世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。

英語が伸びないからバンクーバーから引っ越したい、と言う人々


「バンクーバーで英語を勉強したけど英語話せるようになってないから、次は○○○に行って英語を勉強する。」と言う人に出会う度、いつも不思議に思うことがある。

「○○○に行きさえば英語が話せるようになると思う、その根拠は何なんだろう・・・?」 と。

この○○○には、国や都市の名前が入る。たとえば国なら、アメリカとかオーストラリアとかフィリピンとかイギリスとかニュージーランドとか、まあ俗に言う英語圏の国になる。都市なら、カナダで言えばトロントとかカルガリーとか、モントリオールとか(モントリオールはフランス語圏だけれど、それなりに英語学校もあるらしい)。

このように○○○に入る地名は無数にあるのだが、「○○○という場所で英語を勉強しさえすれば英語が話せるようになるはずだ」と言う人がいる一方、必ずそこには、「○○○という場所で英語を勉強しても、話せるようにはならなかった」と言う人がいる。

・・・ちょっと待ってほしい。

だったら結局一体どこに行けば英語が話せるようになるんだろうか?

英語が伸びないからバンクーバーから引っ越したい、と言う人々


「バンクーバーで英語を勉強したけど英語話せるようになってないから、次は○○○に行って英語を勉強する。」と言う人に出会う度、いつも不思議に思うことがある。

「○○○に行きさえば英語が話せるようになると思う、その根拠は何なんだろう・・・?」 と。

この○○○には、国や都市の名前が入る。たとえば国なら、アメリカとかオーストラリアとかフィリピンとかイギリスとかニュージーランドとか、まあ俗に言う英語圏の国になる。都市なら、カナダで言えばトロントとかカルガリーとか、モントリオールとか(モントリオールはフランス語圏だけれど、それなりに英語学校もあるらしい)。

このように○○○に入る地名は無数にあるのだが、「○○○という場所で英語を勉強しさえすれば英語が話せるようになるはずだ」と言う人がいる一方、必ずそこには、「○○○という場所で英語を勉強しても、話せるようにはならなかった」と言う人がいる。

・・・ちょっと待ってほしい。

だったら結局一体どこに行けば英語が話せるようになるんだろうか?

バンクーバーから出さえすれば英語が話せるようになるのだろうか?


ある人は「アメリカで語学学校に行っても英語話せるようにならなかったから、今度はバンクーバーで語学学校に通う」と言い、ある人は「バンクーバーで語学学校に行っても話せるようになってないから、今度はアメリカの語学学校に通って勉強する」と言う。

ある人は「オーストラリアの農場で外国人と一緒に働いても英語話せるようにならなかったから、今度はバンクーバーのカフェとかで外国人と一緒に働く」と言い、
ある人は「バンクーバーのカフェで働いても話せるようにならなかったから、今度はオーストラリアの農場とかで外国人と一緒に働きたい」と言う。

ある人は「フィリピンで英語をマンツーマンで習っても話せるようにならなかったから、今度はバンクーバーでチューター【注:tutor:
バンクーバーでは、語学学校で働いている先生が放課後に有料でマンツーマンで教えてくれたり、もしくはネイティブかネイティブ並みに英語が話せる人が留学生にマンツーマンで英語を教えているのを、カフェとか図書館至る所で見かける。”英語が話せる人"でありさえすれば、たとえ英語を教えるための専門的知識も経験も資格も何も持っていなくてもお金がもらえるので、良いお小遣い稼ぎになるのだそうだ。 私が個人で英語を習ったのは、英語を教えるための専門的知識も経験も資格も持っている”teacher:ティーチャー”であり、チューターではない。】 を雇って英語を勉強する」と言い、
ある人は「バンクーバーでチューターをつけてマンツーマンで英語を勉強したけど話せるようにならなかったから、今度はフィリピンに行ってマンツーマンで英語を勉強するのだ」、と言う。

・・・もうキリがないのでここで止める。

海外留学中の日本人がやりがちなこと


「英語が話せるようになるために来た」はずのカナダで、実のところ使っているのは主に日本語で、多くの時間を一緒に過ごすのも、日本人の友達。

英語圏の国であるはずのカナダで生活をしてはいても、実のところ英語を「使っている」感覚なんてない。

語学学校の教室に座って先生の話を聞いたり、教科書を読んだり、文法の問題を解いたり、単語の書き取りをして、「知識を自分の頭の中に入れること」には一生懸命になるが、それらを自分の頭の中から外に出せているのかどうかにはまったく無頓着。ひたすら自分が「日本で長年やってきて慣れていること(=単語と文法を暗記して頭の中にしまい込むだけ)」だけをし続ける。

・・・これを”クローズドマインド”と呼ぶ以外に何と言ったらいいのか、私にはわからない。

英語のためにあちこち引っ越す余裕がある人は、お金持ちだと思う


バンクーバーで3ヶ月語学学校に通っても「自分が英語を話せている」という気がせず、知り合いから英語を個人で教えている先生がいると聞き、今度は学校ではなく、その先生から英語を学ぶようになった私。

そのレッスンが始まってから少しして、語学学校時代のクラスメイトにダウンタウンで偶然出会ったとき、私が ”今は個人で英語を習ってる” と言うと、 ”ひぇ~、個人で英語を習う?! Cocoお金持ちだね! ” と、言われた。

でもその元クラスメイトは、その時点で私と同じ語学学校に私より長く、半年近くも通っていて、”今度はアメリカの語学学校に転校してまた半年英語を勉強する予定”、と言っていたのである。

”あちこちに移って、しかもそこでまた学校に何か月も通えるあなたの方が、よっぽどお金持ちだよ・・・・・。” と、私は思った。

変えるべきは「場所」ではない


アメリカだろうがオーストラリアだろうがフィリピンだろうがイギリスだろうがニュージーランドだろうがトロントだろうがカルガリーだろうがモントリオールだろうが、「場所」だけ変えても、「そこでしていること」は日本と何も変わらないし、変えようとも思わない。

単語を暗記して、文法を暗記して、イディオムを暗記して、「会話集」に載っている例文を暗記して・・・。
でもそうやって暗記したことは、「現実の英会話」の中では、使えない。
自分の口から、出てこない。

「日本でしていたこと」を、どれだけ場所を変えて、どれだけ時間をかけて繰り返しても、英語が話せるようにはなっていかない。

しかもそれは日本人留学生に限ったことなどでは決してない。
たとえば私がまだ語学学校に通っていたころに出会った、韓国人クラスメイトの、お兄さん。(海外で生活すれば、外国人の友達ができる、わけではない。を参照)

その人は、バンクーバーで半年生活をし、まるまるその期間語学学校にも通い、放課後や週末にはチューターすら雇って英語を勉強し、ではそんな彼がバンクーバーを発つ前日にしたことはといえば、・・・同じく韓国人のクラスメイトとカラオケ。

その人は帰国の直前、 ”僕はカナダで多くのことを学んだ。”と言っていた。

バンクーバーで語学学校に6ヶ月、最後の2ヶ月はチューターからも英語を教わり、そうやってカナダで英語を「勉強」(=暗記)し続けて、彼はたしかに多くの単語や文法やイディオムの知識を学んだ。のかもしれない。

でも彼は、カナダで単語や文法やイディオムの知識なんかよりもっと重要なもの、つまりカナダのカルチャー/文化は、ちっとも学ぶことができなかったんじゃないだろうか。

カナダでは、単語や文法やイディオムの知識なんかよりもっと他に学ぶべきことがあるなんてこと、考えたことすらないんじゃないだろうか。

実のところ、彼が「カナダで学んだこと」は「別にカナダでなくても自分の母国でいくらでも学べること」なのであって、「カナダにいるからこそ学べること・学ぶべきこと」は、まったく学んでいないんじゃなかろうか。

だって、もし学んでいたならば、帰国前日にすることが 「韓国人の友達とカラオケ」なんてことには絶対ならないはずだから。。。


どれだけ多くの英語圏の国に行っても、
どれだけ多くの語学学校に通っても、
どれだけ多くのワーキングホリデービザを使っても、
「英語が話せない。英語が難しい。」という人は、たくさんいる。

いくら「場所」を変えても、単に「英語を勉強する期間」と「英語の勉強に費やすお金」が増えていくだけ。

・・・だとしたら。

「どこで?」というのはそれほど問題ではなく、「どうやって、どういう方法で?」ということの方が、よっぽど重要なんじゃないだろうか。

**********


バンクーバーで私が英語を個人で習っていた先生の、同じレッスンをバンクーバーで受け、すでに日本に帰国され、つい最近希望していたお仕事の就職試験にパスされた生徒さんから先生に届いたメールの一部をご紹介させて頂きます。(掲載の許可を頂いています。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

One thing I need to tell you is about my job hunting. 
Fortunately, I got a job which I wanted to work!! On some interviews, the interviewer asked me "Can you make a speech about any topics in English right now?". Oh absolutely, I did it. Because you taught me a lot!! For instance, how to speak English, how to adjust myself to a different culture and so on. Thank you so much!! I appreciate that.
I realized that my experience in Canada make a lot of money for the future!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(私の就職活動について、あなたにお伝えしたいことがあります。
幸運なことに、自分がやりたかった仕事に受かることができました!! 
面接では面接官から「今英語でちょっと話してみてもらえませんか。テーマは何でも良いです。」と言われることがありました。
もちろん、話しましたよ。だって私はあなたから多くのことを教わったから!! たとえば、英語はどうやって話したらいいのか、どうやって自分を違うカルチャー/文化に適応させるのか、といったことなどなど。 
どうもありがとうございました。私のカナダでの経験は、将来に渡ってお金を稼いでいくことにも繋がっているのだと気が付きました!!)

******

また、先生がバンクーバーでの体験レッスンで使われている写真資料を送っていただいたので、ご紹介します。
始めの2枚が「Vancouver Public Library(図書館)でよく見る光景。語学学校に通う人がしている、典型的な英語の勉強の仕方」で、次の3枚が「先生のレッスンで英語をカルチャー/文化から身に着けていく方法」です。

語学学校に通って英語を勉強する人1

語学学校に通って英語を勉強する人2

NOT LIKE THIS:こんなんじゃなくて


先生のレッスンで英語を身に着ける人1

先生のレッスンで英語を身に着ける人2

先生のレッスンで英語を身に着ける人3

THIS IS YOUR REAL ENGLISH CRASSROOM:これがあなたのリアルな英語の教室です。

UNDERSTAND →EXPERIENCE →CONFIDENCE: 理解 →経験 → 自信。


********

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生が、現在はバンクーバーだけでなく、日本やフィリピンでもレッスンをされています。オンラインレッスンもあります。

今日本におられ、バンクーバーへのワーホリや留学を準備されている方へ向けたレッスンでは、Skypeを使い、ヒアリング(HEARING)に焦点をあてたレッスンをされています。
リスニング(LISTENING)と ヒアリング(HEARING)は、違います。
日本で先生のレッスンを受けられ、バンクーバーに着いて2ヶ月も経たずに日本食レストランでもカフェでもない職場でお仕事をされるようになった生徒さんが、バンクーバーに着いたその日に英語で電話をすることができたのは、日本にいる間にヒアリング(HEARING)ができるようになっていたから、だそうです。

日本にいる間に受けることができるオンラインまたは対面でのレッスンでは、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのための無料カウンセリングも受けることができます。
オンラインまたは対面での、日本での継続的な無料レッスン&無料カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。


レッスンでは、教科書なし・暗記なし・宿題なしで、経験から英語を学びます。
現在の英語のレベルは関係ありません。(むしろ、今まで日本での学校教育や海外の語学学校で習ってきたことは、忘れて下さい。)


日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
私のように語学学校に通う必要は、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐというのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあります。)

***お知らせ***
私はカナダのバンクーバーでワーキングホリデー(ワーホリ)をし、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、そこでする勉強は日本でしてきた勉強と同じ、つまり「単語や文法を暗記」の繰り返しでした。そして卒業する頃になっても自分が英語を話せているとは思えず悩みましたし、周りにも同じように悩んでいる留学生やワーホリメーカーが沢山いました。

そんな時、知り合いにマンツーマンレッスンを受けてみてはどうかと言われ、日本の学校教育とも英会話スクールともESLとも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶマンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。
(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)

そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、現地の人から英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。
帰国後の現在は、都内企業で英語を使って仕事をしています。

自分がカナダでワーホリをして、英語に時間やお金を余分に使い後悔したこと、本来しなくても良い苦労をしたこと、そして自分以外にも海外で同じ悩みを持つ人(学校に通った/通っているのに英語に自信が持てない)が沢山いることを知っているからこそ、これからワーホリや留学をしたいと考える方々の不安解消のお手伝いをしたいと思います。

***これからカナダワーホリや留学を考えておられる方に向けた説明会を開催します***

○曜日と時間:平日は19時~。土日は比較的フレキシブルに動けますので、ご希望の日時をご相談下さい。
(所要時間は1時間~1時間半を予定しています)

〇場所:東京都内のカフェ(詳細はご連絡頂いた方へお知らせします)
〇参加費:無料。(ご自身のドリンク代のみ)

1)カフェにて、バンクーバーで1年のワーホリを経験したこのブログの筆者(Coco)と、筆者の友人でありバンクーバーで1年弱の留学経験がある現役の英語教師(日本人)が直接お会いして、

カナダで受けていたマンツーマンの英語レッスンについてはもちろんのこと、
・日本で勉強している英語と、カナダでネイティブ達が使う英語の違い
・カナダで友達を作る方法
・カナダでESLに通う留学生の友達ではなく、現地の友達を作る方法
・カナダで英語を使う仕事を得る方法
・カナダで快適な宿泊先を見つける方法
・カナダで生活をスタートさせるのに最適なシーズン
などなど、留学エージェントやESLではまず教えてもらえない、カナダで実際に英語を学び、生活をしたからこそわかるワーホリや留学に必須の知識をシェアします。

2)説明会の後、カナダでレッスンを受け現在もカナダで生活しておられる他の日本人の生徒さんとも、Skypeを使ってお話することができます。
ESLに通わず、現地での最長3ヶ月のレッスンだけでどのような英語が話せるようになっているのか、直接聞くことができます。
生徒さん達が英語を話しておられる動画は下の記事からご覧ください。(お二人とも現在はさらに英語が上達しておられます!)
【動画あり】バンクーバーでワーホリ開始3ヶ月目の生徒さんの英語
【動画あり】「1ヶ月の勉強で英語に自信が出てきた」カナダ留学生の勉強法とは?

3)説明会の後、カナダにおられる先生ともSkypeでお話し、無料カウンセリングと無料体験レッスンを受けることができます。
(先生はネイティブの方ですが、日本語も話せます。)
無料カウンセリングでは先生から直接、現在の英語レベルの診断を受けられます。(先生はネイティブの方ですが、日本語も話せます。)
これにより、今英語に悩んでいる原因が明確になります。

4)その診断結果と、カウンセリングで伺う英語を学ぶ期間や予算のご希望を基に、最も適したレッスンプランをお伝えします。
プランについては先生だけでなく、日本人カウンセラーのJunさんからも説明をしてくださいます。
(Junさんが更新しておられるfacebookページがこちら→YCDI(You Can Do It)

レッスンを始める前に、レッスンをスタートしてどれくらい短い期間で、どれだけの英語の自信を得られるのか、予めイメージできるようになります。
(Skypeを使うレッスンではなく、対面で受けるカナダでのマンツーマンレッスンは、最長でも3ヶ月です。
カナダ渡航前にフィリピン・セブ島でレッスンを受けることも可能ですが、こちらは最長1ヶ月です。
そのためこの2つを受講する方でも対面でのレッスンは最長4ヶ月の学習期間です。)


つまり、ご連絡頂いた方は
1)説明会で
カナダのバンクーバーで生活した経験がある元ワーホリメーカーの私と、元留学生であり現在は英語教師の友人
2)NAKAMA CANADA
【動画あり】バンクーバーでワーホリ開始3ヶ月目の生徒さんの英語
【動画あり】「1ヶ月の勉強で英語に自信が出てきた」カナダ留学生の勉強法とは?
で英語を話されている、カナダでレッスンを受けて短期間で英語に自信をつけられた生徒さん達
3)無料カウンセリング&体験レッスンで
私がカナダでワーホリ中、マンツーマンのレッスンで英語を教えて頂いた先生。先生はネイティブの方ですが日本語も話せます。
4)無料カウンセリングで
カナダで私と同様に英語をマンツーマンのレッスンで学んだ元生徒であり、現在はカウンセラーをしておられるJunさん
(Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"
の、実際にカナダで生活した経験がある(現在も生活している)全部で4人以上の方と直接お話ができます。(私はカナダワーホリ前に複数の留学エージェントに相談をしましたが、そんなに多くの人と話せるエージェントは一つもありませんでした。)



このレッスンでは、海外に行く前、日本にいる間からSkypeを使ってレッスンを受けられるようになっています。

海外に行く前の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに行く前に英語初心者を卒業、
"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。
「暗記」はしません。 
英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに行く前に、日本で時間をかけて準備をし、英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐというのが目標の一つです。

レッスンには期間も費用もレッスンを受ける場所もサポート内容も異なる幾つかのコースがあります。
各コースの詳細はレッスンのサイトのOFFERのページからご覧ください。

日本にいる間から英語を学び、海外に着いた後ではなく、海外に行く前に英語や現地での生活に関する不安を解消します。

カナダに着いた直後から英語を使う仕事を始めたり、現地の友達を作ったり、英語を使ってボランティアしたり旅行したりなどなど、王道のワーホリをしたくないと思う方はご連絡下さい。
また「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」でどうやって英語を勉強するのかとギモンに思う方もぜひご参加ください。

3ヶ月ほどの短期間で英語が話せるようになるのは全く難しくないという証拠をお見せします。


***重要***
お正月割引のお知らせ
毎年年末恒例のお正月割引がスタートしました。
12月31日(日)までにお申し込みをされる方限定で、最大50%オフでレッスンが受講できます。

お正月割引の対象となっているコースには、カナダやアメリカや南米を横縦断する言語旅行が含まれたコースもあります。
travel-Uyuni-2
↑南米ボリビアのウユニ塩湖にて。大きく写っておられるのが私が英語を教えて頂いた先生です。
南アメリカ旅行_ヘリコプター1
↑南米ペルーにてヘリコプター搭乗
南アメリカ旅行_ナスカ地上絵2
↑南米ペルーのナスカ地上絵

写真にも写っておられる生徒さんから、言語旅行の感想を頂きました。言語旅行では英語だけでなく現地の言語も学ぶことができます。つまり、南米縦断言語旅行ではスペイン語を学び、実際に使って旅をされたそうです。
旅行はプログラムの中の一つで異文化に触れ、さらに言語学習を高めようというものでした。
旅行は2週間、ペルー・エクアドルの2か国を巡るもので、一般的な旅行と大きく違ったのは、よくあるツアーガイド付きの旅行ではなく、全て自分たちで手配し、より現地の文化に触れるというものでした。
両国とも南米圏なので言語はスペイン語で英語はホテルや有名観光地ぐらいでしか通じませんでした。
もちろん私はスペイン語は全く分からず、最初は先生に頼り切りでした。(先生はスペイン語含め6か国語を話せます。)ですが、先生曰く、『国や言葉が違っても、コミュニケーションを取る際のテクニックやスキル、パーソナリティは世界共通』との事でした。なので、このプログラムで学んだスピーチスキルやテクニックを応用して話すと、拙いスペイン語でも現地の人とより深くコミュニケーションを取る事ができたと思います。
また、そうする事で実際に旅行先で得をする事が出来ました。
例を挙げると、現地のお土産屋さんのおばちゃんと交渉し60%オフで商品を購入できたり、現地で出来た友達を介してガラパゴスゾウガメ見学ツアーを1/3以下の値段に抑える事が出来たりなど。
先生がよく言っている『言語は力』とはこういう事なのだと実感しました。
また今回は2週間の旅行でしたが、行く前の私はスペイン語力0でしたが、帰ってくる頃には、300以上の単語を覚える事が出来(暗記とかではなく自然と)、簡単な挨拶程度なら出来るようになっていました。
言語を学習する際には、ノートや教科書を使って行う方法より実際に現地の文化に触れその経験と知識を結び合わせる事の方が簡単で尚且つ忘れにくくなるそうです。
更に驚いたのが、旅行から帰ってきてから英語が以前より聞き取り易くなっていたことでした。
スペイン語は英語と似た言葉もありますが、発音・文法などは全く違います。
しかし全然知らない文化・言語圏に触れる事により無意識に言葉を聞き取ろうとする力が高まるとの事でした。
今回、世界遺産のクスコやマチュピチュ、ナスカの地上絵やガラパゴス諸島などを訪れましたが、そこでも遺跡の歴史や成り立ちなどについて先生と英語で何時間も議論したりしました。
これも只のガイドツアーでは味わえない事だったので非常に楽しかったです。
今回は南米でしたが、今後はアフリカやヨーロッパツアーなども考えているそうなので、その際も是非参加したいと思っております。

Kさん感想ありがとうございました!

来年の南米縦断旅行は、
・ベネズエラ:エンジェルフォール(カールじいさんの空飛ぶ家の舞台)
・ガラパゴス諸島:ハンマーヘッドシャーク&ガラパゴスゾウガメとダイビング
・ボリビア&ペルー:ウユニ塩湖&ナスカの地上絵&マチュピチュ
・ブラジル:リオデジャネイロのカーニバル
を予定しているそうです。


各コースと割引の詳細はレッスンのサイトのOFFERのページからご覧ください。

ご興味のある方は、サイトのCONTACTページ、またはこのブログのコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

LINEでメッセージをやり取りするより早く、「電話で話が聞きたい!」と思われる方は、日本人カウンセラーのJunさんへ直接お電話ください。
Junさんの電話番号は
080-7889-6361
です。

(サイト:Language ImmersionのCONTACTのページからご連絡頂くと、追ってJunさんからメールが届きます。)

*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。またご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.上の動画でお話されている、カナダでレッスンを受けて短期間で英語に自信をつけられた生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



百聞は一見に如かず。
先生のレッスンを受けてみたいという方、
「王道」ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方はご連絡下さい。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   


この記事は2014年5月7日に公開した記事に加筆したものです。
関連記事

コメント

No title

Asamiさんへ
はじめまして、メッセージありがとうございました。
メールをお送りしましたのでご確認ください。
Coco

Re: No title

> 初めまして。現在学生ビザでバンクーバーに来て2週間程度です。語学学校に通っているのですがこのままでは英語のスキルアップが望めないような気がしており悩んでいます。
> そんな時にこちらのページを拝見し興味を持ったため連絡させていただきました。
> 宜しくお願いします。

はじめまして。
メールをお送りしましたのでご確認お願いします。

Coco

Re: No title

> 初めまして。ブログを拝見させていただきました。
> 僕はフィリピン留学半年間、オーストラリアで半年間過ごしてきました。ですが1年間海外で過ごしてきましたが、英語を話せる自信がありません。そこで、このブログを発見し大変興味を持ちました。詳しいお話や説明会があれば参加したいと思っています。お返事お待ちしています。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認ください。
Coco

Re: はじめまして。

> こんにちは。
> カンバセーションスクールを探しているときにこちらのブログを拝見させていただきました。
> バンクーバーに来て一週間足らずですが、ブログを拝見させていただいて英語を上達するのに回り道をしたくないと思いコメントさせていただきました。
> もしよろしければ受講なさっていた先生のこと詳しくお教え願えますでしょうか?

初めまして、
コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認ください。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 初めまして*

Yuiさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: タイトルなし

emiさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: No title

Yukiさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: ブログを拝見させて頂きました。

Hiromiさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: こんにちは

erikapさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

Re: はじめまして

Tomoさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂いました。

Coco

No title

GoogleであなたのBlogのページにきて色々楽しく読ませていただきました。

12年位前から母国日本へ毎年帰るのですが、言葉と文化の違いにいつも苦労します。日本に帰り大体2週間たつと主語もない、単数複数の区別のない日本語に全く困らないほど戻るのですが、その段階で英語を母国語とする友達と1日過ごしてしまうとまた初日に逆戻ってしまい、2週間かけて折角日本語に戻ったのに、たった1日でダメになってしまうのでは罰が大きすぎると思います。 日本から英語を学びに来ても、折角英語を母国語のように話せるようになっても日本人と日本語で話したら、一瞬のうち、初日に戻ってしまうのではと思います。

日本の文化をいろいろ説明してくれるあなたのBlog読ませてくれてありがとう。

Re: 先日コメントした者です

Mikiさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きましたのでご確認ください、
よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

りなさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 初めまして

トウマさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: はじめまして

Kaoriさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 個人レッスンについて

Wataruさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: タイトルなし

真子さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

Takaさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

aikoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 先生について

まぁさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 問い合わせ

yukiさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

yukikoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

藤井さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: タイトルなし

宮下さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: タイトルなし

sさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: こんにちは。

Natsuさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

Kosukeさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

島本さんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 先生について

Yukaさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: 体験したいです

Sakさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: Hello

Junさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

yukoさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂こうとしたのですが、ご連絡先もお名前もわからないことに気が付きました。

再度そちらを添えてご連絡をください。

よろしくお願いします。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こんばんは。
年明けしカナダへのワーホリを
予定している者です。
過去の記事など読ませていただき
とても勉強になりました!
Cocoさんが受講された先生について
私も詳しく教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> こんにちは。Cocoさんが受講された先生について詳しく知りたいと思ってご連絡しました。
> 現在ワーホリでバンクーバーに来て1ヶ月経ちます。語学学校に通ってますが、英語が伸びる気が全くしないのです。
> ご連絡お待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーーー
こちらのコメントを書いてくださった方へ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

ご連絡をさせて頂こうとしましたところ、お名前とご連絡先がわからないことに気が付きました。
再度、お名前とご連絡先(メールアドレス)を添えて、コメント頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。

Coco
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ