なぜか「カナダで生活しても何も変わらない」と感じる・・その理由?

ワーホリでカナダに着いた人がおそらくカナダで一番最初に英語を使う場面はおそらく、入国審査である。
そこで(審査官にもよるが)いくつか質問を受け、晴れてワーホリのビザが発給される。
パスポートに入国のスタンプも押される。

それはつまり、1年という期限をもつワーホリの、カウントダウンの始まりである。

★★★★★★

私は日本では英語が話せなくて困ることなんてなかったし、自分が英語が話せないということを意識させられることすらもなかった。
だから私はバンクーバーに着いて初めて、自分が想像していた以上に英語が話せない・聞き取れないということに、びっくりした。

パスポートのスタンプを見ては、カナダに渡る前に英語が話せるようにしておこうとは考えず、カナダに行きさえすれば何とかなる・・カナダに行きさえすれば、何らかの奇跡が起きて英語が話せるようになるはず・・!と、根拠もなく簡単に考えていた自分を後悔した。

★★★★★

単に飛行機のチケットを買ってカナダに飛んだからというだけで、英語が話せるようになるわけじゃない。
単にカナダで生活しているからといって、自動的に英語が話せるようになっていくわけでも、ない。

ワーホリでカナダに渡った当時の私は、まるでカナダでの生活は日本と同じであって当然かのように思っていて、
カナダの人々の考え方や価値観や振る舞い方や生活習慣(=カルチャー)が日本とはどう違うのか、なんて真剣に考えたことはなかったし、それに対して自分はどうしたらよいのか、なんてことも一切考えたことがなかった。

日本とカナダの違いは、使われている言語がそれぞれ日本語と英語であるという、ただそれだけの違いであるかのように錯覚していた。

だから「まず何とかして英語を勉強しなくては・・!」と思い、多くの他の日本人がそうするように、語学学校に通って、英語を勉強(=単語と文法をひたすら暗記)し始めた。


語学学校に通うことで、多少の語彙は増えたかもしれない。
文法の知識も多少はついたのかもしれない。

それでも語学学校に通っている間、自分では英語を話しているつもりではあっても、当時の私の振る舞いは完全に”日本人”であった。

イングリッシュネイティブスピーカーからすると、言葉は英語でも、それを異国のカルチャーとミックスした振る舞い(例えば”Hello!”と言いながらしきりにお辞儀をしていたり)をする、しかもシンプルな英単語でしか話せない日本人を理解するのは、それはそれは難しいことだったろうと思う。

だから語学学校に通っていた頃の私には、ネイティブの友達が一人もいなかった。

★★★★★

カナダで生活をするのであれば、カナダのカルチャーの中で、カナダのカルチャーに相応しい振る舞いができる必要がある。

これをスキップして単語や文法だけを勉強し続けても、「自分は英語が話せる」と思えるようには絶対になっていかない。

日本の学校教育で中学高校の6年間英語を勉強しても、誰も英語を話せるようにならないのは、それが「文法と単語以外をまったく無視した英語」だからであり、6年やってダメだったものを、たとえ10年20年30年し続けても、同じ結果にしかならない。

★★★★★★

日本で6年以上(大学時代を含むと。とはいえ私の大学の専門は英語ではなかったから授業はTOEICの問題を解いたり映画を観たり、お遊びのようなものだったが。)に渡って英語教育を受けた私は、カナダに渡って英語を個人で習うようになるまで、まるで英語には単語と文法以外存在しないかのように思っていた。

日本で暮らした20年以上と、カナダで語学学校に通った3か月を振り返っても、
英語(だけでなくすべての言語)には単語と文法以外にまず学ぶべきものがあるなんてこと、
私は聞いたこともなかったし、読んだこともなかったし、考えたこともなかった。

それまでの私の周りには”英語とは単語と文法を暗記するものなのだ。”と言う人しかいなかった。

★★★★★

「カナダで生活してるのに英語も自分も、何も変わらない。」と言う人に私はこれまで何度も出会ったことがあるが、そういう人に時間の過ごし方を聞くと大体決まって、語学学校または図書館で単語と文法を勉強し、その他の時間はほぼまるきり日本食レストランで働いていたりする。
「日本で勉強や仕事に追われていたので、カナダでも同じように過ごしていないと落ち着かない」、と言う。

たとえバンクーバーという、世界中から人が集まる土地で生活していようとも、学校や図書館と家とバイト先の往復、そのような限られた生活圏で出会うことができるのはほぼ日本人に限られるだろうことは、容易に想像できる。

・カナダにいても知り合う人は日本にいたときとあまり変わらない。

・カナダにいても日本と同じような時間の過ごし方しかしていない。

・カナダにいても日本にいた時と同じこと(単語と文法の暗記)しかしていない。

・・・それではむしろ何かが変わる方が難しいと言えないだろうか・・?

自分では努力して英語を勉強(=単語と文法を暗記)しているつもりなのに、何か月経っても何も変わらないから、
そのうち英語が話せる人の悪口と、ひがみと、自分が行動しない言い訳ばかり口にするようになる人もいる。


カナダでも日本と同じような生活を送るという、その選択をしているのは本人なのだが、
単語や文法を暗記しても英語に自信がもてるようにならない→英語に自信がないから英語を使う機会を避ける→ますます自信がつかない・・・

完全に悪循環ではないだろうか。

★★★★★

賭けてもよいが、カナダの/英語のカルチャーを身に着け始めたら「カナダで生活しても何も変わらない」と感じることなど絶対にない。

私の場合、バンクーバーの語学学校に通っていたときにはたしかに「カナダで生活してるのに何も変わらない・・」と思うことはよくあった。

でもカルチャーとは何かを学び始めたら、毎日が発見の連続となり、その発見を自分の中に取り入れる度に”変化”を感じられたから。


*********

「自分は英語が話せない」と思っている人の、心の中にあるもの、とは? と カナダで生活して気づいた、日本人が自分で自分を英語を話せなくしている原因、とは?でご紹介した、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生と、先生のレッスンを受けることを希望されているロンドンのMさんとのSkypeチャットの続きをご紹介させていただきます。

[2014/9/1 19:55:45] Mさん: So I have to learn the "culture" (そうか私はカルチャーを学ばないとならないんですね)
[2014/9/1 19:56:31] 先生: nope there is something more important before culture!(いえカルチャーの前にもっと大事なものがあります)
[2014/9/1 19:56:44] 先生: are you ready for subject 2?(テーマ2に移るご準備ができていますか?)
[2014/9/1 19:57:47] Mさん: Yes!(はい)
[2014/9/1 19:58:05] 先生: here we go!(では始めます)
[2014/9/1 19:58:23] 先生: 2) SHINRI - GENGO KAGAKU(心理言語科学)
[2014/9/1 19:59:51] 先生: Psycho-linguistic, it is all about mental attitude before even starting learning any language!(Psycho-linguistic:心理言語科学とはどんな言語においても、その言語を学ぶ前の段階における精神的な態度についての学問です)
[2014/9/1 20:00:30] Mさん: Sounds difficult..(なんか難しそうですね・・)
[2014/9/1 20:01:04] 先生: a lot of the students dont even realize there are methods and techniques to clean up your mind, before you even enter english classroom in Canada(多くの留学生の方は、カナダの語学学校の教室に入る前に英語に対する考え方をリセットしてしまう方法やテクニックがあることにも気が付きません。)
[2014/9/1 20:01:09] 先生: it is actually very easy!(実際のところ、それは簡単なんですよ)
[2014/9/1 20:01:59] 先生: it is simple techniques about makin space in your mind about deep understanding english culture, rules and culture before even touching vocabulary and grammar etc. etc.(それは単語や文法なんかにまだ触れる前に英語のルールとカルチャーについて深く理解するためのスペースをあなたの心の中に作るための簡単なテクニックなのです)
[2014/9/1 20:02:30] 先生: I mean how can you expect to improve english even in UK or USA or AUS if you come to those countries only with bad experience of english class from Japan????(私が言いたいのは、日本で受けた英語の授業によって、英語に対して苦い経験しかないのであれば、それでたとえばイギリスやアメリカやオーストラリアで
生活をしたとしたって、それでどうやって英語を伸ばそうというのですか?)
[2014/9/1 20:02:43] 先生: do you agree?(そう思いませんか?)
[2014/9/1 20:05:21] Mさん: Completely yes(完全に同意です)
[2014/9/1 20:10:33] 先生: THATS WHY ISHIBASHI SANKAI TATAITE WATARU - is soooooooooo super important!!!!(だから石橋を三回たたいて渡るーこれがとても重要なのです)(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。を参照。)
[2014/9/1 20:11:16] 先生: M, please think, some of our students study only 2-3months! sometimes only as little as 25times on total!(Mさん、考えてみてください、私たちの生徒さんの中にはたったの2~3か月しか英語を勉強しない方がいます。全部で25回しかクラスを受けない方さえいます。)
[2014/9/1 20:11:23] 先生: but it must be this order:(しかしそれはこの順番でなければなりません)
[2014/9/1 20:11:51] 先生: psycho-linguistics REALIZE! REORGANIZE! (mind training) (まず心理言語科学。認識すること!再構成すること! 精神的なトレーニングです)
[2014/9/1 20:12:26] 先生: culture-linguistics CHANGE! (language training) (変化させること! 言語的なトレーニングです)
[2014/9/1 20:12:45] 先生: method-linguisitcs CREATE! (language training)(創造すること! 言語的なトレーニングです)
[2014/9/1 20:12:50] 先生: thats all!(それだけなのですよ)
[2014/9/1 20:13:50] 先生: DO YOU THINK OUR PROGRAMS AND TECHNIQUES MUST BE VERY DIFFICULT, IF PEOPLE CHANGE AND IMPROVE EVERYTHING ABOUT ENGLISH ONLY IN 2-3MONTHS? ONLY IN 25 TIMES!?(私たちのプログラムとテクニックはすごく難しいものだと思われますか? 人々が英語を変化させ上達させるのに2~3か月か、もしくはたったの25回のレッスンしか受けていないとしても??)
[2014/9/1 20:14:35] 先生: DO YOU FAST PROGRESS IN SHORT TRAINING CAN BE DONE IN VERY DIFFICULT WAY OR VERY VERY VERY SIMPLE METHODS AND SIMPLE TECHNIQUES!??????(短い期間で英語を早く上達させるのはすごく難しい方法でなされると思いますか、それともものすごく簡単な方法とテクニックでなされると思われますか?)
[2014/9/1 20:17:37] Mさん: It sounds difficult and complicated way because I've never thought about psychology while I'm learning english(私には難しくて複雑そうに思われます。私は英語を勉強しているときに心理のことなんて考えたこともないので・・)
[2014/9/1 20:19:24] Mさん: And I'm really surprised some people will able to speak English only 25 lessons!!(それからたった25回のレッスンで英語が話せるようになる人もいるということに私は本当に驚いています)
[2014/9/1 20:19:36] 先生: OF COURSE!(もちろんです)
[2014/9/1 20:20:11] 先生: What about all the japanese movie stars, jpop stars, tv stars? Do you think they have time to study english for 10-15years?(日本の映画俳優やJ-POPの歌手や有名人たちはどうですか?あなたは彼らが英語に10年も15年も費やす時間があると思われますか?)
[2014/9/1 20:20:45] Mさん: NOOO!!!! (ないですね!)
[2014/9/1 20:20:54] 先生: of course not!~(ないですよね)
[2014/9/1 20:21:07] 先生: of course not! they do it in short.. (彼らに10年も15年も英語に時間を費やす時間はありません。彼らは短期間でやり遂げます)
[2014/09/02 2:12:44] 先生: so back to DIFFICULT and COMPLICATED!!! Do you think that in 25 times, in 2-3months short program, there can be something difficult or complicated? Or do you think it should be only super simple, and super crystal clear methods and techniques so people can actually REALIZE, REORGANIZE, CHANGE AND CREATE there english close to Native English Speaker levels?(さてあなたが難しくて複雑だと思われたという点に戻ります。あなたは25回の、2~3か月の短期間のプログラムの中に、何か難しくて複雑なものがあるとお思いでしょうか?それともすごく簡単でわかりやすい方法とテクニックだけを使っているからこそ生徒さんたちが認識と再構成と変化と創造をたった25回の、2~3か月の短期間のプログラムでネイティブスピーカーのレベルにまで近づけることができると思われるでしょうか。
[2014/9/1 20:25:39] Mさん: I hope it's super crystal clear way!!!(すごく簡単でわかりやすい方法だといいなと思います!)
[2014/9/1 20:26:18] 先生: of course! there is not choice! it all must be very simple and crystal clear!(もちろんです。他に方法はありません。すべて簡単でわかりやすいものでなければなりません)
[2014/9/1 20:26:34] 先生: because otherwise the fast progress is not possible at all!!!!!!(そうでなければ短期間で英語を上達させることなど不可能です)
[2014/9/1 20:26:40] 先生: do we agree!??!!??!!?!?!?!?!?(私たちはこの点において同意見でしょうか?)
[2014/9/1 20:27:19] Mさん: Wow! It's REALLY important!!!!!(わあ、それは本当に重要な点ですね!)
[2014/9/1 20:27:43] 先生: do you agree?(あなたも私と同じように思われますか?)
[2014/9/1 20:27:52] Mさん: Yes!!(はい!)
[2014/9/1 20:28:40] 先生: I think we achieve SATORI today! thats all i wanted to explain you have a good night Maya! PLease, think about it(私たちは今日悟りを開いたと思います。これが私があなたにご説明したかったことのすべてです。おやすみなさいMさん。今日お話ししたことについて考えてみられてください)
[2014/9/1 20:31:13] Mさん: Wow..! SATORI...!! Now I know why psychology relates to learn language a little bit (おお・・悟り・・!私はなぜ心理学が言語学習に関係しているのか、少しわかったような気がします))
[2014/9/1 20:31:35] Mさん: :D (英語で笑顔を表す際の表現:顔を90度傾けてご覧ください)
[2014/9/1 20:34:12] 先生: (y)(y)(y) ((yesを表すSkype絵文字)
[2014/9/1 20:35:55] 先生: it is not just psychology!!!! (shake) it is a special science called psycho-linguisitcs it is science focus on mental side of human habits, emotions, feelings etc. in process of study language sooooooooooooooooo important when you jump from one culture to another! Like you jumping from Japan to London!!!(心理学だけではないのですよ。((握手を表すSkype絵文字)) 心理言語科学という、人間の生活習慣、感情の精神的な側面に焦点をあてた、
たとえばあなたが日本からロンドンにジャンプして英語を学ばれているように、人があるカルチャーから別のカルチャーにジャンプして言語を学ぶ際にものすごく重要な、特別な科学の一つなのです)
[2014/9/1 20:36:10] Mさん: I've never thought about why Japanese movie stars or jpop stars can speak English well even though they don't have enough time. I thought they have something "special" tutor who always be with them because the stars are "special" not like other normal japanese(私はなぜ日本の映画俳優や有名な歌手が、英語を勉強する時間などないはずなのに英語を上手に話すことができるのか、考えたことがありませんでした。私は彼らは普通の日本人とは違って”特別”なので、常に彼らについて英語を教えてくれる何か”特別”なチューターがついているのだと思っていました)
[2014/9/1 20:36:16] 先生: thats why we always train our members first about ISHIBASHI!!!(だから私たちは私たちの生徒さんにまずはじめに石橋についてお教えするのです)
[2014/9/1 20:37:53] 先生: "special (”特別”)
[2014/9/1 20:39:06] 先生: "SPECIAL" - it is really badly used word in Japanese language!!! It always makes people feel bad! because like you said! You dont think you are special! so automatically, you think about yourself you cannot do special things like fast progress in english!!!!(”特別”-この言葉は日本語においてよい意味をもって使われていると思えません。この言葉によって人々が前向きになることはないように思われます。あなたがちょうど今言われたように!あなたはご自分が特別だとは思われていないのですね!そう思うことは自動的に、あなたは自身が何か特別なこと、例えば英語を早く上達させることなどできないと思っているということです)
[2014/9/1 20:39:37] 先生: "TUTOR" - you used in your explanation - also makes me thing, you dont fully understand the meaning of that word!(”チューター”-あなたはチューターという語も使われました。これによってもまた私はあることに気が付きました。あなたはこの言葉の意味を理解していません。)
[2014/9/1 20:41:41] 先生: well, tutor, means only SEMPAI who helps KOOHAI! it is never professional teacher, never professional educator or linguistics science based curriculum or program! So as you can see it is impossible to improve with the help of native speaker tutor only!(チューターというのは、単に後輩を教えている先輩のようなものです。チューターは専門の教師ではありえません。プロの教育者でもなければ、言語教育科学に基づいたカリキュラムやプログラムを教えているわけでもありません。だからあなたもご存知のように、たとえそのチューターがネイティブスピーカーであったとしても、チューターだけで英語を伸ばすことはできないのです。)
[2014/9/1 20:41:45] 先生: ---------------------------------------------------------------------------------------------
[2014/9/1 20:41:56] 先生: wake up M! wake up! (目を覚ましてくださいMさん!目を覚まして!)
[2014/9/1 20:42:00] 先生: Talk to you soon!(またお話しましょう)
[2014/9/1 20:42:04] 先生: I need to go! (私は行かなければなりません)
[2014/9/1 20:42:19] Mさん: Eeeeeeeeeee!!!!!!??????(えぇぇぇぇぇぇぇ!?)
[2014/9/1 20:42:28] 先生: please, start waking up and: do 1) 2)(どうか目を覚ましてください、そして(1)と(2)を始めてください)
[2014/9/1 20:42:52] Mさん: I didn't know "tutor" has that meaning!!(チューターがそんな意味をもっているなんて知りませんでした!)
[2014/9/1 20:43:03] 先生: think about REORGANIZE, REALIZE first, then we will help you with CHANGE AND CREATE!(まず認識することと再構成することについて考えてください。それから私たちはあなたが変化と創造をするのをお助けします)


*****お知らせ*****

私がバンクーバーで個人で英語を習った先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。先生の次の来日まであと一週間を切りました。

先生と、その先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられた元生徒さんのOliviaさんが、10月11日(土)と13日(月)(日時が変更になりました)に、東京と京都で説明会を開催されます。

説明会開催直前となりましたので、説明会への参加を希望される方は、OliviaさんへメールかSkypeで直接ご連絡をお願いします。
Oliviaさんの
・メールアドレスはolivia.jpca<あっと>gmail.com(注:送信の際には<あっと>を@に変えてください)
・SkypeIDはmake_hay_while_the_sun_shines
です。

*説明会への参加は無料です。
*今既にレッスンを受けられておられる方も受けられていない方も参加できます。
*詳しい日時と場所についてはOliviaさんからご連絡させて頂きます。

先生は今中国で説明会を開催中です。
バンクーバーには私が習った先生の他にも先生がおられます。今年は他のカナダ人の先生方も一緒に来日をされる予定だそうです。(先生の来日が9月ではなく10月となったことから、フィリピンでのレッスンの開始も10月となるそうです。)

英語を使って働く、旅行する、友達を作る、海外でしかできないことをする。
そのために
海外に渡る前に準備しておくべきこと、
日本語と英語のカルチャーとは何か、
時間をかけずに英語が話せるようには具体的に何をどうすればよいのか、
英語のレッスンの一環で旅行に行くとは、どういうことなのか、
王道のカナダワーホリ/留学にしないためにすべきこととは、何か?

日本語を交え日本で直接先生とOliviaさんがご説明し、アドバイスを差し上げます。

何も準備をせず、何もわからず、英語も話せないままにカナダに渡る・・のではなく、石橋を叩いてからカナダに渡ることができます。

***重要:レッスン料の割引キャンペーンについて***
誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。にある5つの動画、またはカナダで何年暮らしても、カナダ人の友達を作るのが難しい・・・ワケ。にある動画と、その下にある「クイズ」を読んで頂き、動画の中からお好きなものを一つだけ選んで(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコース を添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスン料が割り引かれたキャンペーン価格で受講することができるそうです。

カナダに渡るまでに時間をかけて準備をするため、昨年末に行われた、100万円以下で日本にいる間とカナダでのレッスン+サポート+ワーホリ・留学に向けたカウンセリングが受けられるキャンペーンは、既に始まりました。時間をかけて「石橋を叩いてから渡る」ため、今年は去年より早く開始されました。

1)クイズに正解する→キャンペーン価格の適用となる。
2)キャンペーンに申し込む。
3)カナダに渡る前の段階からのSkypeレッスンとカウンセリングの開始。
(カナダへの渡航が今年または来年2015年でも、2014年のキャンペーンに申し込まれていれば2014年のキャンペーン価格を使うことができます)

という流れになります。

今年のキャンペーン受付終了日は12月30日、先着100名様限定となっているそうです。

キャンペーンには説明会に参加される方も参加できない方も、カナダに渡るのは今年の方も来年のご予定の方も、申し込むことができます。

*******

先生のレッスンは今年からSkypeでも行われています。
Skype及び対面での、カナダに渡る前の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をし、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

説明会開催直前となりましたので、説明会への参加を希望される方は、OliviaさんへメールかSkypeで直接ご連絡をお願いします。
Oliviaさんの
・メールアドレスはolivia.jpca<あっと>gmail.com(注:送信の際には<あっと>を@に変えてください)
・SkypeIDはmake_hay_while_the_sun_shines
です。

またこれまでにご連絡先をお知らせ頂いているにも関わらず先生からのメールが届いていない方がおられましたら至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     
関連記事

コメント

Re: こんにちは!

> 私は来年の4月からワーホリでカナダに行く予定です。
> 今まで、典型的な日本人的ワーホリの過ごし方を考えていました。
> しかしCocoさんのブログを読んで、もっと有意義なカナダ生活を考えるようになりました。
> ただ海外に行っただけの日本人にはなりたくありません。
> 是非先生のレッスンを受けてみたいです。よろしくお願いします!

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。
Coco

Re: No title

> 初めまして!
> ずっと読ませていただいている者です。
> いつか行きたいと思っていたワーホリについに旅立ちます。
> このブログを読んでから学校に行くのを辞めました。
> その教えてくださった先生のご連絡先を教えていただけますか?
> もう5日にはバンクーバーへ旅立ってしまうのですが・・・
> よろしくお願いします。

初めまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。
Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ