ワーホリして気づく、カナダ留学生の間に存在する「2つの世界」。

カナダでカナダ人の友達を作るのが難しいと嘆く留学生と、むしろ日本人の友達を作る方が難しいと嘆く留学生


A:”バンクーバーには日本人(アジア人留学生)が多すぎて、カナダ人の友達を作るのが難しい。”

B:”バンクーバーにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい。”

どちらも、バンクーバーで生活する私の日本人の友達が言った言葉なのだが、
これ、どちらが正しいのだろうか?

私が思うに・・
きっとどちらも、正しい。

同じバンクーバーに住んではいても、自分が出会う人が日本人(アジア人留学生)ばかりの人はAだと思うし、そうではない人はBだと思うだろう。

私は、語学学校に通っていたときはAだと思っていて、語学学校を卒業して個人で英語を習うようになってからBだと思うようになった。

だからどちらも正しいと、本気でそう思う。

卒業してから気が付いた、語学学校という世界の狭さ


「学校に行かないと友達が作れないですよ。学校に行けばクラスメイトとかから色んな情報が入って助かりますよ。」
留学エージェントにもそう薦められ、通い始めたバンクーバーの語学学校。
右を見ても左を見ても、そこには日本人(と韓国人)ばかり。

当然のことながら、英語を「勉強(=暗記)」するための語学学校に、カナダ人など(教師を除き)一人もいない。

たしかにクラスメイトから、ホームスティやシェアハウスの引継ぎとか、アルバイトの情報が入ってくることもあったが、私にとってはあまり魅力的な条件ではなかったし、アルバイトの情報は日本食レストランに限られていた。

だから学校にあれだけの時間とお金をかけ、私が得たものは何だったのかと聞かれると、言葉に詰まってしまう。

それに実のところ、世界各国から人が集まる多国籍都市バンクーバーでは、語学学校に行かなくたって友達を作ることは十分できる。人々はフレンドリーだし、友達を作る場所なんて、自分次第でたくさんある。

ただ、(当時の私のように)学校と家の往復だけの毎日では、そのことに気が付けない。


私は語学学校を卒業してから、カナダに”英語の勉強をするために来た”のではなく、仕事だったり勉強だったり”英語「以外」の目的があってカナダに来た”人たちとたくさん出会うようになって、初めて自分がそれまで住んでいた世界(=語学学校の中だけ)の狭さを思い知った。
カナダで気づいた、ESLの「中」と、「外」の世界。を参照。)

人によってバンクーバーで生活できる期間も色々ならば、バンクーバーに来た目的も色々。
カナダ生まれ、カナダ育ちの人もいれば、ほぼ地球の反対側の国から来た人もいる。
母国語も違えば、肌の色や目の色や髪の色も違う。
当然文化だって違う。

カナダに来て、日本人だけでつるんでいるというのも、まあそうしたい人はそうすればいいとは思うけれど、でもそれって別にカナダじゃなくてもできることだ。

自分とカルチャーが全然違う人たちと実際に出会って、話して、色んな経験を自分の中に積み上げていくことができるのが、海外で生活をする醍醐味ではないかと、私は思う。

実は友達になれそうなネイティブを遠ざける可能性のある言葉


いろんなバックグラウンドと英語レベルの人たちに出会うようになって、失敗したことももちろんある。

語学学校を卒業し、個人で英語を習っていたとき、私はあるイベントで一人のカナダ人女性と知り合った。
その人はトロント出身で、日本にも興味があるということで結構話が盛り上がった(と少なくとも私は感じていた)のだけれど、でも彼女から、”何であなたはカナダに来たの?”と尋ねられて、”英語を勉強しに来た"と言ったら、彼女が急に黙ってしまった。

もしかしたら、それまで英語でフツーに会話できていたのに、私が”英語を勉強するためにカナダに来た”と言ったがために、彼女は”この人は英語を練習したくて自分と話しているのでは・・”と感じたのかもしれない。

私は別にその人が”カナダ人だから”友達になりたかったのではなくて、その人と気が合いそうだったから友達になりたかったのだけれど、しかし私が”英語を勉強するためにカナダに来た”と言ったその瞬間、彼女にとって私は、「対等な関係でおしゃべりができる人」ではなく、「カナダで英語を上達させたいからカナダ人である自分に近づき、英語を喋ろうとする人」になってしまった、のかもしれない。

何となく、それから彼女がそっけなくなったように私には感じられ、私はうまくそれをカバーもできず、結局それ以降はあまり話も弾まず、その日以来会うこともなく、今となっては彼女はもう私のことを覚えているかもわからない。

同じことを言っても、私が語学学校に通っていた頃に出会ったカナダ人男性などは喜んで私に近づこうとしてきた(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。を参照)が、(たぶん)私の英語がどうとかは気にしてなくて、私と対等の関係を築くことを望んでいた彼女には、私の一言で一気に距離感を感じさせてしまった可能性はある。

相手が同じ留学生であれば、”英語を勉強するためにカナダに来た”とか、もしくは”自分は語学学校(ESL)の学生である”なんて、ただの挨拶代わりの言葉だが、相手がネイティブイングリッシュスピーカーの場合は、相手に「私とあなたは対等ではない。あなたの方が優位で、私は劣っています」というメッセージを伝えることになり得る。

自ら進んで語学学校という「箱」に入っていく留学生たち


バンクーバーには語学学校が乱立していて(ダウンタウンだけでも優に100校を超える、らしい。実際に数えたことはないが、本当に至るところ語学学校があるから、かなりあり得る話である。)、そこでは語学学校の中だからこそ通じる、もしくは語学学校の中だからこそ誰も指摘しない「英語の文化が抜け落ちた、不自然な英語」がまかり通っていたりする。

私が通っていた学校では、”Coco、今、動詞の後ろにsがなかったよ。”とか、”今複数形で話すべきところを単数形で言った。”とかいう理由で先生たちから注意をされることはよくあった。

でも、口を開くたびに”How can I say?”を発する生徒に対しては、だれも何も言わなかった(ESL英語のワナ。)し、”え~~~、really?”とか、“う~ん・・・yeah ok.”とか、日本語と英語が完全に混ざったmix語を喋る人がいても、それを”変だ”と言う先生も一人もいなかった。

語学学校では、私が話す英語の文法が正しいか正しくないかを指摘されることはあっても、私が話す英語に英語の文化があるかどうかを指摘されたことなど一度もないのだった。

語学学校を卒業し、個人で英語を習っていたとき、私は先生から”英語を身につけたいなら、箱(自分が既に知っていて慣れた環境や、考え方、それから常識。)の外に出ることだ”英語を身につけたいなら、Get out of the box!)と教わったのだが、語学学校って、それ自体が既にその「箱」になっていると言えないだろうか。
だってそこにあるのは、不自然だけれども自分が慣れている英語と、自分と同じ、または似た文化を持つアジア人のクラスメイト達。
だからそこでいくら時間を過ごしても、カナダ人が話す、リアルな英語を理解するのも難しい。
何ヶ月、いや一年通っても、自分とは違う価値観や考え方や振る舞い方、つまり、自分にはない文化を身に着けることは、難しい。
それはつまり、学校の外でカナダ人たちと話すのが難しくなると言うことを意味するし、卒業後英語を使う仕事を見つけるのも難しくなると言うことを意味する。

「日本人のワーホリでは、まず語学学校に3ヶ月くらい行って、その後は日本食レストランかカフェで働いて・・・」(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)。何で多くの日本人がそう思うようになるのかというと、「だって”みんな”がそうだから。それが常識。」

・・・けどその「常識」は、「箱の中」で得たものなのだろうか、「外」で得たものなのだろうか。

その”みんな”っていうのは、「箱」出ている人たちのことなのだろうか、それとも・・・?

「箱」の中の人にとってはカナダ人の友達を作るのは難しいが、「箱」から出た人には難しくない。


カナダで「箱」の中に留まり続けた人は、「1年海外で勉強しても話せないなんて、やっぱり英語は難しい」と感じ、日本に帰っても(さらに強固に)「箱」の中に留まり続ける。
たとえカナダからさらに他の国に行ったとしたってそこは、「箱の中」。
そうやって、英語の「勉強歴」だけが、10年、20年、30年・・・と増えていく。
英語圏の国で生活しても英語が話せるようにならない、理由?


同じバンクーバーで暮らす日本人でも、
”バンクーバーには日本人(アジア人留学生)が多すぎて、カナダ人の友達を作るのが難しい”と思う人と、
”バンクーバーにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい。”と思う人がいる。

それは・・・何でなのだろうか?


******

誰も教えてくれない、英語を学び始める「前」にすべきこと。 でお伝えした、私が個人で英語を習っていた先生の同じレッスンを今受けられていて、バンクーバー生活開始から2ヶ月経たずに日本食レストランでもカフェでもない職場にお仕事が決まったという生徒さん(ご希望によりお名前は伏せています)ですが、job interview(面接)に向けて先生がトレーニングをされていたそうです。

面接の後、先生はその方からカナダでの初めての面接について感想を聞かれたそうなのですが、
その生徒さんは、カナダでの面接は”日本と比べカジュアルでフレンドリーだった”と、驚かれていたそうです。(friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)

また、面接では実際、たくさんミスをされたそうなのですが、”その度に話し方のテクニックとスモールトークでカバーをすることができた”、そうです。
面接官からは、語学学校に通っているのか、なぜカナダに来たのかといったことも聞かれたそうですが、それらの質問は想定済みであったため、事前に先生がアドバイスされていた通り、”語学学校には通っていないし、通ったこともありません。”、と答えられたそうです。
すると、”場の雰囲気が急に変わった”と、その生徒さんは感じられたそうです。具体的には、面接官のその生徒さんに対する態度が、さらにフレンドリーに、よりequal(対等)になったと、その方は感じられたそうです。またそれによってその生徒さん自身もよりリラックスすることができたそうです。

カナダという、世界中の国々から様々な人が来て共存している場所では、
「英語でミスをするかしないか」、などということよりも、「その場にふさわしいレベルのフレンドリーさ」と、「英語のカルチャーを理解しているということ」を示すことができるかどうかだと、その方は気づかれたそうです。

さらに、その方はバンクーバーで語学学校(ESL)に通ってはいませんが、ESLに通う留学生と知り合う機会はあるため、そこで感じられたこととして、" I think ESL it is like a small country in side of another country..". (ESLって、ある国の中に存在する、もう一つの小さな国みたい・・)だと言われたそうです。

*****

私がバンクーバーで個人で受けていたレッスンでは、レッスンの一環で旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)にも行きます。

旅行には言語OTAKU(→「海外に行きさえすれば英語が話せるようになる」、わけではない。を参照)の先生(たち)が同行し、目的地までの移動もすべてレッスンの時間になります。

Dog sleding(犬ぞり)とAurora/Northern lights(オーロラ)を経験&体験するVancouver~The Rocky Mountains~Yellowknife~Vancouverの11日間の旅行に参加された生徒さんたちの様子。(掲載の許可を頂いています。)

旅行中も、普段のバンクーバーでのレッスンでも、机についてただ単語と文法を暗記するだけの「勉強」をすることは一切ありません。
(*旅行の期間や行程や内容などは、シーズンや、また参加される生徒さんによって、毎回異なります。)

Dog sledding and Aurora12

Dog sledding and Aurora10

Dog sledding and Aurora6

Dog sledding and Aurora16


Dog sledding and Aurora39

レッスンでの旅行の写真 Lake Louise and Banff 7Dog sledding and Aurora25

レッスンでの旅行の写真 Lake Louise and Banff 6

Dog sledding and Aurora35

Dog sledding and Aurora36

Dog sledding and Aurora34

Dog sledding and Aurora30


Dog sledding and Aurora38

Dog sledding and Aurora31


(2016.10.26追記)***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピンでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)オンラインレッスンもあります。

***動画クイズ***


(問題)
1)動画の中で、不自然だと感じるのはどの部分ですか?
2)なぜこの動画の日本語は不自然だと感じられるのでしょうか?
3)なぜこの動画の日本語は”外国人の日本語”だと感じられるのでしょうか?
4)もっと自然な話し方をするには、あなただったら何をどのように変えますか?




レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


2014年4月26日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

Re: No title

> こんにちわ・
> りほと申します。
> 今年の十月からカナダにワーホリに行きます。
> そのために英語を勉強中なんですが
> もしよければブログに書かれてる先生に
> 教えていただきたいのですが
> 教えていただけるでしょうか?

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認ください。
Coco

Re: はじめまして、こんにちわ

> 初めまして、こんにちは。yukiと申します。22歳です。
> ブログを読ませていただきました。
> 私は今、カナダのワーホリを考えております。今年度の募集人数がオーバーしていて、今年中にVISAがとれるかわかりませんが、VISAが取れ次第、経つ予定です。
> Cocoさんが参加したプログラムに興味があります。
> また、日本を経つ前にSkypeレッスンが受けてみたいです。 もし、よろしければご連絡をよろしくおねがいします。                 

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 初めて

みくさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: 始めまして

まいさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: No title

Yukariさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 初めまして

minamiさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 無料体験レッスンについて

maikoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: はじめまして

ちひさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: こんにちは

ellieさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

Naokoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: はじめまして。

かほさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

あすかさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 個人レッスンについて

maiさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: カナダワーホリ

明日美さんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 先生のレッスンについて

mayaさんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ