カナダ人から「他の日本人の英語とは違う」言われた、英語の個人レッスンを受けている生徒さんの感想。

既に何年もの時間をかけているにも関わらず話せるようになっていかない英語の勉強を今後も続けて、英語が話せるようになるのだろうか。



スポーツや楽器など、「何か」を習得しようとするとき。

「よし!これから何年もの時間をかけてこれを習得しよう!」と思うだろうか?
そうではなくて、まず「できるだけ早く、短期間で上手くなりたい!」と思うのが普通ではないだろうか。
そして、だいたいは、誰かそのスポーツなり楽器に詳しい先生について、始めに「基本のフォーム」を習うはずである。

なのに英語に限っては、ほとんどの人が「とにかく時間をかけて習得するもの」だと思っている。
その原因は、日本では(小)中学高校で最低でも6年もの時間をかけて英語を勉強するものの、それで英語が話せるようになる人など一人もいないから。である。
明治から変わらぬ、日本人の「英語の勉強の仕方。」を参照。)

日本の学校の英語教育の目的は、「他人と英語でコミニケーションをとること」ではない。
目的は、「とにかく単語や文法を暗記して、テストで良い点を取ること」である。
「英語が話せる」ということと「学校の成績」の、関係?

だから日本の中学高校でフツーに英語を勉強し、大学を卒業し、英語とは関係ない仕事に就き、その後退職してカナダのバンクーバーでワーホリを始めた私は、「思った以上に英語が聞けない・話せない」ことにショックを受けた。

「何で自分、もっと英語勉強してこなかったんだろう・・・」(既に6年も英語を勉強したのに・・・!)
と後悔したけど、後の祭りであった。

英語で話せないばかりに自分の存在がスルーされる・・悲しい感覚。


スーパーでちょっと何かを尋ねても、カフェのカウンターでメニューについて聞くのでも、
とにかくなかなか話が通じない。
カナダは移民が多く住んでいることもあり、外国人(英語が母国語ではない人)に慣れているため、最初は何とか理解してくれようとするものの、あまりに通じないと面倒くさそうにされたり、そっぽを向かれたり・・。

ワーホリを始めた当初はホームステイをしていたのだけれど、日本語であれば何の苦もなく言える自分の考えや意見が、英語になると言いたいことの半分も出てこないため、何だかいつも子ども扱いされているような気がしていた。

たとえば、いつも自分が知らないところで週末の予定が決められていて、いつも後から知らされるだけ。
意思決定には関わることができない。

もちろん、銀行口座の開設やSINナンバー(Social Insurance Number。社会保険番号)の取得など、日本では普通に自分一人でできることが、カナダではできない。

英語では、大事なことに関与できない・・。

ネイティブと接すると、英語でコミュニケーションが取れないばかりに、まるで自分の存在が消えてしまったかのような感覚になることもよくあった。

エージェントの人には「3ヶ月も語学学校(ESL)に通えば話せるようになりますよ」と言われていたが、3ヶ月経っても自分が英語で話せているという気がしない。
なので相談すると、「3ヶ月勉強したところで英語がペラペラになるなんて、それは難しいですよ~。もう少し通ってみるといいですよ」と延長を勧められた。

それで私は、延長という選択肢もあったものの、ESLに通うのは止め、知り合いから聞いて英語の個人レッスンを受けるようになった。
すると今度は、3ヶ月後には現地の人と臆することなく英語で話せるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人とは思わなかった」と言われたりするようにもなっていた。

カナダで知った、インプット重視の英語学習と、アウトプット重視の英語学習。


日本の学校の英語の勉強は、同じ教室に10人以上の生徒がいて、先生が前に立ってしゃべっている、講義形式の集団授業。
自分の他にも生徒がたくさんいるから、何も発言しなくても授業は勝手に進んでいく。(というかむしろ授業中に自発的に発言することが歓迎されない。)
授業の内容はというと、教科書やワークブックを使って、単語や文法やイディオムや構文の暗記。
つまり、知識の暗記=「インプット」である。

カナダの語学学校(ESL)も、先生が日本人からネイティブの先生になるだけで、あとは全く同じであった。

日本で6年もかけてやってきて、それで話せるようにならない勉強の仕方を、ただ場所だけ変えて繰り返したって、話せるようになるわけがない。


私がバンクーバーでESLに通うのを止めた後に受けた個人レッスンは、英語の暗記はせず、教科書も使わず、宿題すらもなく、英語の
文化/カルチャー
(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
(アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
スピーチスキル/話し言葉のテクニック 
(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。例えばwell/ええと・・ といった話し方)
文法
単語
を学び、それらを使って授業時間の大半を「英語で話す」、インプットではなく、「アウトプット」中心のレッスンであった。

だからこそ、3ヶ月という短い期間で英語に自信がもてるようになっていった。

そして、カナダでのワーホリを終えて5年経ち、英語の勉強は一切していないけれど、英語を忘れるということもない。

もちろんしばらく英語を話していないと、急に話そうとしたときに言葉を忘れたり、つまったりすることはある。
けれどそのうち感覚を取り戻す。

たとえば、子どもの頃に自転車に乗っていて、数年後大人になって久しぶりに乗ったら、最初はふらふらするかもしれないけれど、そのうちまたまっすぐ乗れるようになる。それと同じである。

バンクーバーで英語を個人レッスンで習っていた頃、先生が、”暗記したことは忘れるけれど、英語を使って、自分で「経験」して習得したことは忘れないよ”と言っていたが、「こういうことか」という感じである。
(なのでワーホリを終えて数年経って受けたTOEICもほぼ満点の970だった。)


******

私がカナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)に通っても英語が思うように話せず、個人で英語を習うようになった同じレッスンを、現在バンクーバーで受けておられるYuriさんからレッスンの感想を頂きました。

=====================
Cocoさん
こんにちは。お久しぶりです。
ご連絡ありがとうございます。

期待以上というか、予想をはるかに上回る内容のレッスンだと思いました!
特にレッスンは一カ月目が終了したところですが、とても濃い内容でした。
具体的には、「文化の違いの話」が目から鱗で、
「こんなに大切なことなのに何で学校の授業で教えてくれなかったんだ!」と思いました(笑)
あと、スピーチスキルを筆頭に自然な大人の英語を教えてくれるので、
本当に為になります。。(meetupで出会ったカナダ人にスピーチスキルを使うと、
明らかに反応が違うんです。。)
あと、グラマーもこんなに単純だったのかとびっくりしました。
特に何で学校の授業で「現在完了形」を複雑に教えるんだろうと思いました (笑)

文章まとまっていなくてすみません、、
でも、本当にこのプログラムに参加してよかったと実感しています。
ESLに行かなくて正解でした><
=====================

(私から「カナダ人の反応をもう少し詳しく教えてください」とお返事しました)

=====================
Cocoさん

ご返信ありがとうございます。

まだまだたどたどしい英語ですが、
スピーチスキルを使うとより自然で、
感情を表現しやすいから、ネイティブとも会話をしやすいと思いました!

電車で会って話したカナダ人のおじさんには、
「ダウンタウンには日本人がいっぱいだけど、
君の英語は彼らとは違うよ」と言われました。
=====================
(私からは、そう遠くないうちに、カナダ人から「君カナダ出身でしょ?」 って言われそうですね^_^) とお返事しました。

Yuriさんは2月にバンクーバーでワーホリを始められたばかりで、語学学校(ESL)には一切通われていません。

「フツーの英語学習」と「私やYuriさんがバンクーバーで受けていた/受けておられる英語の個人レッスン」の違いのイメージ図を作ってみました。
下側の写真は、先月開催した、東京「ワーホリ&留学無料説明会」の写真を使用しました。(2/2?4東京「ワーホリ&留学無料説明会」の写真と頂いた感想 ) 写真下、右手に座っておられる男性が、私がバンクーバーで英語を教えて頂いていた先生です。
LIの英語学習とフツウの英語学習の違い_1

次回の「ワーホリ&留学無料説明会」は4月に開催します。(私も参加します!)


***お知らせ***
■私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンのレッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

①海外に着いたら何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたように「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
という王道のワーホリではないワーホリ&留学がしたい方、
レッスンにご興味がある方はご連絡下さい。

■レッスンでは、どなたも不安なく英語学習をスタートできるよう、始めに3つのステップが踏めるようになっています。
(1)無料英語レベル診断
(2)診断結果に基づいた無料体験レッスン
(3)カウンセラーの方との無料カウンセリング

まずSkypeのチャット機能(LINEのようにメッセージをやり取りできる機能)を使って、カナダにおられる先生と直接お話ができます。(先生はネイティブの方ですが日本語も話せます)。 
その上で通話機能を使って、先生が英語レベルを診断してくださいます(1)。
その後(2)体験レッスン→(3)カウンセリング、という流れになります。
*フツウの語学学校(ESL)や個別レッスンでは、最初の契約期間が終わったら延長をすすめられると思いますが、このレッスンでは、逆です。
「どれくらいの期間で目標レベルに到達させるか」を、お一人おひとり個別にお話して、最初に決定します。
英語の勉強に延々時間とお金を使う必要はないです。 実際、私はカナダワーホリから帰国後、仕事や旅行で英語使うことはあっても、英語の勉強お金や時間は一切使っていません。

普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは、「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。
「ワーホリで失敗した」を行く前に防止します。


■ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。



*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーの方に転送します。
3.先生とカウンセラーの方からコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料英語レベル診断の日時をご相談の上決定します。
4.その後、無料体験レッスンとカウンセリングとなります。
5.カナダでレッスンを受けて3ヶ月で英語に自信をつけられ現在もカナダでワーホリ中の、英語を使って仕事&現地のコミュニティで友達をたくさん作っておられる元生徒さん達ともSkypeでお話することができます。また参加をご希望される方へは東京都内で行う説明会の詳細をご案内します。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   
関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。
日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピン・セブやオーストラリア・シドニー、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。

    ランキング