【動画あり】「1ヶ月の勉強で英語に自信が出てきた」カナダ留学生の勉強法とは?

「英語が話せる」とはどういうことか?そして英語はどう勉強すればよいのか?が分からなかった頃


カナダのバンクーバーでワーホリ留学をするまで、私には英語の勉強が何か「ゴールの見えないもの」に思えていた。

ほとんど「英語がペラペラ話せるようになりたい」という気持ちだけで、
カナダでワーホリ留学することを決めた私であったが、
では一体どういう状態が「英語が話せる」ということなのか?
ワーホリする前の自分には、その定義すらも曖昧であった。

さらには「英語がペラペラ話せるようになりたい」と思ってはいても、
では一体何をどうすればその状態になれるのか?
ということも、さっぱりわからなかった。

だからこの2つのギモンに対する答えは、私にとってどちらも、1年間のワーホリを経験したからこそわかるようになったこと、である。


今の私が考える「英語がペラペラ話せる」の定義は、
「自分の考えや気持ちや感じていることを、日本語と同じくらいのレベルで英語でも自由に表現できること」。

そして、「英語がペラペラ話せる」状態になるには具体的には何をどうすればよいのかというと、
日本の学校教育や海外の語学学校(ESL)で広く行われているような「単語と文法の暗記に偏った英語学習」ではなく、
英語の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。例えば日本語では考える時にええと、、と言うが、英語ではWell...と言ったりする。)
文法
単語
を、バランスよく学ぶことである。

ワーホリする前と後で変わったこと


ワーホリをする前の私は、英語とは関係ない大学の学部を卒業し、英語とは関係ない仕事をしていた。

英語が話せるようになりたい、海外で生活してみたいという気持ちは高校生くらいの頃から元々あった。
でも周囲の声が気になったり、親に資金援助を頼むのも難しい状況だったり、勇気がなかったりして、結局は大学でも留学に挑戦することができなかった。

けれど心の奥底で「いつか海外に行ってみたい」という思いがずっと消えなかったので、その「いつか」のため、就職した当初から留学用に貯金を始めていた。

そしてカナダに学生時代の友達と旅行をしたこと(英語を身につけたいなら、Get out of the box!)が、カナダでワーホリ留学をしようと決めるきっかけになった。

自分が貯金してきたお金をほぼ全部使ってワーホリ留学をするのに、
英語が話せないまま帰国・・というのは、私には絶対に避けたい事態だった。

けれど当時の自分の周りには英語が話せる人もいなければ、留学やワーホリに興味のある人もいなかった。
だから「ワーホリや留学をして本当に英語が話せるようになった人の話が聞きたい」と思っていた私は、
ネットや留学情報誌などで体験談をよく読んでいた。

しかしそれらの体験談は、ほとんど全員が語学学校(ESL)に通い、
・「友達は日本人ばかり」
・「毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???」
・「英語のことは・・聞かないで」
・「自然が多くて癒された」(英語には触れていない)
・「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題」
・「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい」
といった内容で、
読めば読むほど不安になった。

なぜならワーホリや留学終了時に
「日本人や留学生の友達しかいない」状態であったり、「スピーキングが課題」で、「これからも英語の勉強を続けていかなければならない」と考えているのだとしたら、
それはつまり、その人たちは英語が話せないまま帰国することになった、ということだから。
日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。を参照。)


留学・ワーホリ経験者の体験談を読んで、
海外に行ったからってそれだけで英語が話せるようになるわけではない
ということには何となく気がついていた。

そして、これだけ語学学校(ESL)に通っても英語を話せていない人がいるのだから、
ひとまず日本にいる間にESLと契約するなんてことはしないでおこうとは思った。

しかし肝心の、「では、英語が話せるようになるには一体何を具体的にどうすればよいのか?」は、いくらネットで探しても、情報誌や本を読んでも、わからない。

ネットでは、語学学校(ESL)、それにESLを紹介する留学エージェントの情報ばかりが出てくるし、
留学情報誌も結局はエージェントが発行していたりで、ESLの広告が大半を占めている。
だからより中立な情報を求めて、英語学習に関する本を何冊か読んだ。

「ながら聞きでよいから四六時中英語を聞いていればそのうち聞き取れるようになってくる」と書いてあれば
家にいる間は英語学習CDをつけっぱなしにしてみたし、
「英語の本を多読するのが一番いい、意味がわからなくてもとにかく斜め読みすべし」と書いてあれば
実際に洋書を数冊買って読んでみた(というか、眺めた)。

でも(当然ながら)それで英語が聞き取れるようになっていっているとも思えなければ、話せるようにもなっていかなかった。

・・どうしたらよいのかわからない。
わからないが、カナダに出発する日はどんどん近づいて来る・・

最終的には、
他の日本人ワーホリメーカーや留学生達が常に日本人同士でつるんでいようとも、自分はそうしなければよいのではないか。
海外に着いたら、日本語からは離れて、英語だけを一生懸命勉強すれば、話せるようになるはずだ。
と気を持ち直し、不安と期待が半々な状態でカナダに渡航する日を迎えた。

そしてバンクーバーに着いたら、自分が思っていた以上にネイティブの話が聞き取れず、自分が言っていることも理解してもらえず、ショックを受けた。

どうしたらよいのかわからないまま、結局は留学エージェントにすすめられたダウンタウンの語学学校(ESL)に3ヶ月通った。
日本人だけでつるんだりせず、毎日無遅刻無欠席でマジメに学校に通い、放課後や週末も図書館やカフェで英語を勉強した。
そして3ヶ月後どうなっていたかと言うと、学校の、留学生の英語に慣れているネイティブの先生や、日本人や韓国人のクラスメイトとであれば会話ができても、学校から一歩外に出ると、相変わらずネイティブの英語は聞き取れないし相手にも聞き取ってもらえなかった。
カフェでコーヒーを1杯注文するのさえ緊張するような状況だった。
カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。

人生で初めて、集中してひたすら英語だけを、3ヶ月もESLに通って勉強した。
にも関わらず、卒業する頃になっても自分が英語を話せているとは、到底思えなかった。
そして、ワーホリ前に自分が読んでいた体験談は、自分の周りにいる日本人クラスメイトの誰が書いていても不思議ではない内容だと思った。

これからワーホリ留学をする人が知っておいた方がよいと思うこと


今、自分がワーホリ留学をしていた時のことを振り返えると、
ワーホリ留学を「始める前」に知っておきたかったと思うことがある。

それは、英語の勉強には
1.知識を増やすための勉強(=ペーパーテストで良い点を取るための勉強=INPUTの勉強)と、
2.話すための勉強(=英語を使って他人とコミュニケーションをとるための勉強=OUTPUTの勉強)との、
2種類があるということである。

当時はこの知識がなかったために、私はワーホリ中、英語の勉強にお金も時間も余計に使うこととなった。


自分がカナダワーホリをしていた時から既に5年くらい経つのだけど、
「英語が話せるようになるためにはひたすら単語と文法の暗記をすべきだ」と強く信じている人が多いことは、今も当時も変わらない。

それもそのはずで、
日本の一般的な学校教育で明治時代の昔から伝統的に行われているのが、
詰め込み形式の「英単語と文法の暗記」(「=1.知識を増やすための勉強」)だから。
明治から変わらぬ、日本人の「英語の勉強の仕方。」

「単語と文法の暗記」だけの英語の勉強を、中高の6年、人によっては大学も含め10年間受け続ける。
他の勉強(=「2.話すための勉強」)は一切経験しないまま、「1.知識を増やすための勉強」を6~10年もするのだから、
(ワーホリをする前の自分も含め)それは「英語の勉強といえば単語と文法の暗記しかないのだ」と考えるようになるのも、当然と言える。

けれど、ずっと同じ「1.知識を増やすための勉強」だけを6年も10年も続けて、
高校卒業時または大学卒業時に英語が話せるようになっている日本人なんて、一人もいない。

にも関わらず、大半の人は、6~10年英語を勉強しても話せない原因を、
「勉強の仕方が誤っていたのではないか?」と考えるのではなく、
「自分の頭が悪いから、言語の才能がないから、仕方がない」と考えている。

私は、それは少しおかしい、と思う。

英語は世界中に数ある言語の中の一つに過ぎず、
現実として、英語圏の国に生まれて育つ人なら、頭の良し悪しに関わらず、誰でも自然に英語が話せるようになっている。
それは日本に生まれて日本で育つ人が、頭の良し悪しに関わらず、誰でも自然に日本語が話せるようになっているのと全く同じである。

もし英語は一部の人、つまり頭が良い人にしか話せないのだとしたら、
日本語だって、一部の、”頭が良い日本人”しか話せるようにならないはずである。

「英語を母国語として学ぶ場合は誰でも英語が話せるようになるということは認める。しかし英語を外国語として学び、話せるようになるのは頭の良い人でないと無理」と思う人もいるかもしれない。
けれどそういう人に限って、
「1.知識を増やすための勉強」で
外国語(英語)を習得しようと考えてはいないだろうか?

就学前の子どもは(もちろん個人差はあるが)、
「1.知識を増やすための勉強」で母国語を習得しようとしても、できない。
なぜなら子どもは字も読めないし、単語や文法の複雑な説明を受けても理解ができないから。
けれど子どもは、話すことができる。

それはつまり、子どもは自然に(勉強をしているという意識すらなく)、まず
「2.話すための勉強」をしているから、である。

子どもは、上に書いた英語の
文化/カルチャー
言語音楽
スピーチスキル/話し方の技術
文法
単語
のうち、文法と単語以外の3つを、就学前の期間に学んでいる。

子どもは誰しも、生まれてから小学校に入るまでの数年間は
「2.話すための勉強」(文化/カルチャー言語音楽スピーチスキル/話し方の技術
をして、
小学校に入ってから初めて
「1.知識を増やすための勉強」(文法単語
を始める。

この順番こそが、誰にとっても母国語を習得した時の勉強の順番だったはずで、
この自然な順番で勉強したからこそ、
時間が経つにつれて母国語が「ペラペラ」になっていく。
成長するにつれて母国語で「自分の考えや気持ちや感じていることを自由に表現できる」ようになっていくからこそ、
大人になった時に自信をもって、ある特定の言語(母国語)が話せます、と言えるのである。

けれど残念なことに、日本の一般的な学校教育では、外国語として英語を学ぶとき、
「1.知識を増やすための勉強」(文法単語)しか習えない。

だから、母国語を学んだ時とは違って、外国語(英語)を勉強するときには、
いくら時間をかけようとペラペラ=「自分の考えや気持ちや感じていることを自由に表現できる」ようには、なっていかない。
何年何十年もかけて英語を勉強しても、「英語が話せます」と自信を持って言えない。

「1.知識を増やすための勉強」と「2.話すための勉強」、どちらも経験したからこそ分かること。


「1.知識を増やすための勉強」(文法単語)で外国語を習得するのは、本当に難しい。
この方法だけで英語が話せるようになる人は、(もしいるとすれば)、それは本当によほど頭の良い人だけ、になると思う。

しかし「2.話すための勉強」(文化/カルチャー言語音楽スピーチスキル/話し方の技術)をすれば、これは既に誰もが子供時代に一度母国語で経験しているからこそ、
母国語を習得したときよりもよほど早く外国語を習得することができる。

そして重要なことは、海外の語学学校(ESL)も、先生がネイティブスピーカーで授業が英語で進むこと以外は、基本的には日本の学校の英語の授業と同じである。
10~15人の講義形式の集団授業で、教材を使って単語や文法を英語で習い、ペーパーテストでどれだけ暗記したかを試される。

だからそこで数ヶ月から1年英語を勉強しても、「日本人や留学生の友達しかいない」状態であったり、「スピーキングが課題」で、「これからも英語の勉強を続けていかなければならない」と感じる人がいるのは、不思議でも何でもない。

もし今、
長い間英語を勉強しているのになかなか話せるようになっていない・・
留学やワーホリで既に海外に住んでいるにも関わらず英語が話せるようになっていってない・・
と思う人がいるなら、
では今の自分がしている勉強は、
1.知識を増やすための勉強(=ペーパーテストで良い点を取るための勉強=INPUTの勉強)と、
2.話すための勉強(=英語を使って他人とコミュニケーションをとるための勉強=OUTPUTの勉強)の
どちらなのか?

そこをまず考えるのが、英語が話せるようになる近道である。


******
私はカナダのバンクーバーでワーホリをし、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通ったものの、
卒業する頃になっても自分が英語を話せたいるとは思えず、
周りにも同じように悩んでいる留学生やワーホリメーカーがが沢山いました。
そんな時、知り合いにマンツーマンレッスンを受けてみてはどうか、と言われ、
日本の学校教育とも英会話スクールともESLとも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶマンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。
(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)
そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、現地の人からうえ英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。
帰国後の現在は、都内企業で英語を使う仕事をしています。

その同じレッスンを現在バンクーバーで受けておられる日本人留学生、Mさんの動画を頂いたのでご紹介します。

一つ目はレッスンを受け始められた時、
「バンクーバーで2つのESLに通ったけれど英語に自信がなく、現地の友達もできない」と悩んでおられた時の
スピーキングです。

カナダ・バンクーバーで英語レッスン開始時の生徒さんの英語(Mさん)


そしてこちらが、レッスンスタートから1ヶ月後のスピーキングです。
Mさんの英語は、1ヶ月でどう変化したでしょうか。
ぜひ聞いてみて下さい。

カナダ・バンクーバーで英語レッスン開始1ヶ月目の生徒さん(Mさん)の英語


Mさんに、動画の掲載についてメールでご連絡したところ、
「英語に自信が出てきました!」
との返信を頂きました。

レッスンスタートから1ヶ月で、「自信が出てきた」と仰っておられました。


***お知らせ***
私がバンクーバーでマンツーマンレッスンを受けていた時は、先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられましたが、
5年が経った今は複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所も、カナダ・オーストラリア・フィリピン・日本(オンライン)と大きく広がっています。

現在はSkypeを使って、
ワーホリや留学などで海外に行く前、日本にいる間から、英語の暗記ではなく、英語を使って実際に話すための自信をつけていくことができるようになっています。

レッスンプログラムには、ワーホリのサポート(ビザの申請+航空券の取得に関するアドバイス+空港ピックアップ+現地滞在先の確保)や
カナダで英語を使う仕事をするためのjobトレーニング(履歴書の書き方から応募の仕方、面接の受け方までをトータルでトレーニング)が付いたコースもあります。



カナダのバンクーバーでワーホリ・留学中の生徒さん達とSkypeで話せる、「NAKAMA CANADA」がスタートします。

・海外に行ってみたいが自信がない
・英語を話すのが恥ずかしい
・留学やワーホリをする予定だが、ろくに英語も話せずに帰国することになるのではないかと不安
・王道(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。)ではないワーホリがしたい
方は、「NAKAMA CANADA」で、現在カナダでワーホリ・留学中の生徒さん達とSkypeで直接お話ができます。

○開催時間は、日本時間で毎週土曜と日曜の午前10時~11時です。
○Skypeを使うので、インターネットが使える場所であればどこからでもご参加できます。
○Skypeのアカウントをお持ちでない方は
https://www.skype.com/ja/download-skype/skype-for-mobile/
からアカウントを作成の上ご参加頂けます。機器は、スマホ・タブレット・PC、どれでも大丈夫です。登録にかかる時間は数分で、無料で使用できます。
〇「NAKAMA CANADA」には、
上の動画に映っていらっしゃる生徒さん(Mさん)と、
【動画でチェック】日本人生徒さんの英語Before(ワーホリ開始前)とAfter(ワーホリ開始3ヶ月目)でご紹介させて頂いたKさん、
先生、
可能であれば私も参加します。


生徒さん達と既にお話をされた方々からは、「自分もスラスラと英語が話せるようになるというイメージが持てるようになった」、「海外での生活がどんなものなのか少し想像できた」、「こんな風に話せるようになりたいというモチベーションが湧いた」などなど、とてもポジティブな感想を頂いています。


私がバンクーバーで受けていた、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスン(英語を効果的に勉強する)にご興味がある方、
動画の生徒さん達のように、現地に着いた直後から英語を使って仕事をしたり、現地の友達を作ったりしたい方、
そして、王道ではないワーホリがしたい(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。方、NAKAMA CANADA への参加をご希望される方は、
コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーの方に頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生からSkypeでご連絡があります。「NAKADA CANADA」と、オンライン(Skype)での無料カウンセリングと無料体験レッスンのご案内をお送りします。(先生はネイティブの方ですが、日本語も話せます。)



百聞は一見に如かず。
「NAKADA CANADA」で、現在進行形でカナダ生活を満喫しておられる日本人の生徒さんの話を、直に聞いてみてください。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメント

Re: オンラインレッスン受講希望

> こんにちは、私は現在カナダにワーホリに来ているのですが、英語の上達を感じられないでいます、、、英語を話せるようになる、コミュニケーション出来るようになる!というのがここに来た目的なので、何としても習得したく、オンラインレッスンを受けてみたいと思いました。まず無料体験レッスンを受けてみたいです!!よろしくお願い致します!

初めまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認をお願い致します。
Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ