「ワーホリすると帰国後の就職に不利」は本当、か?

ワーホリ経験者と話していて思ったこと


A:”ワーホリ留学したけどあまり英語が上達しなかったので「英語喋れるんだよね?」と聞かれるのが苦痛。”

B:”ワーホリ留学したおかげで英語が上達したから今でも仕事やプライベートで英語が役に立っている。”

どちらも私がカナダのバンクーバーでワーホリした後、日本で出会った元ワーホリメーカー達が言った言葉である。

これ、どちらが本当なのだろうか?

私が思うに・・
どちらも、本当である。

(ただしAだと言う人の方が圧倒的に多くて、Bの人はずっと少ない。)

自分がカナダへワーホリに行く前、ネットで情報収集していた時に、
・「友達は日本人ばかり」
・「毎週のように留学生同士で飲み会で楽しかった。でも、何を学んだのかは???」
・「英語のことは・・聞かないで」
・「自然が多くて癒された」(英語には触れていない)
・「TOEICでは自己最高点が出た。あとはスピーキングが課題」
・「海外生活は良い経験になった。今後も英語の勉強頑張っていきたい」
という感想が溢れている一方、「満足できる英語レベルが習得できた」という感想を見つけられず、不安になったものだったが、
これらの感想の帰結としてAになっていると思うのは・・私だけだろうか。

そしてカナダのバンクーバーでワーホリを始めたら、上の感想と同じことを言っている日本人ワーホリメーカーや留学生が実際にたくさんいた。

というより私も、カナダに着いて最初の数ヶ月、語学学校(ESL)に通っていた間は、
学校で出会う日本人か韓国人の友達しかいなかったし、
birthday partyやfarewell party(送別会。ほとんどのESLは毎週月曜が入校日で1週間~1ヶ月単位で通うので、毎週金曜日は卒業する生徒が必ず何人かいて、その卒業する人が主催してpartyを開く)などの飲み会(drinking party)にもよく誘われていた。
だから当時は、自分が日本にいた時に読んでいたワーホリメーカー/留学生達の感想を、まさにリアルに実感していた。

ワーホリして英語が話せるようになる人とならない人の違いは何なのか


ワーホリを終えて日本に帰国し、「ワーホリしたことがある」という人に出会うと、決まって英語の話になる。

そして思ったのは、Aの人達に共通しているのは、
大体まず海外で語学学校(ESL)に通って、友達はほぼ日本人か韓国人のクラスメイトに限られていて、英語よりも日本語を使う環境で働いていた、ということ。
日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。を参照。)

一方、Bの人たちの海外での過ごし方は、Aとはほぼ正反対。
ESLには通ったことがないと言う人が多いし、「ここにはいろんな国の人がいるから、日本人の友達を作る方がむしろ難しい」(ワーホリして気づく、カナダ留学生の間に存在する「2つの世界」。)と言っていた人と同様、様々な国籍の友達がいる。そして仕事は日本語よりも断然英語を使う環境であったということ。

ワーホリをする人全員が、英語を伸ばして帰国後の仕事やプライベートで活かしたいとも思っているわけでもないだろうし、
「別に英語なんか伸びなくても楽しかったから満足」な人は、もちろんそれで何の問題もないと思う。

ただ、「英語が話せるようになりたくてワーホリをしたのにそれほど話せるようにならなかった」と言う人が、圧倒的に多くいるのが現実である。

しかしこの「英語が話せるようになりたくてワーホリ/留学をしたのにそれほど話せるようにならなかった」という事態は、私も経験したからこそ分かるが、英語を勉強する方法を選べば避けられることである。

だって私が出会った、王道のワーホリパターンで英語を勉強した人たちは、
かなりの確率で「海外で生活はしたものの、未だに英語に自信がもてない」と言っている。。

ワーホリは帰国後の就職に不利、なのか?


「ワーホリなんてしたら日本での就職が難しくなる!」と言う人がたまにいるけれど、私はそれは完全にケースバイケースだと思う。

「ワーホリ留学をしてみたいが、職歴にブランクが生じるので帰国後の就活が不利になるのではないかと不安で決断できない」という相談を受けたこともあるのだけれど、私はワーホリしたことでとくに不利になったと思ったことはない。
不利になったどころか、ワーホリする前から入りたかった企業に英語を使って帰国後見事に就職していたり、ワーホリ前にしていた仕事+英語のスキルを使って、仕事の場を広げている人も何人も知っている。
(英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。を参照。)

私個人の経験で言えば、面接の場で「ワーホリなんて遊びでしょ?」みたいな反応をする面接官(とくに年配者)もたしかにいたけれど、
そういう人でも、こちらが英語を使って具体的に何ができるのかを示すと、それ以上は何も言わなくなった。

また、英語の運用能力を測る基準の一つとしてTOEICはとくに分かりやすいらしく、
よく言われるのは「700~800点くらいのスコアならとくに珍しくもないけれど、900点以上は滅多に見ない」ということ。
TOEICのスコアを見た途端に、「ワーホリなんて遊びでしょ?」から「きちんと目標を持って努力されたのですね」と、
一気に空気が変わることすらあった。
(私はとくにTOEICのスコアを上げることを目標にワーホリしたわけではなく、時間をとって勉強する余裕もないままTOEICを受けたのだったが、結果的にはワーホリしたことで大幅にスコアが上がっていた。)


私がカナダでワーホリ留学をしてよかったと思うことの一つは、
「それまでとは違う世界が見えるようになったこと」
(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。)
はもちろん、
英語を自分が持つスキルの一つとして言えるようになった、ということである。

仕事に関して言えば、
ワーホリから帰国して数年経つ今も英語を使う仕事をしているのだが、
まずこれはワーホリをしていなかったらできていなかった仕事だと思うし、
英語がきっかけで、自分が勤めている企業の取引先の企業の人から「うちに来ませんか?」と声をかけてもらったことがあり、
これはかなりの自信になった。

なんでも、海外から商談に訪れた外国人ゲストと私が話をしているのをたまたま見たことがあり、
「自分がいる部署で今英語ができる人材を探していまして」、ということであった。


ワーホリして帰国後の就職が不利になるか有利になるかは、その人の海外での過ごし方次第である。


ワーキングホリデー(ワーホリ)に対して、ポジティブな印象(若者が海外で生活し視野を広げることができるなんて素晴らしい!)を持っている人もいれば、ネガティブな印象を持っている人もいる。
それは事実である。

しかし、だからと言って帰国後の就職が必ずしも難しくなるわけではない。
難しくなるかどうかは、
長期間海外で生活できて、働いたり勉強したり旅行したり、自分の好きなことが自由にできるワーホリビザを使って、
ワーホリ中の海外生活をどのように過ごすのか?

完全にそれ次第だと、思う。


*****お知らせ*****
私はカナダのバンクーバーでワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても自分で英語が話せているとは思えなかったため、知り合いから聞いて、
英会話スクールともESLとも違う、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ
マンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。
(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)

そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、
現地の人から英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。

私がバンクーバーでレッスンを受けていた頃は、先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられましたが、
5年が経った今は複数の先生方がおられ、レッスンを受けられる場所も、カナダ・オーストラリア・フィリピン・日本(オンライン)と大きく広がっています。

現在は、ワーホリや留学など、海外に行ってから初めて英語の勉強をスタートするのではなく、
→海外に行く前、日本にいる間から、英語の暗記ではなく、英語を使って実際に話すための自信をつけていくことができるようになっています。

レッスンプログラムには、ワーホリのサポート(ビザの申請+航空券の取得に関するアドバイス+空港ピックアップ+現地滞在先の確保)や
カナダで英語を使う仕事をするためのjobトレーニング(履歴書の書き方から応募の仕方、面接の受け方までをトータルでトレーニング)が付いたコースもあります。


私がバンクーバーで受けていた、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスン(英語を効果的に勉強する)にご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*****
〇今年の春からバンクーバーでワーホリ開始。ワーホリに向けて出発前からレッスンを開始され、カナダ到着直後から英語を使って仕事したり、現地コミュニティで友達を作ったりと、カナダ生活を満喫されている日本人の元生徒さん(これまでにESLに通われたことは一切ないそうです)
(・頂いたレッスンの感想→「ESLでは無理だと思った」、カナダでワーホリ2ヶ月目の生徒さん(Kさん)からの感想。
・英語スピーキングの動画→【動画でチェック】日本人生徒さんの英語Before(ワーホリ開始前)とAfter(ワーホリ開始3ヶ月目)

〇バンクーバーで2つのESLに通ったけれど英語に自信がないと仰っておられた生徒さん(レッスンを始めてから1ヶ月で自信がついてきたと仰っておられました
(・レッスン開始時と開始1ヶ月後の、英語スピーキング動画→2つのESLに通ったが英語に自信がなく現地の友達もできないと悩んでいた生徒さんの、レッスン開始1ヶ月後のスピーキング
とも、Skypeで直接お話することができます。

→カナダのバンクーバーでワーホリ/留学中の生徒さん達とSkypeで話せる、「NAKAMA CANADA」がスタートしました。

・海外に行ってみたいが自信がない
・英語を話すのが恥ずかしい
・留学やワーホリをする予定だが、ろくに英語も話せずに帰国することになるのではないかと不安
・王道(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。)ではないワーホリがしたい
方は、「NAKAMA CANADA」で、現在カナダでワーホリ・留学中の生徒さん達とSkypeで直接お話ができます。

○開催時間は、日本時間で月~金曜日の午前7時~、
  土・日曜の午前10時~・午後2時~です。
○Skypeを使うので、インターネットが使える場所であればどこからでもご参加できます。
○Skypeのアカウントをお持ちでない方は
https://www.skype.com/ja/download-skype/skype-for-mobile/
からアカウントを作成の上ご参加頂けます。機器は、スマホ・タブレット・PC、どれでも大丈夫です。登録にかかる時間は数分で、無料で使用できます。

生徒さん達と既にお話をされた方々からは、「自分もスラスラと英語が話せるようになるというイメージが持てるようになった」、「海外での生活がどんなものなのか少し想像できた」、「こんな風に話せるようになりたいというモチベーションが湧いた」などなど、とてもポジティブな感想を頂いています。

*********
日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリや留学を考えている方に向けたプランができました。


ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマンで、今度はスピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。
TOEICスコア


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインの、先生と先生が1人ずつのマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し方の技術を習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、スピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。(レッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。

出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。

***重要***
これからレッスンへ参加される方は、今年の12/31までの期間限定で、レッスンの費用が最大50%OFFになる割引が受けられるコースがあるそうです。


レッスンでは、カナダ、アメリカ、南米(マチュピチュやウユニ塩湖など)など、その時により行先は異なりますが、
先生や他の生徒さん達と一緒に横/縦断する言語旅行に行くこともあります。
(言語旅行の参加は希望される方のみです。私はアメリカのグランドキャニオンへの旅行に参加しました。その時の模様は“リアルな経験”の中で生きた英語を習得に書いています)

旅行中はもちろんずっと英語を喋りっぱなしで、参加者同士の会話はもちろん、現地の人たちにも積極的に話しかけ、レッスンで習ったことを使っていきます。
ガイドに全てを任せる旅行やESLのアクティビティとは全く違い、旅程を自分たちで決めたり、車の運転やガスの給油も希望者は自分でしたり、宿のチェックインやチェックアウト、レストランでのメンバー全員の食事のオーダーも、当番を決めて行います。
旅行しながら英語を実践的に使うので、さらに自信がつきます。

南アメリカ旅行マチュピチュ_6
↑南米旅行(マチュピチュ)で撮影された先生と生徒さんの写真。

Uyuni_3
↑南米(ウユニ塩湖)旅行。

travel-Canada-2
↑カナダ横断旅行。

アメリカRV旅行4
↑アメリカ(グランドキャニオン)旅行。

アメリカRV旅行15
↑カナダやアメリカはRV(キャンピングカー)を使います。希望者は運転もできます!


*******

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目で現在はカウンセラーをされている日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"


*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.現在バンクーバーでワーホリ中の日本人の元生徒さんともSkypeでお話することができます。



百聞は一見に如かず。
現在進行形でカナダ生活を満喫しておられるワーホリメーカーの話を、直に聞いてみてください。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ