「英語が話せるようになる」ために有効な英語の勉強の仕方、とは?

私がワーホリでカナダに渡って、語学学校に通っていた頃の時間の使い方は
「語学学校に通って英語を勉強(=暗記)し、放課後や週末も図書館で英語を勉強(暗記)。」であった。

そういう時間の使い方しか知らなかったし、カナダで生活をしているにも関わらず英語が話せない以上、そうするしかないのだとも思っていた。

「学校に通って英語を勉強し、放課後や週末も図書館に行って勉強している」と言うと、周囲の人たち(学校の先生やホストファミリーはもちろん、エージェントの人)に必ず褒められたし、「模範的で真面目な生徒」だと、言われた。

けど「英語を勉強していること」に対して褒められはしても、肝心の「自分の英語」が褒められたことは一度もない。
ネイティヴイングリッシュスピーカーと話す機会があっても、いつも見下されている(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。を参照) か、子ども扱いされている感じ(英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?)がしていた。

刻一刻と自分がワーホリでカナダに滞在できる時間は少なくなっていくが、時間に比例して自分の英語が変化している気がしなかった。もう一度言うが、毎日「語学学校に通って英語を勉強し、放課後や週末も図書館で英語を勉強」しているにも関わらず、である。

だから、私なんかが英語を勉強したって、結局話せるようにはならないのでは・・・日本人で英語を話せるようになる人というのは、何かしらの才能がある人だけなのであって、自分には無理なのでは・・・「それなのにわざわざカナダに来たこと自体、間違いだったのでは・・・・・・・と、考えても答えが出ないことを、ぐるぐると考え続けていた。

★★★★★

語学学校に通っていた頃、授業に出て、そこで習ったことを「放課後使ってみよう」と思ったことなど、一度もなかったような気がする。

なぜなら「海外で語学学校に通って英語を勉強する」と言っても、そこで行われていることは私たちが日本の中学高校で受けてきた英語の授業の延長のようなものだから。

例えば文法は、「I study English.は動詞がpresent(現在形)の文章で、 I am studying English.はpresent continuous tense(現在進行形)の文です。」などといったことは、説明してもらったような気がする。でも肝心の、ではそれをどう使い分けたらよいのか?ということはわからなかった。(その場ではわかったような気になるのだが。)・・だから結局現実の世界では使えない。

単語も、教科書が新しい単元に進むごとにたくさんの自分が知らない単語が並んでいて、それが毎週末のテストで出るものだから、その週の間はかろうじて覚えていたかもしれない。でもそれをテストの答案用紙に書く以外に使うことはないものだから、これもテストが終わればきれいに忘れてしまった。・・だから結局、実生活では使えない。

他に慣用句(イディオム)も語学学校ではたくさん習った。しかし慣用句を現実の世界で使うには、その慣用句を言っても意味が通じる会話の流れや状況が必要であり、現実の世界でそんな場面に遭遇したときにはもうそこで使える慣用句を習っていたことすら忘れてしまっている。だから結局、使えない。。。

言語というのは現実の世界で使ってナンボ(英語は単なるツール。それ以上でも以下でもない。)なのに、私は自分でカナダで語学学校に通うという選択をしたことで、ひたすら学校の中(テスト)で使うことはあっても現実の世界では使うことのない”知識(単語と文法と、イディオム)”を増やし続けることだけに時間を費やしていたのであった。

★★★★★

語学学校を卒業した後に個人で受けるようになった英語のレッスンでは、慣用句の代わりに話し言葉のテクニックを習った。 (注:「慣用句」と「話し言葉のテクニック」は、私は当初混同していたのだが、別物である。)

話し言葉のテクニックは、実際にそれが使えるシチュエーションに遭遇するも何も、あるテクニックを習ったら、直後に先生を相手にそれを使って話をするように求められる。(英語が上手くなるには、「とにかく話す」こと?を参照。)
始めは慣れないから照れがあったり、自分がこんな言葉使っていいのだろうか・・と思ったり(日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?)して、なかなか上手くいかないこともある。でもそれもレッスンの中で先生を相手に1回・2回・3回・・・と使っていくうち、いつの間にか違和感なく言えるようになっている。

そして一旦話し言葉のテクニックを習得すると、それ以降はむしろ話し言葉のテクニックを使わずに英語で話す方が難しいし、ネイティブスピーカーではない人の話し方のテクニックがないスピーキングを聞くと、それを不自然とすら感じてしまう

★★★★★

生徒一人ひとりに個性があるのに、それを一緒くたにして一つの教室に詰め込んで、先生の話をただ黙って聞いていさえすればいいというような、そういう”自分が日本で散々受けてきて慣れている英語の勉強の仕方”をカナダでも求める人はたくさんいる。

でもそういう”受身”で”講義暗記型”の勉強の仕方が、「英語が話せるようになる」という目的においても本当に有効なのか、どうか。

答えは考えるまでもない。

だって、日本で「受身」で「講義暗記型」の英語の勉強を中学高校と6年も続けて、それで「英語が話せるようになった」という人にただの一人でも出会ったことがあるだろうか???


*********

12月日本でのレッスン説明会へ参加された方からの感想でメールを掲載させて頂いたSさんから、最近Oliviaさんへ届いたメールをご紹介させて頂きます。(掲載の許可を頂いています。)

Olivia 様

こんにちは!

EthanとのSkypeレッスン、PC前であわあわしながらやってます!(筆者注:Ethanというのは、先生のレッスンの日本人カウンセラーで私のブログの動画にも出ておられます。→単語や文法の暗記などではない・・海外に渡る前に「本当に」すべきこと、とは?

英単語が出てこず毎回悔しいです 笑

教わった事、話した事を英語で話す・・トライしたいのですがここは日本・・
外国人どこにいるかなー喋ってみたいなーと
早く渡航したいような、まだまだ日本で準備したいような、複雑な気持ちです。

・・・前置きが長くなりました。

OliviaさんのBlogに掲載されてました、新パッケージの件についてです。

私が申し込みしました、年末の割引パッケージと、具体的にどう違うのか?
教えて頂きたくメール致しました。
(”お仕事ご紹介”にくらっときたのです 笑))

年の瀬のお忙しい中すみません;

S


また下はSさんへのOliviaさんからの返信メールです。

Sさん

こんにちは!

私のブログに記事にもしましたが、参加費1回500円の英会話クラブが全国にあります。
参加者がほとんど日本人なので、物足りない&話し方のテクニックが通じないかもしれませんが、
トライしたい気持ちをぶつけるにはちょうどいい舞台かもしれません。

出発前と帰国後のご自分の英語を比べるサジとして利用してみることをおすすめします。

日本出発前(NOW)
フィリピンから一旦帰国後
カナダから完全帰国後

英語の映画を見るでもよいし、英会話クラブでもよいし、とにかく同じことをして、英語の成長を量ってみてください!

レッスン修了後に英会話クラブに参加すると、「英語圏に住んでいたんですよね?」「どうしてそんなに英語がお上手なんですか?」などと言われます。
これを私たちは道場破りと呼んでいます。
道場破りしてくださいね!

ご質問の件ですが、セブ+バンクーバーの対象は、英語がゼロな方、シャイな方、マリンライフを満喫したい方、南国と北米の2つを一度に味わいたい方向けです。

セブでは月~金まで1日7時間のスパルタスケジュールで、話し方のテクニックと文法を中心に学びます。
ここでの目標は、英語を話すことへの抵抗をなくす、ご自分の英語に自信を持つこと。
プログラムと先生方は、生徒さんの成長に尽力を尽くしますが、もちろん生徒さんご本人の頑張りによるところも大きいので、途中で、もうどうでもいいや~とならないように、がんばってくださいね!

バンクーバーに渡った後は、仕事の面接の練習や履歴書の書き方のサポートが含まれています。

仕事の紹介や斡旋はしませんが、レッスンの中で、「○○系の仕事がしてみたい」、と先生に伝えたら、絶対とは言えませんが、その仕事探しのヒントをくれるかと思いますよ。

セブで毎日みっちりやった分、バンクーバーでは、わりとリラックス気味のレッスンスケジュールです。(基本的には一回90分×週に3回ですので)

これにも理由があって、、バンクーバーに渡ったら、友達作りやイベントやボランティア参加、旅行、バイトなどなどやりたいことが盛りだくさんだと思うんです。

Sさんは現時点でSKYPEレッスンの内容を使ってみたい!とウズウズしていらっしゃるようなので、セブ後は、今の1000倍ウズウズしていると思いますよ。
行動的なSさんですから、時間がいくらあっても足りないんじゃないかな?と思っています。

一方、WSGは、最初からバンクーバーなので、英語がゼロの方にはおすすめしていませんし、ご覧の様にスケジュールも過密ですのでやる気と体力のある方向けです。
ワーホリで海外生活体験(旅行などリラックス重視)をしたいわ!というより、海外で仕事の経験を増やしたい!という方向けですね。

追伸:
WHビザ、海外旅行傷害保険の準備は順調ですか?

Olivia



*******お知らせ*******

私がバンクーバーで受けていた英語のレッスンの先生が、現在バンクーバーを拠点に、日本や中国・フィリピンでも英語を教えておられます。

2014年12月からは、その先生のレッスンの体験レッスン(HTC)がSkypeを使って北海道から沖縄まで47都道府県すべて、どこにお住まいでも受けられるようになりました。
(HTCについては、日本とバンクーバーで先生のレッスンを受けられ帰国された、元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログ記事もご参照ください。→ハイブリッドな体験レッスン&英会話クラブの追加お知らせ

また先生のレッスンでは、現在日本におられてカナダワーホリ/留学を考えておられる方は、コースによって先生が来日された時の対面のレッスンだけでなく、カナダ渡航前のSkypeを使っての継続的なレッスンも受けられるようになっています。

カナダに渡る前の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、
"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をし、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです。*コースによりサポート内容は異なります。)というのが目標の一つです。


先生のレッスンには期間も費用もレッスンを受ける場所もサポート内容も異なる幾つかのコースがあります。詳しくはOliviaさんのブログをご参照ください。Culture Expeditions!

先生のレッスンにご興味がある方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
メールアドレスとSkypeIDをご明記の上簡単な自己紹介を添えてコメント欄よりご一報下されば、先生とOliviaさんからご連絡が届くようにさせて頂きます。(その際、携帯のアドレスだとパソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
もしくは過去記事に掲載しています先生orOliviaさんのご連絡先に直接ご連絡されても大丈夫です。

*これまでに私の方までご連絡先をお知らせ頂いているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)

  *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     
関連記事

コメント

Re: No title

> はじめまして。あけましておめでとうございます。
> 四月頃にバンクーバーへワーキングホリデーに行こうと考えており、此方のブログを拝見させて頂きレッスンに興味をもちました!
> もしよろしければ詳細を伺いたいのですがよろしいでしょうか??

はじめまして、
あけましておめでとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。
Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ