カナダでワーホリ開始3ヶ月目、カナダのZARAで働く。

よくある海外留学のイメージと、現実。


よく「とにかく海外に行けば英語は話せるようになる」と思われているけれど、
実は海外の語学学校(ESL)と日本の学校で受ける英語の授業に、違いはほとんど、ない。

海外のESLでは、先生が日本人ではなくネイティブになるだけで、
クラスメイトは10人以上いる集団授業で、
大半の時間は教材を使って単語や文法やイディオムや会話文を暗記し、先生の話を聞いていることになる。

だからESLに3ヶ月~1年通っても「英語に自信がない」と感じている人が、めちゃくちゃたくさんいる。

大体私が見聞きした【ESLに通う留学生の定番パターン】は以下にまとめられる。
・友達
学校で知り合うアジア人留学生に限られる→海外に1年住んでも現地の友達がいない。

・仕事
英語を使う仕事をするための面接に受かるのがまず難しい→日本語をメインに使う職場(ジャパニーズレストランなど)で働く。

・生活
ネイティブとは会話もままならないため日本人のみでルームシェアが安心→帰宅後も日本語漬け。。


結果的に、半年~1年、もしくはそれ以上海外に住んでも英語に自信がなく、帰国後も英語を勉強し続けることになる。

自分がカナダでのワーホリ留学を決めた時はどうだったか・・


私もカナダでワーホリ留学をすると決めた時、
語学学校(ESL)に通って本当に英語が話せるようになるのだろうか・・と不安に思っていたけれど(なぜなら日本でも、英会話スクールに何年も通っているのに英語が話せない・・と言っている人の言葉を聞いたことがあったから。海外に行って英語を勉強したからって、それで本当に話せるようになるのだろうか?と思っていた。それに当時はよく、ワーホリをした/している人たちのブログを読んだりもしていて、ほとんどの人がESLに通って英語に悩んでいる様子だった。)。

留学エージェントに思い切って自分の不安を聞いてみたこともある。
「語学学校に行って本当に英語話せるようになるんですか?」と。

エージェント(以下、エ)「3ヶ月ぐらい行けば大分話せるようになりますよ。」

私「大分って、具体的にはどれくらいですか?」

エ「そうですね~、、カフェやレストランでなら不自由なく働けるようになりますよ。」

私「カフェやレストラン“でなら”って、どういう意味ですか?」

・・・・・・

留学エージェントについて思うことを参照。)

けれど、たしかに不安があったが、一方で「海外に行けば何とかなるはず!」という気持ちもあり、
何より、ESLに通う以外にどうしたらよいのかがわからなかった。

とりあえずESLは日本にいる間に決めることはせず、カナダに着いて実際に見てから決めることにはした。
でも現地について、あちこちの学校で体験レッスンを受けたものの、どこも同じに思えた。

時間はどんどん経って行くし、「・・結局は自分次第なのではないか?」と考え、そのうちの1校に3ヶ月通うことに決めた。

大金を払ったのだから、と、毎日遅刻も欠席もせず(つまらないから、と授業を休むクラスメイトも結構いた)マジメに授業には出たし、もちろん宿題だってきっちりしたし、毎週末のテストだって高得点が取れるように頑張った。

放課後だけでなく、週末に図書館に行って英語の本を読んだり、教材を使って勉強したりもした。

それなのに、3ヶ月経っても、自分が英語を話せているとは到底思えなかった。

そんなとき、知り合いから聞いて受けるようになったのが、マンツーマン(個別)の英語レッスンだった。

英語を暗記ではない方法で学ぶ。それは楽しい経験だった。


体験レッスンを受けるためダウンタウンの図書館で初めてその先生に会い、たしか1時間かそれ以上話をしたように思う。
先生は日本語もペラペラなので、日本語も交えて説明をしてくれた。

なんでも、英語を習得する時には、英語をただ単に暗記するよりも、

英語の文化/カルチャー(人々の考え方や価値観、行動の仕方など)や、スピーチスキル/話し言葉のテクニック(学校や教科書には載っていないけれど、大人が日常生活で使う、自然な話し方。例えばwell/ええと・・ といった話し方)を学び、日々の生活の中で使いながら学んだ方がよほど近道であるということだった。
英語習得を決めたもの=石橋を叩いて、渡る勇気。

私は先生の話を聞いて「たしかに。なるほどなぁ」と思う反面、
そんなことを聞くのは初めてであったため、
「英語を暗記しなくていいなんて本当?それに文化を勉強する?ってどうやって?想像がつかない・・」と疑う気持ちもあった。

けれど、すでに中学高校で6年+大学でも英語の授業があったり年に一度TOEICの受験が必須でちょこちょこ英語を勉強していたためそこで4年+カナダのESLで3ヶ月の、
合計10年以上も英語を勉強し、話せるようになっていない現実を考えると、
このままの勉強を続けても「結果は英語が話せていない自分」になる気がした。

だから、レッスンを受けることに決めたのだった。

レッスンを受けるようになって驚いたのは、
それまで英語の勉強とは、ひたすら単語や文法の暗記で、つまらないし、なかなか上達を感じられないもの(暗記しても大半を次の日には忘れているから)であり、しかもそれが「普通」だと思っていたけれど、
本当は「英語の勉強って楽しい!」ということだった。

正直言うと、レッスン自体は、楽しいけれど、ラクではなかった。

今まで考えたこともなかったような、日本語と英語の文化の違いや、初めて学ぶスピーチスキル

さらにそれを使って”さあCoco、話してみて!”と言われても、
最初は慣れないから違和感があったし、
今習ったことをどのように使えばよいかと頭をフル回転させる必要があった。

なのでレッスンが終わると、「何か甘いものが飲みたい・・」と毎回のように思った。
(レッスンはいつもダウンタウンのカフェで受けていた。)

一番の違いは、
ESLで習う単語や文法を「よしこれをネイティブの人相手に使ってみよう!」とはなかなか思えないが、
そのレッスンで習うことは、レッスンの外でも使いたくなることばかりであった。

だから当時はとにかく積極的に外に出て、ネイティブの人と話す時に使い、反応を見るの繰り返しで、
そうするうちに
”あなた日本人?あなたの英語自然ね”とか、
”なんでそんな言葉知ってるの?カナダに住んで長いの?”とか、
英語を褒められることが増え、
どんどん英語を話すのが楽しくなっていった。


<関連エントリ:日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。>


***お知らせ***
私はカナダのバンクーバ-でワーホリ留学中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたが、卒業する頃になっても英語に自信がもてず悩んでいました。
そのため知人から聞いてマンツーマンの個別英語レッスンを受けるようになり、そこで日本とカナダの文化の違いを始め、ネイティブが話すような自然な英語の話し方を学び実践することで、今度は3ヶ月経つ頃には英語に自信が持てるようになっていました。
また現地の人に「カナダに来る前は英語が話せなかった」と言うと驚かれたり、「日本人の英語に聞こえないから日本人だと思わなかった」と言われるようにもなっていました。
詳しいレッスンの内容については英語を効果的に勉強するを参照下さい。)

私がカナダのバンクーバ-でワーホリ中に英語をマンツーマンの個別レッスンで習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンのセブ島でも、さらにSkypeを使って日本を始め世界のどこからでも受けられるようになっています。オーストラリアでのレッスンもスタートしました。

私が習っていた頃は先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられたのですが、今は複数の先生方がおられレッスンを受けられる場所も大きく広がりました。
→日本で受けられるSkypeレッスンやフィリピンでの1ヶ月の集中レッスンにより、カナダやオーストラリアでワーキングホリデーや留学を始めた後ではなく、始める前から英語を学び、自信をつけていくことができます。

【ESLに通う留学生の定番パターン】
・友達
学校で知り合うアジア人留学生に限られる→海外に1年住んでも現地の友達ゼロ。
・仕事
英語を使う仕事をするための面接に受かるのがまず難しい→職場は日本語をメインに使うジャパレス。
・生活
ネイティブとは会話もままならないため日本人のみでルームシェアが安心→帰宅後も日本語漬け。。

結果的に、半年~1年、もしくはそれ以上海外に住んでも英語に自信がなく、帰国後も英語の勉強を続けることに。


【私がカナダで受けていた個別レッスンで英語を学んだ生徒さんの例】
①Kさん(2017年カナダでワーホリ留学)
・友達
カナダに着いた直後から現地のソフトボールチームに所属、現地の友達を作り始める。
・仕事
完全ローカルのカフェで働く。お客は99%カナダ人で容赦のないネイティブ英語を浴びせられるも、レッスンで学んだことを使ってコミュニケーションを取る。
・生活
現地でESLに通う日本人留学生と話した時、「教科書通りの英語っていうのはこういうのを言うのか」と違和感をもつ。
現在は帰国し、海外にも拠点をもつ企業で働いている。最近バリに出張した。

Kさん_カナダ2017_2
Kさん_カナダ2017
Kさん_カナダワーホリ後の写真
↑Kさん。3枚目は帰国直前、空港で先生と。

Kさんの感想はこちら→「ESLでは無理だと思った」、カナダでワーホリ2ヶ月目の生徒さん(Kさん)からの感想。

②Yuriさん(カナダでワーホリ開始3ヶ月目)
・友達
既に10人以上のカナダ人の友達がいる。
・仕事
最近ダウンタウンのZARAでセールススタッフとして働き始めた。
・生活
ルームメイトが全員ネイティブスピーカー(3人カナダ人・1人イギリス人)、日本人は1人だけのシェアハウスに住む。

カナダバンクーバーでLIレッスン修了、ダウンタウンで働くYuriさん1
カナダバンクーバーでLIレッスン修了、ダウンタウンで働くYuriさん3
カナダバンクーバーでLIレッスン修了、ダウンタウンで働くYuriさん2

Yuriさんは2015年学習院大学卒業後、ソフトバンク株式会社に入社。
2017年12月に退職し、カナダでワーキングホリデーをスタートされました。

Yuriさんの感想はこちら→カナダワーホリ2ヶ月目でアパレルメーカーでの仕事開始!個別レッスンも2ヶ月目のYuriさん。 (リンク先の動画でYuriさんの英語も聞けます)


***重要***
今月Yuriさんが日本に一時帰国されます。
都内で開催している【ワーホリ留学無料相談会】にも来ていただけることになりました。

▼日時
・4/18(水) 19:00~20:30
・4/19(木) 19:00~20:30
・4/22(日) 10:30~12:00

▼場所:都内カフェ(ご連絡頂いた方へメールまたはLINEでお知らせします)

私(Coco)も参加します!


■ご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
【ワーホリ留学無料相談会】の場所の詳細をお送りします。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。


*フツウの語学学校(ESL)や個別レッスンでは、最初の契約期間が終わったら延長をすすめられると思いますが、このレッスンでは、逆です。
「どれくらいの期間で目標レベルに到達させるか」を、お一人おひとり個別にお話して、最初に決定します。
英語の勉強に延々時間とお金を使う必要はないです。 実際、私はカナダワーホリから帰国後、仕事や旅行で英語使うことはあっても、英語の勉強お金や時間は一切使っていません。

そして普通は「ワーホリや留学をして海外で英語の勉強をスタートする」ですが、このレッスンでは「ワーホリや留学を始める前、日本にいる間から英語の勉強をスタート」し、英語が話せる状態でワーホリや留学を始めることができます。それにより、カナダやオーストラリアに着いて2~3週間以内に複数の英語を使う仕事を得ている方が多数いらっしゃいます。
「ワーホリで失敗した」を行く前に防止します。


■ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。
LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。



*このブログから私にご連絡を頂いた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.返信をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーの方に転送します。
3.先生とカウンセラーの方からコンタクトがあります。
4.その後、無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
5.カナダでレッスンを受けておられる/おられた生徒さん達ともSkypeでお話することができます。また参加をご希望される方へは東京都内で開催している「無料ワーホリ&留学無料説明会」の詳細をご案内します。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   
関連記事

コメント

非公開コメント

キーワード別記事

検索フォーム

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリ終了後好奇心でTOEICを受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ