためには、最終目的というか何のために英語を取得するかをはっきりさせるのが一番じゃないかと思ってます(^ω^)
私の場合は人と繋がるためのツールなので、メキシカンのように文法も気にせずにおしゃべりしてて(・∀・)
英語高学歴の友達から、「よくそんなめちゃくちゃな英語でコミュニケーションが取れるね」と言われたこともありますが…笑
失敗を恐れてたら成長できませんよね!

ちなみに現在インドネシア・バリ在住で英語で生活していますが、東南アジアの英語もこれまたすんごいですよぉぉぉ!文法も単語も全然違ってるのに誰も恥ずかしがってないという( ゚∀゚)アハハ
でも、これでいいと思います(・∀・)

日本人ももっともっとオープンに話せる日が来るといいですよね♪
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。