単語や文法の暗記などではない・・海外に渡る前に「本当に」すべきこと、とは?

ワーホリでカナダに渡る前の私が日本でしていたこと。

・・・中学高校で散々してきた英語の「勉強」(=単語と文法の暗記)を、ひたすら繰り返すこと。

★★★★★★

既に何度も書いているけれど、ワーホリでカナダに渡る前、私は10社以上のエージェントに相談をしていた。

そのうちいくつかのエージェントの人には「カナダに行く前に何かしておいた方が良いこと、ありますか?」と聞いた。

得られたのは、
「中高時代の教科書を復習すること」
「英単語帳をとにかく一冊はマスターすること」
「TOEICやTOEFLの問題を解くこと」という、アドバイス。

つまりは単語と文法の暗記を”また”したら良いということであった。
続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

・・・それだけだった。



「中高時代の復習ですね、わかりました。けど私ほんとに英語話せないんですが・・。それで話せるようになりますか?」と聞いたら、

「会話は現地で練習すればいいことですから。
それより、今のうちに文法の基礎を固めたり、知っているボキャブラリーの数を増やしておいた方がいいですよ。」
と、エージェントの人は言う。

「はあ・・そんなものでしょうか。」

「今は話せなくても大丈夫です。行けば、何とかなりますよ。」



私は、(エージェントの人も言っていたように)カナダに行きさえすれば英語が話せるようになるはず・・と思う反面、
本当に1年やそこらで英語が話せるようになるんだろうかという不安もあった。
でも最終的には「何とかなるだろう」という希望的観測の方が勝っていた。

とにかく自分が会話ができないことはわかっていたので、「聞き流しでもいいからとにかく何百時間か何千時間か聞けば聞き取れるようになる」と英語の勉強本に書いてあるのを見つけて、わざわざ英会話のCDを買い、部屋で常にかけているようにして、リスニングを上達させようともしてみた。

けどそんなことをしてもやっぱり英語は話せるようになってはいかなかったし、聞き取れるようにもなっていかなかった。

何となく勉強した気にはなるけれど、自分の身に着いているという感覚はなかった。


けど当時の自分としては、その頃自分なりにできることはやっているつもりだった。
カナダに渡る前の自分には英語の勉強以外にやること(仕事とか、渡航の準備とか、友達とも今のうちに遊んどかなきゃだし!)も当然あるし、
「とりあえず今はこんなことしかできないけど、でもカナダに行って集中して英語に取り組めば、話せるようになる、はず・・」と、自分に言い聞かせていたようにも思う。


・・・他のことには「石橋を叩いてから渡る」性格なのに、
ワーホリに限っては「何とかなる」で飛び込むことができたのは何でなのか、自分でもわからない。
英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

★★★★★

当時ワーホリをしている/いた人たちのブログを結構読んでいた私は、バンクーバーに着いたばかりの時には「語学学校に行かないという選択肢もあるのではないか・・?」と実は思っていた。
でもそこで「エージェントに頼らない」という決心ができなかったものだから、エージェントの人がすすめる語学学校の体験レッスンを受けて回るうち、他に道はないような気もしてきて、「とりあえず学校に通ってみよう」と思うようになった。

だって英語圏の国に来たはいいが、肝心の英語が話せずに、それで一体何をしたらよいのか自分でもわからない。

英語以外に自分がカナダで一体何をしたいのか。何ができるのか。

何も考えていなかったので、
語学学校に行きでもしなければ、他にすることがない。

というか、その頃の自分にカナダでできることなんて、「学校で英語を勉強することくらいしかない」とすら思った。


そして日本で中高の6年間、ずっとやってきたこと(=単語と文法の暗記)を、
今度は本気でやりさえすれば話せるようになるはずだと信じて、語学学校に3ヶ月の申し込みをした。


そしてあっという間に3か月が過ぎ、語学学校の卒業が近づいてきた。

ワーホリ1年の期限の1/4がすでになくなっているのに、自分で自分が英語を話せているとは、思えない。

自分の英語が「何とかなった」とは、全然思えなかった。


★★★★★


日本にいる間、すでに中学高校で散々やってきたこと(=単語と文法の暗記)を”また”やって、
ワーホリが始まったら、語学学校に通って”またまた”同じことをする。

いくらそんなことをしても”自分が英語が話せている”という感覚はもてず、時間だけが経ち、気が付けば帰国の日が迫っていて、
「英語が話せるようにならなかったのでせめてTOEICだけは・・・」ということで、”またまたまた”単語や文法を暗記する。
日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。


それでもやっぱり「カナダに行く前にしておいた方が良いことは、単語と文法の暗記」・・・・・・・なんだろうか?




*****オンライン説明会*****
下の動画は、私が英語を個人で習った先生の元生徒さんのお一人と日本人カウンセラーの方からの、カナダでの生活に準備するためのアドバイスです。
これからカナダに渡ろうと考えておられる方に有益と判断し、掲載を許可させて頂きました。
カナダで実際に生活をしたからこそわかるリアルな声であり、私も完全に同意見です。

このお二人とも、Skypeで直接お話しして頂くことができます。

<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#1(OliviaさんIntroduction) >

ここからの動画に出ておられるOliviaさんからのメッセージは語学学校を卒業して初めて「見える」ようになったこと。をご覧ください。


こちらの男性はレッスンの日本人カウンセラーであるEthanさんです。

ここからはOliviaさんが「カナダに渡る前に準備しておくべきこと・心構え」について話しておられます。
<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#2(Goal)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#3(Budget)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#4(Hobby)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#5(Who am I)>


<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#6(NOT Follow the duck)>


******
今日本におられ、今後カナダに渡ることを考えておられる方を対象にした先生のレッスンでは、Skypeと、日本で対面でのレッスンを受けることができ、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのためのカウンセリングも受けることができます。

何も準備をせず、何もわからず、英語も話せないままにカナダに渡る・・のではなく、石橋を叩いてからカナダに渡ることができます。


*****お知らせ*****

私がバンクーバーで個人で英語レッスンを受けた先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。今年はあと2回、10月と12月に来日を予定されているそうです。
またフィリピンでもレッスンが始まります。

バンクーバーには私が習った先生の他にも先生がおられます。
今年他のカナダ人の先生方も一緒に来日をされる予定だそうです。

英語を使って働く、旅行する、友達を作る、海外でしかできないことをする・・・
英語に関する夢を叶えるために海外に渡る前に、何をどうやって準備したらよいのか、
日本語を交え日本で直接先生方がご説明し、アドバイスを差し上げます。

また今年からSkypeレッスンも開始されています。

Skype及び対面での、日本にいる間の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。私のように語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。

***重要***
誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。にある5つの動画と、その下にある「クイズ」を読んで頂き、5つの動画の中からお好きなものを一つだけ選んで(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコースを添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスン料の割引を受けることができるそうです。
去年も行われたレッスン費用の割引キャンペーンは、今年も人数&期間限定で始まるそうです。

(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     
関連記事

コメント

Re: No title

> 次の4月からワーホリを考えている者です。
> レッスンについて話を聞きたくて、コメントしました。
> よろしくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

> cocoさん、はじめまして。
> ネットで色々留学やワーホリに関して調べているうちにこちらにたどり着きました。
> 文中にでている先生がフィリピンでもレッスンが始まるとのことですがよろしければ具体的に教えていただけないでしょうか?

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

> はじめまして!
> ブログを読ませていただきました。
> 今、ワーホリでバンクーバーに来ています。
> こちらに来てから3ヶ月以上経ちますが、英語が話せなくて悩んでいます。Cocoさんのブログを読んで共感、納得する点がすごく沢山ありました!先生とのレッスンにとても興味があります。ぜひ、先生の連絡先や詳細を教えていただけたらと思います。
> どうぞよろしくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

> cocoさん、こんにちは♪
> 最近、ワーホリに行きたいと考え始め、cocoさんのブログを拝見させて頂きました!
> 先生のレッスンについて、色々教えて頂きたいです。
> 宜しくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ