海外で2つ以上のESLに通っても「英語を話すのが怖い」人がいるワケ。

ワーホリや留学をしても英語が話せないのはなぜなのか


海外の語学学校(ESL)に通って英語を勉強している/したことがある人はわかると思うけれど、語学学校(ESL)で受ける英語の授業と、日本の学校で受ける英語の授業とにさほど大きな違いはない。ESLの授業でも先生が1人前に立っていて、授業時間の大半は10人以上のクラスメイトと一緒に先生が話すのをただ聞いている。そして教科書とノートを使って単語や文法の問題を解き、テストでどれだけ英語を暗記できたかをチェックされるー。

違うのは、ESLでは授業がすべて英語で進むことくらい、である。

日本で(小)中学、高校、人によっては大学でも、英語を勉強し続け、それでも英語が話せるようになっていないのに、今度は場所だけ海外に変えて、また同じやり方で英語を勉強する。

それがワーキングホリデー(ワーホリ)や海外留学をしても「英語を話せない・・」人が生まれる原因である。

私はカナダのバンクーバーでワーホリを始めた当初、語学学校(ESL)に3ヶ月通っていた。どこの留学エージェントに相談しても「まずはESLに3ヶ月通いましょう。(足りなければ延長すればいいんですよ。)」と言われたし、バンクーバーで出会う留学生やワーホリメーカー(バンクーバーには沢山の日本人留学生やワーホリメーカーがいるので、ダウンタウンを歩いているだけで彼らに出会える)に聞いても、それ以外に英語を勉強する方法を知っている人はおらず、他にどうすればよいのかもわからなかったから。

けれど3ヶ月経ってESLを卒業する頃になっても、自分が英語を話せているとは到底思えなかった。ESLの、「留学生の英語に慣れていてゆっくり話してくれるネイティブの先生」となら会話をすることができても、学校を一歩出るとネイティブが何を話しているのか全然わからないし、カフェでコーヒーを一杯注文するのすら、英語が下手だから相手を怒らせたらどうしよう・・と緊張していた。(カフェでコーヒーを買う度、店員から冷たくあしらわれていた理由。
ESLに通い始める前は、エージェントの人から「ESLで3ヶ月英語を勉強すればカナダのカフェやレストランでなら働けるようになりますよ」とも言われていたが、英語でコミュニケーションを取るのが難しいこんな状況でカナダで働くなんて。。。日本語をメインに使う飲食店(バンクーバーのダウンタウンには数多くある)以外には不可能に思えた。

その後私は知人から聞いて英語をマンツーマンのレッスンで習うようになり、そこでネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践するようになった。それによって、今度は3ヶ月経つ頃には現地の人達から「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていた。

でも私がESLでクラスメイトだった友達の中には、バンクーバーの複数のESLを転々としたり、またはトロントや、国を変えてアメリカまで行って、ESLの転校を繰り返している人なんかも結構いた。(世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。

英語が話せるようになるためにESLに通うのに、卒業する頃になっても英語が話せていない。


語学学校(ESL)に通って、英語が話せるようになるという自分が求める結果が得られていないのに、なぜ皆また同じこと(ESLに通って英語を勉強する)を繰り返すのだろうと、当時の私には不思議だった。

日本で大学を卒業して、就職し、お金を貯めてカナダでワーホリを始めた私にとっては、英語が話せるようになることこそが目的で通ったESLを卒業する頃になっても英語が話せるようになっていないというのは、使ったお金や時間を考える間でもなく大問題であった。
でもそれが問題であるとはあまり思っていない、または「ESLに通っても英語が話せるようになっていないのは普通」だと考えている(考えようとしている)人がいることも、段々わかっていった。

なぜなら自分よりも早くESLを卒業するクラスメイト達に「この学校通ってみてどうだった?」と聞いたら、

「海外で英語を勉強したからって英語が話せるようになるなんていう考え自体甘かった」とか、「私の努力が足りなかったからしょうがないんだ」とか、(ESLは1週間単位で契約ができるので)「通う期間が短すぎた。もうちょっと時間があったらもっと英語話せるようになってると思うけど・・」といった、「たったの数ヶ月学校に通ったところで英語がペラペラ話せるようになるなんて、そもそも最初から期待していなかった」かのような返答がよく返ってきたから。

(しかし私は数ヶ月どころか、同じESLに1年通っていると言う日本人の留学生に出会ったこともあるけれど、彼女もやはり英語に自信がないと言っていた・・。留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い理由? を参照。)

と言いつつ、当時の私も、語学学校(ESL)に通って英語が話せるようになっていないのは、自分の頭が悪いことや、吃音障害が原因なのだろうかと思っていた。(ESLで発音の授業を3ヶ月受けてもカタカナ英語でしか話せず悩んでいたので、発音の先生に聞いたところ、あなたには吃音障害があると言われたのである・・。英語を効果的に勉強する:2(言語音楽)を参照。その日はものすごく落ち込んで、もう英語なんて諦めて日本に帰った方がよいのではないか?とすら考えた。)

当時は、自分が英語を勉強しても英語を話せるようになっていないのは、自分がしている勉強が「英語を話すための勉強」ではないからだとは、知らなかった。

学校で毎日している「英語の知識を頭に入れる(INPUT)ための勉強」は、「英語を使って実際に話す(OUTPUT)ための勉強」とは違うものだなんて、誰も教えてくれなかったから。

英語の自信を生み出すもの。それは「経験」。


日本で(小)中学高校で英語を勉強し、さらに海外のESLに通って英語を勉強したものの、卒業する頃になっても英語が話せるようにならないのは当然である。なぜなら、学校で習う「単語や文法の暗記で英語を勉強する方法」は、知識を頭の中に入れて(INPUT)テストで良い点を取るための勉強だから。

英語を使って話す(OUTPUT)ための勉強と、英語の知識を単に頭に入れる(INPUT)ための勉強とは、違う。だから英語を使って話す(OUTPUT)ためには、INPUTとは違う勉強の仕方をした方が効率が良いのである。そして、教室の中でいくら単語や文法を暗記していても、自信はつかない。自信は、英語を自分ではない誰かに向かって使い(OUTPUT)、「自分の英語が通じた!」という経験をしてこそついていくのだと思う。

よく日本人の英語学習者にありがちな思い込みとして「パーフェクトな英語をしゃべらなければならない」というものがあるが、
ではそう思う人に聞いてみたい。「あなたは常にパーフェクトな日本語をしゃべっているのですか?」と。

私は日本で生まれて育った日本人だが、日本語で言い間違えることもあれば、話の途中で詰まったり、「一般的に使われているけれど正しくない」日本語だってしょっちゅう使っている。(例えば、この間「それありえる~!」と言ったら、「うんうん。ありうるありうる」と国語教師の資格を持つ友達に「う」と「え」の勘違いを訂正された。)

これは何も私に限ったことではなく、自分の母国語であるはずの日本語で話していても、言い間違えたり、聞き間違えたり、どもったり詰まったり、そんなの誰だって日常茶飯事でやらかしているはず。

でもだからと言ってそれで「もう日本語を話すのはイヤだ」とか「日本語を話すのが怖い」とか「日本語で喋るのは恥ずかしい」と思う人はいないと思う。

それはなぜなら、私達日本語のネイティブは、子どもから大人になるまでの間に毎日日本語で他人とコミュニケーションを取り、もちろん失敗をしつつも、さらにそれを大幅に上回る数の「成功体験」を積んできている。だから今さら失敗したところで、びくともしない自信を日本語に持っているからである。

ということは、いくら英語を勉強したところで英語に自信がもてないのは、つまり英語を使っての「成功体験」ができていないから。英語を使って他者と実際にコミュニケーションを取り、「通じた!」とか「自分の気持ちをわかってもらえた!」とか「相手を笑わせられた!」という経験ができていないから、である。

語学学校(ESL)の教室の中で、単語や文法やイディオムや英会話の例文をいくら覚えても、英語に自信はつかない。テストでどんなに高得点を取っても、相手も自分も言うことが予め決められているロールプレイングを繰り返しても、それは、実生活の中で、生身の人間を相手に英語を使い、英語でコミュニケーションがとれたという成功体験にはならないから。

私は日本語のネイティブスピーカーであるが、自分の日本語が完璧だとは思えない。さっきも言ったように日本語でもしょっちゅうミスをしているし、知らない日本語の単語やことわざや言い回しもあれば、書けないし読めない漢字だってたくさんある。

もちろん、自分の英語が完璧だと思ったこともない。いくらTOEICではほぼ満点に近い得点(970点だった。)が取れようが、私は実生活では英語でもしょっちゅう言い間違えたり詰まったり、ミスをしているし、相手が何と言ったのかわからず聞き返すことだってあるし、もちろん知らない英単語やことわざや言い回しだって数えきれないほどたくさんある。

けれど、だからと言って英語で話すのが怖いとか、恥ずかしいとか、もう英語で話すのはイヤだ・・と思うことは、ない。それはなぜなら、まずカナダのバンクーバーでワーホリをしていた時、英語をマンツーマンのレッスンで習い、そこで「英語でミスをした時にそれをカバーする方法」を教えてもらったということがある。(日本語で言い間違えても謝らないのに、英語で言い間違えたら謝る日本人。) そして、レッスンの外で習ったことをネイティブの人に対して使うことでそれが「通じた!」とか「自分の気持ちをわかってもらえた!」とか「相手を笑わせられた!」という経験をすることができたから。

もちろん今でも、日本で外国人と話す時は、レッスンで習ったことを使っている。

バンクーバーでワーホリをしてマンツーマンで英語を学ぶまでは、「パーフェクトな英語を話さなくてはならない」、「英語でミスをするのが怖い」、「ミスをしたら恥ずかしい」と思っていた。でもマンツーマンで英語を習った後は、「もっともっと英語でも失敗をしたい」とすら思えるようになっていた。

既に今までにずっとやってきているのに効果が出ていない(英語が話せるようになっていない)勉強の仕方を盲目的に続けるよりも、方法を変えて、英語を実生活の中で使い、英語が「通じた!」「自分の気持ちをわかってもらえた!」「相手を笑わせられた!」という経験をする方がずっと早く英語に自信をつけられるということを、私はバンクーバーでワーホリをして学んだ。


***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてませんでした。そのため知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月経つ頃には英語に自信が持てるようになっていました。また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。

(私がバンクーバーで習っていた同じレッスンを今年受けられた日本人留学生の方の動画はこちら→*2つのESLに通ったが英語に自信がなく現地の友達もできないと悩んでいた生徒さんの、レッスン開始1ヶ月後のスピーキング )

私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に、英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

レッスンには、先生が同行し、カナダやアメリカや南米を縦横断する言語旅行(冒険旅行)に行くコースもあります。(参加は希望者のみ。目的地や期間は毎回変動します。)
私はバンクーバーでワーホリ中にアメリカのグランドキャニオン旅行に参加しました。(「リアルな経験」の中で生きた英語を習得を参照。)

旅行中は参加者同士はもちろん、現地の人にも積極的に話しかけ、24時間英語を喋りっぱなし。教室で単語や文法やフレーズを暗記し、テストに書いたら忘れる・・のではなく、旅行しながら英語を学び、実践で使っていきます。友達同士だけや旅行会社のパック旅行で海外を旅行しても英語は伸びないですが、この旅行は先生が同行するため旅行しながら英語に自信をつけていくことができます。
次の目的地はレッスンのサイトの「LIについて」をご覧ください。(Language=言語に Immersion=浸る)

***お正月割引のお知らせ***
年末恒例、レッスンの費用が割引になるキャンペーンが始まっています。
12/31(日)までの期間限定で、今年はレッスンの一環で行く冒険言語旅行を含むプランが割引になっています。


カナダ_イエローナイフ_オーロラ
↑カナダのイエローナイフでオーロラを観る冒険言語旅行
カナダ_オンタリオ_ナイアガラ滝
↑カナダのトロントでナイアガラ滝
アメリカ_アリゾナ_グランドキャニオン_モニュメントバレー_車の上
↑アメリカのグランドキャニオンで、西部劇でよく見るモニュメントバレーにて
アメリカ_アリゾナ_グランドキャニオン_ホースシューベンド
↑同じくグランドキャニオンにあるホースシューベンド。私も実際にここに立ちました。
ペルー_マチュピチュ_集合写真
↑南米ペルーのマチュピチュで。右の男性が先生です。
セブレッスンの様子9
↑セブでのレッスンも、リラックスした雰囲気の中マンツーマンで行います。


********
①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。


普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。



*東京都内のカフェで筆者が直接お会いして、私のカナダでのワーホリ経験やレッスンについてお話させていただく「ワーホリ&留学無料説明会」も行っています。

*また先生と、私と同じレッスンをカナダで受けられた元生徒さんであり現在はカウンセラーをされているJunさんから、オンラインで無料体験レッスンと無料カウンセリングも受けられます。

私がバンクーバーで受けていたマンツーマンの英語のレッスンや、冒険言語旅行や、「ワーホリ&留学無料説明会」にご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。


*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに転送します。またご希望される方へは都内で行う説明会の詳細をご案内します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ