カナダで英語を話すと子ども扱いされているように感じていた理由。

35歳のメキシコ人留学生と日本語で話しながら、「子どもと話しているみたい」と感じていた私。


私がカナダのバンクーバーでワーホリを始める前、まだ大学生だったころのこと。

学部の友達が学生支援課が募っている交換留学生のサポートのボランティア(役所での手続きや携帯の契約など、日本での生活に必要な諸々の手続きに同行して手助けしたり、日本での生活に馴染めるように相談相手になったりする)をしていた。

当時の私は、友達からボランティアに誘われても「留学生のサポートなんて、英語も全然話せないし、とてもとても・・」と思い、挑戦はしなかったのだが(当時は消極的だったので・・)、その友達と、彼女がサポートしている留学生とで、何度か一緒に遊びに行ったりしていた。

その留学生は、メキシコ出身の35歳男性で、母国では美術の教師をしていた、とのことだった。

しかし日本語で会話をしていると、私は、相手は自分よりもずっと年上であるにも関わらず、
「小さな子どもと話しているみたい・・」と感じていた。

その留学生が、日本語の授業で書いたという作文を見せてくれたこともあるのだが、
全てが拙いひらがなで書かれているその作文は、どう見ても私には小学1年生が書いたものにしか思えなかった。

しかしその後数年して、カナダでワーホリを始めた私は、今度は自分自身がその留学生の立場になっていることを痛感する。

カナダで、今度は自分が子ども扱いされていた。


カナダに着いた私は、早速エージェントに勧められたホームスティを始めたのだが、
私の英語力では、自分と年の近いホストブラザーやホストシスターとも深い話などまるでできない。
会話をしようにも、相手が言っていることもよくわからなければ、何とか単語をつなげて話す(しかもそれが通じているのかどうかもわからない・・)ことしかできなかった。

そのため、カナダで英語を話そうとすると、いつも自分は相手から子ども扱いされているような気がしていた。

何とかホストファミリーと会話らしい会話ができるようになりたいと、語学学校(ESL)に通い一生懸命英語を勉強してはいたが、
かと言って自分の英語が伸びているという実感も持てず、
結局最後までホストファミリーとあまり上手くコミュニケーションをとることができなかったことは、今でも少し残念に思っている。

ホームスティを止めてシェアハウスに移ったのと、ESLを卒業して英語を個人で学び始めたのとは、ほぼ同時期のことだった。

外国語を話す時に自分の本当の年齢を感じられないのには理由があった。


なぜ私が大学生だった時に、35歳のメキシコ人留学生と日本語と話しながら、子どもと話しているかのように感じていたのか。
なぜ自分がカナダでワーホリ中にESLに通っていた間は、同い年のカナダ人ホストファミリーから子ども扱いされているように感じていたのか。

この理由がはっきりわかったのは、英語を個人で学ぶようになってからであった。

それは、メキシコ人留学生は日本語の単語や文法は使ってはいても、日本語の文化(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと)や、
言語音楽(イントネーションやアクセントや発音など、その言語の発声に関わる全てのこと)や、
スピーチスキル(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方)
は、使っていなかったから。

そしてカナダで英語を個人で学び始めるまでの私は、英語の単語や文法は使っていても、英語の文化言語音楽スピーチスキルなんて知らなかったし、当然使えてもいなかったから、である。

(関連エントリ:英語を効果的に勉強する


*****お知らせ*****
私はカナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)で英語を学んでも英語が話せるようにならなかったため、個人で英語レッスンを受けるようになりました。
その個人レッスンでは「暗記なし・教材なし・宿題もなし」の学習方法で英語を学びました。(英語を効果的に勉強するを参照。)
そのおかげで、ESLに通ったのと同じ3ヶ月で、今度は現地の人とも臆することなく英語で話せるようになっていました。

そのレッスンが現在はSkypeを使ってオンラインでも受けられるようになっています。

***重要***
私がカナダで個人で英語を学んだ先生が、6/23(金)~25(日)日本にいらっしゃり、東京都内でワーホリ・留学を予定されている方へ向けた説明会を行います。
参加を希望される方は、コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

******

私がカナダでレッスンを受けていた時は先生一人で教えておられたのが、5年以上が経った今は複数の先生方がいらっしゃり、
場所もカナダだけだったのが、フィリピン・オーストラリア・オンラインと、受けられる場所も大きく広がっています。
語学学校(ESL)に通うよりも安く、効果的に英語が話せるようになる方法が学べます。


私がカナダで受けていた英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、6月東京で行われる留学・ワーホリ説明会への参加を希望される方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ