ワーホリのリアル。ESLに通うことで始めの3ヶ月を棒に振る。

日本で英語を勉強するのと、海外で英語を勉強するのとでは、どちらが効率的か


きっと多くの人は、日本で勉強するより英語圏の国に行ってから英語を勉強した方が効率的だと思っているはず。
私もカナダでワーホリをする前はそう思っていた。

「日本で英語を勉強するといっても、日常では使わないからいまいち身が入らないというか。」
「海外の英語環境で暮らして、(語学)学校に通って、そこで一気に英語力を上げるのがいいんじゃないの?」
と思っている人もいることと思う。

もちろん日本より英語圏の国で英語を勉強した方が、英語を伸ばすチャンスには何倍も恵まれている。
それは間違いない。

しかしだからといって、英語圏の国で生活をすれば自動的に英語が話せるようになるわけではない。
英語圏の国で生活しても英語が話せるようにならない、理由?を参照。)

ワーホリのリアル①英語環境で生活するからと言って英語が自動的に伸びるわけではない。


「英語環境」にいればリスニングもスピーキングも自然に伸びていくはず。
多くのワーホリメーカーや留学生は「英語の勉強は現地に着いてからでいい」と考え、先延ばしにする。

たしかに私の経験から言っても、10社以上の留学エージェントに相談しても「まあ日本ではTOEICの勉強とかしておいたら。現地でレジュメにスコアも書けますし。(実際は日本と韓国以外ではTOEICはメジャーではなく、スコアを書いたところでほぼスルーされるがその話はここでは置いておく。) とりあえず海外で(語学)学校に通えば大丈夫ですよ」と言われた(英語が話せるようになる具体的な方法って?)し、まあそんなものなのかな?と思ってしまうのも無理はない。

私はカナダへワーホリに行く直前、TOEICの勉強とか英会話集の例文を覚えたりとか、そういう「英語の勉強」をしてはいたが、しかしそれをしたところで自分が英語が話せるようになっていっているとは全然思えなかった。

思えなかったけれど、でもそれ以外にどうしたらよいのかわからなかった。

とくに日本で英語を使う仕事をしていたわけでもないし、身近に英語を話す人もいなかった。

だから、何回も繰り返し聞いているCDは聞き取れても目の前にいるネイティブが話す英語が理解できないこと、
英会話集に書いてある例文を覚えても実際に必要な場面では使えないことも
バンクーバーに着いて初めて実感したが、後の祭りであった。



現実は、カナダに着いた途端に魔法のように英語が聞き取れるようになるわけではなく、
当然ながら、急に英語が口をついて出てくるようになるわけでもない。

どんなに英単語や文法を暗記しても英語に自信がつかない理由。 にも書いた通り、日本では多くの人が「英語の勉強だと思ってしていること」=「単語や文法の暗記」では、英語のごく限られた一部(20%)しか学べていないため、そのまま英語圏の国で生活を始めたところで自然に英語が伸びていくかというと・・・

まあ、難しい。

それに海外で生活していようが何だろうが、語学学校(ESL)で学ぶことも結局は、日本でずっと勉強してきた「単語と文法の暗記」を今度は英語で教わるだけであり、変わらない。

ワーホリのリアル②ワーホリビザを持っているからと言って英語を使う仕事ができるわけでもない。


英語が話せない限り、日本人でありワーホリのビザを持っているからと言っても、英語圏の国に着いてすぐ英語を使う仕事ができるわけでもない。

英語圏の国に着いてすぐ、どころか、海外で生活してESLに3ヶ月通っても英語に自信がもてず、もしくは英語を使う仕事に応募しても落とされてしまうなんて話はありふれている(だからESLの日本人のクラスメイトはほぼ100%日本食レストランで、韓国人クラスメイトは韓国レストランでバイトをしていた)し、私もバンクーバーでESLには3ヶ月通ったが、卒業する頃になっても自分が英語を使う仕事ができるとは到底思えなかった。


ワーホリのリアル③ほとんどのワーホリメーカーは現地で始めの3ヶ月を棒に振っている。


(私もご多聞にもれずだが)海外で1年ワーホリができるとはいえ、多くの人はエージェントの人に言われる通り最初の3ヶ月語学学校(ESL)に通う。つまりそれは多くのワーホリメーカーは現地で最低3ヶ月もの時間を不意にしているということである。

それもこれも原因は、日本にいる間の準備不足と、英語のごく限られた一部(20%)の勉強(単語と文法の暗記)を続けていることにある。

日本にいる間から英語を勉強、といっても単語や文法の暗記ばかりしているのではなく、英語の単語と文法以外の部分を3ヶ月間勉強することで、
海外に着いたその週に、英語の先生達から"CONFIDENT SPEAKERS"(自信をもって英語を話せる人), "ADVANCED CONVERSATION SPEAKERS"(上級話者) と呼ばれるぐらい、リラックスして英語を話せる状態になっていたり、
自分一人で英語を使ってカナダの銀行口座を開設できるくらいの英語力を身に着けることは、全然難しくない。

・日本にいる間にはとくに何もせず、もしくは単語と文法の暗記だけをして、
カナダに着いたら語学学校(ESL)に3ヶ月通い、また単語と文法の暗記を続け、揚げ句に英語を使う仕事ができるという自信も持てずに1年のワーホリを終えるのか。
それとも
・日本にいる間に英語の単語と文法以外の部分を3ヶ月間勉強してワーホリに備え、
カナダに着いたら生活に必要なことはすべて自分の英語で対処できるどころか、着いて1ヶ月目には英語を使う仕事を始め、1年のワーホリを「仕事で英語を使えるレベルになった!」という自信をもって終えるのか。

・・・さて、どちらの方が良いだろうか?



***お知らせ***
私がカナダのバンクーバーで語学学校(ESL)に3ヶ月通っても自分が英語を話せているとは思えず、その後英語をマンツーマンで「英語の単語と文法以外の部分」を同じ3ヶ月間学び、今度は英語が話せるようになったレッスンが、現在オンラインでも受けられるようになっています。

その名もEnglish Boot Camp ONLINE(イングリッシュ ブートキャンプ オンライン)で、日本にいながらにして「英語の単語と文法以外の部分」が学べます。

1週間に1回、1回1時間×3ヶ月(全12回)で、単語でも文法でもない、
3.スピーチスキル/話し言葉のテクニック (世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。これは日本語でも英語でも、言葉は違えど、世界のどの言語でも共通です)が学べます。

スピーチスキル/話し言葉のテクニックは全部で13種類あり、1週間に1回、1回1時間×3ヶ月(全12回)ですべてマスターします。

レッスンはSkypeを使って行い、グループレッスンです。
毎週都内でトライアルレッスンも行っています。

**********
下は、現在フィリピン・セブ島でレッスンを受けておられる生徒さん達の写真です。
フィリピンでのレッスンは、その名もイングリッシュ・ブートキャンプ ティーチャーズ ホームスティ( English Boot Camp Teachers Home Stay)と言い、1ヶ月間セブ島で集中的に英語を学べるコースです。

English-Boot-Camp-CEBU-2017Mar-9

English-Boot-Camp-CEBU-2017Mar-2

English-Boot-Camp-CEBU-2017Mar-1


**********

レッスンにご興味がある方、トライアルレッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

東京都内であれば筆者であるCocoが直接お会いしてお話させて頂いています。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ