カナダから帰国直後、日本で感じたカルチャーショック

「ESLでは無理だと思った」、カナダでワーホリ2ヶ月目の生徒さん(Kさん)からの感想。

【動画あり】バンクーバーでワーホリ開始3ヶ月目の生徒さんの英語

でもご紹介させて頂いた、私がカナダ・バンクーバーでワーホリ留学中に個人レッスンで英語を教えて頂いていた先生の、同じレッスンを受けられていたKさんが、最近日本に帰国されました。

早速、日本に着いてからどんなカルチャーショックを感じられたか、お聞きしてみました。
(原文ママ)↓
——-——-——-——-——-——-
お久しぶりです。
ついに帰ってきました。長いようで短かったカナダ生活でしたが、非常に楽しい一年でした。
日本に帰ってきて感じたカルチャーショックですが、人との接し方がすごく他人行儀に感じました。
カナダだと初対面でも、フランクに話しかけ世間話などをしますが、日本はお互いを警戒しあっているというか、徐々に距離を詰めていく様な感じがして違和感を覚えました。
まさにfriendlyとpolitenoの違いなんだと感じました。

(*筆者注:friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照。)

あと、丁寧な接客にもチップを払わないで済むのは非常にありがたいです(笑)
——-——-——-——-——-——-
Kさんはカナダワーホリを始める直前にフィリピンのセブ島で1ヶ月間集中英語レッスンを受けられていました。そちらを開始する前に撮られた写真がこちらです。左の男性がKさん、右の男性が先生です。
Kさん_カナダワーホリ前の写真

そして、カナダワーホリを始められ、レッスンの一環で行く言語冒険旅行にて、先生と他の生徒さんと一緒に南米のマチュピチュ前で。
南アメリカ旅行マチュピチュ_6

ラスト。帰国直前、バンクーバーの空港(YVR)で先生と一緒に。
Kさん_カナダワーホリ後の写真


✳︎︎︎✳︎︎︎✳︎︎︎お知らせ✳︎︎︎✳︎︎︎✳︎︎︎
私は5年ほど前にカナダのバンクーバーでワーホリ留学をしました。始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてませんでした。そのため知人から聞いてマンツーマンの英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月経つ頃には英語に自信が持てるようになっていました。また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。(レッスンの内容については英語を効果的に勉強するを参照下さい。)

私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンのレッスンで習ったその先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

*次回は4月に、私がカナダで英語を個人で習っていた先生が来日をされます。(先生はカナダから2ヶ月に一回来日されます。)それに合わせて、東京都内のカフェで「ワーホリ&留学無料説明会」を開催します。(私も参加します!)

①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。

ーーーーーーーーーーー
レッスンでは、どなたも不安なく英語学習をスタートできるよう、始めに3つのステップが踏めるようになっています。
(1)無料英語レベル診断
(2)診断結果に基づいた無料体験レッスン
(3)カウンセラーの方との無料カウンセリング

まずSkypeのチャット機能(LINEのようにメッセージをやり取りできる機能)を使って、カナダにおられる先生と直接お話ができます。(先生はネイティブの方ですが日本語も話せます)。 
その上で通話機能を使って、先生が英語レベルを診断してくださいます(1)。
その後(2)体験レッスン→(3)カウンセリング、という流れになります。
レッスンには下の『ENJOY ENGLISH PROGRAM』の他にも、複数のコースがあり、レッスンのサイトから費用やスケジュール、過去の旅行の写真なども見ることができます。
Language Immersion (ランゲージ イマージョン)
Language:言語に Immersion:浸る

各コースについてはLIのカウンセラーの方から詳細な説明をしてくださいます。

*フツウの語学学校(ESL)や個別レッスンでは、最初の契約期間が終わったら延長をすすめられると思いますが、このレッスンでは、逆です。
「どれくらいの期間で目標レベルに到達させるか」を、お一人おひとり個別にお話して、最初に決定します。
英語の勉強に延々時間とお金を使う必要はないです。 実際、私はカナダワーホリから帰国後、仕事や旅行で英語使うことはあっても、英語の勉強お金や時間は一切使っていません。


■■□『ENJOY ENGLISH PROGRAM』□■■
・オンラインとオフラインで、
・マンツーマンとグループで、
・日本と海外で、
Japanese Englishではない、Real English (ネイティブみたいに自然な英語)を学びます。

そもそも日本で学ぶ英語は、ほとんどの場合がJapanese English(日本語英語)です。例えば日本の学校では"How are you?"と聞かれたら、"I'm fine thank you, and you?"と答えなさいと書いてあるかもしれません。でもこれは完全にJapanese Englishです。海外に行ってみるとわかりますが、現実には、このような答え方をするネイティブは一人もいません。(海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方 を参照)

■期間
①オンライン(Skype):120時間
②オフライン(東京都内カフェまたは会議室):36時間
=合計156時間
-----------
①オンラインレッスンの受講期間は最短8ヶ月(週に2回以上のレッスンの場合)から最長で15ヶ月(週に2回のレッスンの場合)となっています。
(週のレッスン回数はフレキシブルに対応可能です。)

②オフラインのレッスンは、2ヶ月に1度、3日間(金~日)に渡りカナダから私がワーホリ中に英語を教えて頂いた先生が来日され、直接英語を教えてくださいます。
2時間/回×3日間/月×6回/年=合計36時間となります。
→年間を通して、オンラインで英語を学び、オンラインレッスンで学んだことを今度はオフラインでカナダ人の先生にテストし、通用することを確認できます。
✳︎「ワーホリ&留学無料説明会」は、この②を兼ねています!

■先生の人数
①オンライン:2人(フィリピン人)
②オフライン:1人(カナダ人)
→つまり【合計3人の先生】から英語を学ぶことができます。
1人の先生から英語を教わるスタイルではその先生の英語だけに慣れてしまい、他のイングリッシュスピーカーとは思うようにコミュニケーションできない..ということが起こり得ます。でも2~3名の先生から英語を教わっていれば、レッスンの中で既に複数のイングリッシュスピーカーとコミュニケーションをとっているので、レッスンが終わっても気後れすることなく他のイングリッシュスピーカー達と話すことができます。

■料金
2,750ドル(米ドル) 
(約17ドル/1時間)日本円で約1800円/時間 (*レートは2018/1/21現在)

■レッスンスタイル
①オンライン:「1対1の個別レッスン」または「5人グループでのレッスン」を選べます。
②オフライン:グループレクチャー


■特典
レッスンの一環として、先生も同行する言語旅行(言語冒険旅行)にも参加できます。
私はバンクーバーでワーホリ中にアメリカのグランドキャニオン旅行に参加しました。(「リアルな経験」の中で生きた英語を習得を参照。)

旅行中は参加者同士はもちろん、現地の人にも積極的に話しかけ、24時間英語を喋りっぱなし。教室で単語や文法やフレーズを暗記し、テストに書いたら忘れる・・のではなく、旅行しながら英語を学び、実践で使っていきます。友達同士だけや旅行会社のパック旅行で海外を旅行しても英語は伸びないですが、この旅行は先生が同行するため旅行しながら英語に自信をつけていくことができます。

開催場所と期間は
・ハワイ3-4日間
・グランドキャニオン3-4日間
・西カナダ3-4日間
アメリカ_アリゾナ_グランドキャニオン_モニュメントバレー_車の上
↑生徒さんと先生(右)
カナダ_イエローナイフ_オーロラ旅行_オーロラ
↑カナダのオーロラ

(開催時期でベストな場所を先生が選んでくださいます。ENJOY ENGLISH PROGRAMの料金には含まれておりません。)

================

普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。
「ワーホリで失敗した」を行く前に防止します。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。




*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーの方に転送します。
3.先生とカウンセラーの方からコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料英語レベル診断の日時をご相談の上決定します。
4.その後、無料体験レッスンとカウンセリングとなります。
5.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。また参加をご希望される方へは東京都内で行う説明会の詳細をご案内します。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   
関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。

    ランキング