英語圏の国で生活しても英語が話せるようにならない、理由?

英語を勉強している人に質問。あなたの1つ目の文化は何ですか?


カナダでワーホリをしていた頃、まだ自分が英語を「話せている」と思えなかった頃、そしてまだ「単語と文法を暗記すること」しかしていなかった頃。私は「文化/カルチャー」というと、「SUMO」とか「KABUKI」とか「KIMONO」とかのことを言うのだと思っていた。

ワーホリで日本からカナダ・バンクーバーに行き、とりあえず語学学校(ESL)に通ったはいいが、3ヶ月経っても自分が英語を話せているという気が全然せず、ただ時間だけが過ぎていくことに焦っていた私。

知り合いから「英語を個人で教えている先生がいる」と聞き、ダウンタウンにある図書館で体験レッスンを受けたのだが、そこで
"What's your first culture? (あなたの1つ目のカルチャー/文化は何ですか?)"と尋ねられた。(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気を参照)。

しかし私には質問の意味がよくわからなかった。

なので答えられず黙っていたところ、私はそこで初めて、人生で初めて、カルチャー/文化の意味を教えてもらったのである。

カルチャー/文化とは何か?


まず「カルチャー」の意味をwikipediaで見てみると、「英語で文化の意味を表す単語である。」とある。

では「文化」とは何か、さらに見てみると、
・ハイカルチャーのように洗練されたもの
・象徴的な思考や学習による信念やふるまいのパターン
・ある社会組織に共有されている価値観

とある。

「ハイカルチャー」とは何か、さらにクリックしてみると、「ハイカルチャーの例」として、「歌舞伎」や「能」や「狂言」などが並んでいる。

・・・つまり「カルチャー/文化」には、SUMOとかMANGAとかKIMONOとかKYOGENのような「目に見えるもの」と、ある特定の場所(組織)に所属する人々の考え方や価値観・人と人との関係性など「目に見えない(見えづらい)もの」があるということ、である。

英語を話す時に感じる違和感の原因は単語や文法の知識不足ではない


私はカナダのバンクーバーでワーホリをするまで、そして英語をマンツーマンのレッスンで習うようになるまで、文化/カルチャーの「目に見える」部分のことしか考えたことがなかった。

「目に見えない」文化については、それまでほとんど意識したこともないというか、カナダで「あ、これは日本と違うな」と思うことはあっても、それが外国語を学習する過程において文法や単語よりも重要な、一番基本的なことなのだとは、まったく気が付いていなかった。

だって日本の学校(中学高校大学)で英語を勉強しているときも、バンクーバーのESL(語学学校)で英語を勉強しているときも、文化について教わったことなんてなかったから。

だから私はカナダという「英語の文化」の世界に身体はありながら、頭の中は「日本語の文化」を抜け出ることができていなかったのである。

「自分では英語を話しているつもりなのに、ネイティブの人から何か変な顔をされる」、「自分が自然な英語を話せているとは思えない・・」と感じながらも、日本語の文化が混じった英語を話していた。
具体的には、やたら最後にPleaseをつけたり、Thank youやHelloと言いながらお辞儀をしていたのである。

自分が英語を話すときに感じる違和感の原因は、英語の文化/カルチャーが抜けていることにあるとはまったく気付かず、単語や文法の知識不足にあるのだとばかり思っていて、だからESLに通っていた3ヶ月間はひたすら単語と文法を暗記し続けていた。

結論。英語の文化を無視した英語学習を続けても自信は育たない。


言語と文化は、切っても切り離せない関係にある。

英語の単語や文法など、「目に見える」部分ばかりを気にして、英語を母国語とする人たちの考え方や価値観・人と人との関係性など、英語の「目に見えない」部分を無視していては、たとえ何年何十年海外で生活をしようが、「自分が英語が話せている」という感覚がもてるようには、なっていかない。


<関連エントリ:自然な英語が話せるようになるための、簡単な公式。



***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてませんでした。そのため知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月頃には英語に自信が持てるようになっていました。また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。

私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになります。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

レッスンには、先生が同行し、カナダやアメリカや南米を縦横断する言語旅行(冒険旅行)に行くコースもあります。(参加は希望者のみ。目的地や期間は毎回変動します。)
私はバンクーバーでワーホリ中にアメリカのグランドキャニオン旅行に参加しました。(「リアルな経験」の中で生きた英語を習得を参照。)

旅行中は参加者同士はもちろん、現地の人にも積極的に話しかけ、24時間英語を喋りっぱなし。教室で単語や文法やフレーズを暗記し、テストに書いたら忘れる・・のではなく、旅行しながら英語を学び、実践で使っていきます。友達同士だけや旅行会社のパック旅行で海外を旅行しても英語は伸びないですが、この旅行は先生が同行するため旅行しながら英語に自信をつけていくことができます。
次の目的地はレッスンのサイトの「LIについて」をご覧ください。(Language=言語に Immersion=浸る)

***お正月割引のお知らせ***
年末恒例、レッスンの費用が割引になるキャンペーンが始まっています。
12/31(日)までの期間限定で、今年はレッスンの一環で行く冒険言語旅行を含むプランが割引になっています。


アメリカ_アリゾナ_グランドキャニオン_岩の間をジャンプ
↑アメリカ旅行で、グランドキャニオンの岩の間をジャンプする生徒さん(安全に配慮して撮影していますのでご安心ください)

ボリビア_ウユニ塩湖_雨季
↑南米旅行、ボリビアのウユニ塩湖。雨期の様子。

南米_ボリビア_ウユニ塩湖_乾期
↑乾期はこのようになります。

カナダ_アルバータ_マリン湖
↑バンクーバーを出発してカナダ横断旅行。アルバータ州のマリン湖

フィリピン_ボホール島_メガネザル
↑フィリピンのセブ島では1ヶ月の集中レッスンが受けられます。写真はボホール島のメガネザル。週末には他の島へも遠出したり、ダイビングをしたりできます。

********
①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。


普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。



*東京都内のカフェで筆者が直接お会いして、私のカナダでのワーホリ経験やレッスンについてお話させていただく「ワーホリ&留学無料説明会」も行っています。

*また先生と、私と同じレッスンをカナダで受けられた元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料体験レッスンと無料カウンセリングも受けられます。

私がバンクーバーで受けていたマンツーマンの英語のレッスンや、冒険言語旅行や、「ワーホリ&留学無料説明会」にご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。


*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。またご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

2014年4月1日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

Re: 日本でのレッスンとカウンセリングについて

HALさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: レッスンについて

Yuccaさんへ

はじめまして
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: レッスンについて

Kanakoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

Sayanoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 個人レッスンについて

Yoshihikoさんへ
はじめまして

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: はじめまして

Yukikoさんへ

はじめまして、

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: こんにちは

Naoさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

まちこさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

おさとさんへ

はじめまして
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。

    ランキング