エージェントでも教えてもらえない、ワーホリ留学の現実。

カナダのバンクーバーで実際にワーホリ留学して気づいたこと。


それはすごく重要なことなのに、
日本にいる人には知られていなくて、
海外でそれを実際に経験した人すらですらしばしば気がついていないこと。

そして、どの留学エージェントに相談しても、教えてもらえないこと。

1つ目は、海外で語学学校(ESL)に通って英語を勉強しても、そこでの勉強の仕方は、日本の学校の英語の授業で散々してきたことと変わらない、ということ。
(つまり、海外のESLで習う英語の勉強は、日本の学校での勉強と同じように、教材を使って英語を暗記することだということ。)

2つ目は、海外のESLでも日本でしてきた英語の勉強と同じことをするからこそ、ESLを卒業する頃になっても英語に自信がもてるようにはなっておらず、
(お金に余裕のある人は)通学期間を延長したり学校を変えてさらに英語を勉強し、
(余裕がない人は)学校に通う以外の方法、つまりお金をかけずに英語を勉強する方法は何かないものかと探し求めている、ということ。

(1→世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。
2→留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?
を参照。)

英語が話せるようになるには具体的に何をすればよいのか。ワーホリする前はわからなかった。


私は元々高校生ぐらいの時から留学をしてみたいと思っていた。
「英語が話せるようになりたい」という、漠然とした思いがあった。

けれど高校でも大学でも実際の行動を起こすことまではできず、大学を卒業し働き始めた後、友達に誘われてカナダを旅行したことが、その後カナダでワーホリをするようになったきっかけである。

けれどいざワーホリをしようと決めたものの、自分の周りにワーホリや海外留学をしたことがある人などおらず、
主にネットを使って情報収集をしていた。

そこで初めて語学学校(ESL)というものの存在を知り、
まず第一に、「なぜかどのサイトもまずは語学学校(ESL)に通うことを推奨しているんだなぁ」、と思った。

ワーホリビザというのは、現地での就業・勉強・旅行などが(学生ビザや観光ビザに比べ)比較的自由にできるはずのビザなのに、
どのサイトにも「現地に着いたらまずは学校(ESL)に通いましょう」と書いてあることに、少し違和感をもった。

私は、日本で英会話スクールに通っているのに英語が話せるようになっていない(ために何年も通っている)人がたくさんいるのに、
海外で英語を勉強するための学校(=語学学校)に行ったからって、本当に話せるようになるのかな??と、疑問だった。

なので、ワーホリ経験者の生の声が聞ける、SNSやブログを読んだりもしていたのだが、
当時カナダで語学学校に通っても、1年やそれ以上住んでも、「満足できる英語が話せるようになった」と書いている人を見つけることができなかった。

カナダで生活をしても、
「友達は日本人ばかり」
「毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???」
「英語のことは・・聞かないで」
「海外に住めば英語がペラペラになるなんて、そんな甘くないよー(汗)」
「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題」
「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい」
(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)

彼らのブログを読む限り、海外留学をしてもまだスピーキングが課題で、帰国してまた英語を勉強し続けなければならないように思えた。

・・・であれば、わざわざ海外に行って英語を勉強する意味は何なのか・・?と、
考えれば考えるほど不安になった。

かと言って、当時は他にどうしたらよいのかもわからなかった。

わからないままバンクーバーに着いて、自分の英語が思った以上に通じないこと、そして現地の人の英語が思った以上にわからないことにショックを受け、
日本にいる間に英語の単語や文法の勉強ではなく、スピーキングの勉強をしてこなかったことを激しく後悔したが、私の1年間のワーホリは、すでに始まってしまっていた。

どうしたらよいのかわからなかったから、結局留学エージェントに勧められた通り、語学学校(ESL)に3ヶ月通ったが、
卒業する頃になってもやっぱり英語が話せるようになるにはどうしたらよいのかわからなかった。

英語が話せるようになる具体的な方法って?を参照。)

ワーホリを経験した今なら、英語が話せるようになるための具体的な方法がわかる。


自分がカナダのバンクーバーで実際にワーホリ留学をしたからこそわかったことは、
留学に関する”プロ”であるはずの留学エージェントの人でさえ、英語を勉強するには語学学校(ESL)に行くしか方法がないと思っているということ。

エージェントの人は、ESLに通っても英語が話せるようになっていない日本人をそれはもう沢山見てきているはずなのに、
それでもやはり、英語を勉強するには語学学校(ESL)に行くしかないと思っている。

例えば、私が語学学校を決める前に相談していたエージェントの人には、「もし(学校を卒業する頃になって)足りないと思ったら、延長すればいいんですよ」と言われた。
「英語が話せないまま帰国」になってしまう、その大きな原因とは?

・・英語が話せるようになるために語学学校(ESL)に通うことを勧められたのに、
その一方で、ESLに通っても英語が話せるようになっていない可能性に備えて、通学期間を延ばすことを事前に示唆している。

これは明らかな矛盾だと思うのだが、
エージェントの人がそんなアドバイスを私にしてきたのは、何も悪気があったわけではなくて、
その人も何年もエージェントをやってきて、”そんなもんだ”と思っているのだと思う。

つまり、ワーホリではまず始めの数ヶ月間語学学校(ESL)に通って、でも英語に自信はつかないのでその後はジャパレスで働くのが、日本人にとっての王道のワーホリパターンであり、
そしてそれがワーホリ制度が始まった何十年も前から綿々と続いているのだから、”それが普通”、”そんなものなのだ”と思っているのだと、思う。
(ここで日本人の、と書いたのはもちろん、日本とは英語の勉強の仕方もマインドも違う、例えばヨーロッパ出身のワーホリメーカーであれば、カナダで語学学校には通わず、着いた直後から働いたりするのも全然普通だから。)

人は、自分が見たことがないもの(数ヶ月でも英語に自信が持てるようになったり、カナダに着いた直後から英語を使う仕事を始められる日本人ワーホリメーカー)は信じられないし、想像もできないものだから。


同様に、何年も何十年も英語を暗記してきて、それが英語を勉強する唯一の方法だと固く信じていて、
私が英語を暗記せずに勉強する方法があり、その方が暗記よりよっぽど早く英語が話せるようになると言っても、信じられないし、想像できない人もいる。

でも私もカナダのバンクーバーで語学学校(ESL)に3ヶ月通っても自分が英語を話せているとはまるで思えず、
その後英語を個人で習うようになり、そこで実際に「英語を暗記せずに勉強する方法」を学び始めて1週間後に、
ESLの元クラスメイトの友達から“何だか前より発音がきれいになったけど、どうしたの?何かあったの?前より自然というか、クリアーよ。”と言われる
(英語を効果的に勉強する:2(言語音楽))
までは半信半疑だった。

だから、そう思う人の気持ちもよくわかる。

自分が実際に見て、経験するまでは、信じられないし、想像もできない方が、むしろ普通である。


結局のところ、百聞は一見に如かず。信じられないと思う人は連絡下さい。


今、カナダでのワーホリ留学を終え帰国して、「英語を勉強している」という人たちと話していてよく思うのは、
「英語がペラペラになりたい」というとは言うけれど、

その”ペラペラ”とはどういう状態を指すのか?
何をもって”ペラペラ”と言えるのか?

その定義が言える人は滅多にいない、ということである。

私がカナダで受けていた、マンツーマンの英語学習では、
英語には、単語や文法だけではなく、他にも学ぶべき分野があり、
具体的に学ぶべき項目が決まっていた。

具体的に習得すべき項目が、技術(スキル)として明示されていた。
英語を効果的に勉強するを参照)


だから、それまで日本の学校の授業や、カナダの語学学校でしていた英語の勉強とは違って、
「いくら勉強しても終わりが見えない」ということがなかったし、
全ての技術(スキル)をマスターすることで「ペラペラ」の状態になるということが身をもって経験できた。

カナダに行くまで英語が話せず(バンクーバーでホームスティを始めた初日に、ホストブラザーに挨拶をしたら笑われたくらい。海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方を参照)、
語学学校のクラスメイトからさえ”あなたは英語を話しているのか日本語を話しているのかわからない”と言われ続けていた私でもできたのなら、今どんな英語レベルの人でも、英語に2~3ヶ月で自信を持つことは可能であるはず。

カナダに着いた直後から英語を使う仕事を始め、カナダに着いて3ヶ月間で英語に自信をつけている日本人ワーホリメーカーが、私以外にも現実にいる。
「ESLでは無理だと思った」、カナダでワーホリ2ヶ月目の生徒さん(Kさん)からの感想。


英語がたった2~3ヶ月の短期間で話せるようになるなんて、実際に見て、経験するまでは、信じられないし、想像もできない。

であれば、
実際に見て(カナダでワーホリ中のKさんとSkypeを使って話す)、
経験(私がバンクーバーで受けていた英語レッスンには体験レッスンがある)
してみたらよいと思う。



***お知らせ***
私はカナダのバンクーバーでワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたがそこでは英語が話せるようにはならなかったため、知り合いから聞いて、英会話スクールともESLとも違う、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)
そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、現地の人から英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。

私がバンクーバーでレッスンを受けていた時は、先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられましたが、
5年が経った今は複数の先生がおられ、レッスンを受けられる場所も、カナダ・オーストラリア・フィリピン・日本(オンライン)と大きく広がっています。

現在はSkypeを使ってオンラインでもレッスンが受けられるようになっています。
→海外に行く前、日本にいる間から、英語の暗記ではなく、英語を使って実際に話すための自信をつけていくことができます。

レッスンプログラムには、ワーホリのサポート(ビザの申請+航空券の取得に関するアドバイス+空港ピックアップ+現地滞在先の確保)や
カナダで英語を使う仕事をするためのjobトレーニング(履歴書の書き方から応募の仕方、面接の受け方までをトータルでトレーニング)が付いたコースもあります。


私がバンクーバーで受けていた、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスン(英語を効果的に勉強する)にご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

現在カナダのバンクーバーでレッスンを修了、英語環境で働きながらワーホリをされている日本人の生徒さんともSkypeで直接お話することができます。

日本で先月、半年間(この方はグループレッスンを受けておられたので半年でしたが、マンツーマンレッスンであれば2~3ヶ月で修了します)のSkypeレッスンを終えられた方から頂いた感想。↓

半年間に渡りSpeaking skill(スピーチスキル/話し方の技術)とGrammar(文法)のレッスンを受けましたが、どちらのレッスンも日本の英語教育では受けられない有意義なものでした。
日本でSpeakingのレッスンは受けていないので、(殆どの日本人はそうですね。)Speaking skill って一体何をするの?と不安でした。
最初のうちはなかなか慣れずちょっと大変でしたが、回を重ねるうちに段々と使い方にも慣れてきて、どういう順番で話して何処でどのスキルを使うか、頭の中で組立が出来るようになっていました。
Grammarも私の感覚ではパズルのような感じでした。
日本でもこういう教え方をしてくれたら、もっと楽に文法が覚えられるのにと思いました。
実は2年半前にウィンブルドンの英会話学校に2週間だけ行ったことがありますが、海外でもこのような教え方はしていませんでした。
初めてのことにチャレンジする時は不安に思いますし、色々と難しく考えてしまいがちですが、
日本の英語教育に疑問を感じていたら、取り敢えずレッスンを受けてみることをお薦めします。
自分に合うか合わないかは、やってみなければわからないので・・・。

Yさん感想をありがとうございました!


***重要***
さらにこれからレッスンへ参加される方は、9月末日までの期間限定、レッスンの費用が最大50%OFFになるSUMMER割引が受けられるコースもあるそうです。

【SUMMER割引のお知らせ】

9/30(土)までに参加申し込みをされる方限定、
カナダ、アメリカ、南米(マチュピチュやウユニ塩湖など)を先生や他の生徒さん達と一緒に横/縦断する旅行(旅行中はもちろんずっと英語を喋りっぱなし。旅行参加者同士の会話はもちろん、現地の人たちにも積極的に話しかけ、レッスンで習ったことを使っていく)も入った英語のレッスンが、最大半額で受けられるそうです。


(旅行については、“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)

トリップアメリカ2
↑アメリカ・グランドキャニオンにて(筆者もレッスンの旅行で行ったことあり)

ジャスパー ロッキーマウンテン旅行16
↑バンクーバーからロッキー山脈までRV(キャンピングカー)でカナダを横断

travel-Uyuni-2
↑ウユニ塩湖
(大きく映っているのが筆者が英語を習っていた先生)

ペルー・マチュピチュ2
↑マチュピチュ




私がカナダで受けていたマンツーマンの英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目で現在はカウンセラーをされている日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.私がバンクーバーで受けていたマンツーマンの英語レッスンをバンクーバーで修了され、現在英語環境で働きながらワーホリを楽しんでおられる、日本人の元生徒さんともSkypeでお話できます。



百聞は一見に如かず。
現在進行形でバンクーバー生活を満喫しておられるワーホリメーカーの話を、直に聞いてみてください。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ