時々感じたワーホリへの差別

ワーホリでバンクーバーに渡ってから出会った日本人に、「私は留学(語学学校ではなく現地の大学や大学院に入って学位を得ること)ではなく、ワーホリでカナダに来ました」と言うと、何となくよそよそしい態度になる人が、時々いた。

【ワーホリ = 英語も話せず海外に来て、フラフラ遊び、結果、英語もろくに話せないまま日本に帰っていく】

そういうネガティブなイメージが彼らの頭の中にあったからだと思う。
・・いや、そういうイメージを持っている人たちは、今も確実にいるだろう。だって、日本人のワーホリの一般的なスタイルは、私がワーホリをした時からとくに変わったとは思えない。英語が話せないまま海外に行くため、現地でも日本人だけでつるむことになり、結果、英語が話せないまま帰国する。・・ワーホリのよくあるパターンである。

これがもし日本から、海外の「語学学校ではない学校」への留学となると、まず日本にいる間にTOEFLで一定レベル以上の点数を取る必要があったりする。留学の前に、私には現地の学校の授業についていけるぐらいの英語力がありますよ、と証明しないといけないわけである。
一方、ワーホリは、英語など別にできなくても、ビザ申請用のお金と航空券代、さらに当面の生活費がありさえすれば誰でもできる。

言い換えれば、ワーホリへのハードルは、現地学校への留学に比べて、格段に低い。そしてハードルが低いからこそ、上記のような、ワーホリへのネガティブなイメージが作られていったのだと、私は思う。


一般的に、日本人はリスクを取るのが嫌いだと言われる。日本人は何事にも慎重で、時間をかけて行動する、と。
でもなぜかワーホリにおいては、ワーホリに行く前に慎重に準備するということはあまり一般的ではなく、「何とかなる」で済まされてしまうのが私には不思議でならない。
かく言う私も、英語が話せないまま「何とかなる」でカナダに渡ったことを後悔した一人だから、余計にそう思う。

たしかに、海外に行っても英語が話せないなら、常に日本人とつるむなりして、日本語だけで生活していくことはできるだろう。
でもそれは、何も海外まで行かなくても、日本で十分できることではないだろうか。

海外に住むのであれば、現地の言葉で現地の人々と話ができた方が、何倍も何十倍も生活が楽しくなる。


***お知らせ***
「海外に渡ったのに英語が話せない」という後悔をしないために、まずフィリピンで1ヶ月英語を特訓し、その後カナダやオーストラリアにワーホリすることができます。
その名も イングリッシュ・ブートキャンプ ティーチャーズ ホームスティ( English Boot Camp Teachers Home Stay)と言い、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生のレッスンを1ヶ月間、集中的に受けることができます。

◎イングリッシュ・ブートキャンプはフィリピンのセブ島で、月曜から金曜まで1人の生徒さんに2人の先生がつき、毎日7時間行われます。プラス、週末も別の先生が2人つき、毎日7時間、ずっと英語漬けの環境です。
つまり、1人の生徒さんに合計4人の先生がつきます。

◎レッスンの時間は、1週間で
月~金:1日7時間×5日=35時間
土&日:1日7時間×2日=14時間
の、合計49時間、
1ヶ月(4週間)では 49×4= 196 時間 のレッスンになります。

◎イングリッシュ・ブートキャンプは2015年の3月に開始され、6月、10月、2016年の2~3月に続き、次回が第5回目となります。

◎さらに滞在先は現地の先生の一人のお宅に宿泊になります。
よって実質的に、朝起きてから夜寝るまでずっと英語に触れる環境になります。

◎レッスン費用には、毎日3回の食事日本からフィリピンへの往復航空券空港への送迎が含まれています。

◎フィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプを終えた後、1年以内にカナダかオーストラリアへのワーホリを考えていらっしゃる方は、
カナダでのレッスンが1ヶ月無料になる、
もしくは
・先生との「英語の面接」を受け、その英語の上達度合により、カナダまたはオーストラリアでのレッスン費用が最大40%割引になる、
このどちらかを選ぶことができます。

◎レッスンには宿題も暗記も教科書すらありません。
とくに勉強している気はしないのに、1ヶ月後には英語が話せるようになっています。

★・・とは言え、どんなレッスンなのか、より詳細を知りたい方は、レッスンの窓口として、現在バンクーバー在住の元生徒さんとSkypeで直接お話ができます。
下の写真のJunさんは、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生の同じレッスンを受けられ、現在バンクーバーに住んで2年目の日本人女性です。Junさんはレッスンの一環で行く旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)にも参加されたことがあります。
Junさんが更新しておられるfacebookのページはこちら→YCDI(You Can Do It)
JunさんのLINEまたはSkypeアカウントを知りたい方は私までご連絡下さい。

Junさん

★また、レッスンに参加される方(メンバーとなった方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。
・そのうちのお一人は、フィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプを終えられ、現在カナダで仕事に応募されたばかりとのこと。
・もうお一人は、先日の南アメリカでの旅行
ボリビアのウユニ塩湖を旅行中の生徒さん達:動画1
ボリビアのウユニ塩湖を旅行中の生徒さん達:動画2
を終えられ、現在カナダで2つの仕事を獲得されているとのこと。それも、面接時にカナダ人のマネージャーから
"Man, your English is really nice! Wow, I didn't know the Japanese in Vancouver, can speak like you!"
(君、英語上手い!カナダにいる日本人が君みたいに英語話せるなんて知らなかったよ!)
と、言われたそうです。

レッスンにご興味のある方、詳細を知りたい方はコメント欄からご連絡ください。
*これまでに先生にご連絡をされているにも関わらず先生からのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     
関連記事

コメント

Re: No title

> はじめまして。
> 来年からバンクーバーに一年間ワーホリに行こうと思っており、イングリッシュブートキャンプについて詳しく知りたいと思っています。
> どうぞよろしくお願いいたします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認お願いします。
Coco

Re: No title

> こんにちは!
> レッスンに興味を持ち、詳細をお聞きしたいです。
> よろしくおねがいします、

りかこさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ