カナダで何年暮らしても「カナダ人の友達がいない・・・」ワケ。

「カナダ人の友達がほしいができない」という人は、カナダ人に対してこう思うことはないだろうか?


カナダでワーホリ中、日本人の友達とカナダ人の友達の数人で、バンクーバーでのスポーツ施設に遊びに行った帰り道のこと。

私と日本人の友達(Yuta;仮名)は、スカイトレイン(バンクーバーの電車/地下鉄)の駅の方向が一緒だったので、一緒に帰っていた。
Yutaはバンクーバーに1年以上いるにも関わらず「カナダ人の友達が一人もいない。一人ぐらいはカナダ人の友達が欲しい。」と常々言っていたので、私が「じゃあ今度こういうイベントがあって、カナダ人もたくさん来るから、Yutaも来たら? 皆良い人たちだよ。」とそこへ誘っていたのだった。 
なので私が「どうだった?今日。楽しかった?」と聞くと、「まあ・・。久しぶりに走ったから良い気分転換になった。」と言う。

そこで、「誰か仲よくなれそうな人いなかった? Jimmy(仮名)とかAaron(仮名)とかとお喋りしてたよね?」と聞くと、
「う~ん・・まあ喋ったっちゃあ喋ったけど。」
「・・けど? ・・・なんかまたみんなで遊びに行こうって行ってたじゃん。えっと何だったっけ名前・・」
「ああ、言ってたけど、どうしようかなあ。あいつらめっちゃ喋るからちょっと引いたんだよね。
「・・・・・・」
まじこっちは聞いてもないのにベラベラ自分のこと喋りすぎだろ、っていう。まあネイティブの英語だから勉強にはなるけど。」
「・・・・・・」

Yutaが普段一緒に遊んでいるのは、「圧倒的に日本人。ときどき韓国人。」だと言う。

私には彼が、カナダに住んで1年以上が経つのにカナダ人の友達が一人もいないと言う理由がよくわかる気がした。

日本人とカナダ人、双方が相手に対して抱く違和感の原因


日本人のYutaからすると、自分のことをずっと喋って他人の話もしょっちゅう遮るカナダ人は、「ただの自己中」に映る。
カナダ人からすると、話しても盛り上がらない、ただ聞いているだけの日本人は、「自分で周囲との壁を作っているつまらない人」に映る。
なぜなら、そこには文化の違いがあるから。

よく「英会話」と言うけれど、バンクーバーで英語を個人で習い、そこで日本とカナダの文化の違いについて学ぶまでの私は、ネイティブイングリッシュスピーカーと会話となるとただひたすら聞き手に回ってしまうということがよくあった。それは、私が相手の英語についていくのに必死で”リスニング”に集中する必要があったということもあるが、相手の話に口を挟むのはとにかく良くないことだ、と思っていたから。
つまり私はカナダにいてもなお日本の文化/カルチャーの中で考えていたのである。
だから、「英会話」とは言っても、それは最早「conversation(会話)」というよりは、ネイティブの「monolog(一人語り)」であった。

相手が何を言っているのかよくわからなくても、まずは相手の話を最後まで黙って聞くこと。
それが日本語の文化では polite(礼儀正しい)ということだから。(friendlyとpolite 2つの文化の違い

Yutaからすると、相手の話を黙って聞き、自身のことはほとんど話さない自分の態度はカナダでも完全に正しく、「I am very polite(自分はとても礼儀正しい)」で、自分のことをたくさん話すカナダ人は「rude(無礼・失礼)」に映っていたことだろう

しかし、friendly(フレンドリー)であることが重要な英語の/カナダの文化では、自分自身のことを話すのは、自分の情報をシェアすることで相手に自分を知ってもらい仲良くなるためであり、相手の話にも積極的に反応する(相手がまだ喋っていても質問を挟む)のは「私はあなたの話に興味がありますよ」というサインである。

だからYutaが「自己中」と呼んだカナダ人は、Yutaからすると"rude(無礼)"に映るかもしれないが、そのカナダ人からすると逆に、自分のことを他人とシェアしないYutaの方がrudeなのであり、相手の話を黙って聞くだけでなく自身のことも積極的に話す自分の方が正しく、「I am very polite(自分は礼儀正しい)」と思っているはずである。

カナダ人からすると、自分のことを一生懸命話したのに、それに対するコメントがなかったり、さらにはもっと悪いことに相手がただひたすら聞いているだけで自分自身のことを話さなかったりすると、
「僕/私はこんなに自分のことを話したのに彼/彼女は何も自身のことを教えてくれない・・・」
    ↓
「そうか、僕/私とは友達になりたくないということだ。」
という解釈になる。


自分は自分のことを相手に話しているのに、相手は黙ったまま・・・。

それはすなわちカナダ人にとっては相手は自分に興味がないというサインになり、そういう”サイン”を投げてくる人と友達になることはまず・・・難しいであろう。

実際、後日JimmyとAaronと会う機会があり、次の週末は前話していた所へ行こうという話題になったので、”そういえばYutaは来れないかもしれないって言っていた・・” と私が言うと、”Yuta? ああ、前来ていた彼か。彼つまんなそうにしてたし、来れないなら来れないで、別にいいんじゃない?”という反応しかなかった。

日本人とカナダ人、双方の間にある「見えない壁」。それは文化の違い。



「黙って聞いていることが礼儀正しさ」だと思っている日本人にとっては、初対面でも自分についてよく喋るカナダ人は自己中で礼儀がなっていないと感じるかもしれない。

一方そのカナダ人にとっては、自分が喋っても相手の反応がないということは、自分の話は相手を惹きつけていないということになるから、それは悲しい気分になるし、相手は自分に対して失礼なことをしているとも感じるし、こんな人と話していてもつまらないとさえ思うようになるだろう。

カナダ人と友達になりたいと思っていながら、カナダにいても「相手の話は黙って最後まで聞くのが、相手に対する礼儀を示す」という日本的な思考と習慣(文化)を続けることにより、友達になる機会を逃している日本人は、結構いる気がする。
一方カナダ人の側も始めは日本人と友達になりたいと思っていても、目の前にいる日本人から「自分の話をただ黙って聞かれていることの意味」がわからないので、ただ日本人との距離を感じるだけで、友達になることはない。

日本とカナダ、そこには文化の違いがあるだけであり、どちらが悪いというわけではない。

ただその、文化の違いに気がつき、「郷に入っては郷に従え」で自分がいる国の文化を理解しようという意識と態度がない限り、例えカナダに何年・何十年住もうが、カナダ人の友達が全然いない、という状況は起こり得る。

<関連エントリ:カナダ人と友達になるのは、本当に「ムズカシイ」 のか。


***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が割引になるキャンペーンが始まりました。
今回は、
1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
travel-Uyuni-2travel-Machu-Picu-2

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
EBC-CEBU-2

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
travel-Canada-2

4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 
EBC-CEBU-2-2

が割引となります。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 

2014年9月9日に公開した記事に加筆しました。
関連記事

コメント

Re: No title

> はじめまして。
> 来年1月からバンクーバーへワーホリで行く予定でいます。ブログ拝見しまして、ぜひこちらの先生に習いたいと思いました。日本での説明会もあるのでしょうか?語学学校にもいこうと思っておりましたが、Cocoさんの受けられているレッスンと、私スノーボードが好きなのですが好きなことをしながらのほうが、英会話力が身につくのではないかと思いました。
> お返事頂ければと思います。よろしくお願いします!

はじめまして、
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

> はじめまして。
> 以前からcocoさんのブログを拝見させていただいておりました。
> 22歳の会社員の女です。
> 10月15日をもって会社を退職し、兼ねてから考えていたカナダへワーキングホリデーをする予定です。
>
> そこで低コストで身になる英会話をと思い、コメントいたしました。宜しければ、先生の連絡先や東京での説明会の日程などを教えてください。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

> 突然のご連絡を大変失礼致します。
> 現在ワーホリでカナダに来ているというものです。
> こちらに来る直前にcocoさんのブログを発見し、よく拝見させて頂いております。
> cocoさんがレッスンをされた先生とそのレッスンに興味をもち是非連絡をとらせて頂きたいと思い、cocoさんにご連絡させて頂きました。
> お手数お掛け致しますが先生へのご連絡を宜しくお願い致します。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 紹介お願いします

> はじめまして。
> 現在東京で役者をしており、来年1月からカナダへワーホリ予定です。
> 演劇を本格的に学び、国際的に活躍する女優になるために、必要不可欠な英語をマスターしたいと考えています。
> そんな私にとってこちらのブログはとっても魅力的でした。
>
> よろしければぜひ先生の連絡先お教えください。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: お尋ね

> Cocoさん、はじめまして。
>
> 私は英語を話せるようになりたいと思い、英会話学校に通い1年間大量に勉強しました。
>
> 以前と比べるなら、話せるようになったと思いますが、日常会話の出来るレベルからほど遠いです。
>
> 「同じ勉強を続けて、英検には合格出来るかもしれないけど、1年後話せるようになっているんだろうか」という迷いが出て、ネットサーフィン中にcocoさんのHPに辿り着きました。
>
> そこで、自分が文化を受け入れないクローズマインドの見本だと気付きました。
>
> そのため先生のレッスンに非常に心惹かれるものがあります。
>
> ただ、私はワーホリを目指している訳ではありませんし、学校の課題は続けなければならない点や、先日1年分の学費を納めてしまったため費用的な部分も気になっています。
>
> 先生のご連絡先の他に、もしカウンセラーの方のご連絡先もありましたら、そちらも併せて教えていただけますでしょうか。
>
> お手数ですが、よろしくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

> 初めまして。ブログ拝見しました。
> 私は約3ヶ月語学学校に通っていましたが、未だに英語に全く自信がなく、うまく話せません。
> なのでぜひ先生のレッスンを受けたいと思い、メールさせていただきました。
> ちなみに費用はどのくらいでしょうか?

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 説明会参加希望

> Cocoさん
> こんばんは。
> いつも興味深く、ブログを読ませていただいております。初めてコメント投稿いたします。
>
> いつも受けてみたい、お会いしてみたいと思っていた先生の
> レッスンの説明会があると知り、ぜひ参加したく、連絡いたしました。
> 東京での説明会に参加を希望しております。
>
> 申込の手続きのご指示をいただけますと幸いです。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ