カナダに渡る日本人がカナダで成し遂げたい4つのこと。

1.英語がペラペラになりたい。
2.ネイティブの友達がほしい。
3.英語環境で働きたい。
4.カナダ国内、国外含めて旅行したい。

ほとんどの人は、こういうWishing list(カナダでやりたいことのリスト)を心に抱いてカナダに渡るが、カナダに着いて間もなく不安になる。
英語圏の国で英語が話せないとは一体どういうことなのか。
・・・現実にぶち当たって初めて気が付く。

言いたいことが言えない。
相手の話が理解できない。
英語を話しているつもりなのに通じない。

自分が日本でしてきた勉強とはいったい何だったのか・・
ショックを受けつつも、どうにか英語が話せるようになりたいと願う。

そして、「みんな」がしている英語の勉強をカナダでやってしまう。

つまり、留学エージェントが言うように語学学校に通って勉強をする。

そして日本で散々してきた単語の暗記や、文法の暗記、イディオムの暗記をカナダでも繰り返し、
半年も過ぎる頃、
自分のWishing listの中のただ1つも叶えられていないことに、気が付く。

結局、働けないので資金不足に陥り予定よりも早く帰国することになったり、
カナダで生活してはいてもいつも一緒にいるのは日本人かESLの友達で、
カナダ人の友達は一人もいない・・なんて、本当にありふれた話である。

しかもそういう人たちに限って、
「バンクーバーは日本人が多くてつい日本語を使ってしまうから、英語を伸ばすのが難しい」とか、
「バンクーバーは留学生が多いからイティブの友達を作るのが難しい」とかいう言い訳をし始める。

バンクーバーが悪いのではなく、
バンクーバーに住んでいる人たちが悪いのでもなく、
単に自分が英語を学んだ方法(学校に通って日本で散々してきたことを繰り返すこと)が、
英語が話せるようになるのを難しくするし、
ネイティブの友達を作るのも難しくする方法だっただけなのだが、
それにはまず気が付かない。


一方、語学学校になど行ったことがないのに
Wishing listをすべて叶える人もいる、

いや、語学学校に行っていないからこそWishing listをすべて叶えることができるのだと言った方が正しいかもしれない。

カナダで「みんな」がすること(語学学校に通う→日本食レストランで働く→友達は自然、日本人や留学生に限定される)
をせず、「自分」を信じて行動したからこそカナダですべてのWishing listを叶えることができた日本人ワーホリ経験者。
その一人が、既にこのブログにも何度か登場しているJennyさん(イングリッシュネーム)である。
【Jennyさんが筆者の一人になっているブログへはこちらから飛べます↓】
日本人にありがちな答え方
【Jennyさんへのインタビュー記事はこちら↓】
バンクーバーで「自分はラッキー」だと思う理由。

(このブログの過去記事には他にもJennyさんの動画や写真やエピソードなどが多々あります)

日本で、私がバンクーバーで英語を習っていた先生のレッスンを受けていたときのJennyさん
↑一昨年:日本で、私がバンクーバーで英語を習っていた先生のレッスンを受けていたときのJennyさん

Vancouverの空港に到着したばかりのJennyさん
↑去年:Vancouverの空港に到着したばかりのJennyさん

レッスンの一環で南アメリカに旅行しているときのJennyさん
↑今年:レッスンの一環の旅行で先生と他の生徒さんと一緒に南アメリカ旅行中のJennyさん

***お知らせ***
来月9月、Jennyさんが日本に帰国することに決定されたそうです。それに伴い、現在カナダ留学やワーホリを考えておられる方は、日本に帰国されるJennyさんとSkypeや対面でお話することができるそうです。Skypeや対面で直接、英語や海外生活、仕事について、または現地での友達の作り方といった、実際にそこで生活している人だからわかる情報を、日本にいるうちに聞くことができます。

ご興味のある方はこちらのブログへご連絡頂くか、
先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログ、または私と同じ先生のレッスンをバンクーバーで受けられた生徒さん達が書かれているNAKAMA CANADAのブログからご連絡ください。(連絡先が載っています)

*これまでに先生またはOliviaさんにご連絡をされているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ