学校では教えてもらえない、英語を話す時に欠かせないもの。

海外に住んでもESLに通っても、「英語が話せない」人がこれだけいる理由


「海外に住んでいるのに英語が伸びない」
「語学学校(ESL)に通っているが英語が上達している気がしない」
「学校に3ヶ月通ったけど英語を使って仕事ができる自信なんてない」

上は私がカナダのバンクーバーでワーホリ留学中によく聞いた悩みで、今もこれらの悩みを持つ人からLINEで連絡をよくもらうし、ワーホリや留学をしている人のブログを読んでいてもやっぱり、この状況は私がワーホリをしていた頃から変わっていないようである。

私もバンクーバーで始め留学エージェントに言われるままに語学学校(ESL)に通って、
3ヶ月経っても自分が英語を話せているとは到底思えなかった。
ジャパレスなら何とかなったかもしれないが、英語を使って仕事するなんて、、
夢のまた夢のように思えた。

いくら英語圏の国であるカナダで英語を勉強するための学校に通っても、
そこですることは日本で中学高校の間ずっとやってきたこと(=英語の単語と文法をひたすら暗記)と同じだから、
それをまた繰り返したところで英語のスピーキングの自信などつかないのだけれど、
でも当時はそれ以外にどうしたらよいのかわからなかった。

今の自分なら、英語を話すためには、単語文法よりももっと重要なものがあるとわかるのだが、当時はそんなこと知らなかったし、分からなかった。

英語を話すために欠かせないもの。
それは英語の文化
その言語を話す上でベースとなる考え方や価値観、行動の仕方、そして人と人との関係性のこと、である。

文化とは何か。それは物体ではないこともある。


文化と言われても、ピンと来ない人も多いかもしれない。
英語ではcultureなのだが、日本は英語圏の国々のように多くの異なる民族が混ざり合って暮らしている国ではないためか、
日本で文化について語られるとき、大体それは「特定の物体」を指しているように思う。
例えばSUSHIやRAMEN、FUJI-SAN、KIMONOなど。

でも実際には、文化/culture は物体ではないことが多くある。

例えば、カナダのカフェやスーパーで、店員が何と言っているか、よく聞いてみてほしい。

日本の文化では、サービスを受ける側(客)とサービスを提供する側(店員)には明確な上下関係があり、
カフェやスーパーで挨拶をするのはまず店員からだし、その挨拶は、「いらっしゃいませ」と、「ありがとうございました」。
店員から客に対して馴れ馴れしく話しかけたりしないし、客から店員に話しかけるということも(商品に関する質問でもない限り)、ない。
それどころか、たとえ店員から挨拶を受けてもお客は最初から最後までずっと無言・・という光景すらよく見かける。

しかし英語の文化では、違う。
日本のように「お客様は神様」なんて言う人はいないし、客とサービスを提供する側の関係も日本よりずっとフラットである。(どころか、むしろ客の方が立場が下なのでは?と思わされることもある。カナダでワーホリを始めたばかりの頃、カナダの小銭に慣れておらずカウンターでもたもたしていたら店員が指でレジをコツコツ、明らかにイライラした態度を示され驚いた。日本ではこんなこと絶対にない!と思った。)

そして、日本の文化とは違い、英語の文化ではフレンドリーであることが重要である。(friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)

だから多くの場合、カフェやスーパーでサービスを受ける側も提供する側も、
関係なく"Hi"や"Hello"や"Hey"と互いに挨拶をするし、
それだけでなく、"How are you?"や"How are you today?"、"How are you doing?"、"How's it going?"などなど、会話が続く可能性のある挨拶をし合っている。

これ、どれも日本語に訳せば”こんにちは、元気?”、”調子はどう?”くらいの言葉なのだが、
そこから会話が発展して、たとえ後ろに行列ができていようが店員も客も楽しそうにおしゃべりしていたりするのがカナダである。

そして商品を受け取る時、お釣りをもらう時、客の側が”Thank you”と必ず言う。
カナダでは、サービスを受ける時に客が最初から最後までずっと無言であるということは、ほとんど考えられない。


対して、日本人留学生や旅行者が"How are you?"、"How are you today?"、"How are you doing?"、"How's it going?"といった挨拶に対して何と答えているか。

まず多くの場合、自分から挨拶をすることがない。
そしてもし店員から挨拶を受けたなら、"Hello!"のただ一言で終わらせる、
もしくは"I'm fine thank you and you? " という、日本の英語の教科書にはなぜか定番の挨拶として載っているが、ネイティブイングリッシュスピーカーは誰一人として使わない挨拶を返している。
そのため、店員と会話が弾むということが起こり得ない。

私はESLに通っていた頃にはよく、カナダの店員て不愛想だし失礼だと感じることがよくあった。
しかし後から考えると、大体それは自分が原因だった。(カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。を参照。)

カナダでは自分から店員に対して"How are you?"、"How are you today?"、"How are you doing?"、"How's it going?"といった挨拶をして完全にOKだし、むしろその方が自然なのに、
カナダで自分からこういった言葉を発している日本人留学生や旅行者を、私は見たことがない。

それでも、さすがに商品を受け取る時やお釣りをもらう時には”Thank you”を言っている人が多いとは思う。

しかし、さらに最後、立ち去る直前に"Have a good day!"、"Have a nice day!"(良い一日を!) などと言う日本人留学生や旅行者はやっぱり見たことがない。
このどちらも現地の人からは頻繁に聞く挨拶であり、これも英語の文化なのに、である。


カナダでの、日々の生活の中で聞いているはずの挨拶でも、
それがそもそも英語の、カナダの文化であると気が付いていなかったり、例え気が付いていたとしても「そんなこと自分が言うのは恥ずかしい/おかしいのではないか」と考え、
日本語の挨拶の中で英語に直訳できる部分(HelloやThank you)は言っても、
直訳できない部分("How are you?"・・や"Have a good day!"・・)は無視されている。

それはまるで、英語の文化の国であるカナダに身体があり、英語の言葉(HelloやThank you)を発しながらも、
頭の中は日本語の文化を離れていないため、日本語の挨拶をカナダでも再現しようとしているかのようである。

単語や文法をいくら勉強しても、文化の違いは見えてこない。


I'm fine thank you and you? も、単語の一つ一つ、文法の一つ一つは、完全に正しい。
でも、そこに英語の文化は、ない。

そして英語と日本語の文化の違いは、日本が明治の昔から伝統的に重視している英語の「単語」と「文法」をどれだけ勉強したところで、分かるようにはならない。

日本で何年も何十年も英語を勉強しようが、英語の文化について学ぶ機会などないし、
せっかく英語の文化をリアルに体験できるワーホリや留学をしていたとしても、
現地でも日本と同様に英語の単語と文法ばかりを勉強しているため、
結果的に1年やそれ以上の時間を過ごしても、ESL(語学学校)に通っても、
「英語に自信がない」と言う人が大勢いる。


・・という私も、カナダで語学学校(ESL)に通っても英語に自信がもてず、その後受けるようになったマンツーマンの英語のレッスンで、英語の文化について学ぶようになるまで、そして、その文化を具体的にどうやって使っていけばよいのかを学ぶまでは、文化について考えたことなどなかった。
日本人留学生・ワーホリメーカーがカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?を参照。)

しかし日本の学校でも海外の学校でも教えてもらうことができない英語の文化について学び、
日々の生活の中でも英語の文化を使うようにしたら、
それに比例するように英語に自信がついていくのを感じた。



*****お知らせ*****
私はカナダのバンクーバーでワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが英語が話せるようにはならなかったため、知り合いから聞いて、英会話スクールともESLとも違う、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)
そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、現地の人から英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。

私がバンクーバーでレッスンを受けていた時は、先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられましたが、
5年が経った今は複数の先生がおられ、レッスンを受けられる場所も、カナダ・オーストラリア・フィリピン・日本(オンライン)と大きく広がっています。
(フィリピンでのレッスンを経て、現在カナダでワーホリ中、インスタやTwitterでも情報を発信しておられるAmiさんがブログも始められました!→My life

ワーホリや留学など、海外に行ってから英語の勉強をスタートするのではなく、
→海外に行く前、日本にいる間から、英語の暗記ではなく、英語を使って実際に話すための自信をつけていくことができるようになっています。

レッスンプログラムには、ワーホリのサポート(ビザの申請+航空券の取得に関するアドバイス+空港ピックアップ+現地滞在先の確保)や
カナダで英語を使う仕事をするためのjobトレーニング(履歴書の書き方から応募の仕方、面接の受け方までをトータルでトレーニング)が付いたコースもあります。


私がバンクーバーで受けていた、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスン(英語を効果的に勉強する)にご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

今年の春からバンクーバーでワーホリ中、到着直後から英語を使って仕事したり、現地コミュニティで友達を作ったりと、カナダ生活を満喫されている日本人の元生徒さんとも、Skypeで直接お話することができます。

*********
日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリや留学を考えている方に向けたプランができました。


ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマンで、今度はスピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。
TOEICスコア


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインの、先生と先生が1人ずつのマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し方の技術を習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、スピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。(レッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。


出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。



レッスンでは、カナダ、アメリカ、南米(マチュピチュやウユニ塩湖など)を先生や他の生徒さん達と一緒に横/縦断する言語旅行(旅行中はもちろんずっと英語を喋りっぱなし。旅行参加者同士の会話はもちろん、現地の人たちにも積極的に話しかけ、レッスンで習ったことを使っていきます。レストランでの毎食のオーダーから、宿のチェックイン・チェックアウト、((希望者は))車の運転、給油などもすべて自分たちで行います。実践で英語を使うため、自信がつきます)に行くこともあります。

今回はスペイン語圏の国を旅したため、生徒さん達は英語だけでなく、スペイン語の文化も見聞きし、スペイン語を使って現地の人とコミュニケーションを取ることも楽しまれたそうです。

(旅行については、“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)


南アメリカ旅行マチュピチュ_6
↑今月行われた言語旅行で、ペルーのマチュピチュにて。

南アメリカ旅行亀_4
↑その後エクアドルに移動。

南アメリカ旅行_2
↑亀が巨大!

南アメリカ旅行亀_3
↑熱心に撮影する先生。

南アメリカ旅行_スキューバ
↑今回はスキューバダイビングも行ったそうです。




ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目で現在はカウンセラーをされている日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"


*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.現在バンクーバーでワーホリ中の日本人の元生徒さんともSkypeでお話することができます。



百聞は一見に如かず。
現在進行形でカナダ生活を満喫しておられるワーホリメーカーの話を、直に聞いてみてください。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ